FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

寿ぎの朝 その2 宝泉院
IMG_5711門
入り口の門

 先日の続きを。

 ようやくもほとんど上がってきた。まだ空には雲があるが、一部青空が見えてきた。
 そしてさすがは元旦。その中観光客の姿も増えてきている。
 
 次に向かったのは宝泉院

IMG_5626お地蔵さま
お地蔵さま

 昨年、1月に訪れたきりのような気がする。あのとき、が降ったらいつでも来るから、などと少し仲良くなった若い女性と挨拶を交わしたものの、はそれからあまり降らず、春も夏も、それどころか秋のシーズンさえ機会を逃してしまっていた。

   あのときの彼女、まだいてはるやろか・・・ また逢えたらいいけどな・・・

IMG_5629さねかずら
さねかずら

IMG_5632お不動さま
不動明王

   お不動さん、おめでとうさん。ご無沙汰してます。

 残念ながらお接待に回っている女性にあのときの彼女はいなかった。とても残念、というより、来なかった私が悪いだけのことなのだが、やはりどこか寂しく思う。

IMG_5635額縁画
額縁庭園

 その代わり、今回も綺麗な景色が迎えてくれたのはとても嬉しい。既に二組の方が正面に座っておられる。私は荷物を下ろし、邪魔にならないように端において座った。すぐにお接待の女性がお菓子とお薄を持ってこられた。

   寒い中、ようお越し下さいました

   いいえ、思ったより暖かく感じますね

   そうですね、今日はあまり風がないせいかもしれません。昨日はかなり寒かったんですよ
   ごゆっくりしていって下さい

   はい、ありがとうございます。ちょうだいいたします

 お菓子とお薄を受け取り、頭を下げる。思ったより暖かいと言っても、氷点下の世界だ。暖かい薄茶の美味しいこと。思わず笑みがこぼれる。ごちそうさまをして、荷物を持って再び端による。
 その頃には先客の一組が席を立った。もう一組は荷物を持って端による。正面の席が空いた途端に、後ろの方で待機していた男性たちもカメラを構えてやって来る。

IMG_5637竹林
竹林

 何も言わなくてもみんな同じことに向かって行動するこの空気感がとても楽しい。そして誰かが指図するわけでもないのに、順番に立ち位置を交代してシャッターを切って行く。この連帯感がなんともいい気持ちにさせる。それはここに集まった人たちが、他人のことを考えながら動ける人たちばかりだったからだろう。

IMG_5683南天
南天の実

IMG_5645手水鉢
手水鉢

IMG_5648ミツマタ
ミツマタのつぼみ

 平地と比べてかなり気温の下がる大原。数度は違うという。気温の低さは我々平地に暮らすものには、想像を絶するところがある。手水鉢の流れる水が太く凍り付き、しかしその一方で春先に早くから花を咲かせるミツマタはたくさんのつぼみが見える。

 たったこれだけのことに、まだこの先遠い春の足音を感じた。

 この続きはまた今度。
ユーザータグ【 宝泉院 額縁庭園
【2010/01/03 22:56】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(16) | Page top↑
«寿ぎの朝 その3 勝林寺 | ホーム | 今日の晩ご飯»
コメント
ひろさん、こんばんは。
ほんまに今年はさい先いいと嬉しかったですね。
そう、お互いに絶対いいことあると思います。
【2010/01/05 22:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは^^
正月早々良い景色に出会えましたね^^
お互い良いことがあるかもしれませんね^^
【2010/01/05 22:05】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
 >京都の雪は風情が違うように思います
山里ですから、静かな雪です。そちらは玄界灘から激しい雪が吹き込むのでしょうか。
同じ雪でも感じ方が随分異なりますが、綺麗なことに変わりはないですね。

なんて悠長に言っていられるのは、雪に不便を感じていない生活をしているからなんでしょうね。
【2010/01/05 21:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
raukeさん、こんばんは。
この一両日、大原を訪れた方は多かったようですね。人気がありますもん。
お近くでしたら、雪が降ればすぐにでも行けますのにね。

 >寒そう・・・

いいえ、大丈夫です。寒がりの私でも行けますから。夜明けの信貴山より断然ましですよ。
大原野里は四季を通じて本当にわくわくしますね。
【2010/01/05 21:26】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
キャサリンさん、こんばんは。
こちらこそコメントをありがとうございます。

ここの雪景色は私のfavorite place。気合いが入ります。

またお越し下さいな。大歓迎です。
【2010/01/05 21:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鷹寅さん、こんばんは。
今年は鷹トラさんの年でもありますね。
いい年になりますよ、きっと。

今年もどうかよろしくお願いします。
【2010/01/05 21:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
京都の雪は風情が違うように思います。
額縁庭園の写真を 出してみました。
 さねかずらの絵も 好きです。 
【2010/01/05 19:01】 URL | 小紋 #-[ 編集]
阿修羅王さん、おはようございます。

うーん、寒そう・・・。
と書くと根性無しですなぁ。
でも撮りに行きたくなるこの画に朝からかじりついております(笑
竹林も綺麗ですが手水鉢の氷画が美しく感じました。

八瀬を越えるとワクワクする大原、また行きたくなってしまいます(^^)
【2010/01/05 07:51】 URL | rauke #yl2HcnkM[ 編集]
ご訪問ありがとうございます。
ステキなお写真でビックリしました。
「額縁庭園」を拝見して、思わず声をあげてしまいました。
いいですねぇ。
また、伺わせて下さい。
【2010/01/04 23:42】 URL | キャサリン #-[ 編集]
明けましておめでとうございます。!今年こそ良い年でありますようお祈りいたします。
昨年はお世話になりました。!
【2010/01/04 22:53】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
Tommyさん、こんばんは。
まあ、見た目は寒そうですが、思うほど寒くはなかったですよ。しっかり防寒していったということもありますが。
気軽にコンパクトカメラの方も多いですよ。

こんな寒い日はお酒に限りますね。今日は酒粕で甘酒にしました。
久しぶりに飲むと、これが結構美味しいんですよ(^^;

【2010/01/04 22:30】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
「しぼりたて」「原酒」って好きな日本語
のベスト3に入ります。(は〜?)
さずがに寒そうですね。
「手水鉢」は、静止画なのに、それまでの
動きが想像できますね。
「額縁庭園」はポイント高いです(^_^)v
(生意気言ってごめんちゃ。 私にや
むり(~_~))
【2010/01/04 21:39】 URL | Tommy #-[ 編集]
kyさん、明けましておめでとうございます。

大とりさん、やっと現れましたか。やはりあなたに締めてもらわなければ、お正月といえども収まりがつきません(*^_^*)
風邪で寝込んでるのかと心配しましたよ。もしくはどこかの温泉で溺れていたとか・・・

年末年始、寒かったですね。市内の北部は平地でも小雪が舞っていました。

女性の被写体もそうですが、イベント全面的にマナーの悪い人は多いですね。

今年もどうかよろしくお願いします。
【2010/01/04 21:26】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あけおめ大トリ担当のkyです。
北部は雪ですか。
気分がのらず正月はずっとうちにいてました(´ `)
>順番に立ち位置を交代して
風景写真は紳士が多くてよいね。
被写体が女性だとなかなかね・・・
【2010/01/04 21:08】 URL | ky #QfqnYgC6[ 編集]
Bakoさん、再び。

寒い年末年始でしたね。雪が降ったらどこに行こうかと、いつもそわそわします。こんな時だけはあまり寒さも感じず・・・(笑)

落款は文字を入れただけなんですが、この書体が好きです。
今年は写真にこれを入れていこうと思うのですが、これが面倒で、いつまで続くかわかりません。
【2010/01/04 17:00】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雪の元旦だったようですね。
こちらは大晦日に大雪で買い物も手近で済ませる始末(スノータイヤ)履かせてませんのでー。
清々しい初詣あーちゃんのブログでさせて頂きました。
写真の落款良いですね。
【2010/01/04 15:15】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |