FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

雨の修学院離宮 その3最終日
IMG_4986_20091009222832.jpg

 昨日の続きを。
 
 一番お気に入りになった船着き場。この先何か機会があったら大きく引き延ばしてみたいと思っている。このころには雨も止み風もなかったため、湖面に影が映り込みなんとも綺麗な景色となった。

IMG_4977.jpg

 対岸の岸。左手はこの小島に渡る橋。

IMG_4933.jpg

 この下から渡ることができるが、もちろん見学コースにはない。

IMG_4968.jpg

IMG_4963.jpg

 深山・・・というところか。水墨画で現せばまた風情があるように感じる。

IMG_4958.jpg

 こうして約1時間少しの見学はあっという間に終わったが、何回見ても風情のあるお庭に憧れる。1600年代の昔、どんな景色がここでは見られたのだろう。池の向こう、北山連峰の借景は今と同じなのだろうか。もっと山深く遠くまで見通せたのだろうか。

 考えれば考えるほど、当時の時代にタイムスリップしてみたい。
【2009/10/09 22:40】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«cannon EF100mm F2.8 L macro IS USM | ホーム | 雨の修学院離宮 その2»
コメント
小紋さん、こんばんは。
長く仕事をしていると、いろいろなことがあります。何か自分の慰めがあれば、なんとか乗り越えられますね。
【2009/10/10 21:32】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
なぜ いつ この離宮の写真があったのか思い出せませんが 勤めがつらい
30代のころ 待ち時間に ここの写真を 穴が開くほど見ていました。
心癒される 風景です。
【2009/10/10 08:17】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |