FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

これって、なに?
 2月23日の新聞記事にはとても驚かされた。赤ちゃんポストってなんだ?妖怪ポストなら知っているが、赤ちゃんに切手を貼ってどこかに送りつけるのか?記事を読んで、ああ、そうかと思ったが、当たらずとも遠からず。緊急避難場所として病院が赤ちゃんを預かるのだ。”ポスト”に子供を入れて行くという行為で・・・
 近年、子供の虐待など恐ろしい事件が年間4万件近くも報告(あくまでも報告で、公になっていないものもあるかも知れない)されており、追い詰められた母親が(そう、父親とは書いてなかったのはどういうことだろう?)育児に疲れて子供を遺棄する前に、病院が匿名で預かり考え直す時間を経て再び引き取りに来るのを待つというもので、欧米では以前から設置されており今回初めて熊本市の慈恵病院が申請していたのだが、厚生労働省が違法とは言えないとの見解を示した。
 賛否両論論議されそうだが、現実問題子供の命を守らなくてはいけないことも事実。さりとてよくありがちなこととして、捨て子を助長するのではないかという反対意見も捨てがたい。人目につかない入り口から入って”ポスト”にこっそり子供を置いていく行為が、自分としてはやっぱり捨てていくように思えて不憫でならない。本当に引き取りに来るのだろうか?来る母親よりそのまま来ない方が多いのではと、悪いほうにしか考えられない自分がとても悲しいが、世の中、素晴しいものでも必ず悪用する人が出てくるのも確かに多い。
 厚生労働省は子供遺棄の違法には当たらないと示したが、それ以前の問題として児童相談所は通報があっても十分に手が回らないのは、長岡京市の例が示すとおり。保護する先が病院ならこれほど安心して預けられる場所はないだろう。DVなどで子供に危害を加えられる恐れがあるときでも、そう簡単には発見されることもないだろう。
 結局自分としてはこのような保護施設が必要だとは思うが、方法とネーミングが悪いと思う。安部総理も塩崎官房長官も慎重に対処していくとの意見を述べている。
 今後の経過を観ていこう。でも、同じ政府内でなんか意見の食い違いがあるようで気になる。
【2007/02/24 09:19】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«ぐりとぐら | ホーム | 新人教育との闘い»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |