FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪紀行 最終回 圓光院
IMG_9362三門

 長らく続いた雪紀行も今回で最後となった。年々暖冬化している昨今、雪景色を撮るのが難しくなった。少し地方に出ればいくらでもあるのだろうが、やはり住まいしている市内にこだわりたい。

 さあ、先日の続きを。

IMG_9506松
光る松

IMG_9508空


 詩仙堂を出る頃には、眩しいほどの蒼穹が広がっていた。みるみるうちに雪を融かし、地表を暖めていく。だが、ひんやりとした風はすこぶる心地よい。

IMG_9517額縁1
額縁その1

IMG_9521額縁2
額縁その2

 圓光寺にはすでに人影が。先ほど詩仙堂でご一緒した方々数名。みな、考えることは同じなのだ。この後からも続々と、この雪景色を求めて人が集まる。決して大きな声も出さず、静かに観賞する。時折野鳥のさえずりと、じっと耳を澄ませると、雪解けのしずくが落ちるごくごく静かな響き・・・
 赤い毛氈に座ってお庭を眺めると、俗世のことなどすべて忘れてしまいそうだ。

IMG_9547庭園1
庭園その1

IMG_9549庭園2
庭園その2

IMG_9556庭園3
庭園その3

 夏に訪れたとき、赤紫のサルスベリが満開だった。その光景はこの雪景色からは想像も出来ない。ただ、苔の緑だけはいつもと同じ、美しい絨毯だ。

IMG_9552鐘楼
鐘楼

 多くの人がお庭を堪能している中で、ひとり、奥へと上がっていった。この鐘楼の上からの眺めがちょっと好きなのだ。紅葉がかかる光景も趣がある。

 さて、そろそろ行かないと時間に遅れる。大事な用事なのだから。そんなときに撮影に出るか、と言われそうでもあるが・・・

IMG_9565お地蔵さま


   また来て下さいね(*^_^*)

 後ろから可愛い声が聞こえてきた。雪帽子を被ったお地蔵さまだった。

   うん、また来るわね。待っててや(*^_^*)

IMG_9583ヒヨドリ
ヒヨドリ

IMG_9586すずめ
スズメ

 約束の場所へ向かうバス亭。その側では雪がまばらに積もった田んぼで、野鳥が寒そうに餌を探していた。
【2010/02/17 14:59】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都梅紀行 智恵光院 | ホーム | 京都雪紀行 大徳寺塔頭 興臨院»
コメント
小紋さん、こんばんは。

雪が降ると、どこか表情が引き締まるのがお寺。雅を感じるのが神社ですね。

今年は雪の神社まで手が回らなくて、次の冬は神社巡りです。

気が早すぎますね(^^;
【2010/02/19 19:39】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
きりっと身の引き締まる 雪の寺
 お地蔵さんも さむうござろう
 好もしい色合いの しだれ梅
 さがして歩き見つけたときは うれしいですね
 我が家も 七輪 咲いてます
 
【2010/02/19 09:37】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |