FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

茶道具資料館 開館30周年記念 秋季特別展
IMG_8446掛け軸

 昨日、10月10日から始まった展示、わび茶の誕生-珠光から利休まで-を見学に行ってきた。講習の中のひとつだったので、各地から仲間が集まってきている。

 茶道具資料館は堀川今出川少し上がった東側。今出川通りから歩いても10分くらいだ。茶道はお稽古をしたことはないのだが、お道具を見たりお薄をいただいたりするのは大好きだ。

IMG_8448茶道具資料館

 集合は10時。時間きっかりにお着物姿の資料館の女性が奥へ入るよう促す。ここで最初の説明か何かがあるのかと思いきや、ちょっと雰囲気が違う。左右の扉は開け放たれているが、奥にはお釜が準備され、火が燃える匂いがかすかにする。あのお釜は飾りではなくお湯が沸かされているようだった。

   お席へどうぞ・・・

 みんな荷物を置いて席に着く。どうも最初にお菓子とお薄がいただけるようだ。

IMG_8439やきぐり
今日のお菓子 弥㐂ぐ里(やきぐり)堀川通今宮下る西入る

 出されたお菓子は季節の栗。白餡に刻んだ栗が入っており、上に卵黄を塗って焼いてある。お手前を披露してくださる年配の女性からお菓子の説明を聞いた。

   普通は型に入れてしっかり形を作るのですが、これは手で握ってあるだけです。ほろほろと崩れやすいので、少し食べにくいかもしれませんが、口当たりの良いお菓子です

 確かに下手に切ると崩れてしまいそうだ。1/3くらいに大きめに切り、ぎゅっと抑えるようにしてようじで押さえつけるように刺して口に運ぶ。

   おいしい・・・(^.^)

 栗は2mmくらいの小さなかけらだが、後口にふわっと栗の香りが残る。思ったより甘さも控えめ。お店は堀川通り今宮下がったところに本店がある田丸弥。おせんが有名なお店だ。このお菓子はもちろん、季節もの。
 いよいよお薄。普段いただくお抹茶より渋みがやさしい、万人向きのお茶だ。後から誰かが質問していたが、お茶は宇治の小山園さんのものを使用し、子供でも呑みやすい銘柄だそうだ。道理で物足りないと思った。

IMG_8440螺鈿1
螺鈿細工その1

IMG_8441螺鈿2
螺鈿細工その2

 お手前を見せていただいた後、近くでお道具をご覧下さいと言っていただいたので、私は早速前にでる。青海波模様のお棗もよかったが、テーブルの下にあった炭いれの籠に一緒に入れられていた香合に目が行っていた。

   済みませんが、この下の螺鈿細工を見せていただいてもいいですか・・・

 そう言って出していただいたのがこれ。(ちょっとぶれている・・・ ショックだ)直径10cmもないくらいのものだが、細かな細工と図案にうっとり・・・

   これの写真を撮っても構いませんか?

   ええ、いいですよ。展示室はだめですが、ここなら何を撮っても構いませんからどうぞ

 その言葉を待っていたかのように、周りはざわざわとして一斉にみんなカメラを取り出す。

   なんや、みんな撮りたかったんかいな(苦笑)

 その私と女性の会話をきっかけに、お道具についての質問や手にとってもよいかと尋ねたり、掛け軸などに群がっていく姿がおかしかった。

IMG_5507.jpg

 展示室へ移動する前、中庭の竹が趣のあるものだったのでちょっと撮っていると、30代くらいの女性に話しかけられた。

   お道具に詳しいようでしたが、お茶をされているのですか

   いいえ、とんでもないです。お稽古はしたことはありませんが、ああいった伝統工芸品に興味があるんです。お茶も好きですしね

 私は緑茶と紅茶しか飲まないのだ。お酒はまた別ではあるが・・・

IMG_5506.jpg
ほととぎすと藤袴 花器は青磁


 このようなときにいつも思うのだ。お茶も習っておけばよかったなぁと。いや、今からでも遅くはない。機会があればどこかで習ってみたいと思う。機会があればというより、やはり作らなければないだろうな。

 この後、いくつか美術館巡りへとでた。この続きはまた今度。

IMG_5679.jpg

 今日のおまけはこれ。夕暮れの中歩いて家路に向かう私が見たものは、燃えるような夕焼けだった。この夕焼けを今この時刻、どれだけの人と一緒に見ていたのだろう。


   菓子司 田丸弥

   丸久小山園

   茶道具資料館
ユーザータグ【 茶道具資料館
【2009/10/11 22:44】 イベント | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«北村美術館 平成21年秋季特別公開「秋興の茶」 | ホーム | cannon EF100mm F2.8 L macro IS USM»
コメント
小紋さん、こんばんは。
ゆとりのあるスケジュールだったのでゆっくり回れましたが、はしごはやっぱり忙しいですね。
【2009/10/14 22:14】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
すばらしいものばかり見せてもろうて うれしい限りです。美術館めぐりに最適の
季節となりました。  細見 野村 あちこち 行きたいところばかり 今度の子守旅は 
京都でひとつだけ見ようと思います。
【2009/10/14 17:16】 URL | 小紋 #-[ 編集]
kyさん、こんばんは。
私も黄昏時のだんだん暗くなっていく夕暮れは好きな時間です。
いつも思うのです。kyさんのコメントからは、やさしい波動が伝わってくるように感じます。
【2009/10/12 22:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小学校の見学だか遠足でプラネタリウムに行った時、
星よりも暮れなずんでいく街並みのあの時間が好きだったな〜
阿修羅王さんの夕暮れ写真見てふと思い出した。
【2009/10/12 09:54】 URL | ky #QfqnYgC6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |