FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

雨の修学院離宮 その2
IMG_4817.jpg

 昨日の続きを。

 修学院離宮は後水尾上皇が田園風景のなかでくつろぐことを目的としたため、辺りは田畑が広がっている。また、景観維持のため、広い田畑は一般の人に貸し出され、野菜やお米を作っているのだ。稲は既に刈入れを済ませ、切り株だけが並んでいる。

IMG_4843.jpg

 左上方の山は比叡山。

IMG_4881_20091007213320.jpg

 土手やあぜ道といえども、綺麗に手入れされている。300数十年の昔、上皇はこのようなあぜ道を歩いて離宮内の建物を巡っていたそうだ。いいものを食し運動をしたのが良かったのか85歳ほど生きている。あの時代に恐るべき長寿だ。

IMG_4829.jpg
下離宮の寿月観(じゅげつかん)

IMG_4837.jpg
寿月観の襖絵

IMG_4860.jpg
客殿の違い棚

 桂離宮の桂棚、三宝院の醍醐棚と並ぶ、日本の三大違い棚のひとつで、これを霞棚という。

IMG_4866.jpg
網干の欄干

 これは漁村で網を干している様を図案化した手すりがすばらしい。

 建物もお庭も申し分ない修学院離宮。この続きはまた今度。

IMG_8407.jpg

IMG_8408.jpg

 今日のおまけはこれ。台風18号は、早朝に近畿をかすめた。市内も激しい雨に見舞われ、鴨川はかなり増水した。その濁流から避難したのだろう、鴨川河川敷から上に上がる階段で見つけた沢ガニ。きっとオオサンショウウオも流されているだろうと思う。そんな事件が大雨の後には時々起るのだ。
ユーザータグ【 修学院離宮
【2009/10/08 22:17】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«雨の修学院離宮 その3最終日 | ホーム | 雨の修学院離宮 その1»
コメント
raukeさん、おはようございます。
私も貴重な景色を堪能してきました。桂離宮もよかったですが、私にはこちらの方がいいですね。写真も撮りやすいし。
それほど立ち止まる時間もないですけどね。

また頑張って予約を取らねば・・・
【2009/10/09 07:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、おはようございます。

沢蟹さんもビックリの昨日、大丈夫でしたか?
普段と違う気象条件には参ったします・・・。

修学院離宮、行った事がないのですが綺麗な庭園ですね。
貴重な画を見せていただいた気分です。
回りに広がる田畑の画、とても気に入りました(^^)

その時代に85歳??すごいなぁ。
僕の倍です(^^)
【2009/10/09 07:34】 URL | rauke #yl2HcnkM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |