FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

東福寺 紅葉紀行 最終日
IMG_0680南庭
方丈八相庭 南庭その1

 先日の続きを。

 小紋さんと別れた後、予定通り方丈八相庭へと入る。紅葉はそれほどないお庭だが、やはり見ておきたいところだ。

IMG_0741南庭
方丈八相庭 南庭その2

 普段よりお客が多い。当たり前か。だが南庭を見下ろす廊下に座っている人が多いので、私は目的の庭へとまっしぐら。

IMG_0672東庭北斗七星
東庭 北斗七星の庭

IMG_0704北庭
北庭その1

IMG_0705北庭
北庭その2

 初夏のサツキを思えばとても静かな庭だ。色目も苔の緑だけ。この緑の上に赤い紅葉があったらきっと綺麗だろうなあと、いつもながらの無い物ねだり。いけない、いけない・・・ 濃い緑の上に真っ白な雪が・・・ いけない、いけない、また無い物ねだり。雪は以前にかろうじて撮ったではないか。

IMG_0683石仏
石仏

 この季節だけはお地蔵さまは嬉しそうにしているように見える。万両の実がつき、紅葉の絨毯がふんわり・・・

IMG_0757老夫婦
老夫婦のひなたぼっこ

 少し陽が高くなってきた時分だった。本堂の横には暖かい陽射しが当たる。そこでは日だまりに座る老夫婦が語らっている。何を語っているのか。今年の紅葉の善し悪しか、孫のことか・・・
 いずれにせよ、幸せそうな顔だった。

IMG_0908ピラカンサ
ピラカンサ

 今日のラストはこれ。東福寺はやはりこれで締めなければ。多くの塔頭が建ち並ぶ東福寺。その駐車場に近いところにある明暗寺。その門のところには毎年見事なピラカンサが色づく。冬になって辺りが寂しい色使いになった頃でも、ここだけは輝いている。


 東福寺もたくさんの画像があるが、とてもではないが切りがなくて、とりあえず今回はこれにて最終としようと思う。
 機会があればまた今度。
ユーザータグ【 方丈八相庭
【2009/11/29 21:54】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«胡蝶蘭 at my living | ホーム | 紅茶のクッキー»
コメント
小紋さん、こんばんは。
ここの苔はいつも綺麗ですね。手入れも大変だと思います。感謝、感謝ですね。
楽しみはいくつもとっておきましょう。
【2009/12/01 21:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
いつみてもいいねえ。すごーく広いというわけではない石庭 ここも 一本の
もみじが燃えていた南禅寺も 無限の広がりを感じます。立ち尽くします。
明暗寺の赤は すごかった。でも あの苔を見るのは 次回の楽しみにしました。
【2009/12/01 06:45】 URL | 小紋 #-[ 編集]
君平さん、こんばんは。
東福寺は団体優先なんですか?初めて知りました(笑)開門と同時に押しかける団体、ちょっと引いてしまいましたけどね。

私もこの後泉涌寺にも行きました。ちょっとつまらなかったので、機会があれば記事にしようかと思っています。
京都の紅葉も、今週いっぱいでしょうか。どこもすごいです。
【2009/11/30 21:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんにちは。
東福寺、3連休には絶対に入れません。
朝から凄い行列ですし、団体客が優先なので
ここ最近は無料の橋の方から通天橋を見て
急いでその場を離れます(笑
今年はそのまま泉桶寺に行きましたが、
こちらは朝のうちは人が少なくて良い感じでした。
【2009/11/30 00:14】 URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |