日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然道草 イケチョウガイの淡水パールを受け取る


 大阪・水かいどう808というNPO法人がある。そのプロジェクトの中に大阪ジョウカ物語という企画があって、道頓堀川、土佐掘川などの水質浄化プロジェクトである。川にイケチョウガイを入植して、貝の持つ浄化力で水質改善を図ろうというものだ。かれこれ何年になるだろう。9年余りになるだろうか。その第1回目から参加している。

 2回目の貝を取り出す日、用事で行けなかったので宅配便で送ってもらった。それがこの貝殻と淡水パール3個。

IMG_2617.jpg
その2

 私の貝には小指の先程の大きなものが3個も入っていた。前回は自分で貝を開けなければならなくて、可哀想でたいへんだったのだ。アコヤガイでもそうだが、ひとつぶの真珠にはひとつの貝の命の生まれ変わりだと言うことを忘れないようにしたいと思う。
 冠婚葬祭用でゴールド系の綺麗な色をした真珠のネックレスとピアス(イヤリングを加工して貰った)は、貝たちの命と引き替えなんだと思うと、大事にしなくてはと思う次第。

 さて、この3粒の真珠は少し大きなサイズだったので、アクセサリーでもストラップでも良さそうだ。行きつけの時計屋さんに持って行って、どうしようかと相談しよう。前回の真珠はピンク色で5mmくらいの大きさでしかなかったのだ。貴石なんかと一緒に合わせて、なにかできたら嬉しい。
【2014/12/31 20:46】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @梨木神社
1-IMG_-8932.jpg
その1

IMG_-8932 - コピー-1のコピー

 昨日の続きを。寺町通りを挟んで廬山寺の向かいには梨木神社がある。萩で有名だが、今は違う意味で有名になってしまった。

2-IMG_-8925.jpg
その2

 心が痛むので、あまり目立たないように撮っては見たが、二の鳥居の向こうに見えるのは巨大なクレーン。そう、駐車場だったところに、マンションを建設中なのだった。以前はずっと向こうまで赤いもみじのトンネルが続いていたものだったが、もう二度とその様子を見ることは叶わなくなってしまった。

3-IMG_-8926.jpg
その3

 気を取り直して本殿へ。こちら側は今まで通り。ここまではの話だが。

4-IMG_-8929.jpg
その4

 井戸の側もこれまでと変わらない。ぬかるみやすい足元が何とかならないかといつも思うこともこれまでと同じ。

5-IMG_-8936_20141230111345d40.jpg
その5

 舞殿の側にあった塀がなくなったので、この辺りはたいへん明るくなった。ちょっと萩が寂しい気もするが、なぁに、直ぐに勢いを取り戻すだろう。丈夫な植物だから。

6-IMG_-8944.jpg
その6

 東側だけでも明るくなって陽当たりがよくなったのだろうか。久し振りに見たこちらの紅葉の色がいいように思う。

7-IMG_-8946.jpg
その7

 廻りを紅葉で囲まれた舞台、このような所でなにか催し物があれば見栄えがいいだろうなぁ。

8-IMG_-8947.jpg
その8

9-IMG_-8960.jpg
その9

 たくさん植えられていた参道脇の萩がなくなってしまったので、なんだったら紅葉の季節にこのロケーションもいいことだから、新しいイベントでも行えば集客にもなるように思えるが、ちょっと安易な考えだろうか。

10-IMG_-8962.jpg
その10

11-IMG_-8964.jpg
その11

12-IMG_-8965.jpg
その12

 だが、四方を紅葉に囲まれたこのロケーションの良さは、やはり捨てがたい。稀にお参りに来る人がいる程度で、ゆっくり紅葉を楽しめるから、ここもちょっとした穴場かも知れない。

13-IMG_-8968.jpg
その13

 有名どころは数々あれど、時には緊張せずに気楽に撮影できるこんな処で息抜きも必要だ。

 ところで。年末も押し迫ってきたわけだが、まだ紅葉が幾つか残っているわけでして。このまま年明けも続けて行こうと思う。
【2014/12/31 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @大原三千院
1-IMG_-1744.jpg
その1

 12月に入って初雪が降った翌日、私はこの門の前に立っていた。拝観時刻が再び9時になったので、思い立ってからバスに乗るまでに余裕があったのが助かった。撮影は12月19日。初雪が降った日は、夕方になってもまだ降っていたので充分な積雪が望めた。

2-IMG_-1743.jpg
その2

 お土産やさんもまだお店を開けたばかりで、雪かきこそしなくてもよい程度だったが、開店準備に追われている。

3-IMG_-1804.jpg
その3

 予定外だったのは、この朝ロケが入っていたこと。報道メディアかと思っていたら、そうではなかった。ネタバレするわけにはいかないのでどなたが来ていたかとは言わないが、多分市内に在住の某流若手の男性だった。撮影はもう少しで終わるので、静かに拝観して欲しいと注意を受け足音を忍ばせてそろり、そろり・・・ 怪しい行動を取ることになった。客殿では照明機材などを撤収しかけているところで、先に宸殿の方へ行って再びこちらへ帰ってきたのだった。

4-IMG_-1805.jpg
その4

5-IMG_-1807.jpg
その5

6-IMG_-1782.jpg
その6

 市内で雪景色と言えば限られた処しかないが、そうであっても雪と聞けば訪れたくなる。

7-IMG_-1781.jpg
その7

 聚壁園の池には薄氷が張っている。その上には粉砂糖のように粉雪が降りかかっていた。

8-IMG_-1796.jpg
その8

 石灯籠もちょっと寒そうだ。暗くなってからここへ蝋燭を立てたら、雪の中に綺麗だろうなぁ・・・

9-IMG_-1776.jpg
その9

 階段を上がる前にここを覗いて、と。

10-IMG_-1755.jpg
その10

IMG_-1755 - コピー-10のコピー

 構図も何も代わり映えしないが。夏の緑や秋の紅葉とはひと味もふた味も違って見える雪化粧。モノクロの中になにか考えるものがあるように見える。

11-IMG_-1759.jpg
その11

12-IMG_-1767.jpg
その12

 有清園に降りようとした時に、向こうからやって来るロケ隊。おっと、危ない危ない。慌てて物陰に隠れた。

13-IMG_-1836.jpg
その13

IMG_-1836 - コピー-13のコピー

 有清園から宸殿を眺めるこの景色が好きだ。秘かに極楽の雪景色と名付ける。

14-IMG_-1849.jpg
その14

 モノクロの世界にいきなり飛び込んでくる朱色。

15-IMG_-1861.jpg
その15

 こちらにも色が蘇る。

16-IMG_-1884.jpg
その16

 そろそろお暇しようかと極楽往生院の前を通り掛かると、ちょうど雪が枝から落ちようとするところだった。

17-IMG_-1889.jpg
その17

 さてさて、いつもと変わらぬコースにはなるが、次へ行こうと思う。しばらくお付き合いのほどを。この続きはまた今度。

 今年もあと1日。今年1年、多くの皆さまに支えられて来たことを感謝します。皆さまにはどうかよい年をお迎え下さいませ。そしてまた来年もどうか徒然草子をよろしくお願いします。徒然草子は年中無休、不定休となっておりますが、もちろん明日も更新がございます。
【2014/12/30 22:42】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @廬山寺
1-IMG_-8819.jpg
その1

IMG_-8819 - コピー-1のコピー

 雨上がりの廬山寺へ。撮影は11月26日。案外忘れられがちのこちらは、桔梗だけではなく紅葉が美しいところでもある。

2-IMG_-8817.jpg
その2

 中でも目を引くのはこの真っ赤なもみじ。境内の中にひときわ目立つ。

3-IMG_-8822_2014122909042801b.jpg
その3

4-IMG_-8823.jpg
その4

 それ以外にやはり綺麗だなと思えるのが、源氏庭正面の、もみじの彩りと松と苔の緑、そして白砂のコントラスト。

5-IMG_-8838_2014122909042969d.jpg
その5

 雨上がりの曇っていた空に、薄日が射し込んできた。そうするとまた違った景色が目の前に広がる。

6-IMG_-8849.jpg
その6

7-IMG_-8855.jpg
その7

 明るくなってくるとまた違った景色が。それが床もみじ。どこぞの禁止されている処とは違って、こちらは撮らせて頂ける。ぴかぴかの黒檀のように磨かれている床に写り込む紅葉は、宇宙に咲くもみじ花。

8-IMG_-8865.jpg
その8

IMG_-8865 - コピー-8のコピー

 花と言えばこの季節の花、十月桜と紅葉がコラボするのも嬉しい。

9-IMG_-8828.jpg
その9
 
 お寺の受け付けの女性も絶賛されていたのがこの裏庭。分厚い敷きもみじの絨毯。赤い絨毯に黄色い葉っぱがアクセントを加えてくれた。

10-IMG_-8868.jpg
その10  

 ではそろそろお暇をして、廟の方へ。この通路の景色も結構好みだったりする。

11-IMG_-8874.jpg
その11

 木洩れ日と言うには少し大きな日向だが、暖かな陽射しが散りもみじの上に降り注いでいる。

12-IMG_-8882.jpg
その12

 そして圧巻なのがこの透き通るような真っ赤なもみじ。塀を越えて垂れ下がっていたあのもみじだ。

13-IMG_-8884.jpg
その13

14-IMG_-8885.jpg
その14

 その赤さの強さと言ったら、辺りをほんのりと染めるくらいの鮮やかさ。

15-IMG_-8889.jpg
その15

 その赤い星は、緑の宙に散りばめられていた。

16-IMG_-8922.jpg
その16

 名残惜しさを引きずる紅葉に、もう一ヶ所足を伸ばそうか。この続きはまた今度。
【2014/12/29 19:15】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
祇園佳つ雛
1-IMG_9557佳つ雛
その1

 こんなところにも紅葉があった。紅葉のお着物で身を染めていた。

2-IMG_9511.jpg
その2

 なにか嬉しいものでも見つけたのか、きらっと笑顔が輝く。

3-IMG_9521.jpg
その3

 あ、恥ずかしげにあっちを向いてしまった。いったい何を見ていたのだろう?ちょっと気になる。

4-IMG_9533.jpg
その4

 悩ましげな横顔。

5-IMG_9559.jpg
その5

6-IMG_9573.jpg
その5

 お着物の紅色と、番傘の紅色が相まって見事な紅葉だった。 
【2014/12/29 00:00】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都雪景色紀行 @比叡山借景
1-IMG_-2581.jpg
その1

IMG_-2581 - コピー-1のコピー

 早朝、比叡山は薄化粧をしていた。今度こそ天寧寺の借景額縁を撮らねば。

2-IMG_-2583r.jpg
その2

3-IMG_-2587r.jpg
その3

4-IMG_-2588r.jpg
その4

 欲を言えば切りがないが、遠くまで行く時間がないときはこれもありかと思った次第である。

 それならどうせ通り道のあそこも間に合いそうだ。

5-IMG_-2594r.jpg
その5

 ここからだとやはりもう少し雪化粧が欲しいかも。

6-IMG_-2595r.jpg
その6

7-IMG_-2604r.jpg
その7

 あまりぱっとしないが、どんな風に見えるか確認が取れただけでもよしとしよう。
【2014/12/28 21:55】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
ふくら雀を見る
553A7203.jpg
その1

553A7204.jpg
その2

553A7218.jpg
その3

 うちの職場に居候しているスズちゃんたち。朝日が当たる時刻になると、顔を出してきてじゅくじゅくおしゃべりに興じているのだった。
【2014/12/28 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @紫野高桐院
1-IMG_-9244.jpg
その1

IMG_-9244 - コピー-1のコピー

 高桐院ほど雨が似合う紅葉はないと思えるほど、雨の日にこそ行きたくなる。撮影は11月29日。

2-IMG_-9237.jpg
その2

 雨が降ると、この参道の散りもみじは掃除されない。少し強い雨で、すっかり散ってしまっていないかとかなり心配だったが、石畳の濡れた散りもみじはやはり見事としか言いようがない。

3-IMG_-9263.jpg
その3

 玄関から覗く景色でも期待が持てる。

4-IMG_-9268.jpg
その4

 開け放たれた障子から見える楓の庭は、雨で湿気の籠もった微かな落ち葉の香りも感じる。

5-IMG_-9271.jpg
その5

6-IMG_-9278.jpg
その6

7-IMG_-9279.jpg
その7

 分厚い雨雲と、少し強く降る雨でかなり薄暗いが、その分こちらの良さが現れると思う。と言うより、こちらを尋ねるときはいつもこのような陽の射さない時に来ているようにも思う。

8-IMG_-9299.jpg
その8

9-IMG_-9301.jpg
その9

10-IMG_-9330.jpg
その10

11-IMG_-9331.jpg
その11

12-IMG_-9334.jpg
その12

13-IMG_-9342.jpg
その13

 とにかく、雨に濡れた散りもみじの絨毯は、どこから眺めようともため息が出るくらいに素晴らしい発色になっている。色づきの盛りに降った雨が効果的になったようだ。

14-IMG_-9346.jpg
その14

 蜘蛛の糸にかろうじて引っかかった1枚のもみじ。けだるそうにくるくるとゆるい風に揺れる。

15-IMG_-9351_20141226224701ba0.jpg
その15

 毎年定点撮影のように撮り続けているヤツでの幼木は、また一回り大きくなったようだ。

16-IMG_-9359.jpg
その16

 こちら側からは遠く広がって見えるもみじの庭。

17-IMG_-9358.jpg
その17

18-IMG_-9366.jpg
その18

19-IMG_-9372.jpg
その19

20-IMG_-9391.jpg
その20

 足元は深紅の絨毯。

21-IMG_-9395.jpg
その21

 手水鉢にも彩りを添えていてくれた。

22-IMG_-9408.jpg
その22

 最後は奥でひっそりとしている、真っ赤なドウダンツツジにも目を向けたら帰ろうか。
【2014/12/27 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
クリスマスイルミネーション @同志社大学今出川キャンパス
1-IMG_-2498.jpg
その1

 結局殆ど行けなかったクリスマスイルミネーション。クリスマス最後の夜は同志社大学で。こちらの緑を基調としたものは中学・高校のキャンパス。

2-IMG_-2505.jpg
その2

3-IMG_-2506.jpg
その3

4-IMG_-2513.jpg
その4

5-IMG_-2523.jpg
その5

6-IMG_-2520.jpg
その6

 緑を青を基調にしたツリーもとても綺麗だったが、明かりの灯ったステンドガラスをやっと見ることができたことが嬉しい。

7-IMG_-2533.jpg
その7

 続いて大学の方へ。こちらは巨大なもみの木に装飾が施されているのだが、その大きさには驚かされる。

8-IMG_-2536.jpg
その8

9-IMG_-2546.jpg
その9

10-IMG_-2553.jpg
その10

11-IMG_-2555.jpg
その11

12-IMG_-2557.jpg
その12

13-IMG_-2560.jpg
その13

14-IMG_-2564.jpg
その14

IMG_-2564 - コピー-14のコピー

 たまに学生が通り過ぎる程度で、ほとんど誰もいないキャンパスはこの辺りだけが聖なる夜に相応しいと感じさせるのだった。

 メリー・クリスマス!皆さまの幸せをお祈りします。
【2014/12/26 00:02】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
嶋原太夫道中 @ホテル日航プリンセス京都
1-553A7437.jpg
その1

 恒例になった嶋原太夫の餅つき大会。開始前には太夫道中が披露される。今年は振袖太夫改め、葵太夫としてデビューしたばかりの太夫の姿が見られるとあって、集まった人の多かったこと。

 まず、先導の禿が姿を見せた。

2-553A7439.jpg
その2

 あの綺麗な打ち掛けは、お披露目の時の羽ばたく鶴の模様のあれだ。

3-553A7450.jpg
その3

 続いて直ぐ後ろには司太夫。この太夫道中は初めてではないが、お披露目の後とあって、ふたりの太夫が並んでいる姿はやはりどこか空気感が違うように感じる。

4-553A7453.jpg
その4

5-553A7460.jpg
その5

6-553A7475.jpg
その6

7-553A7485.jpg
その7

10-IMG_-2261.jpg
その8

 真っ直ぐ前を見据えて歩く姿は、先日のお披露目の感動を呼び起こすものがある。

8-553A7487.jpg
その9

 通り過ぎた後ろ姿、結髪の素晴らしさに目を奪われる。

9-553A7489.jpg
その10

 こちらは司太夫さんの結髪。どちらも地毛で結う素晴らしいものだ。こう言った伝統もずっと伝えて行って欲しいと願う。

11-553A7501.jpg
その11

 エントランスでは記念撮影と、我々一般のために撮影タイムが少し。

12-553A7507.jpg
その12

 やっと笑顔を見せる葵太夫さん。この笑顔は年齢相応。

13-553A7514.jpg
その13

  あ、ひょっとしてカメラ目線を送ってくれた?

14-553A7521.jpg
その14

15-IMG_2292.jpg
その15

16-IMG_-2298.jpg
その16

 さあ、楽しい撮影タイムは終了。退散とするか。続けざまに撮影する機会を持つことができて、本当に嬉しい。太夫さんの撮影は年に何回もないのだから。
【2014/12/25 00:00】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
北山ウエディングストリートで天使を探す
1-IMG_-2418.jpg
その1

 聖夜に天使を探しに・・・

5-IMG_-2434.jpg
その2

 きらきらと輝く処に天使が現れるという。

6-IMG_-2438.jpg
その3

 きっとこんな処にも。

7-IMG_-2439.jpg
その4

8-IMG_-2441.jpg
その5

 奥まで続く、こんな廊下の奥からも静かに現れるのではないだろうか。

9-IMG_-2442.jpg
その6

 光の塔だ!

16-IMG_-2453.jpg
その7

 こちらでは誰が座るのを待っているのだろう。

12-IMG_-2446.jpg
その8

 この子たちも出迎えてくれる。早く天使が舞い降りてきてくれないだろうか。

13-IMG_-2448.jpg
その9

 微かに聞こえる小さなベルの音、ほらあそこに来たような気がしないか?

14-IMG_-2449.jpg
その10

15-IMG_-2452.jpg
その11

17-IMG_-2457.jpg
その12

 光の玉の数だけ、天使がいる。

18-IMG_-2466.jpg
その13

19-IMG_-2468.jpg
その14

 少し足元が暗いようなので、ランタンと蝋燭をともして照らしてあげよう。

20-IMG_-2471.jpg
その15

 少し寒くなってきた。暖かいチョコレートは如何?

21-IMG_-2472.jpg
その16

   ぼくにも飲ませて貰っていいですか

   もちろんだとも、おちびさん

22-IMG_-2473.jpg
その17

 ホットチョコレートとおやつには砂糖をまぶした揚げパン。

24-IMG_-2476.jpg
その18

 あちらこちらに散らばっていた天使たちが、こんな処に集まって来た。耳を澄ませると、囁くような声で何やらおしゃべりをしている。その度に灯りがちらちらと揺らぐのだ。

25-IMG_-2478.jpg
その19

 聖なる夜にはそこかしこに天使が降りて来る。きっと気づかないうちに心身ともに暖かくして行く魔法を掛けるのだろう。

26-IMG_-2483.jpg
その20

 ほら、見上げれば空は星のシャワー。きらきらと銀色に輝いていた。

IMG_2956_20141224211157ea6.jpg
その21

IMG_2957.jpg
その22

   ぼくんちにもサンタさん、来てくれるかなぁ・・・

   もちろん、来てくれるって いい子にしていればね
【2014/12/24 21:18】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @洛北蓮華寺
1-IMG_-7100.jpg
その1

 洛北にも紅葉の盛りが訪れた。ここは蓮華寺、青空に黄色く色づいたイチョウが迎えてくれる。

2-IMG_-7104.jpg
その2

3-IMG_-7158.jpg
その3

 秋の初め、金色に染まって輝いていた空間は、

4-IMG_9191.jpg
その4

5-IMG_9196.jpg
その5

 やがて燃えるような秋に変化する。

6-IMG_9212r.jpg
その6

IMG_9212r - コピー-6のコピー

 そして書院から眺める池泉鑑賞式の庭園に広がる浄土にも燃える秋が訪れていた。(もちろん、庭では撮影禁止と書かれた文字の読めない観光タクシーの運転手と観光客も(--;))
 正面から撮りたかった・・・(大泣;

7-IMG_9203.jpg
その7

 思いの外こちらは陽当たりのよい立地条件。輝く極楽浄土に相応しい。

8-IMG_-7135.jpg
その8

 黄色い千両の実がたわわに実っていた。

9-IMG_9231.jpg
その9

 赤く染まった敷きもみじが本当に見事な景色を醸し出していた。
【2014/12/24 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @相国寺から比叡山
1-IMG_1659.jpg
その1

 京都市内の初雪、その最終回は相国寺から。

2-IMG_1660.jpg
その2

3-IMG_1663.jpg
その3

4-IMG_1670.jpg
その4

5-IMG_1671_20141223085838674.jpg
その5

6-IMG_1672_20141223085839438.jpg
その6

 紅葉時期にはいいロケーションが広がる相国寺も、雪の朝は寒々とした空気に包まれていた。その中で、法堂の迫力はどの時期に於いてもやはり圧倒されるものだった。

 さて、この時時刻は7時半を回っていた。8時の始業に間に合わせるべく行かなければ。

7-IMG_1674.jpg
その7

 と、言いながら近道は同志社大の真ん中を突っ切るルート。

8-IMG_1676r.jpg
その8

9-IMG_1677_20141223090711418.jpg
その9

 じっくりと撮ってみたい同志社大だが、この朝はまず行かないだろう場所から行ってしまったので、次の機会にしたいと思う。

 で、最後はこちら。

10-IMG_1689.jpg
その10

 某所から雪の妙法。

11-IMG_1696r.jpg
その11

 雪の舟形は形が判り難かったし、ちょっとクレーンが・・・(^^;

12-IMG_1702r.jpg
その12

 雪大文字は定番だが、初雪が早かったのでかろうじて紅葉とのコラボ。

13-IMG_1703r.jpg
その13

14-IMG_1709.jpg
その14

IMG_1709 - コピー-14のコピー

 夕方まで降ったり止んだりの珍しく1日雪模様の市内だった。
【2014/12/23 20:07】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都雪景色紀行 @寺町界隈
1-IMG_1649.jpg
その1

 先日の続きを。今回はそれほど有名どころではないので、かなり簡単に。これだけ見るとどこか解らないここは、阿弥陀寺。

2-IMG_-1650.jpg
その2

3-IMG_1651.jpg
その3

 背景の赤いもみじがないと、かなり寂しげなお地蔵さま。

4-IMG_-1655.jpg
その4

 続いて十念寺。

5-IMG_1657.jpg
その5

6-IMG_1658.jpg
その6

7-IMG_1658r.jpg
その7

IMG_1658r - コピーのコピー

 観光寺でないとやはりちょっと入りづらいところがあるが、これだけ撮っておいてよく言うものだ(--;) この続きはまた今度。
【2014/12/23 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
早咲きの水仙 @宗像神社
IMG_2935_20141222154011ee0.jpg
その1

 気の早い水仙が咲き始めた。

IMG_2936_20141222154012e70.jpg
その2

IMG_2937.jpg
その3

 おなじみの日本水仙。

IMG_2939.jpg
その4

IMG_2940.jpg
その5

IMG_2944.jpg
その6

 今回初めて気が付いた。こんな緑色の花を咲かせる水仙って、あった?それともこれから咲く、あの八重の水仙?また偵察に行かなくては。次に雪が降って御所に行くことがあれば、雪水仙を撮らなくてはと思う。

IMG_2888.jpg
その7

   にゃ~んか、しょうもないこと考えてるにゃ 雪は寒いから嫌いだにゃ

   え?なんか言った?

IMG_2889.jpg
その8

   にゃ~んにも・・・

 ならいいけど。
【2014/12/22 20:30】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @幡枝圓通寺
1-IMG_-8171.jpg
その1

 ここにも比叡山の借景がある。

2-IMG_-8176.jpg
その2

 門をくぐったとき、目の前が明るいことに気が付いた。昨シーズンの雪の日、ここにはもっと多くの樹木があった。蝋梅が雪を被っていたのも覚えている。その茂みが一切なくなっている。右手の大きな檜はそのままの姿だったが、左手のお庭は随分と手を加えて変えてしまわれたようだった。

 そんなこんなを思いながら拝観受け付けを済ませる。

3-IMG_-8180.jpg
その3

 杉木立の向こうには比叡山。よかった、はっきりと見えるではないか。

4-IMG_-8183.jpg
その4

 先客はたんまり・・・ この季節だ、それは仕方がない。やっと空いたところにタッチの差で入って来られたかなりのご年配の女性ふたり。固い板の間に座ろうとされるので、ホットカーペットの敷かれた座り心地のいい方へ促す。実のところ、そこに座られるとちょっと困るのだが、そんな高齢者を板の間に座らせるわけにはいかない。

 我ながらお人好しだなぁと思うが、やっぱりそんなことはさせられないではいか。これが厚かましそうなヤツなら舌打ちさえしたかも知れないが、申し訳なさそうに座る人には座り心地のいいところを勧めてあげなければ。

5-IMG_-8197.jpg
その5

6-IMG_-8240.jpg
その6

IMG_-8240 - コピー-6のコピー

 座る位置によって微妙に異なる比叡山の姿。

7-IMG_-8241.jpg
その7

 そんな姿を探すのもまた楽しい。今回もいい景色を見ることができた。

8 -IMG_-8174
その8

 名残惜しそうに振り返りながら帰途へ着いた。
【2014/12/22 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @上御霊神社
1-IMG_1617_20141220112801d20.jpg
その1

 先日の続きを。今回の目標は上御霊神社。紅葉は毎年撮っているのだが、雪景色は撮ったことがない。ぽつんと離れたポイントになるため、これまで機会がなかった。今回も、仕事でなければ違うところに出かけていただろう。今年の目標は2ヶ所ほど、考えている。

2-IMG_1619.jpg
その2

 この日は18日、ここの境内では囀市という市が立つのだ。雪が降る中、忙しそうに開店準備に追われていた。

3-IMG_1621.jpg
その3

4-IMG_1627.jpg
その4

5-IMG_-1630.jpg
その5

 まだかろうじて残っているもみじ。その色褪せてきた葉っぱの上にも、容赦なく降り続く。

6-IMG_1633.jpg
その6

7-IMG_1634.jpg
その7

IMG_1634 - コピー-7のコピー

 まだ紅葉の景色が記憶に残っている本殿の裏側。しかし、黄色いイチョウの絨毯はどこにもない。

8-IMG_1636.jpg
その8

9-IMG_-1640.jpg
その9

10-IMG_-1645_201412201129376bb.jpg
その10

11-IMG_1647_201412201129371e8.jpg
その11

 強くなる雪の中で、満足だった。この続きはまた今度。 
【2014/12/21 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都紅葉紀行 @幡枝妙満寺
1-IMG_-8130.jpg
その1

 春なら枝垂れ桜の名所となる妙満寺。秋は秋で、ちょっと綺麗な紅葉を楽しむことができた。多分、紅葉の季節に尋ねたのは初めてだと思う。撮影は11月24日。

2-IMG_-8108.jpg
その2

 塀に沿って赤いもみじが並ぶ。この塀の向こうは雪の庭。

3-IMG_-8110.jpg
その3

8-IMG_-8134.jpg
その4

5-IMG_-8117.jpg
その5

IMG_-8117 - コピー-5のコピー

 空の青ともみじの赤のコントラスト。ぐっと広角にしてみたら、迫力の眺めになった。

6-IMG_-8122.jpg
その6

 その木を反対側から。

7-IMG_-8125.jpg
その7

 空が綺麗だったので、空をメインに。

9-IMG_-8144.jpg
その8

 階段を上がって本堂からの眺めは格別。

10-IMG_-8147.jpg
その9

 いいお天気で、比叡山の借景がくっきりだった。

11-IMG_-8139.jpg
その10

 帰り際、ふと振り仰ぐと白い雲が噴水のようだった。赤いもみじはそれを受けるベイスン、と言うところだろうか。思った以上に楽しめた妙満寺だった。

 紅葉紀行、急がねば雪のシーズンへ入ってしまった。しばらくは紅葉と雪景色の混在になりそうだ。どちらにせよ、溜まった記事を何とかしなくては・・・(-_-;)
【2014/12/20 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都雪景色紀行 @東鞍馬口天寧寺
1-IMG_1582.jpg
その1

 まだ紅葉紀行がたんまり残っているというのに、とうとう初雪を迎えてしまった。それもどうしても仕事の休めない日に限って・・・ 仕方がないので出勤前撮影に出る。近場しか行けないので、とにかく行けるとこと掛けられる時間を考えて、まずは鴨川を眺めてから。雪絡みの鳥も撮りたいが、いかんせん、時間が足りなさすぎる。

2-IMG_1584.jpg
その2

3-IMG_1583.jpg
その3

 まずは比叡山を借景の天寧寺。しかし比叡山は雲の中だった。残念。ずっと撮りたいと思っていたのに。ま、次にも機会はあるだろう。

4-IMG_1585.jpg
その4

5-IMG_1586.jpg
その5

 6時半も回ればお寺の朝は早い。しかし庫裡へ続く石畳に残るこの足跡は?撮影に来られた方か、もしくは新聞配達の方が、足跡をもう一度辿って多く付けないように気を使った?付いた時点で既にアウトではあるが・・・

6-IMG_1594.jpg
その6

 雪が積もった石塔は少し寒々しい。

7-IMG_1602.jpg
その7

 雪のお地蔵さまはもっと寒そうだ・・・

8-IMG_1603.jpg
その8

 丸い雪帽子を見つけた。夏、ここでたくさん咲いていた芙蓉の割れた実だ。なかなかかわいい。これからシロップを掛けて貰うのを待っているかき氷のようだ。

9-IMG_1604.jpg
その9

 石塔に彫られたお地蔵さまもまだ眠っていらっしゃるのだろう。そっとお暇をしよう。

10-IMG_1606.jpg
その11

   なんや、もう行くんか ここらの道はよう凍るさかい、気ぃ付けて行きや

   うん、わかった 龍さんも鼻をかみや 鼻水垂れてるし・・・

 寺町通りは、今出川通りから離れるにつれて凍てついており、ばりばりと音を起てるようになっていた。

11-IMG_1612.jpg
その11

 石段の横では、季節が過ぎて色が悪くなった枳殻の実が、雪の中から顔を覗かせていた。

 この続きはまた今度。
【2014/12/19 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
京都紅葉紀行 @東福寺通天橋界隈
1-IMG_-8283_20141217220206380.jpg
その1

IMG_-8283 - コピー-1のコピー

 夕暮れ間近の通天橋。撮影は12月2日夕刻。

2-IMG_-8278.jpg
その2

 そう言えば昨年もこの時刻に訪れていたような気がしてきた。間もなく閉門だというのに、臥龍橋はすし詰め状態だった。こんな処で記念写真を撮る人があとを絶たないものだから、余計に混雑。

3-IMG_-8285.jpg
その3

 まあいいか。今日は超簡単に進めよう。

4-IMG_-8286.jpg
その4

 実を言うと、紅葉の通天橋はそれほど好きではない。色づきと落葉にばらつきがあって、早すぎるか遅すぎるか、どちらかになりやすいから。好みで撮るのがよろしいかと思われる。間違いがないのが初夏の青もみじ。まだ葉っぱが柔らかい時の青もみじは最高だ。

5-IMG_-8293_201412172202084fc.jpg
その5

 しかし時としてこのようなサプライズがあるのはこの時期ならではのこと。

6-IMG_-8306.jpg
その6

 夕暮れが深くなる。今夜はライトアップして夜間特別拝観のTV中継が入るそうだ。

8-IMG_-8334.jpg
その7

 一瞬のまどろみを得た通天橋だった。この直後、再び人で溢れていった。

 では、他の塔頭の玄関周囲を。

9-IMG_-8266.jpg
その8

10-IMG_-8270.jpg
その9

11-IMG_-8272.jpg
その10

12-IMG_-8274.jpg
その11

13-IMG_-8362.jpg
その12

14-IMG_-8366.jpg
その13

15-IMG_-8368.jpg
その14

16-IMG_-8264.jpg
その15

 最後は退耕庵のお地蔵さまで。
【2014/12/18 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
アカタテハを見る
1-IMG_9159r_201412162303117d8.jpg
その1

 叡電八瀬駅の側に十月桜がある。撮影は11月28日。陽射しの強い、この季節としては少々どころか汗ばむ日だった。

2-IMG_9169r.jpg
その2

IMG_9169r - コピー-2のコピー

 その陽気に誘われたのか、1羽のアカタテハが十月桜の蜜を夢中になって吸っていた。


 ところで。ここ最近、公私ともに非常に多忙な毎日を送っております。紅葉の現像もかなり残っており、更新する暇もないくらいで、益々記事が遅れそうです・・・ 御陰で疲れが溜まっていたようで、今朝などはアラームを止めたことにも気が付かず、起床時刻ギリギリに目が醒めました。体内時計様々です(-_-;)
【2014/12/17 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鴨川パトロール シュールなアオさんを見る
1-553A6306r.jpg
その1

 喧嘩の仲裁に入ろうとしているように見えるアオさん。

2-553A6309r.jpg
その2
 
 コギさんの勢いにちょっとたじろぐ。

   これはマズいかも・・・

 3-553A6310r.jpg
その3

 立ち位置を決めると、 

4-553A6312r.jpg
その4

 ひゅる~ん・・・

5-553A6313r.jpg
その5

 どぼん

6-553A6316r.jpg
その6

 トラブルに巻き込まれずに助かったアオさんだった。
【2014/12/15 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @一乗寺金福寺
1-IMG_-8008.jpg
その1

 深紅の絨毯・・・

2-IMG_-8009.jpg
その2

 金福寺が迎えてくれたのは、深紅に敷き詰められた敷きもみじだった。

3-IMG_-8013.jpg
その3

 ドウダンツツジは真っ赤な朱に染まり、

4-IMG_-8040.jpg
その4

 ネコさんは寒さに丸くなる・・・(笑)

5-IMG_-8050_20141214075559e5e.jpg
その5

   そないなこと言うけど、ほんまに寒いねんで・・・ ま、早よう入りよし

   はいはい、そうさせて貰います

6-IMG_-8065.jpg
その6

 波紋を描いた白砂に落ちる斑の木漏れ日。

7-IMG_-8072.jpg
その7

 眩しい朝陽が深紅のもみじを輝かせる瞬間。

8-IMG_-8079_201412140756448bd.jpg
その8

 見事なグラデーションは言うには及ばず。

9-IMG_-8083_20141214075644476.jpg
その9

 この空間はネコさんのお昼寝場所。暖かい日はここで爆睡している。

10-IMG_-8084.jpg
その10

 静かな朝に、ネコさんにも癒された。

11-IMG_-8100.jpg
その11

 深紅の絨毯に金色の朝陽が射し込んだ。
【2014/12/14 08:44】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都紅葉紀行 @一乗寺詩仙堂
1-IMG_-7918.jpg
その1

 開門直後の詩仙堂。この眺めを見るとちょっとぞくっとするくらいにテンションが上がるのは何故だろう?

2-IMG_-7920.jpg
その2

IMG_-7920 - コピー-2のコピー

 障子の隙間からちらっと見える、この赤に反応するのかも知れない。

3-IMG_-7922.jpg
その3

4-IMG_-7930.jpg
その4

5-IMG_-7934.jpg
その5

6-IMG_-7941.jpg
その6

 開門を待つ人は、その殆どがこの景色を撮りたいため。到着したとき、既に3人の方の姿があった。駐車場前の道路で待っておられたので、参道を進んで石段の処で待つことが出来ると教えて差し上げたことできっかけができ、待っている間写真談義に花が咲く。だから示し合わせてみんなで額縁で撮りましょうと話がまとまるのに時間は掛からなかった。

 なのにだ、私の直ぐ後ろに立っていた年配の男性が、履き物も脱ぎ散らかしたまま先頭集団の我々をなぎ倒すように足音も荒く廊下を走っていったので、目が点になった。
 おまけに一緒だった男性の一人が、前を通りますよと声を掛けて横切ったにも関わらず、舌打ちをして文句を言ったそうだ。その話を鹿威しの横で聞いて、4人で呆れかえった。その年配の男性はその程度の写真しか撮れないのだと思う。悲しいことだ。いや、哀れとも言う。

7-IMG_-7944.jpg
その7

 さて、サツキの刈り込みの上にはほどよい散りもみじ。

8-IMG_-7945.jpg
その8

9-IMG_-7429.jpg
その9

10-IMG_-7451.jpg
その10

 掃き清められた砂の上にも散りもみじが彩る。

11-IMG_-7444.jpg
その11

 案外好きなのがここだったりする。多くの人はそのままお庭にまっしぐらだが、私はどうしても脚を止めてしまう。

12-IMG_-7969.jpg
その12

13-IMG_-7453.jpg
その13

 14-IMG_-7494.jpg
その14

15-IMG_-7965.jpg
その15

16-IMG_-7975.jpg
その16

IMG_-7975 - コピー-16のコピー

17-IMG_-7474.jpg
その17

 本当にちょうどいい時期に来たようで、たくさんの色が入り交じって秋の空に映える。 

18-IMG_-7532.jpg
その18

 池の中にも、

19-IMG_-7528.jpg
その19

IMG_-7528 - コピー-19のコピー

 鮮やかな紅葉で彩られていた。

20-IMG_-7490.jpg
その20

 今年は柿が裏年だったという。毎年この柿の木にいくつ残っているだろうかと数えるのが楽しみだ。数えるほども実らないのだが・・・ その一つが最後を見送ってくれた。
【2014/12/12 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
京都紅葉紀行 @真如堂
1-IMG_-7862.jpg
その1

 朝日が射し込み始めた頃、ようやくたどり着いた真如堂。このあと急ぐのでちょっとだけ。

2-IMG_-7865.jpg
その2

 こちらは早朝から入ることができるので、この時期夜明け前から多くの人が訪れることが多い。しかしなんだろう?この朝はびっくりするくらいに静かだった。

3-IMG_-7874.jpg
その3

 ま、その御陰で石段の向こうに、この朝陽を見ることができた。

4-IMG_-7875.jpg
その4

5-IMG_-7879.jpg
その5

 真如堂の一番の魅力が、逆光に入ってくる朝陽だろうか。私はこの早朝の光がとても美しいと思う。

6-IMG_-7885.jpg
その6

7-IMG_-7887.jpg
その7

8-IMG_-7899.jpg
その8

 燃えるようなオレンジ色の色づきが大好きで、だからこそ真如堂が好きだとも言う。大きな銀杏の木が三重の塔の向こう側にあるのだが、今年はかなり剪定をされたので、銀杏はまた来年か。

9-IMG_-7903.jpg
その9

 ああ、こんないいチャンスも時にはあるものなのか。気持ちのよい1日の始まりだった。
【2014/12/11 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
鴨川パトロール 鴨川に虹が架かるを見る
1-IMG_1296r.jpg
その1

 京都市内が冬らしい気候になると、

2-IMG_1302.jpg
その2

IMG_1302 - コピー-2のコピー

 突然時雨れて虹が出るようになる。

3-IMG_1309.jpg
その3

4-IMG_1310r.jpg
その4

 その景色を見るに付け、冬の到来を感じるのだった。まだ紅葉紀行が幾つか残っているというのに、冬の風物詩が始まってしまった。
【2014/12/10 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @一乗寺圓光寺
1-IMG_6944.jpg
その1

 この冬の初霜ではないかと思えるくらいに冷え込んだ早朝。圓光寺は紅葉の盛りを迎えていた。

2-IMG_6953.jpg
その2

 中門の奥に続く石畳、そのもっと奥に見える鮮やかな色に期待が膨らむ。

3-IMG_6955_20141209213236452.jpg
その3

IMG_6955 - コピー-3のコピー

 そう、この書院からの眺めが見たくて毎年こちらを尋ねる。

4-IMG_7062.jpg
その4

5-IMG_7063.jpg
その5

 柱の暗い色、障子の白、紅葉の赤と黄色、苔の緑、様々な色が相まって十牛之庭を形作る。

6-IMG_7064.jpg
その6

 水琴窟にも真っ赤なもみじが添えられ、水鏡に映し出す。

7-IMG_7066_2014120921331724b.jpg
その7

 紅葉に彩られた庭園は、賑やかな我々とは裏腹に静かな空間を作り出している。

8-IMG_7073.jpg
その8

9-IMG_7013.jpg
その9

 洛北で最も古い池とされる栖龍池。耳を澄ますと、微かに水の音がもみじの葉擦れにも聴き紛うばかり。

10-IMG_7088.jpg
その10

IMG_7088 - コピー-10のコピー

 静かな圓光寺の奔龍庭に、朝日が射し込んできた。それを合図に石庭の龍が覚醒した。

11-IMG_7652.jpg
その11

 真っ赤に色づいたもみじを背景に龍がうごめく。

12-IMG_7672.jpg
その12

   やっと帰ってきてくれましたね

 童地蔵さまにご挨拶が遅くなってしまった。緑の苔と色とりどりの散りもみじに囲まれて、ご機嫌なお地蔵さま。いつも笑顔を絶やさず、この笑顔にこちらも思わずにっこりと微笑んでしまう。

13-IMG_7678.jpg
その13

 紅葉背景の万両の木。たわわに実った赤い実が苔緑に映える。

14-IMG_7681.jpg
その14

 毎年成長記録のように撮ってしまう万両の木は、朽ちた古い桜の幹に生えている。今年はとうとう先が桜の幹に当たるようになってしまっていた。

15-IMG_7727.jpg
その15

 竹林からさらさらと竹の囁く声がして誘われるように行く。

16-IMG_7741.jpg
その16

 竹林越しの鐘楼。

17-IMG_7766.jpg
その17

 その屋根はもみじに飾られていた。

18-IMG_7719.jpg
その18

IMG_7719 - コピー-18のコピー

 陽が傾いてきた。竹林を通して射し込む陽光は扇子のようにも見える。

19-IMG_7758.jpg
その19

 ほら、牛を追っていた牧童も疲れて休んでいる。

20-IMG_7793.jpg
その20

 風も冷たくなってきた十牛之庭。水琴窟もなりを潜め、夕日が当たっている。

21-IMG_7827.jpg
その21

 春には見事な花を見せてくれた枝垂れ桜の足元は、枯山水のすっきりとした庭園に生まれ変わっている。来春の桜の季節がまた楽しみになって来た。

22-IMG_7814.jpg
その22

 奔龍庭も夕暮れの黄昏が静かに歩み寄ってきている。

IMG_7838.jpg
その23

 振り向けば、見事な紅葉が別れを惜しんでくれていた。また1年後、こちらの紅葉を楽しみにしよう。
【2014/12/09 23:04】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鴨川パトロール fighting sparrowを見る
553A6253r.jpg
その1

553A6254r.jpg
その2

 まあ、勝手にやれば?

 と、周りのふくら雀は知らん顔だった。
【2014/12/09 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鴨川パトロール 疎水のキンクロさんに逢う
1-553A2808.jpg
その1

   なんや、ちょっと気に入らんタイトルやな・・・(--;)

   まぁまぁ、そう言わんといて(笑)

 鴨川パトロールに出たが、これと言った収穫はなく、疎水まで足を伸ばすとキンクロさんの集団。みんなずっと向こうに固まっていたが、よく気の付くヤツが近寄ってきてくれた。

2-553A2822.jpg
その2

553A2822 - コピー-2のコピー

   そうそう、もっと近う寄れ(*^_^*)

 って、こちらが吸い寄せられていたらしいことに、あとになって気が付いた。
【2014/12/08 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @南禅寺
1-IMG_-6462.jpg
その1

IMG_-6462 - コピー-1のコピー

 紅葉も見事だが、観光客も凄い南禅寺へ。撮影は11月19日。既に人も多かったが、ぐずぐず人の前を何がしたいのかよく解らない人を避けて、なんとかこの1枚・・・ 門の額縁は諦めたが、

2-IMG_-6463.jpg
その2

 ふむ、これだけでもいいか。

3-IMG_-6725.jpg
その3

 三門にかかるもみじもよい色づきで、しばし観賞。

4-IMG_-6726_201412032205240c0.jpg
その4

5-IMG_-6729.jpg
その5

 手軽に行ける場所ではあるが、思い起こすと余り来ていないことに気が付いた。このいい眺めを改めて満喫した今、今後はもう少し来てみることにしよう。

6-IMG_-6736.jpg
その6

 好きな景色がここ。もみじの背景に風鐸が浮かび上がる。

7-IMG_-6740.jpg
その7

 では法堂の裏手へ回ろう。

8-IMG_-6744.jpg
その8

9-IMG_-6753.jpg
その9

10-553A2794.jpg
その10

11-553A2795.jpg
その11

12-553A2798.jpg
その12

13-IMG_-6748.jpg
その13

14-IMG_-6757.jpg
その14

 この辺りはイチョウの黄色、もみじの朱色、ハゼの赤味を帯びたオレンジが入り交じり、とても目移りしてしまうほどだ。

15-IMG_-6764.jpg
その15

 青空の中に三門がそびえ、真下から見上げるとそれほど巨大には見えないが、

16-IMG_-6461.jpg
その16

 正面から向き合うと、やはり圧倒される思いだった。
【2014/12/07 19:05】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»