FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

嵐山 紅葉紀行 その4 最終日
IMG_1823舟1
舟その1

 昨日の続きを。

 だいぶん回数を重ねて、次の更新が滞り気味。少々はしょってみようか、な・・・

IMG_1846舟2
舟その2

IMG_1872舟3
舟その3

 次から次へとやって来る舟は切りがない。しかし景色がよいせいか、どこを撮っても画になる。色のついている墨絵みたいだ。この日は中国からの団体が入っているようで、ここかしこから中国語の大声が聞こえる。この渓谷が慶州だと言われても信じるだろう。それくらい中国人であふれていた。多分、青いボートで出ていた人のほとんどがそうだったに違いない。

IMG_1876もみじ
紅葉と毛氈

IMG_1880舟4
舟その4

 大堰川の南岸をどんどん遡る。ちょうどこの辺りが亀山公園の展望台、その真下になる。そこで上を向いてみると・・・

IMG_1903r首


    きゃぁ・・・ さらし首・・・!

 あ、いや、もとい、展望台から下を覗いている人たち。先ほど自分もそうしていたのだ。この後大悲閣に昇る階段の途中から、再びトロッコ列車を見る。さすがに川を挟んだ向こう側なので、すぐそこに見える。列車の中からカメラをこちらに向けている人の姿さえわかるので、ちょっと手を振ってみると、向こうからも手を振ってくれる。列車はしばらく停車して景色を楽しんだ後、再び亀岡方面へとトンネルに消えた。

IMG_1959rアオサギ
アオサギ

 天気が急速に悪くなってきた。かなり暗い。そろそろ帰ろうかと戻り始めたとき、ばさばさとアオサギが飛んできた。どうも向こう岸の木に巣があるようだ。一羽が首だけ出してしゃがんでいるところに、もう一羽が茂みに消える。

   冷たい・・・(T_T)

 とうとう小雨が降り出す。

IMG_1973傘
渡月橋の傘の花

 予報に反して早くから降り出した雨は、徐々に強さを増している。しかし川面に出ているボートたちに帰ってくる様子はない。制限時間を目一杯楽しむつもりのようだ。まあ、それもいいだろう。
 渡月橋の上は雨が降り出した暗さと裏腹に、華やかな傘の花が真っ盛り。色とりどりに咲き乱れている。それは季節外れのあじさいのように見えないこともない。

IMG_1979舟の荷揚場
荷揚場

 保津川下りの舟を引き上げる荷揚場。先ほどまで作業をしていたが、今はそこに人影もない。きっとまた明日の早朝からトラックで運ばれるのだろう。物珍しそうに写真を撮っていたカメ小のおじさんや外国人のおじさん、その姿もとうに消えている。
 そこには雨に濡れぼそった実をたわわに付けた柿の木の下に、川下りの細身の舟が綺麗に並んで浮かんでいるだけだった。
【2009/11/26 22:04】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«徒然道草 今日はいい天気 | ホーム | 嵐山 紅葉紀行 その3»
コメント
Bakoさん、こんばんは。
ちょっと時期がずれていくかもしれませんが、ぼちぼちこの秋をお届けしますね。

【2009/11/27 21:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
>少々はしょってみようか、な・・・
駄目! 楽しみにしてるんだから―

たとえ、私はあーちゃんに会っても分からないだろうな(霊感ないから)(涙)

【2009/11/26 23:43】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |