FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

クリスマスツリー at 京都駅ビル
IMG_3370闇に浮かぶツリー
闇に浮かぶクリスマスツリー

 昨日の続きを。

 今やすっかり定着した駅ビル大階段のクリスマスツリー。市内で最大級の高さ50mもあるツリーだ。この時期になると私もこれを見ないことには年が越せない気になるから、定着化というすり込みは怖い。
 これとは違った意味で、すっかり定着している今年のひと文字。今日発表だ。今更清水寺側も取りやめにするわけにはいかないだろう。

IMG_3368エスカレーターから
エスカレーターを上がりながら

 毎年飾り付けが大きく変わるわけでもないが、やはりどんなアレンジになっているのかという期待は大きい。上がりながらわくわく・・・ 

IMG_3377ボルゲーゼ美術館展
ボルゲーゼ美術館展から

 ちょっとだけ意表を突かれたレイアウト。現在京都国立近代美術館で開催されているボルゲーゼ美術館展からの絵画が、デジタル映像で映し出されている。とても嬉しくなった。まだ行っていないが(早く行かなくては)、既に観覧しに行った気分だ。

IMG_3379一角獣を抱く貴婦人
ラファエロ・サンツィオ 一角獣を抱く貴婦人

IMG_3381巡礼者ヨハネ
カラヴァッジョ 巡礼者ヨハネ

IMG_3402階段
階段に映り込んだツリーの光

 大きな映像に、近くまで行ってじっくり眺める人の姿もある。大階段に座って、この大きな眺めを楽しむカップルや家族連れ、あるいは旅行者。キャリーを引いてここまで上がってきて、写真に納めていくのだ。それは日本人に限ったことではなかった。外国の方も大きなツリーに嬉しそうに目を細め、何枚も撮っている。
 しかしここは市内でも有数のデートスポット。

 あたりはのオルゴールのBGMが流れ、すっかりクリスマスムードに包まれていた。

IMG_3405タワーと絵画
タワーとNHK BIG ARTその1

IMG_3422.jpg
タワーとNHK BIG ARTその2

 もうひとつの楽しみがこれ。この秋NHKが募集した1000人の描いた絵画。小さなピースを1000人に描いてもらい、それを一枚の巨大な絵画にしたモザイク画だ。同じ技法で宇治市植物公園のホールに飾ってあるボッティッチェッリの春「プリマヴェーラ」は、黄檗の京都芸術高校の生徒が描いた大作だ。機会があれば一度ごらんあれ。婚礼のお祝いに描かれたこのフレスコ画は、私の好きな画の一つでもある。

IMG_3426.jpg
駅のコンコース

 何時間見ていても飽きないツリーとBIG ART。そろそろ帰ろうか。

 夜の駅はどこか郷愁が漂う。ふらっと行き先も決めずに特急に乗り、遙か列島の端まで行きたくなる。ず~っと、車窓からの景色の移り変わりを何を思うでもなく眺めるのが、私の至福の時。そんな気持ちになるのはやはり現実逃避か、あるいはもう2年以上も実家に帰っていないせいだろうか。たまには帰ってこいと姪っ子の両親から催促されているのだが、どうも足が遠のきがちになっている。

IMG_3430ツインタワー
ツインタワー

 先日も紹介したツインタワー。造られたときはかなりもめたとも聞くが、私には京都に帰ってきたと安堵の灯台に見える。物心ついたときにはすでにここにそびえており、幼い私が父に手を引かれてここに来たときから、きっとおそらくこの地に根を下ろす運命にあったのだろう。
 
 生活の場も仕事もここで始まり、そしてここで終わる。

IMG_3345ポルタ
ポルタ30year anniversary tree その1

IMG_3352ポルタ
ポルタ30year anniversary tree その2

 今日のおまけはこれ。駅前地下街のポルタは30周年。毎年ここでも巨大なツリーが飾られる。
【2009/12/11 10:51】 イベント | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«今日のおやつ | ホーム | 西山 紅葉紀行 大原野神社 »
コメント
鍵コメさん、こんばんは。
おお、素晴らしいっ!ちょっと惜しいけど。

この次は絶対に来ますから(^-^)/
当たったらお祝いしましょう。
【2009/12/11 22:29】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/12/11 22:10】 | #[ 編集]
kyさん、再び。
場所を教えましょうね。
大階段に上がるエスカレーター、上がる手前を向かって右の隙間です。

確かにここでひとりで座るのは、あまりにも寂しいです。
【2009/12/11 19:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ツインタワーは探してみたけどわからなかった。
大階段でカップル座りしたいなぁ・・・
【2009/12/11 19:01】 URL | ky #QfqnYgC6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |