FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

嵐山 紅葉紀行 その1
IMG_1455渡月橋
渡月橋

 全く当てにならない天気予報・・・ 昨日は午前中晴れ、午後遅くから雨、今日もぐずつくはずだった。ならばと、この秋一番冷え込んで寒かったのを頑張って、昨日は混み合うのを覚悟で嵐山へ。

 どうしても、というほどでもなかったが、久しぶりにちょっと撮ってみたかった場所があったからだ。ところが天気はいい加減なもので、晴れていたのは本当にお昼前まで。午後早くに雨が降り出すという、生憎の天気になった。そして今日はというとどうだ?午前中は濃い霧で寒かったが、このお天気・・・ とても気分が悪いが、まあ、連休も最後で多少は人手も減ってはいるかと思うが、きっと昨日より混み合っただろう。照り返しのコントラストもきつくて、きっと撮りにくい。そう自分に言い聞かせた。

IMG_1498船遊び1
船遊びその1

IMG_1516船遊び2
船遊びその2

 嵐山の山全体がかえでということもないので、さすがにこの季節まで来ると、落葉樹はすべて葉を落とし灰色の哀れな姿と、ようやく色づいてきた紅葉で飾っている。来年はもっと早い時期に来よう。
 まだ時刻も早めだったので、大堰川に船を出している人も少ない。そんな船を後に先へ進む。

IMG_1486嵐亭
嵐亭

 生涯に一度は泊まってみたい、もしくはお食事をしてみたい嵐亭。ドラマなどで見ているので知ってはいるが、ああ、無理だ。誰か誘ってくれないものか。
 この横を川縁に降りてずっと奥へ。亀山公園へ向かう。

IMG_1530亀山公園1
登り口

IMG_1531亀山公園2

 坂道を上りかけると、左手にそこだけ見事な紅葉。それを狙う独りの年配のおじさんは大型カメラだ。蛇腹の形から想像すると、かなりあおっている。どんな画を切り取ろうとしているのか。同じようにカメラを向けてみたが、もっといいところを見ているのだろう。彼はうろうろと歩き回り、しきりにレンズの先を眺める。これと言ったフレームが見つからないようだ。
 彼は私に気がつき、話しかけてきた。やはりシャッターが切れないそうだ。

   一枚現像するのに何百円もかかるんでしょうね。簡単には切れませんね

   (フィルムを)1本現像するのに1000円はかかるんや。年金暮らしではしんどいわ(^_^;)

 この大型カメラなら、ブローニーフィルムなら1本で何枚撮れるのかさっと計算できなかったが、現像したポジだけでも写真になっている大型カメラ。私には重すぎて、いや、扱いがたいへんだ。写真仲間の三婆のひとりは、マミヤの中判カメラが欲しいと言っていたっけ。
 彼はこのカメラで横長の変形に撮っているとかで、ちょっと見せてくれた。横に長く撮っていて、山の稜線などの写真にはうってつけだった。

 見せてもらったお礼を言って、再び昇る。

IMG_1541展望台1
展望台その1

IMG_1543展望台2
展望台その2

IMG_1554トロッコ嵯峨野線
トロッコ嵯峨野線

 第一展望台に到着したとき、ちょうど今まさにトロッコ列車が通るところだった。場所も確保できていなかったのでこの時は諦め、次の登が来る10分後を待つ。

IMG_1558大悲閣2
大悲閣

 展望台から眼下の保津峡を挟んで向かい側に、山の中腹に立つ絶景と呼ばれる大悲閣が見える。
千光寺というお寺で、保津川の開削工事で亡くなった人と、その関係者の菩提を弔うために建てられたお寺だ。昇って行くとそれほど高くはないのだが、こうしてみるとかなりの高度に見える。ここから遠く京都市内も一望。そして毎日列車の運行と保津川下りの人たちを見守ってくれているのだろう。

 この続きはまた今度。
ユーザータグ【 嵐山
【2009/11/23 16:56】 嵐山嵯峨野 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«東福寺紅葉紀行 その1 奇跡の邂逅 | ホーム | 徒然道草 山茶花 山茶花咲いた道・・・ »
コメント
鷹寅さん、こんばんは。
10月の京都はまだ暑い日がありますね。かといって11月に入ると、とたんに冷え込んできます。でもきっと少し寒いくらいの方がいいでしょうね。調節しやすいですから。

名、ですか・・・ 迷の方でしょう(爆)
天気もいまいちでしたが、この後も続きますのでお待ちくださいね。
【2009/11/24 20:56】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
内地と北の広大な湿原では、景色がかなり違いますね。
我々としては狭い盆地に住んでいるので、遙か先まで何もない平原の広さにあこがれます。

お互い、無い物ねだりですね(笑)
【2009/11/24 20:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
嵐山だけは仕事のついでに良くサボりにいきました。懐かしいですねー。数年前寮に行ったときは10月でしたので暑くて弱りました。タクシーのおじさんが今日と観光は、11月だよ、といったことがわかりますねー。
名カメラマンの写真は格別美しいですね〜^^
【2009/11/24 14:42】 URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
この間、内地に行ったとき思いました。

内地は起伏や家がらみの写真がいいなぁって・・展望台からの一枚目・・・なんとなく懐かしい・・・。
【2009/11/24 10:03】 URL | ひげ #-[ 編集]
ひろさん、おはようございます。
冷え込んだのでカイロは貼っていきました。
でもね、川縁はやっぱり寒かったですね(^^;
上流に向かって、ある一定のラインを越えると、空気がすっと変わるんです。一条ずつ上がる度に寒くなる、あれと同じです。
【2009/11/24 07:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは^^
桜の季節にしか訪れませんが、この時期の大悲閣もいい感じですね^^
川べりは寒くなかったですか?^^;
【2009/11/23 23:24】 URL | ひろ #jdItOO7Y[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
大型の観光バスなら、市営駐車場でしょうか。天竜寺の近くです。
ひばり館は存続の危機にありました。ちょっと持ち直したのかな。
世代が違うので入ったことがありません。すごい歌手だったなあと思います。

朝早めの時刻でも芋の子状態でした。橋が落ちやしないかと・・・ いらぬ心配です。
来年はもっと早い時期に行きたいものです。
【2009/11/23 20:37】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
 嵐山センター?が駐車場だったので 美空ひばりのほうに 少し歩いたの。 
 一枚目のような しゃしん 撮れませんでした。芋の子洗うような 人出でした。
 保津川くだり いいですね。
【2009/11/23 17:37】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |