日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

アトリが楓の花を食らうを見る
1-IMG_7326.jpg
その1

IMG_7326 - コピー-1のコピー

 早春、楓の葉が萌えだし穂のような花を咲かせた。

2-IMG_7378.jpg
その2

3-IMG_7383.jpg
その2

4-IMG_7387.jpg
その3

 柔らかく新鮮な花穂は、冬を越した身体には素晴らしい栄養源になるのだろう。人が多く行き交う中で、枝垂れ桜を背景に夢中になってついばんでいた。 
【2017/05/20 08:31】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
夕暮れの牡丹 @建仁寺
1-553A6759.jpg
その1

 逢魔が時。満開の牡丹が咲いている、そこだけが明るく、灯火が灯っているようだった。

2-553A6743.jpg
その2

3-553A6752.jpg
その3

4-553A6766.jpg
その4

5-553A6770.jpg
その5

6-IMG_2083.jpg
その6

7-IMG_2089.jpg
その7

8-IMG_2094.jpg
その8

9-IMG_2098.jpg
その9

10-IMG_2110.jpg
その10

11-IMG_2112.jpg
その11

12-IMG_2120.jpg
その12

13-IMG_2134.jpg
その13

14-IMG_2140.jpg
その14

15-IMG_2147.jpg
その15

16-IMG_2153.jpg
その16

17-IMG_2156.jpg
その17

 拝観時間も終了。法堂入り口もとうに閉められた。わずかな薄明かりも消えようとする、ある日の夕暮れのことだった。
【2017/05/13 19:28】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都桜紀行 @寺町廬山寺
1-553A5878.jpg
その1

 紫式部の邸宅跡に建てられたとされる廬山寺。これからの季節、桔梗があまりにも有名なので他の季節には人が少ない。まだ若木なので評判にもならないのだろう。

2-553A5889.jpg
その2

 昨年より一回り大きくなった八重紅枝垂れ。そしてまたどうも新たに小さな苗木が植わっていた。ここも桜の園になりつつある。なんだか嬉しい。

3-553A5892.jpg
その3

4-553A5894.jpg
その4

5-553A5898.jpg
その5

6-553A5905.jpg
その6

 陽が差したり翳ったりと、なかなか忙しいお天気。だが、陽が差すと濃い桜色が非常に綺麗に輝く。それを見るだけでも幸せな気持ちになれるのは、桜のなせる技だ。

 それでは裏庭の様子も見てこよう。

7-553A5907.jpg
その7

 こちらには染井吉野と一重の枝垂れ桜がある。さすがに枝垂れは終盤だったが、染井吉野はまだ持ちこたえてくれている。

8-553A5911.jpg
その8

9-553A5918.jpg
その9

 有名処のような華やかさはないが、いかにも檀家さんだけのお楽しみみたいな静けさを持った雰囲気が心地よい。

10-553A5933.jpg
その10

 これが新たに増えていた桜なのだが、なんという種類なのだろう?

11-553A5956.jpg
その11

 閉門間際の短い時間、そろそろ閉めますのでと声をかけられた。

   いつも写真を撮りに来られている方ですよね?

   はい、いつもお世話になります。八重紅、少し大きくなりましたね。それに1本、増えてますね?

   解りましたか?

 はいはい、その季節の時にその季節のものしか見ていないが、昨年見なかった桜があった。こういうことにはめざといものだと、我ながら感心する。

 あまり教えたくはないが、自分のお気に入りの廬山寺。あとふた月ほどもすれば、桜色から青紫のお庭へと変わる。さてさて、次の記事はまた未定になることと思う。
【2017/05/08 00:00】 2017桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都桜紀行 @宗像神社
1-553A5978.jpg
その1

553A5978 - コピー-1のコピー

 夕暮れ、黄昏時の宗像神社。暗くなり始めた境内に、桜の咲くそこだけが淡い色に輝いていた。その明かりに誘われるように神聖な空間に吸い込まれていく。

2-553A5989.jpg
その2

3-553A5990.jpg
その3

4-553A5996.jpg
その4

5-553A6000.jpg
その5 

6-553A6001.jpg
その6

7-553A6004.jpg
その7

8-553A6009.jpg
その8

9-553A6010.jpg
その9

10-553A6028.jpg
その10

 黄昏時は逢魔が時、時間を忘れて時を過ごしてしまった。

11-IMG_9585.jpg
その11
 
 翌朝、再訪してみたら柔らかい朝陽が差し込み昨夕と打って変わった景色になっていた。

12-553A6091.jpg
その12

 しかし、ここに似合うのはこの黄昏時ではないかと感じた。それとも桜の精に幻想を見せられたのだろうか。
【2017/05/07 09:13】 2017桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
賀茂競馬(かもくらべうま) @上賀茂神社(賀茂別雷神社)
1-553A9024.jpg
その1

 5月5日、賀茂競馬が遂行された。

2-553A9087.jpg
その2

 菖蒲の根会わせ。まだ極若い乗り尻とベテラン乗り尻のふたり。一旦乗り尻になると、少年と言えども大人と同等の扱いを受け、甘えは許されない。成人の振る舞いをしなければならない厳しさがある。

3-553A9118.jpg
その3

4-553A9159.jpg
その4

 本殿前で再び根合わせが行われる。

5-553A9175.jpg
その5

 そして、内陣にて祝詞を受けて清めていく。

6-IMG_3871.jpg
その6

 そして午後、乗り尻たちが集結した。

7-IMG_3875.jpg
その7

8-IMG_3880.jpg
その8

9-IMG_3882.jpg
その9

10-IMG_3886.jpg
その10

11-IMG_3901.jpg
その11

12-IMG_3904.jpg
その12

13-IMG_3910.jpg
その13

14-IMG_3946.jpg
その14

15-IMG_3963.jpg
その15

 若者も熟練者も、なんとよい表情をしていることか。

16-IMG_3925.jpg
その16

17-IMG_3971.jpg
その17

 馬に馬場を少し歩かせると、いよいよ競馳が開始される。解説を始めると長々となるので、画像だけをどうぞ。

18-553A9283.jpg
その18

553A9283 - コピー-18のコピー

19-553A9306.jpg
その19

553A9306 - コピー-19のコピー

20-553A9342.jpg
その20

21-553A9355.jpg
その21

 若い乗り尻は熟練者には敵わないようだったが、それでも必死に食らいついていった。

22-IMG_3977.jpg
その22

IMG_3977 - コピー-22のコピー

 どれもこれも名勝負だった。競馬の詳細はまたご自分で調べられたし。

23-553A9227.jpg
その23

 今日のおまけはこれ。開始前に馬の装飾品や和鞍を見て貰うために馬場を往復させて歩くのだが、この子は飼い葉がもっと食べたかったのか、文字通り道草を食ってしまった・・・?
【2017/05/07 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
流鏑馬神事 @下鴨神社(賀茂御祖神社)
1-553A7429.jpg
その1

 来る5月15日に行われる葵祭の幕開けとなる流鏑馬神事が行われた。撮影は5月3日。新緑がとても美しい糺ノ森で、狩衣や武家装束を纏った小笠原同門会の方々が奉仕された。

2-553A7460.jpg
その2

3-553A7465.jpg
その3

4-553A7466.jpg
その4

 幾つかの神事が行われると、いよいよ開始。では、どうぞ。

5-553A7520.jpg
その5

553A7520 - コピー-5のコピー

6-553A7689.jpg
その6

7-553A7800.jpg
その7

8-553A7845.jpg
その8

9-553A7891.jpg
その9

10-553A7980.jpg
その10

 彼は今回の最年少、中学2年生。すべての的に当てることはできなかったが、勇壮な姿を見せてくれた。まだ2回目という。落馬しないように、徹底的に訓練してから騎乗する。来年も奉仕してくれるのだろうか。是非とも上達した技を拝見したいものだ。

11-553A8015.jpg
その11

12-553A8049.jpg
その12

13-553A8077.jpg
その13

14-553A8181.jpg
その14

 多くの方が全部の的に当てることができ、会場は拍手の渦に沸く。そして最後を飾るのは小笠原清基さん、小笠原宗家の長男。

15-553A8272.jpg
その15

 彼が現れると糺ノ森にはピーンと張り詰めた空気が漂う。静まりかえった森に馬が駆け抜ける蹄の音と、彼のかけ声だけが響いた。

16-553A8276.jpg
その16

553A8276 - コピー-16のコピー

 そして的が割れる乾いた音。すべてに当たったことがアナウンスされるなやいなや、どっと歓声が上がる。

17-553A8299.jpg
その17

 後ろ姿からもなんだかオーラが出ているような空気感。この方の持つ存在感には圧倒される。

18-IMG_3292.jpg
その18

 強い日差しもなく、柔らかな光の中、滞りもなく無事に流鏑馬神事が執り行われたのだった。
【2017/05/06 23:40】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
上賀茂神社(賀茂別雷神社) 足汰式(あしぞろえしき)
1-IMG_1131.jpg
その1

 五穀豊穣・天下太平を願い、賀茂競馬に向けて足汰式(あしぞろえしき)が行われた。競い合って走らせる馬の状態や、乗尻(のりじり)と呼ばれる要するに騎手を決める儀式のこと。今年は若い乗尻が多く参加することとなった。

2-IMG_2979.jpg
その2

3-IMG_1205.jpg
その3

 会場ではその都度詳しい解説が日本語と英語で行われ、知らない人でも心配は要らない。

4-IMG_2934.jpg
その4

5-IMG_2953.jpg
その5

 先に1頭駆けが行われ、その次からは2頭で競い合う。

6-IMG_2988.jpg
その6

7-IMG_2990.jpg
その7

8-IMG_3018.jpg
その8

 若手同士、あるいは熟練したベテランと若手、中にはいとこ同士もあった。どちらも負けられない勝負でなかなかの接戦。しかし競い方は独特で、先に一馬身早く走り出し、後を追う方がどれだけ距離を縮められたかで勝負が決まるというもの。

9-IMG_1268.jpg
その9

10-IMG_1307.jpg
その10

 芝生の直線コースを見ただけで走り出したくなる馬たち。興奮気味になる子もいる。それをなだめつつ走るのは腕の見せ所だろうか。当日ほど速くは走らせないが、一走りすれば馬たちも気分がよくなるのは間違いない。乗尻の表情も和らぐ。

11-IMG_1159.jpg
その11

 この日、初乗りと言って、初めて本番さながらに馬を走らせる若者が何人かあった。最年少は小学6年生。

12-IMG_2969.jpg
その12

13-IMG_2971.jpg
その13

14-IMG_2976.jpg
その14

 やや緊張した面持ちで走らせたが、走り終わった後、拍手喝采を浴びたとたんに若い乗尻の顔から一気に少年の顔に戻った笑顔がとてもかわいらしい。今年は学区の小学生が地域の伝統文化を学ぶ一環で見学に来ていて、その子供たちの前を通ったときにも声援と拍手が起こった。何しろ同い年の少年なのだから。

15-IMG_3024.jpg
その15

16-IMG_3052.jpg
その16

 終了後は庁屋(ちょうのや)で直会(なおらい)が行われる。無事に終わった懇親会のようなもの。見学者は外からの見学となる。

17-IMG_3054r.jpg
その17

 それも終了すると敷地内にも入ることが許された。乗尻たちに配られたものを拝見できるのだ。お祭りに出されるのは御神酒とスルメと相場は決まっているのだが、これは干した鱈だった。
 周囲では乗尻たちがお父さんや息子の顔に戻って、家族や友人たちとしきりに記念写真を撮る姿があった。騎乗の姿とは打って変わって、とても柔らかないいお顔だった。

 さて、これで当日の番立てが決められる。いったいどのような勝負になることだろう。
【2017/05/06 14:20】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム |