FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

嵐山 紅葉紀行 その3
IMG_1660もみじ
紅葉その1

 昨日の続きを。

 私のお気に入りの場所はここ。いつも綺麗に色づく楓の木がある。川に張り出していて、とても綺麗だ。

IMG_1698もみじ
紅葉その2

IMG_1705もみじ
紅葉その3

 ちょうど陽射しが当たり、色づいた葉も綺麗に見せてくれる。

IMG_1641舟
舟その1

 この下に立っていると、観光船が次から次へと通っていく。右手上流からは保津川下りの舟が、左下流からはエンジンのついた観光船が上ってくる。定員いっぱいに乗せた舟、あるいは男女のペアで貸し切った屋形船など、みんなそれぞれに舟遊びを楽しんでいる。

IMG_1656舟
舟その2

IMG_1659舟
舟その3

 保津川、別名大堰川の舟遊びは今に始まったことではなく、源氏物語の1000年の歴史のある優雅な遊びだ。違うのは、昔は貴族の楽しみだったが、今は普通に誰でも楽しめる娯楽になったと言うこと。

IMG_1671舟と鴨
舟と鴨と紅葉と

 そして嵐山は京都でも屈指の観光名所と言うことだ。外国人の姿もとても多く見受けられる。そしてはるばるシベリアから渡ってきた水鳥や、地元民のように住み着いているカルガモたちが安心して住むことのできる水辺だ。

IMG_1679ヒドリガモ
ヒドリガモ

 人々の歓声が響く中、鴨たちは自分たちの生活のリズムを乱すこともなくマイペースだ。

   すべからず、世はこともなく・・・


 *参考;ロバート=ブラウニング(1812-89)の「春の朝」
   時は春、
   日は朝(あした)、
   朝は七時、
   片岡に露みちて、
   揚雲雀なのりいで、
   蝸牛枝に這ひ、
   神、そらに知ろしめす。
   すべて世は事も無し。

 私の好きな一説・・・
   
ユーザータグ【 嵐山
【2009/11/25 21:40】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«嵐山 紅葉紀行 その4 最終日 | ホーム | 嵐山 紅葉紀行 その2»
コメント
小紋さん、こんばんは。
この詩、いいですよね。大好きなんです。

先日の写真、もすこし待ってくださいな。CDで送ります。他の写真も入れておきますから。
【2009/11/26 19:55】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
空豆さん、こんばんは。
生き物はとても癒されます。自分で撮って自分で癒していますから。
景色より、断然燃えます(爆)

今朝は久しぶりに朝焼けの空を見て、とても気持ちよかったです。
【2009/11/26 19:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

私の写真に癒されると、よく仰ってくださいます。本当にありがたいことです。
たいしたものではないと自分では思っていますが、気追うことなく撮りますので、そのせいでしょうか。生き物もよく撮っているからでしょうか。

小紋さんは霊感が働くのです、絶対に。
【2009/11/26 19:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あらあ 詩の心のないわたしですが これだけは すきなんやけど・・・・
【2009/11/26 06:53】 URL | 小紋 #-[ 編集]
本当にいつも癒されます。うちの近所の池にも鴨の親子が帰ってきましたよ!
それを見ながらのランニングもなかなかいいですよ…朝焼けをバックにね…
【2009/11/26 00:06】 URL | 空豆 #-[ 編集]
あーちゃんの写真に癒されています。

何故・・・小紋ちゃんは阿修羅王さまだと分かったのでしょう?
不思議!?
【2009/11/25 23:56】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |