FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

アオさんの惨劇を見る 
1-553A1424rrr.jpg
その1

1-553A1424rrr - コピー

 うつむいて怪しげな動きをしているアオさんを見つけたのでじっと観察していると、おっと、色つきのよいオイカワをゲット!(少々ピンをはずしてしまったので処理が汚いです・・・)

2-553A1426r.jpg
その2

 お、お、お、活きのよいオイカワにちょっと手間取るあおさん。

3-553A1433r.jpg
その3

 あ、いきなりトリ落とした、もとい、取り落とした(汗; 

   え?

 何が起こったのか分からない表情のアオさん。

4-553A1434r.jpg
その4

 そこは切り替えの早いアオさんのこと。慌てず再度拾おうとくちばしを伸ばした。と、ここまではよくある話。咥え治すときに落としてしまうときがあるから。

5-553A1438r.jpg
その5

 しかし時は既に遅し・・・ オイカワも必死に泳ぐ。

6-553A1450r.jpg
その6

 何回も水面を突いて追いかけたがとうとう逃げられてしまった。
 あとから解ったことだが、浅瀬で狩りをしていたために、咥えたときに一緒に小石を咥えてしまったのだった。だからしっかり咥えることができず隙間ができて、せっかくの立派なごちそうを落としてしまったというわけだ。

7-553A1458r.jpg
その7

 夕日を浴びて呆然とたたずむアオさんの背中からはそこはたともなく哀愁と悲哀が漂っていて、掛ける言葉もなかった。
【2020/07/29 20:34】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
小雨に桔梗が咲くを見る @廬山寺
1-9W0A0308.jpg
その1

1-9W0A0308 - コピー

 今年も咲き出したとお知らせがあった。

2-9W0A0304.jpg
その2

 晴天の時より、薄曇りや雨の方がそりゃあ撮りやすくはあるが、ちょっと暗いのが難点か。

3-9W0A0313.jpg
その3

4-9W0A0333.jpg
その4

5-IMG_0576.jpg
その5

6-IMG_0580.jpg
その6

 結局3日も通ってしまった。

7-IMG_9781.jpg
その7

8-IMG_9823.jpg
その8

 いや、雨でも悪いことばかりではない。ミミズや虫などが苔の間から出てくるのか、スズメたちがしきりに苔の中を突く。子スズメも必死だ。

9-IMG_9874.jpg
その9

 この源氏庭にも定番、と言われる構図があるが、今年は敢えて外してみたという偏屈ものだ。
【2020/07/26 20:39】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鳳凰堂に蓮が咲くを見る @宇治平等院
1-9W0A0147.jpg
その1

1-9W0A0147 - コピー

 ここを真っ青な青空背景で撮るのが夢だったりするのだが、今年はぐずついたお天気が続き、またもや希望が叶わなかった。

2-9W0A0139.jpg
その2

3-9W0A0144.jpg
その3

4-9W0A0210.jpg
その4

5-9W0A0223.jpg
その5

6-9W0A0225.jpg
その6

7-9W0A0236.jpg
その7

8-IMG_9545.jpg
その8

9-IMG_9609.jpg
その9

10-IMG_9611.jpg
その10

11-IMG_9610.jpg
その11

12-9W0A0249.jpg
その12

 今年はお天気には恵まれなかった代わりに、まずまずの咲き具合で訪れることができたのが嬉しい。
【2020/07/26 09:25】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
花粉団子と蓮を見る
1-9W0A0206.jpg
その1

1-9W0A0206 - コピー

 花粉団子を作らなきゃ・・・

2-IMG_9593.jpg
その2

3-IMG_9604.jpg
その3

4-IMG_9536.jpg
その4

5-IMG_9540.jpg
その5

 重たい・・・
【2020/07/26 00:21】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
天龍寺に蓮が咲くを見る
1-W0A0826.jpg
その1

1-W0A0826 - コピー
 
 今年も蓮が見頃を迎えていた。実は、ほんのわずかに遅かった気もするのだが・・・

2-W0A0807.jpg
その2

3-W0A0815.jpg
その3

4-W0A0822.jpg
その4

5-W0A0823.jpg
その5

6-W0A0824.jpg
その6

7-W0A0849r.jpg
その7

8-W0A0862.jpg
その8

9-W0A0869.jpg
その9

10-W0A0882.jpg
その10

 よそ見をしているうちに蜂が来ていた。
【2020/07/25 22:58】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
モリアオガエルに逢いに行く
1-9W0A9520.jpg
その1

1-9W0A9520 - コピー

 6月の末、モリアオガエルを探しに出かけた。

   あらら、今日はこちらでお休みでしたか

4-9W0A9536.jpg
その2

 器用に枝にしがみついている。

2-9W0A9521.jpg
その3

3-9W0A9534.jpg
その4

 こちらはシャワーも浴びずに、お腹に土を付けたまま登ってきたらしい。

5-9W0A9564.jpg
その5

6-9W0A9572.jpg
その6

 池の周囲には高い枝にも、生け垣にも、たくさんの卵塊が産み付けられていた。

 では、次の散策へ。

7-9W0A9598.jpg
その7

 う~ん、お尻だけ。ついに顔は見せてくれなかった。

8-9W0A9606.jpg
その8

 ハナアブは忙しそうで、相手にもしてくれない。

9-9W0A9654.jpg
その9

 隠れる寸前に捕まえたツチガエル。

10-9W0A9560.jpg
その10

 そんな小さな生き物たちを毎年見守るお地蔵さまは、少しずつツタが絡まり、その姿を変えていく。

11-9W0A9684.jpg
その11

 最後はこれ。最近人気の出てきた苔のアート。コケ寺リウムと言う。ガラスケースに入ったものもよいが、これもよいな。小さな童地蔵が苔の隙間から覗いていた。
【2020/07/24 22:45】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
夏越しの祓え2020 京都
1-9W0A5172.jpg
その1

2-9W0A5182.jpg
その2

 順不同、なんのルールもなしで。今年は複数箇所ちょっと廻ることができた。まずは岡崎神社。花崗岩の白ウサギさんのお出迎えで。

   あ、ウサギさん、サーカスみたいに輪っかを飛び越えなくてもええよ?解ってる?

   え、え、え、そうか、そうやったわ( ̄^ ̄)ゞ

 もう、困ったウサギさんやな。はい、次、行くで。

3-9W0A5195.jpg
その3

4-9W0A5193.jpg
その4

 下御霊神社。昨年はなかった左側の白いテント・・・う~ん。かなりトリミングとなる。

5-9W0A0087.jpg
その5

6-9W0A0111.jpg
その6

 吉田神社。この朝はお祓いを受ける人の姿があった。

7-9W0A5304.jpg
その7

8-9W0A5288.jpg
その8

 護王神社。10時以降にお参りすると厄除けのうちわがいただけたのだが、早朝にお参りに行ったのでいただくことができなかった。残念。来年は遅めにお参りに行くとしよう。

9-IMG_6432.jpg
その9

 続いて八坂神社。こちらはコロナ退散のお祓いのために3月から設置。これはその3月のもの。

10-9W0A3634.jpg
その10

11-9W0A3630r.jpg
その11

12-9W0A3638.jpg
その12

 何が幸いするか解らないもので、露店のない八坂神社参道は初めて見た。

13-9W0A4614.jpg
その13

14-9W0A4611.jpg
その14

 こちらも初めての景色。伏見稲荷大社。これほど人がいない景色には驚きと言うより、なんだろう。目に見えないウィルスへの恐怖とも言えるかも。

15-9W0A5148.jpg
その15

16-9W0A5168.jpg
その16

 人がいないと言えばこちらも。平安神宮。

17-9W0A0029.jpg
その17

 そしていよいよ最後は北野天満宮。こんな時でないと行く気にもなれない・・・

18-9W0A0050.jpg
その18

19-9W0A0055.jpg
その19

20-IMG_0853.jpg
その20

 少ないと言ってもそこは天下の北野さん。やり過ごすのも楽ではない。

 数日かかってこれだけを廻ることができた。何回ぐるぐるしただろう(笑) どうか1日でも早くコロナ禍が落ち着きますように・・・

DSC_5313.jpg

 今日のおまけはこれ。まずは吉田神社の御幣付きの茅。葉っぱのギザギザを取ってあるので扱いやすいのが嬉しい。今年はいつもより巧く茅の輪が作れたように思う。

DSC_5308.jpg

 初めていただいた天神さんの茅は幸運なことに最後の1本だった!天神さんは学問の神さまではあるが、夏越しの祓えの厄除けが効いたのか、帰宅途中自転車のにーさんと外国人のおじさんに危ないまねをされたにも関わらず事なきを得たのは、最後の1本が災いを祓ってくれたのではないかと思っている。
【2020/07/03 20:47】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム |