日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @東福寺塔頭光明院
1-IMG_-3654.jpg
その1

 先日の続きを。夕日が差し込み始めた夕暮れ時の光明院。撮影は1月2日。早朝から宇治へ行き、ぐるっと回って祇園界隈、用事を済ませてダメ元でやって来た東福寺だった。

2-IMG_-3658.jpg
その2

 無人受付筒(笑)を通って(この意味が解る人は解る、解らない人は?マークが飛び交っているはず)正面に見える景色。よかった、雪が残っているし、ツツジの緑さえ見える。

3-IMG_-3655.jpg
その3

4-IMG_-3671.jpg
その4

 障子の開け閉めで見え方の雰囲気が随分と変わる。ここはどちらでもいい感じ。

5-IMG_-3657.jpg
その5

6-IMG_-3656.jpg
その6

7-IMG_-3678.jpg
その7

 お正月も2日の夕方、参拝者は誰もいないのをいいことに独り占めを続ける。朝イチの雪を狙ったことはあっても、夕暮れの雪は初めてだ。早朝とは違う空間の色にわくわくする。

8-IMG_-3662.jpg
その8

9-IMG_-3660.jpg
その9

 書院に座って、雪性寺から眺める雪景色。本来の雪見障子の使い方。これがなかなか機会がないのだ。それも静かに眺めると言うことが。秋なら絶対に無理・・・

10-IMG_-3665.jpg
その10

11-IMG_-3668_20150227142009f9f.jpg
その11

 ガラスに雪景色を映してみたり、思いっきり楽しませて貰う。

12-IMG_-3679.jpg
その12

13-IMG_-3682_201502271420368d0.jpg
その13

 ひんやりとした空気に包まれた本堂ではゆっくりお参りをさせていただく。

14-IMG_-3692.jpg
その14

15-IMG_-3694.jpg
その15

 気がつけばそろそろ日没の時刻。お暇をしよう。思った以上に雪景色を堪能させていただくことができた。この日、朝からどれだけの場所を回ったのか、解らなくなってきた。雪で被害を受けられた地域の方には申し訳ないが、滅多に遭遇できない休日の雪景色に心から満足だった。写真の仲間たちと、あるいは一人で、そのどちらでも浮き立つ気持ちは同じだった。

16-IMG_-3698.jpg
その16
 
 つい先ほどまで薄日さえ差していたのに、帰る頃には小雪がちらつき始めていた。長いような短いような1日の終わりだった。
【2015/02/28 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
梅花祭 @北野天満宮
1-IMG_8289.jpg
その1

 今年の梅花祭は大荒れだった・・・ 諸事情もおありだったのだろうから、我々がとやかく言うこともないのかも知れない。

2-553A7640r.jpg
その2

3-553A7645_20150226214017d3f.jpg
その3

4-553A7649.jpg
その4

5-553A7650.jpg
その5

6-553A7653.jpg
その6

7-553A7657.jpg
その7

8-553A7664.jpg
その8

 まだ若い舞妓はちょっと緊張気味。それでも一生懸命にお運びをする姿はみていてとてもかわいい。半だらの妓がいたので、もうすぐ御見世だしなのだろうか。

9-553A7673.jpg
その9

10-553A7681.jpg
その10

11-IMG_8281.jpg
その11

12-IMG_8285.jpg
その12

 お茶を運んでいただいたのは梅ちえさんだった。しばらく見ないうちにまたお姉さんの顔になっている。

13-IMG_8288.jpg
その13

 慌ただしくお茶をいただき、なんだか味わう暇もなかった。

14-553A7620.jpg
その14

15-553A7621.jpg
その15

16-553A7628.jpg
その16

 ゆっくりお花見がしたかったが、また今度の機会にしよう。
【2015/02/27 00:00】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
京都雪景色紀行 @東福寺序章
1-IMG_-3565.jpg
その1

 先日の続きを。撮影は1月2日、夕暮れ間近。ダメ元でちょっと足を伸ばしてみた東福寺。通天橋の屋根には雪が残っているが、さすがに雪もみじは既に消え去っていた。
 東福寺の雪は初めてでもないし、まあいいか、と言うくらいのつもりでふらっと様子伺いに出かけてみた。翌日にはもっと綺麗な雪景色が撮れるのも知らずに・・・(笑)

2-IMG_-3553.jpg
その2

3-IMG_-3555.jpg
その3

 あちこちのお地蔵さまにご挨拶をしながら。だって、黙って行くのかと叱られそうで・・・ 顔なじみのお地蔵さまには、やはり知らん顔はできないのが辛い。

4-IMG_-3558.jpg
その4

   寒い中、お勤めご苦労様ですm(_ _)m

5-IMG_-3568.jpg
その5

 そしてやっと通天橋へ。臥龍橋には誰もない。通天橋の景色がこれではやはり・・・ では方丈庭へと行ってみよう。

6-IMG_-3571.jpg
その6

 砂紋が綺麗に見えるが、雪の積もったところとそうでないところの境目がくっきり。いったいどんな降り方をしたというのだろう?

7-IMG_-3573.jpg
その7

 で、突然屋根から雪が落ちてきて・・・

   ひぇ~(>_<)

8-IMG_-3574.jpg
その8

9-IMG_-3612.jpg
その9

 誰もいないので、こんなのが撮れたりする。

10-IMG_-3575.jpg
その10

11-IMG_-3608.jpg
その11

12-IMG_-3581.jpg
その12

13-IMG_-3584.jpg
その13

14-IMG_-3587.jpg
その14

15-IMG_-3646.jpg
その15

 少し暗くないかけてきた夕暮れ間近の方丈庭。元々八相の庭と呼ばれていたのだが、2014年に“国指定名勝”に登録され、改めて「国指定名勝 東福寺本坊庭園」となった。ではこの南庭から時計回りに巡っていこう。

16-IMG_-3588.jpg
その16

 こちらは昨年の1月に撮り忘れたという、あほなことをした場所。

17-IMG_-3589.jpg
その17

18-IMG_-3591.jpg
その18

 あまりも雪景色にテンパったらしい(-_-;) 情けない有様だった。

19-IMG_-3594.jpg
その19

 北庭を覗いたときには思わずぎょっ・・・ 屋根からずり落ちた雪がてんこ盛り~ まぁ、仕方がない。夕方まで屋根から落ちずに踏ん張れという方が無理だから。

20-IMG_-3602.jpg
その20

 うっすら雪がベターだが、贅沢は言わないでおこう。たとえ、かろうじて切石が解る程度であっても。

21-IMG_-3620.jpg
その21

 ひと周りして帰って来ると、雲間に少し晴れ間が出てきている。朝からの大雪が、最後には晴れ間が出て終わるというのもなんとなく気持ちがいい。

22-IMG_-3651.jpg
その22

 そろそろお暇をしようかと渡り廊下を歩き始めると、今にも落ちそうなずり落ちかけた屋根を雪が見えた。おっと、脅される前にさっさと行こう。

23-IMG_-3653.jpg
その23

 それではいつものように、この続きはまた今度。この冬は思いの外雪が降ったのでストックがてんこ盛りになってしまった。行事も鳥も貯まりつつある。梅花の季節になったのに、桜の季節まで雪景色を引きずってしまいそうだ。困った、困った・・・
【2015/02/25 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
襟替え 祇園甲部紗月 その2
1-IMG_-7320.jpg
その1

 昨日の続きを。

2-IMG_-7333.jpg
その2

3-IMG_-7336.jpg
その3

4-IMG_-7344.jpg
その4

 広角で撮ってトリミングと言う手もあったが、画質が落ちるのを懸念して望遠にしたが、案外とれる場所もあって、そんなときは短いのを持って来ればよかったと何回思ったか。前回も同じ愚痴をこぼしているところをみると、余程悔しかったのだろう。次に活かされたならそれでもいいか。

5-IMG_-7386.jpg
その5

 気楽に撮っているようだが、これでも花街では暗黙のルールがある。周りの空気の読めない人はいつでもいて、撮影をしてはいけない場面でも平気でストロボまで炊いて撮ろうとする。たぶん中国人だとか、そんな観光客が殆どだが、日本人でも言葉が通じない時があるから困る。このときも依頼された写真を撮るために写真家の方がいたのだが、撮らないでという注意勧告を見事にスルーした人も何人かいる。車が通るのによけるように言っても動かない人。
 そりゃあ紗月さんは一番人気かも知れない。しかしルールも守らないで撮っても彼女は綺麗には撮れないと思う。

6-IMG_-7392.jpg
その6

7-IMG_-7406.jpg
その7

8-IMG_-7408.jpg
その8

 少し首を傾げた所作が紗月さんらしいように思うのは自分だけだろうか。

9-IMG_-7454.jpg
その9

10-IMG_-7471.jpg
その10

 広い祇園をぐるっと回って、再び歌舞練場前まで帰って来た。

11-IMG_-7482.jpg
その11

 最後にここで家族の方と一緒に記念写真を撮り、

12-IMG_-7489.jpg
その12

 感慨にふけりながら置屋へと帰って行かれたのだった。芸鼓になってからも御贔屓さんは増えても減ることはないだろう。襟替えを拝見することは滅多にできないので、毎回その華やかさには京都ならではの文化を感じる。動く京都の伝統職人の技、とでも言うのだろうか。花街に入るようになり、その伝統を守っていく花街の皆さんの気概は並大抵ではなく、微力ではあるが、同じ京都に住むものとして応援していきたい、かな。できるかな。

 一気に春を思わせるような気温の中、紗月さんを始め関係者の方々、そしてファンのパパラッチの(笑)方々、お疲れ様でした。
【2015/02/24 23:45】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
襟替え 祇園甲部紗月 その1
1-IMG_-7205-2.jpg
その1

 先日、先笄を撮らせていただいた甲部の舞妓紗月さんが、いよいよ襟替えの日を迎えた。たった1日で、ぐっと大人になっちょうに見える。仕事の都合がつかなくて諦めていたのだが、なんとか開始時刻に1時間近く遅れて参戦してきた。

 少々お疲れ気味と言うことで、画像だけをどうぞ。

2-IMG_-7198.jpg
その2

3-IMG_-7213.jpg
その3

4-IMG_-7216.jpg
その4

5-IMG_-7229.jpg
その5

6-IMG_-7234.jpg
その6

7-IMG_-7237.jpg
その7

8-IMG_-7246.jpg
その8

9-IMG_-7257.jpg
その9

10-IMG_-7277.jpg
その10

11-IMG_-7282.jpg
その11

12-IMG_-7291.jpg
その12


13-IMG_-7305.jpg
その13

14-IMG_-7317.jpg
その14

14-IMG_-7317 - コピーのコピー

 3年連続でトップを誇った舞妓だっただけに、そのギャラリーは半端ではなかった。そのためにズームの望遠だけつけていったのだが、やはり無理してでも2台持ちでないと撮れないものだ。次の反省点にしよう。身軽だったので、たくさん走れたという利点はあるけど・・・

 ともあれ、襟替えおめでとうございます。お天気が心配されたが、雨は大丈夫。まぶしくない程度の薄日が差す、とてもいい条件だった。終わったとたんに雲が厚くなったので、彼女の運の持ち回りかも知れない。

 ではいつものようにこの続きはまた今度。
【2015/02/23 23:57】 芸舞妓 | トラックバック(1) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @建仁寺
1-IMG_-3452.jpg
その1

 先日の続きを。さて、本当は両足院の前にこちらへ入る予定だったのだが、法要が行われていると言うことであと30分ほど待って欲しいととのこと。で、先に両足院へ入った。
 そしていよいよ建仁寺へ。潮音庭、○△□乃庭、その雪景色がなんとか見てみたい。受付に行くと既に拝観が始まっている。

2-IMG_-3500.jpg
その2

IMG_-3504 - コピー-2のコピー

 そして目の前に現れた潮音庭。

3-IMG_-3504.jpg
その3

4-IMG_-3496.jpg
その4

 雪の凹凸が、ある意味白い波模様にも見えたりして、そこから潮のざわめく音が響きそうだ。

5-IMG_-3513.jpg
その5

 ○△□乃庭、椿には花もなく屋根の雪もかなりずり落ちてしまっているが、ガラスに反射した光が中庭に当たっているのが面白い。

6-IMG_-3519.jpg
その6

 方丈庭大雄苑は一面の雪に覆われた。

7-IMG_-3520.jpg
その7

8-IMG_-3527.jpg
その8

9-IMG_-3539.jpg
その9

 既に陽も高く昇っているというのに本堂の屋根からまだ雪が落ちていなかったのが奇跡だ。

10-IMG_-3533.jpg
その10

11-IMG_-3532.jpg
その11

12-553A7904.jpg
その12

 ほどよく積もった雪は砂紋が見える。ハトもこの雪で寒かったのだろう。溶けて雪が消えたところに身を寄せ合っている。

13-IMG_-3545.jpg
その13

 納骨堂の前はもう少し残っているかと思ったが、案外そうでもなかった・・・ 日陰だからと思ったのだが。

14-IMG_-3543.jpg
その14

 反対に暖かだったのはこちら。外国人のご夫婦。偶然にも京都で雪景色に出会い、感動されたのだろうと想像する。きっと一生の思い出になるだろう。

 そんなほほえましい姿を見て、建仁寺をあとにした。

15-IMG_-3548.jpg
その15

 まぶしいほどの綺麗な青空だったが、悲しいことにお腹はぺこぺこ。朝6時半、いやもっと早かった。それからずっと雪道を歩いてくたくた。と言うわけで、ほら、ここに見えているお店へ。

16-IMG_-3550.jpg
その16

 牛若丸のシュークリームとコーヒーでちょっと一服。少々疲れたが、大満足の半日だった。しかし自分にはもう一つ仕事が残っていた。お店を出たとたんにかかって来た電話は、買い物をして来いと言うミッションだった。

 で、この続きはまた今度。本当に忙しい1日だった。
【2015/02/23 19:33】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
雪のキジバトを見る
9-553A7738r.jpg

553A7738r - コピー-9のコピー

 雪の朝、キジバトを見た。ユキジバト・・・ う~ん、ちょっと厳しい?

   あんた、何をごちゃごちゃ言うたはるんや 
【2015/02/23 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都雪景色紀行 @おまけ編
1-553A7736.jpg
その1

 宇治川河岸。おまけと言うより、ファイルを別にしていたもので現像し損なっただけ。どう考えても枚数が足りないと思ったのはそのためだった。

 と言うわけで、望遠で撮った分の羅列で。

2-553A7744r.jpg
その2

3-553A7760.jpg
その3

4-553A7765.jpg
その4

5-553A7766.jpg
その5

 平等院南門前で迎えた夜明けの燭光はとても神々しかった。

6-553A7793.jpg
その6

 鐘楼も綺麗なベンガラ色。

7-553A7823.jpg
その7
 
 宇治川右岸から見た十三重の石塔。

8-553A7825.jpg
その8

 ラストは興聖寺の石塔。江戸時代初期のものだそうだ。
【2015/02/21 19:49】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @建仁寺塔頭両足院
1-IMG_-3455.jpg
その1

 先日の続きを。宇治から電車に乗って市内へと入る。向かった先は両足院。全く運がいいことに現在冬の特別公開中なのだ。四条辺りまで雪が積もることはまずないので、こちらの雪景色は貴重な記録だ。以前からこの辺りの雪景色も狙っていたので、もう期待に膨らんで空でも飛べそうな勢いだった。

 昨年から入り口がこちらに替わってしまい、以前の入り口のところにあった梅の花が撮れなくなったのがちょっと悲しい。特にこのような雪景色になったときは残念だ。

2-IMG_-3457.jpg
その2

 小さな坪庭にまでこれだけ雪が吹き込んでいる。いったいどれだけ降ったというのだろう?

3-IMG_-3460.jpg
その3

4-IMG_-3462.jpg
その4

 このとき時刻は既にお昼。さすがに屋根から落ちる雪は仕方がない。でも松に積もった雪の量はどうだ?十分ではないか。

5-IMG_-3465.jpg
その5

 本堂からちょっと額縁を撮ってみた。ふむ、なかなか見事ではないか。それでは本堂を回って池の方へ。

6-IMG_-3467.jpg
その6

7-IMG_-3469.jpg
その7

 わ、これは凄い。夏には半夏生で真っ白に覆われる池が、今は雪で真っ白になっている。まさかこれだけ降っていたとは驚いた。 

8-IMG_-3473.jpg
その8

 水面が見えなくなりそうなくらいに雪がてんこ盛り・・・ その僅かに見える水面には対岸に建つ茶室が写り込んでいる。

9-IMG_-3475.jpg
その9

IMG_-3475 - コピー-9のコピー

 ガラス越しではあるが、目の前に広がる雪化粧。半夏生どころか、完全な雪化粧だった。

10-IMG_-3478.jpg
その10

11-IMG_-3487.jpg
その11

 窓は開けないでと言うことだったので、廊下に出て外を眺める。白い雪原に点々と飛び石の部分が溶けている。

12-IMG_-3493.jpg
その12

 この日の大雪は珍しいところの雪景色を見せてくれた。次のシーズンの半夏生がまた楽しみになったのは言うまでもない。

 この続きはまた今度。
【2015/02/20 00:41】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @回想録
1-IMG_2334.jpg
その1

IMG_2334 - コピー-1のコピー

2-IMG_2398.jpg
その2

IMG_2398 - コピー-2のコピー

3-IMG_2316.jpg
その3

 ちょっと使いたい用事ができて、2012年のファイルをあさっていたら出てきた画像。鳳凰堂が改修工事に入る直前の冬の様子。撮影は2012年2月18日、何の偶然かちょうど2年前になる。
 創建当時の朱色に塗り替えられると聞いて、どんな派手な色に仕上がるのだろうと心配していたのだが、できあがった姿はとてもよい色合いだった。それから思えば、やはり以前の姿はなんと言うことだろう。余程傷んでいたのだろう。この色でもいいのにと思っていたのに、今では鮮やかな朱色が普通になってしまった。

 塔の島の桜を工事に邪魔だからと、勝手に切ってしまった桜の木。現在も工事中で画にもならないが、以前はこんなに綺麗な景色だった。
【2015/02/19 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都雪景色紀行 @宇治興聖寺から宇治上神社
1-IMG_-3351.jpg
その1

 昨日の続きを。さて、宇治にここまで降らせた雪は、そう簡単に帰る訳にはいかない。次はどこへ行ったかというと、まずは中の島。橋の向こうに十三重石塔が見えてきて、朱塗りの欄干にも積もった雪にテンションあがりまくり・・・

2-IMG_-3359.jpg
その2

 もちろん、宇治川のこんな景色も初めて見る。

3-IMG_-3363.jpg
その3

 まさかこの石塔に雪を見るとは思わなかったが、いつも見ていた景色がこうも変わるとここは何処だろうと錯覚さえ覚える。

4-IMG_-3366.jpg
その4

IMG_-3366 - コピー-4のコピー

 そしてこの景色には歓声を上げてしまった。

5-IMG_-3371.jpg
その5

 雪桜。

6-IMG_-3372.jpg
その6

 欄干越しの宇治川上流。

7-IMG_-3376.jpg
その7

 さあ、やって来た。目的地の興聖寺。

8-IMG_-3379.jpg
その8

9-IMG_-3384.jpg
その9

10-IMG_-3387.jpg
その10

11-IMG_-3400.jpg
その11

12-IMG_-3415.jpg
その12

 中国風の白い壁が特徴の竜宮門の雪景色。まさかまさかの眺めだった。

13-IMG_-3421.jpg
その13

 宇治まで来てよかったと本当に感激した。さて、ここまで来たらあとはあそこも行かねば。

14-IMG_-3424.jpg
その14

 先ほど目の前を通り過ぎた宇治神社。

15-IMG_-3434.jpg
その15

 さすがにお正月、参拝者の列が途切れることはなかった。

16-IMG_-3437.jpg
その16

 続いて宇治上神社へ。

17-IMG_-3438.jpg
その17

18-IMG_-3440.jpg
その18

19-IMG_-3443.jpg
その19

20-IMG_-3446.jpg
その20

 こけら葺きの屋根が葺き替えられたばかりだったが、下から見ると全く見えず(見えるわけがないが)、だが、どこかすがすがしい建物に見えたのだった。

 さて、またまたこの続きはまた今度。 
【2015/02/18 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都雪景色紀行 @宇治平等院
1-IMG_-3129.jpg
その1

 電車の窓から見た朝7時の観月橋。南まで雪が振るようなら、絶対に行かなければと思っていた。撮影は1月2日。

2-IMG_-3141.jpg
その2

3-IMG_-3145.jpg
その3

 次々と現れる雪景色は、その雪の深さが深まるようだ。

4-IMG_-3160.jpg
その4

 そして宇治橋。その頃になると東の空は暁色に染まりつつあった。

5-IMG_-3168.jpg
その5

 素晴らしい朝焼けが迎えてくれた。

6-IMG_-3170r.jpg
その6

 振り返ると、朝焼けの中、JR奈良線の電車が京都方面へ走っていくのが見える。あの電車の窓からも、きっとこの朝焼けを見ている人がいるだろう。

7-IMG_-3215.jpg
その7

 平等院の開門はまだ先だが、南門の真上から朝日が昇る。

8-IMG_-3230.jpg
その8

 門に垂れ幕が掛かるのも、お正月ならではのこと。貴重な景色だ。

9-IMG_-3239.jpg
その9

 開門となった。その頃には開門待ちの行列の凄いこと・・・

10-IMG_-3243.jpg
その10

 こんなのを撮っている場合ではなかったのだが、テンションが上がるのを押さえられるわけがない。

11-IMG_-3247.jpg
その11

 これが見たかったのだから。長い修復工事が終わったあとの雪景色、それもここまで雪が降るのは滅多にないこと。ただひとつ、池の水が凍らないようになのか、お水が流されていて阿字池に映り込む鳳凰堂が揺らいでいることがかなり悲しい・・・

12-IMG_-3251.jpg
その12

 さあさ、気を取り直して。何年か前にも雪が降ったことがあるが、屋根にうっすらしか積もらなかったので、これを見たとき手が震えそうだった。

13-IMG_-3255.jpg
その13

14-IMG_-3257.jpg
その14

 一番好きな角度はこのもみじ越しなのだが、

15-IMG_-3259.jpg
その15

IMG_-3259 - コピー-15のコピー

 可能な限り引いて撮った定番は忘れずに。長い時間眺めていた。同じようなのを何枚も撮っていた。それだけこの景色が待ち遠しかったのだった。平等院鳳凰堂はとても好きな場所なのだが、この雪景色だけはそう簡単に見られるものではなく、特に朱塗りも真新しいこの冬に見られたタイミングにとても感謝した。

16-IMG_-3329.jpg
その16

17-IMG_-3338.jpg
その17

 強いて言えば、空が晴れていたらそれこそここは極楽浄土の景色になっていただろう。

18-IMG_-3348.jpg
その18

 本当にとても名残惜しかったが、もう一度この姿を目に焼き付けて次の撮影スポットに向かった。

 この続きはまた今度。
【2015/02/17 06:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都マラソンでわんこを見る
IMG_7571.jpg


   ボクも一緒に走りたいのに・・・

 ゴール方面に行きたくて仕方がなかったそうだ。飼い主さんは苦笑していた。
【2015/02/16 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
セグロセキレイが羽ばたくを見る
1-IMG_-7242r.jpg
その1

 またまた昨年秋の画像で、誠に申し訳ないのだが。セキレイが水鏡に映る自分を見ているのが見えた。

2-IMG_-7244.jpg
その2

 目と目が合ったそのときに・・・

3-IMG_-7248.jpg
その3

IMG_-7248 - コピー-3のコピー

 何のことはない、振られたのだった。

4-IMG_-7266r.jpg
その4

 こうなったらちょっと身だしなみを綺麗にして

5-IMG_-7279r.jpg
その5

 筋トレをやって

6-IMG_-7315r.jpg
その6

 もう一度自分の姿を映してみた。

   よっしゃ、完璧やな・・・

 このあとうまくいったかどうかは私は知らない。

 ここのところ公私ともに忙しくしております。現像する暇もなく、見直しさえで来ていないデータが私を呼ぶのですが、返事もできない状態でして。貯まっていくデータの海にマジで溺れそうな今日この頃・・・(-_-;) おまけに先日リカバリーなどというものを行ったせいで、文字学習がかなり消えており、初歩的な変換ミスはするし、打ち込みが面倒になっております。
 せめてお正月の雪景色だけでも早く始末をつけたいと思うのですけどね。思うだけで眠くて面倒になります(笑)
【2015/02/15 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
紀元祭奉祝行事蹴鞠奉納 @上賀茂神社(賀茂別雷神社)
1-553A6009.jpg
その1

 建国記念の日、上賀茂神社では奉祝行事として様々な武道が奉納される。その最後に蹴鞠の奉納があった。蹴鞠を行うのはおなじみ蹴鞠会の皆さん。

2-553A6027.jpg
その2

3-553A6032.jpg
その3

4-553A6036.jpg
その4

5-553A6044.jpg
その5

 始まりに先立って、鞠解きという儀式で鞠が鞠場に置かれる。

6-553A6073.jpg
その6

 鞠の状態を見るためにみんなで試して蹴ると、

7-553A6098.jpg
その7

553A6098 - コピー-7のコピー

 第1座の開始だ。時折冷たい風が吹く、あまりコンディションがいいとは言い難い、足下からしんしんと冷える朝だった。

8-553A6114.jpg
その8

9-553A6118.jpg
その9

10-553A6120.jpg
その10

11-553A6152.jpg
その11

12-553A6163.jpg
その12

13-553A6197.jpg
その13

 皆さん、見事な足裁き。いや、これを鞠裁きという。

14-553A6210.jpg
その14

15-553A6215.jpg
その15

 第2座は鞠解きはなく、置き鞠といって、中央に鞠を置くことから始まる。

16-553A6226.jpg
その16

17-553A6237.jpg
その17

18-553A6262.jpg
その18

19-553A6279.jpg
その19

20-553A6282.jpg
その20

21-553A6318.jpg
その21

22-553A6326.jpg
その22

23-553A6333.jpg
その23

 1月下鴨神社の蹴鞠はじめに続き、今回も素晴らしい技を拝見することがで来た。とても寒い中、ありがとうございました。
【2015/02/13 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
目白の羽繕いを見る
1-553A1023r.jpg
その1

2-553A1025r.jpg
その2

553A1025r - コピー-2のコピー

 随分とくつろいでいるものだ。
【2015/02/12 23:31】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都雪景色紀行 @東山慈照寺(銀閣寺)
1-IMG_-4770.jpg
その1

 小雪の舞う朝、鹿ヶ谷方面へ。こちらのお地蔵さま、以前は地面に直接座っておられて、それも古びた屋根だったのに、建物の改装に伴って素晴らしいお庭まで作ってもらっていた。撮影は1月12日、祭日。

2-IMG_-4774.jpg
その2

 目的地はここ。そう、この日は成人式で祭日だったので国旗が掲げられている。日本にいながら国旗を目にすることがとても少ないのはちょっとおかしなことだと思うのは、自分が変なのか。祭日でも国旗を掲げているのはヤサカタクシーと、あとどこだろう?

3-IMG_-4781.jpg
その3

4-IMG_-4788.jpg
その4

IMG_-4788 - コピー-4のコピー

 一冬に一度は見たくなる銀閣寺の雪景色。雪景色と言うにはちょっと少ないのだが・・・ これを目にしたとき、やっぱりこちらではなく、大原にすればよかったかなぁと少しだけ後悔した。写友さんたちには大原方面がいい具合だと言っておいて、自分が貧乏くじを引いてしまったことになるが、しかしここまで来たら引き返せない。お天気はどんどん回復してきていた。

5-IMG_-4791.jpg
その5

6-IMG_-4812.jpg
その6

7-IMG_-4819.jpg
その7

 よかったのは思ったほど朝イチで入る人が少なかったこと。一緒に入った大学生くらいの男の子のグループにも、あそこから見るよりここからの方がいいからと洗脳する。はしゃぐ声が効果があったことを意味する。

8-IMG_-4833.jpg
その8

9-IMG_-4840.jpg
その9

10-IMG_-4843.jpg
その10

 こんなに綺麗な屋根は久しぶりだった。うっすらとかぶった雪がよかったようだ。これで後悔も吹き飛んだというわけ。

11-IMG_-4854.jpg
その11

 今日のおまけはこれ。白砂村荘の羊の置物?とでも言うのか、狛羊とでも言うのか、側溝にかかる橋の上にいる羊さん。どこかでまだ羊を見たことがあるのだけどと年末に思っていたのだが、ここだった。しかし、お年賀にはもう間に合わない・・・ いや、12年後にならまだ大丈夫?
【2015/02/11 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
スズ梅を見る
1-553A2221.jpg
その1

553A2221 - コピー-1のコピー

 まだ蕾の堅い梅の枝にスズちゃんがいた。

2-553A2222.jpg
その2

3-553A2237.jpg
その3

 今頃はこの枝の蕾もふくらんでいる頃だろうか。週明けからの大寒波は、ふくらみかけた蕾もさぞかし寒がっていることだろう。
【2015/02/10 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
ヒヨちゃんが柚子を食べるを見る
1-553A4847.jpg
その1

 柚子の畑にも雪が積もった。

2-553A4839r.jpg
その2

553A4839r - コピー-2のコピー

 そこへやってきたのはヒヨちゃん。どれにしようかと見上げて・・・

3-553A4840r.jpg
その3

4-553A4843r.jpg
その4

6-553A4846r.jpg
その5

 向こう側で見えないところに食べさしがあったようで、頭を突っ込んで酸っぱそうに食べた。きっとこの冬は風邪知らずだと思われる。

 週明けから再び強い寒波がやってくるらしい。週間予報を見ていても雪は降らなさそうだが、ちょっと寒そうだ。
【2015/02/09 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都雪景色紀行 @真如堂その2
1-IMG_6007.jpg
その1

 昨日の続きを。さてさて、それでは抜け道を通って裏側から一周していこうと思う。

2-IMG_6009.jpg
その2

3-IMG_6011.jpg
その3

4-IMG_6022.jpg
その4

 小雪がちらつく中、雪もみじに隠されて見え隠れする景色。鮮やかな紅葉の季節とは打って変わった水墨画の絵画になっている。

5-IMG_6036.jpg
その5
 
 ふと気がつけば雪が止み、うっすらと青空が見える。白い雪もみじと青空がとても綺麗だ。

6-IMG_6043.jpg
その6

7-IMG_6047.jpg
その7

8-IMG_6049.jpg
その8

 実のところ、この後もう一ヶ所回ろうかと思っていたのだが、晴れてきたらこちらの景色も一転してしまい、どうにも立ち去れなくなってきた。

9-IMG_6055.jpg
その9

IMG_6055 - コピー-9のコピー

 だめだ、残りの時間はここで使い切るしかない。昨年は見事な紅葉を見せてくれた真如堂。今それが透き通るような青空と白い雪もみじに彩られている。

10-IMG_6076.jpg
その10

11-IMG_6082.jpg
その11

12-IMG_6086.jpg
その12

 雲が切れてきたら朝日も差し込んできた。白銀の世界が眩しいくらいだ。

13-IMG_6088.jpg
その13

14-IMG_6095.jpg
その14

15-IMG_6098.jpg
その15

 まさかこんな景色が見られるとは思いもよらなかった。雪が止んだ後の青空は、このまま溶けないでいて欲しいと願ってしまいたいほどだ。

16-IMG_6107.jpg
その16

 結局黒谷さんへは行けなかったが、この景色を見られて本当によかったと思う。
【2015/02/08 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鴨川パトロール 音楽家トンビを見る
553A6508r.jpg
その1

   ああ~

553A6510r.jpg
その2

   おおぉ~

 え?トンビって、ぴ~ひょろ~と違た?
【2015/02/07 19:26】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都雪景色紀行 @真如堂その1
1-IMG_5916.jpg
その1

 先日の続きを。撮影は2月1日。さて、真如堂にやってきた。もみじの名所は雪景色の名所。朱塗りの門にかかる雪もみじに既にわくわく。

2-IMG_5920.jpg
その2

 久しぶりの雪の真如堂だった。目の前に広がるこの景色に思わずガッツポーズ?そして誰もいない?

3-IMG_5923.jpg
その3

 信じられなくて後ろを振り返ったりして、なんだか怪しげな行動をしてみた。

4-IMG_5928.jpg
その4

IMG_5928 - コピー-4のコピー

 石段を登ったその先に、お寺の方がおひとり、雪かきの作業中。参拝の方の足下を安全にするためだ。

5-IMG_5937.jpg
その5

6-IMG_5940.jpg
その6

 早朝より参拝に来られる方が多いので、足跡は仕方がない。それを差し引いても積もったばかりの雪景色には勝てない。

7-IMG_5952.jpg
その7

8-IMG_5957.jpg
その8

9-IMG_5959.jpg
その9

 急に強く降り出す雪。その中を寒そうに背中を丸めてわんこの散歩をする年配の男性。わんこもさすがに寒そうだ。

10-IMG_5978.jpg
その10

11-IMG_5983.jpg
その11

12-IMG_6051.jpg
その12

 履き物を入れる袋のボックスがちょっと邪魔ではあるが、まあこれも致し方ない。

13-IMG_5999.jpg
その13

 雪もみじもいいが、雪百日紅ってどうだろう?

14-IMG_6000.jpg
その14

 再び激しく雪が降ってきたが、そこには春を待ち焦がれるアセビが雪を被ってじっと耐えていた。

 この続きはまた今度。ちょっと枚数が多くなってしまったので、後半へ続く。
【2015/02/07 10:23】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都雪景色紀行 @吉田神社
1-IMG_5823.jpg
その1

 昨日の続きを。タイミングよく、節分直前の雪景色はいかにも節分を強調したように思える。まさに節分寒波?

2-IMG_5825.jpg
その2

3-IMG_5835.jpg
その3

4-IMG_5838.jpg
その4

 境内は節分祭の準備がすっかり整っていた。さあ、どんどん登っていこう。だって、今日は1日だから。

5-IMG_5858.jpg
その5

6-IMG_5861.jpg
その6

 参道の途中にも雪もみじが素晴らしい。

7-IMG_5865.jpg
その7

 さあ、到着、大元宮。全国の神さまが一堂に集まっておられる場所だ。毎月1日は開門されて中へ入ってお参りができる。雪の大元宮なんて、滅多に見られるものではないから。ただまだ時刻が少し早くて中には入れなかった。きっと帰りには大丈夫だ。楽しみにしておこう。

8-IMG_5869.jpg
その8

 一旦諦めて次へ行こうとしたのだが・・・

9-IMG_5871.jpg
その9

 諦めきれずに柵越しに。飾り付けがとても素晴らしい。もふもふしたのはススキの穂のように見える。

10-IMG_5873.jpg
その10

 振り向いて見下ろしたしたところは、明日からの屋台が並んでいる。う~ん、これはちょっと、と思ったが、考えようによってはこれもレアかなと・・・(--;)

11-IMG_5888.jpg
その11

12-IMG_5892.jpg
その12

 続いて竹中稲荷。朱塗りの鳥居が雪にとても映える。直ぐ側に駐車場が迫っているのであまり広々と撮れないのが残念。その代わりに、

13-IMG_5894.jpg
その13

 見下ろした下には真如堂の本堂の屋根。さすがに大きな屋根だ。昨年は長い時間を掛けて屋根瓦の修理をされていた。今は畳の張り替えの準備中とか。畳が張り替えられたらまた行ってみよう。

14-IMG_5896.jpg
その14

 宗忠神社を抜けて階段を見下ろす。春の桜トンネルを思い出した。

15-IMG_5901.jpg
その15

16-IMG_5907.jpg
その15

 雪桜トンネルも悪くない。それでも桜の季節が待ち遠しくなってしまった。

17-IMG_5910.jpg
その16

 一般には足を踏み入れることはできない皇室の陵墓。

 さあ、目的地まであと僅か。この続きはまた今度。

18-IMG_5893.jpg
その18

 今日のおまけはこれ。大きな楠木だったのだが、昨年切られてしまった。その切り口からこれだけたくさんの枝が伸びてきていることにたくましさを感じる。いや、その前に思ったのは、ポンポンを持ったお人形・・・(^_^;)
【2015/02/06 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
猫さんを撮る
553A5411.jpg
その1

 陽が傾き、少し肌寒さが身に滲みてきた頃、日だまりでくつろぐ猫さん。ちょっとモデルをお願いしてみた。

553A5413.jpg
その2

   仕方がないにゃぁ、ほなこっちで撮らせたろか

   うんうん、ありがと(^-^)

553A5438.jpg
その3

   う~ん、いい横顔やでぇ 

553A5439.jpg
その4

   ほな次の場所にするで

553A5440.jpg
その5

553A5441.jpg
その6

   あっちでもないこっちでもないし、何処がええやろにゃぁ

553A5443.jpg
その7

   あ、そこそこ!野性味が溢れててええ感じやで?アフリカのライオンみたいや

553A5445.jpg
その8

   そうかにゃぁ ちょっと気に入らんけどにゃ ちょっと場所を変えてみるにゃ

553A5457.jpg
その9

 何枚か撮っていると突然の大あくび。

   ちょ、ちょっとモデル中に大あくびしたぁあかんよぉ(>_<)

553A5458.jpg
その10

   しもた・・・(-_-;)
【2015/02/05 21:32】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @京都大学時計台講堂
1-IMG_5812.jpg
その1

 雪景色もちょっと意外性を使おうか。撮影は2月1日。朝の早い時間しか出かける時間がなくて、迷いに迷ってこの辺りで。

2-IMG_5815.jpg
その2

 雪桜。

3-IMG_5816.jpg
その3

4-IMG_5817.jpg
その4

5-IMG_5819.jpg
その5

 雪銀杏。

6-IMG_5821.jpg
その6

 雪の時計台。

7-IMG_5822.jpg
その7

 理学部の屋根が波動砲に見えたのは私だけではないはず。多分・・・

 ところで。今年は案外たっぷりと雪が降ったので、記事がたくさん打ち込めるのだが、悲しいかな、整理がつかなくて準備もままならず、嬉しい悲鳴を通り越して泣きたいほどになって来た。なんとか元旦の雪景色が終わりその次へ行きたいわけだが、写友さんたちがその辺りはアップしつつあるのでどうも被る。先日の分が先に現像できたのでこの辺りから遡って行ってみることにした。
【2015/02/05 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
立春
1-553A5427.jpg
その1

 暦の上では今日は立春。

2-553A5433.jpg
その2

3-553A5435.jpg
その3

 夕暮れの寒風の中、健気に咲いていた。辺りは甘い香りに包まれていたのは言うまでもない。

4-553A5423.jpg
その4

 今日のおまけはこれ。舞殿に飾ってあった生け花なのだが、湾曲した大きな木の幹が利用してあって、それが猪に見えて仕方がない・・・(--;)
【2015/02/04 23:29】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
節分にお化けを見る @吉田神社
1-IMG_6310.jpg
その1

 節分の参拝者で賑わう吉田神社。いつもとちょっと景色が違うところがある。それが何かというと、

2-IMG_6308.jpg
その2

 ここ。3日の夜23時に点火される火炉祭なのだが、今年からそれが施行できなくなった。大きな火を焚くことはならんとの行政からのお達しがでたのだ。たとえそれが神事でもだめなのかと、神社の方々、氏子の方々は不信感や怒りがこみ上げる。(多分・・・)
 だったら松上げはどうなるのだろう?そう思わないか?毎年吉田山から立ち上る白い煙を見るたびに、暦の上では春なんだな、と、季節の節目を感じていたのに。

5-IMG_6318r.jpg
その3

 持ってこられた古いお札に混じっていたのか、翁の面がちょっと悲しげに見える。

3-IMG_6311.jpg
その4

4-IMG_6313.jpg
その5

6-IMG_6324.jpg
その6

7-IMG_6326.jpg
その7

 今年はちょっと美味しいお酒を買い込んだ。あとはいよいよお化けを待つのみ。え?お化けって何って?それは日本で古くから(江戸時代くらいらしいが)節分に行われてきた厄払いの行事で、いつもの自分とは違う姿に化けることで厄を祓うことができると思われていた。だから女装したり男装したり、違うものに化けること。今では花街に少し残るだけになってしまったが、最近ハロウィンの返送がブームになってきているので、節分のお化けもそののりで賑やかにならないかなぁと思う今日この頃。

8-IMG_6333.jpg
その8

IMG_6333 - コピー-8のコピー

 さあ、やってきたお化けのご一行様たち。嶋原の司太夫さんのこったいの会が行っている節分お化け。小雨が時雨れる中、お疲れさまでした。

9-IMG_6304.jpg
その9

 今日のおまけはこれ。夕方2回目に目撃した四つ葉のタクシー。昨日はフタバアオイのタクシーを目撃した。なんかいいことが起こるといいな。

 ちょっと職場で病欠が増えており、忙しくしております。少々眠いです。雪景色紀行が滞るやも知れません。ご勘弁のほどを。
【2015/02/04 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
節分祭宮川町歌舞会舞踊奉納 @八坂神社
1-IMG_-6189.jpg
その1

 昨夜からネットに障害が出ていて、再びいつ切れやしないかとひやひや・・・ 打ち込んでいる途中で、どうか切れませんように・・・m(_ _)m

 で、本題。2月2日・3日は市内各地でも節分行事が行われる。日程的に休みなど取れるはずもなく、それでもちょっと無理を言って半日休みを取って行った先は八坂神社。舞は場所取りは既にできない状態なので、豆まきのところだけでも撮れて、福豆が拾えたらいいくらいの軽い気持ちで。

2-IMG_-6192.jpg
その2

3-IMG_-6196.jpg
その3

4-IMG_-6205.jpg
その4

 近くにお気に入りの舞妓が来てくれたのはとても嬉しい。

5-IMG_-6211.jpg
その5

 あ、こちらにはお化けの姿が・・・ なかなかお似合いではないだろうか。

6-IMG_-6242.jpg
その6

 気のせいか桃ちゃんと目があったような・・・?

7-IMG_-6243_20150202221050f54.jpg
その7

 やった!おおきに、おおきに(^-^)

8-IMG_-6248.jpg
その8

 三つも拾えたらいいかなと思っていたら、全部で六つも拾っていた。めちゃくちゃ嬉しい。

 さあ、豆まきが終わったら帰って行かれるお化けを・・・

9-553A4927.jpg
その9

 出口では取材の真っ最中だった。その中を帰って行かれる方や、次々とインタビューを受ける方。その様子はしっかりと夕方のニュースで見た。

10-553A4935.jpg
その10

11-553A4956r.jpg
その11

12-553A4960r.jpg
その12

13-553A4993r.jpg
その13

14-553A5052.jpg
その14

15-IMG_-6274.jpg
その15

16-IMG_-6277.jpg
その16

17-IMG_-6285.jpg
その17

18-IMG_-6299.jpg
その18

19-IMG_-6302.jpg
その19

 時折小雨が降る中、皆さんどうもお疲れさまでした。たくさん福を授けて下さって、本当におおきに~m(_ _)m どうか皆さまにも福がやって来ますように、お祈りします。
【2015/02/02 23:32】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都雪景色紀行 @南禅寺水路閣
1-IMG_-3050.jpg
その1

 昨日の続きを。さて、南禅寺界隈の雪景色は、長年の夢でもあったわけだが、なんだかあっさりと叶ってしまったようでちょっと寂しい気もする。あんな風に撮りたい、こう撮ってみたいと思ったこともあったが、全部飛んでいたような気がする。

 と言うわけで、今夜はちょー簡単に。

2-IMG_-3056.jpg
その2

3-IMG_-3071.jpg
その3

4-IMG_-3077.jpg
その4

 暗くなってからの疎水はちょっと足元が危険かも。

5-IMG_-3089.jpg
その5

 振り向くと、方丈庭園の扉は閉められ、遠い地へ行ってしまったようだ。

6-IMG_-3088.jpg
その6

 暗くなっていく中、雪はその激しさを増していく。

7-IMG_-3091.jpg
その7

8-IMG_-3093.jpg
その8

9-IMG_-3095.jpg
その9

10-IMG_-3099.jpg
その10

IMG_-3099 - コピー-10のコピー

 三門の額縁は、大きな3枚の画のようだった。

11-IMG_-3118.jpg
その11

 暗くなっていく三門は、時間の空間を隔てているようだ。

12-IMG_-3104.jpg
その12

13-IMG_-3102.jpg
その13

 天授庵の灯火が、ようやく現実世界に引き戻していってくれた。 
【2015/02/01 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
| ホーム |