日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @雨上がりの大原実光院
1-IMG_8711.jpg
その1

 昨日の続きを。この夏新しくなった実光院の山門。ちょっと味気ない感じがする。玄関前にあった植え込みもなくなってしまい、石を配した綺麗な通路になった。好みだろうけど、ちょっと悲しい・・・

2-IMG_8716.jpg
その2

 幸いにも先客はなし。まずお参りをしてゆっくりとお茶をいただいた。南向きの縁側は陽が射してきてとても暖かく、気持ちがいい。

3-IMG_8743.jpg
その3

4-IMG_8717.jpg
その4

5-IMG_8747.jpg
その5

 ちょっと独り占め。とても気分がいい。これが雪景色ならもっと嬉しい。この冬も雪景色を撮りに来られたらいいなあと、真剣に願う。

6-IMG_8727.jpg
その6

7-IMG_8728.jpg
その7

 出遅れた大原は散りもみじ。

8-IMG_8760.jpg
その8

 その中で一番輝いていたのが、三千院からこちらへ向かう道すがらに見えるこの大きなもみじ。実光院のお庭から見上げると、これが借景のように見えるのだ。

9-IMG_8764.jpg
その9

 いきなり風が一陣吹いてきて、これぞまさしく散りもみじ。もみじ吹雪になっていた。

10-IMG_8773.jpg
その10

11-IMG_8775.jpg
その11

 そんな風に乗って散りばめられるのだろう、緑色の苔には錦のもみじ。

12-IMG_8778.jpg
その12

13-IMG_8772.jpg
その13

 前夜の雨に打たれて、枝から離れてしまった時の鮮やかな色をそのまま留めている。苔もみじがなんとも堪らない。

14-IMG_8782.jpg
その14

 紅葉を背景のお地蔵さま。

15-IMG_8783.jpg
その15

 朝日が当たったオレンジ色のもみじはピンクゴールド色。

16-IMG_8787.jpg
その16

 先程からポケットの中でうるさいぴよちゃんたちを出して、息抜きをさせる。

17-IMG_8793.jpg
その17

 晩秋から冬にかけて甘い香りを放つヤツデにも、錦のもみじが落ちている。

18-IMG_8794.jpg
その18

 地面は一面のもみじが織りなす絨毯。

19-IMG_8734.jpg
その19

 さあ、それではこちらで一番のメインを。春まで咲き続ける不断桜。今からが盛りだ。紅葉を背景に。もみじの色があまりにもぼやけてしまって、ちょっと面白くない。それでは・・・

20-IMG_8739.jpg
その20

 これならもみじと判るかな・・・?F値は45。手持ちでもれはちょっとしんどかった。

21-IMG_8804.jpg
その21

 こちらもそれに近い感じ。

22-IMG_8816.jpg
その22

23-IMG_8821.jpg
その23

 小さな控えめな桜。せいぜい1cmから1.5cm程度の大きさでしかない。桜と言えば染井吉野のような、華やかなイメージが強いが、秋から咲き始める何種類かの桜は本当に控えめで大人しい。

24-IMG_8840.jpg
その24

25-IMG_8830.jpg
その25

IMG_8830 - コピーのコピー

 まだ咲き始めたばかりの不断桜。この冬には雪と一緒にまた撮りに来よう。雪を被りながら凛として咲く姿がとても美しい。

26-IMG_8898.jpg
その26

 帰りの道ばたには、名残のアザミが咲いていた。その花に寒さをしのごうとしているのか、小さな蛾が留まっていた。
【2012/11/30 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @雨上がりの大原宝泉院
1-IMG_8699.jpg
その1

 昨日の続きを。早々に三千院を出て来た。真っ直ぐ宝泉院へ向かうと、そこには先程まで一緒に居たメンツの顔が・・・ まあ、皆さん考えることは一緒なので。9時の開門を待っていたのだが、7・8人並びだしたため少し早いけど、と受け付けを始めて下さった。早くから並ぶと時として少し早く開門して下さる寺院が多いのは確かだ。大きな処は無理だが、こう言った人気のお寺でもこぢんまりとした処は結構融通が利くようだ。

 みんな、いそいそと入っていった。

2-IMG_8675.jpg
その2

 入る前にお地蔵さまにご挨拶を。

3-IMG_8602.jpg
その3

 待っていたのはこの見慣れた風景。

4-IMG_8603.jpg
その4

IMG_8603 - コピー-4のコピー

 昨年、一昨年ほどの鮮やかさは今年はなかったものの、シーズン中にこんなにも広々としたこの空間が撮れたのは初めてかも知れない。それにみんな三千院からの同じ目的意識を持った人たちだ。ここでもみんな並んで譲り合いながら切り取っていった。この連帯感が何とも気持ちがいい。
 ひと言ちょっと断り、お礼をひと言言う。そのちょっとした言葉でみんなとてもにこやかになっていた。そんな時に居合わせたことをとても幸せに感じる。

5-IMG_8606.jpg
その5

6-IMG_8614.jpg
その6

7-IMG_8615.jpg
その7

8-IMG_8629.jpg
その8

9-IMG_8639.jpg
その9

 お天気の移り変わりがちょと忙しくて、陽が射したり陰ったり・・・ その度に目に映る光景が変わって行く。陽射しの移り変わりとともに、みんなは自分の撮りたい場所に移動していくのが見ていて楽しい。写真が目的ではない一般のお客さまたちは我々に気遣ってくれて、邪魔にならないそれでいて景色のよいところでゆっくり座ってお茶をいただいている。
 庭師の方も景色の中に入らないように、様子を見て庭先を移動して下さる。借景の向こうでなにか工事が手直しかされているようだった。

10-IMG_8655.jpg
その10

 譲り合った御陰で、みんなかなりたくさん撮ったようだった。

11-IMG_8663.jpg
その11

 ひと通り撮って満足して、お客が多くなった頃、みんな思い思いに場所を確保してやっとお茶をすすった。

12-IMG_8665.jpg
その12

 外を眺めていると、ミツマタの葉っぱにはまだ水滴が残っているのが見えた。ここに雪が積もったところも結構画になる。

13-IMG_8667.jpg
その13

 そろそろお庭へ。ここからのドウダンツツジの眺めもお気に入り。

14-IMG_8669.jpg
その14

 錦鯉ともみじの錦。

15-IMG_8671.jpg
その15

16-IMG_8673.jpg
その16

 いろりの部屋からの眺め。寒い季節にここでいろりに当たるのも楽しみ。濡れた手袋を乾かすのも・・・

17-IMG_8691.jpg
その17

 ではそろそろ宝楽園へ降りていこうか。

18-IMG_8683.jpg
その18

 苔むした手水鉢。真冬はここも凍り付く。

19-IMG_8688.jpg
その19

 水滴の残った苔。

20-IMG_8681.jpg
その20

 白砂に散りばめられたもみじ。枯山水の流れに散ったもみじはいつ見ても心が和む。

21-IMG_8690.jpg
その21

 紅葉の盛りに、寒そうに一輪残った寂しそうなセッコクの花が目に入った。季節外れに咲く花はとてもいじらしいものがある。珍しいものを見せて貰った。

 この続きはまた今度。大原もあと1回、お付き合いを。

22-IMG_8697.jpg
その22

 今日のおまけはこれ。今が盛りのお茶の花。下向きに咲くので撮りにくいが、とても好きな花だ。
【2012/11/29 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
無隣庵でカルさんを見るその2
7--IMG_8223.jpg
その1

 先日の続きを。ひとりになってすました顔のカルさん。

8-IMG_8243.jpg
その2

 気が付けば1羽いない。どこへ?ひとりにされた奥さんも、さすがに寂しくなったのか、低い声で相方を呼ぶ。

   なぁ、そこの変な人

   え?わ、私のこと?

   そうや。なぁ、うちの人見ぃひんかった?

   堪忍な、見てへんわ

   そうか、おおきにえ。ほんまにどこに行ってしもたんや

9-IMG_8248.jpg
その3

11-IMG_8261.jpg
その4

 かなり探し回っていたところへ、いきなり私の横から相方が現れた。茂みの中でお昼寝をしていたのかも知れない。ああ、びっくりした・・・

12-IMG_8302.jpg
その5

13-IMG_8318.jpg
その6

 そこへやって来た疎水のアオさん。カルさんたちと一緒に水辺に立っていた。余程人慣れしているのか、低い間仕切りの向こう、ほんの2mも離れていないところでじっとこっちを眺めていたのだった。
【2012/11/28 21:51】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @雨上がりの大原三千院
1-IMG_8507.jpg
その1

 前日の雨も上がり、大原の里は靄がかかっている。陽が昇るにつれ、山の端からはどんどん白い霧が立ち上っていくのが見て取れる。そんな早朝だった。撮影は11月21日。ちょっと遅いかなぁ、と不安になりつつ。

2-IMG_8514.jpg
その2

 開門を待つ間にも、向こうの山からはどんどん立ち上る白い靄。これが見られただけでも来た甲斐があったと言うものだ。

3-IMG_8505.jpg
その3

 雨の雫が本当に綺麗で、光が当たるとそれはダイヤモンドのようだ。

4-IMG_8520.jpg
その4

 朝のお勤めの読経を聞きながら静かに廊下を進む。ふむ、ここは特に何もなし。一緒に入って来た人たちもみんな一斉に移動する。

5-IMG_8526.jpg
その5

 本堂から見た極楽往生院と有清園。やはり少し遅かったようだ。しかし散りもみじのふわふわ絨毯が凄い。

6-IMG_8534.jpg
その6

7-IMG_8536.jpg
その7

8-IMG_8537.jpg
その8

9-IMG_8542.jpg
その9

10-IMG_8548.jpg
その10

 集まった人たちはみな無言だった。やはり出遅れたことにショックだったのかも知れない。しかしそこは目的を同じにしているものたちの連帯感。撮っては場所を譲って、撮影会のようだ。ま、それに近いものはあるわけだが。

11-IMG_8560.jpg
その11

12-IMG_8562.jpg
その12

 そんな散りもみじではあったが、本堂の横から裏手の黄色いもみじはまだ盛りで、陽射しが射してきたときには金色に輝いた。
 そろそろみんなも撮り尽くしたようで、庭に降り始めたので私も一緒に。

13-IMG_8568.jpg
その13

 降りたら降りたで、そこは苔緑ともみじの絨毯が織りなす模様がとても見事だ。雨上がりのしっとりとした空気感や広葉樹特有のなんとも甘い心地よい香りが辺りに立ちこめてて、本当に気持ちがいい。

14-IMG_8570.jpg
その14

15-IMG_8572.jpg
その15

16-IMG_8580.jpg
その16

 童地蔵たちはもみじ模様に飾られている。多分、私以外の人はみんな撮っているであろうと思われる。私?私はあれがちょっと苦手なので・・・ 実を言うと気持ち悪いから。

17-IMG_8582.jpg
その17

 ほんの短時間だったが、陽が昇るには充分だったようで、木々の隙間から眩しい光が射し込んできた。まるでご来光だ。

18-IMG_8592_20121127202511.jpg
その18

 出口付近で見つけた真っ赤なもみじ。雫が光って、本当に綺麗だった。

19-IMG_8511.jpg
その19

 雨に打たれたもみじの幹で、スズメガが寒そうに震えていた。

 この続きはまた今度。
【2012/11/28 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
十三夜 @東の天空
IMG_0073_20121127221417.jpg
その1

IMG_0381r.jpg
その2

IMG_0381r - コピーのコピー

 日中は時折時雨れていたが、夕方から急速に晴れてきた。気が付けば東の空には十三夜の月が昇っていた。

IMG_0379r.jpg
その3

 あるいはまた。早朝日の出前。雲の切れ間から一瞬覗いた金星とその横に小さく土星が見えた。

IMG_0020.jpg
その4

 またあるいは。出勤途中時雨に遭遇。虹が出ているのを見た。   
【2012/11/27 22:26】 天空 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
無鄰菴でカルさんを見る
1-IMG_0031r.jpg
その1
 
 無鄰菴の池に、いつもの住人がいた。今日も仲良くリラックス。

2-IMG_8174.jpg
その2

3-IMG_8180.jpg
その3

4-IMG_8208.jpg
その4

5-IMG_8209.jpg
その5

6-IMG_8221.jpg
その6

 池に映り込む赤いもみじの絨毯の中で、秋を満喫しているかのようだった。
 
 この続きはまた今度。
【2012/11/27 20:22】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都紅葉紀行 @岡崎公園無鄰庵
1-IMG_8154.jpg
その1

 見頃になった岡崎公園へ。目的地は無鄰庵。駐輪場がないので少し離れた処に止めてとことこ・・・ あの狭い路地から人が出てくるのを見ると、

   やっぱりあそこだって多いよなぁ・・・(^^;

 今時穴場などと言うものはなくなってしまった。

2-IMG_8126.jpg
その2

IMG_8126 - コピーのコピー

 こちらのお庭はやはりお座敷に座ってゆっくり見るのが一番だろう。しかしお茶をいただく先客あり。お茶を街ながら私ももみじを愛でることにしよう。

3-IMG_8132.jpg
その3

4-IMG_0025r_20121126173748.jpg
その4


5-IMG_8137.jpg
その5

 あっちを見てもこっちを見ても、何という落ち着く景色だろう。

6-IMG_0015.jpg
その6

 ほら、程なく運ばれてきたお薄。いただいたらお庭へ降りていこう。ここから見る景色にはわくわくする。

7-IMG_8140.jpg
その7

 降りようとしたときに、ふと目に入ったガラス戸。

8-IMG_8170.jpg
その8

9-IMG_8163.jpg
その9

 ぐるっと眺めていると、庭師の男性が行ったり来たり。樹木の剪定を行っているようで、剪定をする人と少し離れて全体の形の確認を何回も行っている。庭師の方たちの腕の見せ所だ。

10-IMG_8373.jpg
その10

11-IMG_8227.jpg
その11

12-IMG_8371.jpg
その12

 こちらは東山を借景にして。

13-IMG_8138.jpg
その13

14-IMG_8139.jpg
その14

 夏にはあまり気が付かなかったが、これほどにもみじがあったとは。

15-IMG_0033r.jpg
その15

 池のもみじ越しに母屋を見る。

16-IMG_0035r.jpg
その16

 池の上に枝を広げるもみじの赤いこと!水面がすっかり染まっている。

17-IMG_8229.jpg
その17

 母屋の横に立つもみじは思いの外大きい。

18-IMG_8235.jpg
その18

 二階の窓まで伸びる素晴らしい色のもみじもどうだ?

19-IMG_8236.jpg
その19

 賑やかな声が聞こえると思ったら、和服姿の綺麗なお嬢さんたち。

20-IMG_8286.jpg
その20

 もみじは母屋の姿までも覆い隠すかのよう。

21-IMG_8290.jpg
その21

22-IMG_8348.jpg
その22

 お庭の一番向こう、東山の借景とともに彩りを添える大きなもみじが、このお庭を引き締めているようだった。

23-IMG_8370.jpg
その23

 この向こうは交通量の多い南禅寺前の交差点とは思えないほどの静けさ。街の喧噪から逃れるためにここを訪れる人も多い。母屋の縁側から眺めていると、本当に時間の経つのも忘れてしまう、ここはオアシスだと思う。

 ま、私の一番の目的は、ここを定宿にしているカルガモのご夫婦だったり、遊びにやって来る疎水のアオサギだったりもするけど。
【2012/11/27 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都紅葉紀行 @寺町廬山寺
1-IMG_8063.jpg
その1

 ちょっと廬山寺まで。久し振りの秋の廬山寺。

2-IMG_7927.jpg
その2

 外の喧噪が嘘のように静かな源氏庭。センブリが咲いているかと思ったが、どうも終わったあとのようだった。残念。

3-IMG_7921.jpg
その3

 記念碑など眺めつつ。リンドウが咲いているが、ちょっと葉っぱが傷んでいて写真映えせず諦める。

4-IMG_7920.jpg
その4

5-IMG_7932.jpg
その5

7-IMG_7952.jpg
その6

 ここのもみじは真っ赤なこの木がとても印象的だ。

6-IMG_7941.jpg
その7

 赤いもみじを背景に不断桜。花の付きが寂しいのでこれもあまり写真映えしないけど。

8-IMG_7966.jpg
その8

 裏庭へ。ご存じだったか?

9-IMG_7968.jpg
その9

 廊下の窓ガラスは古い大正時代くらいのもので、この通り、歪みがある。

10-IMG_7970.jpg
その10

11-IMG_7976.jpg
その11

 ヒヨちゃんが飛び回っているが、小枝が邪魔して姿を捉えられず。

12-IMG_7984.jpg
その12

 では外を見てこよう。これは入り口脇の、やはり真っ赤なもみじ。

13-IMG_7989.jpg
その13

 小さな木だが、毎年恐ろしいほど真っ赤に燃えるのはきっと品種なのだろう。こちらはどうもこも真っ赤な種類が目印のようだ。

14-IMG_7994.jpg
その14

16-IMG_8002.jpg
その15

 鐘楼脇はオレンジ色。

15-IMG_7997.jpg
その16

 車が入ってくる門は、こちらも大きなオレンジ色。先が少し透き通るような赤になっている。

17-IMG_7991.jpg
その17

 では塀の裏側へ回ろうか。ここは結構穴場かも。春には枝垂れ桜が綺麗なところ。

18-IMG_8006.jpg
その18

19-IMG_8010.jpg
その19

20-IMG_8024.jpg
その20

 源氏庭から見たあの赤いもみじの裏側。観光タクシーの運転手さんもよく知っていて、ここを案内しているところを見かけることが多い。この日も少し年配の女性たちを案内していた。

21-IMG_8027.jpg
その21

IMG_8027 - コピーのコピー-21

 今日のおまけはこれ。青もみじの頃に羽化した蝉は、既に土に還っているのだろうか。空蝉だけが燃えるようなもみじの葉陰に残されていた。
【2012/11/26 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
秋色池にて
IMG_9035r.jpg
その1

 秋色池でマーさんを見た。美容院に行って来たところのようで、綺麗に染めて貰ったようだ。メタリックグリーンが鮮やかなこと。そりゃあ泳ぎも軽くなると言うものだ。

IMG_9005.jpg
その2

 いくらマーさんがかっこいいと言っても、カルさんとのカップリングはちょっと・・・

IMG_8995r.jpg
その3

IMG_8996_20121125215323.jpg
その4

   ワシらもちょっとおしゃれにした方がええように思うけど、どうやろ?

   うん、そう思うわ

IMG_9080.jpg
その5

 いいや、一番の伊達男はこいつだろう・・・

IMG_9037r.jpg
その6

 水面の男たちには知らん顔のエナガ。
【2012/11/25 21:53】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
疎水でキンクロハジロを見る
IMG_8087r.jpg
その1

 疎水の速い流れに逆らって、必至に泳ぐキンクロたち。

IMG_8091r.jpg
その2

 時には並んで。

IMG_8079.jpg
その3

IMG_8084r.jpg
その4

 時にはソロで。約1名部外者がいるようだけど。
【2012/11/25 10:50】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @鷹峯光悦寺
1-IMG_7840.jpg
その1

 先日の続きを。光悦寺はちょっとはしょって、簡単に。何しろ出遅れたもので山に陽が隠れて暗くなってしまったのだ。

2-IMG_7842.jpg
その2

 シーズン中はいつもの受け付けではなくて、外待合での受け付けとなる。若い男性たち、多分大学生なのだろう。彼らが受け付けをしていた。で、いつもの受け付けではこちらのご住職だろうか、いつもの年配の方が座ってなにやら書き物。その前を通って降りていった。

3-IMG_0079.jpg
その3

4-IMG_0080.jpg
その4

 これまでは特に気づかなかった、この辺のカットが気になってしまった。

5-IMG_0060.jpg
その5

 光悦垣。毎年青竹で編み直してこの季節に綺麗な垣根を見せてくれる。

6-IMG_0062.jpg
その6

7-IMG_7826.jpg
その7

IMG_7826 - コピーのコピー-7

8-IMG_7828.jpg
その8

9-IMG_7834.jpg
その9

 すっかり陰ってしまった。この垣根の辺りだけ。市内が見下ろせる場所もあるが、夕方になってしまったのでよしとした。

10-IMG_0086.jpg
その10

 案外よかったのが参道脇の駐車場から見た景色。

11-IMG_0087.jpg
その11

12-IMG_0092.jpg
その12

 昼間ならもっと綺麗だったに違いない。

13-IMG_0096.jpg
その13

14-IMG_0101.jpg
その14

 今日のおまけはこれ。常照寺の吉野門。時間もなく、中へは入れなかったのが残念だった。
【2012/11/25 09:26】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @鷹峯源光庵
1-IMG_0056.jpg
その1

 ちょうど見頃だと聞いた源光庵へ。仕事が半ドンで終わった(若い人は知らない半ドン・・・(^^;)午後に。撮影は11月19日。仕事のトラブルでちょっと出遅れたのでどうしようかと思ったが、やはり行ってよかった。
 この参道もススキが既に切られてしまっていたが、季節柄仕方ないか。

2-IMG_0047.jpg
その2

 折角なので山門から向こうを覗いて・・・ 初夏に訪れたときに気になっていた松がどうなったのか。

3-IMG_0042.jpg
その3

 案の定松は切り取られていた。すっかり茶色になっていた松。いったい何が悪かったのだろう。姿のよい松で、結構お気に入りだったのに。さあ、気を取り直して、まず本堂から。

4-IMG_0026.jpg
その4

 源光庵と言えばまず思い浮かぶのがここ。迷いの窓(右)、悟りの窓(左)。前に座って無心になって眺めると言うことはこの時期には到底無理な話で、大勢の人が座って順番待ち。

5-IMG_7692.jpg
その5

6-IMG_7700.jpg
その6

 ではその間にそれぞれの窓からの眺めをちょっと堪能しよう。どうだろう、迷いは吹っ切れたか?

7-IMG_7809.jpg
その7

IMG_7809 - コピー-7のコピー

 どれだけ見ていても心が落ち着く。これが独りなら申し分ないけど。

8-IMG_7710.jpg
その8

9-IMG_7713.jpg
その9

 ちょっと部分的に切り取ってみた。

10-IMG_7733.jpg
その10

 その窓からあまりにも鮮やかな赤い色が見えたので、縁側沿いに外に出てみた。もちろん、窓から見えないように。

11-IMG_7737.jpg
その11

12-IMG_7747.jpg
その12

 空が真っ青で、真っ赤なもみじの映えること。たまに白い雲がすっと流れていく。もう少しゆっくり行けばいいのに。

13-IMG_7760.jpg
その13

 お庭の中央、ちょっと深い森のようになっている。ここを歩いてみたいものだ。

14-IMG_7763.jpg
その14

 その向こうには燃えるようなオレンジ色。青い空とのコントラストが凄い・・・

15-IMG_7767.jpg
その15

 タクシーの観光で来たグループの人が過ぎるのを待って、やっとこれだけの額縁を切り取った。

16-IMG_7776.jpg
その16

 その向こうはと言えば、石灯籠と眩しいオレンジ。枯山水のお庭なのに、とても艶やかだ。おまけに先日激しく降った雨がまだ残っていて、水の流れない川に水たまりができていた。そこへ一瞬、ヒヨドリが水浴びをして直ぐにまた飛び上がる。

17-IMG_7791.jpg
その17

 あれだけ次から次へと人がやって来たのに、気が付けば誰もいない?

18-IMG_7784.jpg
その18

19-IMG_7794.jpg
その19

IMG_7794 - コピー-19のコピー

 ちょうどそこへやって来た若い女の子たち。素晴らしい景色に歓声を上げている。誰もいないのを見計らって、

   もう少し下がって見てみよし。額縁になってもっといい景色が見えるから

 と、ちょっと教えてあげると早速下がって、再び大きな歓声。

20-IMG_7807.jpg
その20

 あるいは華頂窓からの額縁とか。秋のシーズンには人が多くて敬遠しがちだったが、やはり来てみてよかった。本堂には多くの観光客が訪れていたが、窓の前に座れば喧噪などすっと消えてしまう不思議な感覚があった。出かけた時刻が遅かったのでゆっくりもできなかったが、また来よう。

21-IMG_7816.jpg
その21

 山門の横の駐車場からは、真っ赤に燃えるようなもみじが見えた。 
【2012/11/24 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都紅葉紀行 @真如堂
1-IMG_7283.jpg
その1

IMG_7283 - コピー-1のコピー

 昨日の続きを。吉田神社を出て吉田山の中腹に差し掛かったとき、オレンジ色の朝日が射し込んできた。これは急がなければ。真如堂で朝日を待つ予定だったのに間に合わなくなった。
 それでも山門をくぐって正面を見たとき、見事なグラデーションがオレンジ色に輝いているのを見て、しばしたたずんでしまった。

2-IMG_7278.jpg
その2

3-IMG_7277.jpg
その3

 朝日はどんどん昇る。辺りはオレンジ色から金色に輝いていく。その様子を見るのは早朝に来たものだけの特権だった。

4-IMG_7297.jpg
その4

 長い石段の上、境内には既に何人もの人影が見える。みんなさすがに早くからやって来るようだ。

5-IMG_7304.jpg
その5

 振り仰ぐ三重の塔は眩しい。しかし今だけしかない瞬間。

6-IMG_7307.jpg
その6

 もみじの隙間から。

7-IMG_7316.jpg
その7

 手水舎を覆い隠すように枝を伸ばしている。

8-IMG_7318.jpg
その8

 見上げたその上は透き通るような赤。

9-IMG_7329.jpg
その9

10-IMG_7336.jpg
その10

 この辺りから見るのが一番好きかも。何枚も撮ってしまったから。

11-IMG_7339.jpg
その11

 向こう側は燃えるように輝いている。

12-IMG_7347.jpg
その12

IMG_7347 - コピー-12

13-IMG_7358.jpg
その13

 人通りが途絶えた瞬間に。

14-IMG_7361.jpg
その14

 銀杏も透き通るような黄色になってきている。赤やオレンジ色の中では黄色は貴重な存在。とても存在感もある。

15-IMG_7381.jpg
その15

 暗い三重の塔を背景にすると、赤いもみじはより一層赤さを増す。

16-IMG_7362.jpg
その16

 微妙な色合い。

17-IMG_7369.jpg
その17

 三重の塔の前に繁るもみじは、どこから見ても圧倒的な存在感。

18-IMG_7387.jpg
その18

IMG_7387 - コピー-18のコピー

 忘れてはいけないのが地蔵堂。古い大きなもみじの幹が重厚で、素晴らしい趣を醸し出しているように見える。

19-IMG_7408.jpg
その19

21-IMG_7413.jpg
その20

 本堂の前もそれはそれは見事な色づき。白い障子と一緒に綺麗なコントラストを見せていた。

20-IMG_7412.jpg
その21

 と言うわけで(なにが?)、本堂周辺を撮る時間が足りなくなってしまった。そろそろ行かなければ遅刻だ。非常にかなり心残りだったが、真如堂をあとにした。それにしても、こんな早い時刻にここへ来たのは初めてだったかも知れない。いつも人が多いので敬遠していたが、これほどまでに色づきがよいもみじが揃っているとは思いも寄らなかった。来年も来ようかな。
【2012/11/23 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
秋色池でカルさんを見る
IMG_9012.jpg
その1

 池の水が紅葉を映している中にカルさんを見た。

IMG_9030.jpg
その2

IMG_9028_20121122215056.jpg
その3

 まあ、色んな色が映り込むわけで。

IMG_9018.jpg
その4

 この子は自分で水の中に頭を沈めようとしているのではないと思われるのだが・・・ 多分。

IMG_9045.jpg
その5

 これは痛恨の1枚。前にうっすらと草が前ぼけで入ってしまったのだ。折角の1枚が・・・
【2012/11/22 21:57】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @吉田神社
1-IMG_7229.jpg
その1

 ちょっと仕事前に。仕事と言っても研修だったので始業時間が少しゆっくりなので、出かけた先は吉田神社。撮影は11月18日。雨が上がって、本当にやれやれだった・・・

2-IMG_7241.jpg
その2

 紅葉の名所と言うにはかなりマイナーな場所かも知れないなあと、撮っているのは自分だけ。

3-IMG_7243.jpg
その3

4-IMG_7250.jpg
その4

5-IMG_7252.jpg
その5

6-IMG_7254.jpg
その6

7-IMG_7260.jpg
その7

 鳥居横の1本のもみじ。これが真っ赤になる。まだ陽も射さない早朝、本殿の朱色と競うようにより一層赤く見えた。

 さて、次に行かねば。この続きはまた今度。
【2012/11/22 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @鴨川
1-IMG_0001.jpg
その1

 ある日の早朝、出勤途中で。背景は比叡山。

2-IMG_0011.jpg
その2

3-IMG_0022.jpg
その3

 晴れた日中はこんな感じで。

4-IMG_0012.jpg
その4

 モダンな西洋風の煉瓦造りの建物と。

5-IMG_0025.jpg
その5

 ぎんなんがまだ残っている。今年は同僚に頼まれて、かなり拾ってきた。

6-IMG_0026.jpg
その6

7-IMG_0027.jpg
その7

8-IMG_0030.jpg
その8

9-IMG_0067.jpg
その9
 
 川端通りには一部ケヤキが植えられて1年経った。夏の暑さを軽減するために、風の流れを変えるためらしいが、効果のほどはどうなのだろう。昨年は殆ど葉っぱが付いていなかったので判らないが、このあと落ち葉が凄いと思う。ちゃんと掃除をしてくれるのだろうか。

10-IMG_6464.jpg
その10

11-IMG_6465.jpg
その11

 午後も遅くなるとオレンジ色の陽射しが当たって、より一層桜の紅葉が色濃くなる。

12-IMG_6506r.jpg
その12

IMG_6506r - コピーのコピー-12

 コギさんが紅葉の中を悠々と飛んでいった。
【2012/11/21 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
疎水でアオさんを見る
IMG_8450_20121120225613.jpg
その1

IMG_8450 - コピーのコピー

 疎水でアオさんを見た。こちらが気になるのか、チラ見で・・・

   なぁ、アオさん、ちょっとだけ撮らせてや
   そうそう、ハンサムやで・・・

 土手の上から見下ろす視線を知っているようだが、逃げようともせずに水面を見ている。

IMG_8457.jpg
その2

 生き物など滅多に撮らないだろうと思われる観光客のおじさんが、アオさんと同じ通路に降りて(立ち入り禁止の場所)短いレンズで狙っていた。何故か笑い声をだしながら。気持ち悪い。幼児が笑い声を上げながら遊んでいるような、そんなノリだ。

   アホっちゃう?

 そのうち私と同じ処へやって来た。落ち葉をがさがさ大きな音を立ててやって来た。はぁはぁ笑い声を出して。本当に気色が悪い。

   アホっちゃう?

 それまで大人しくしていたアオさんは、あっさり飛んで行ってしまった。

   ほんま、このおっさん、アホっちゃう?

 折角の紅葉アオさんだったのに。この他のアオさんはまた今度。ちょっと整理が追いつかず。 
【2012/11/20 23:09】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
霧の北山連峰
1-IMG_7606.jpg
その1

 まだ陽も射していない早朝、出勤時に。昨夜の雨で、北山連峰は深い霧に覆われていた。撮影は11月19日。

2-IMG_7615.jpg
その2

3-IMG_7618.jpg
その3

IMG_7618 - コピーのコピー

 ユリちゃんもちょうど出勤時刻のようだった。

4-IMG_7625.jpg
その4

 仕事前のミーティング中のユリちゃん。
【2012/11/20 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都紅葉紀行 @梨木神社
1-IMG_6907.jpg
その1

 出勤前、早朝の梨木神社。撮影は11月16日。

2-IMG_6920.jpg
その2

IMG_6920 - コピーのコピー-2

 前夜の雨上がり、まだ雲が残っていて薄暗い。ここの色づきはもう少しかなぁと、見ていたが、雫がちょっといい雰囲気を作っている。

3-IMG_6923.jpg
その3

4-IMG_6925.jpg
その4

5-IMG_6928.jpg
その5

 足元にはホトトギス。今年は殆ど見ていなかったので、ちょっと嬉しい。

6-IMG_6931.jpg
その6

 同じ屋根の反対側。この色の違いはなんだ?やはり陽当たりだろうか。こちら側は工事でばっさり樹木が切られ、明るくなっている。

7-IMG_6947.jpg
その7

 高い木の上には昇ってきた陽射しが当たり始めようだ。薄暗かった境内も少し明るくなってきたようにも見える。

8-IMG_6939.jpg
その8

9-IMG_6944.jpg
その9

10-IMG_6952.jpg
その10

11-IMG_6943.jpg
その11

 手水舎も赤いもみじで彩られていた。この間にも何人かの人が染井の井戸水を汲んでいった。

 さあ、本殿にお参りとしよう。

12-IMG_6960.jpg
その12

IMG_6960 - コピーのコピー12

 舞殿の横には、1本だけ真っ赤なもみじ。陽当たりがよくなって早くに色づいたのだろうか。

13-IMG_6967.jpg
その13

 やがて眩しい朝日が当たるようになった。

14-IMG_6970.jpg
その14

15-IMG_6971.jpg
その15

16-IMG_6972.jpg
その16

17-IMG_6973.jpg
その17

18-IMG_6977.jpg
その18

 本当に眩しい陽射しで、赤いもみじはより一層赤く見えた。

19-IMG_7001.jpg
その19

 鳥居前の榎木も、帰りには眩しいばかりの黄色になっていた。空の青さが、更に黄色を引き立てていた。
【2012/11/19 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @御所宗像神社
IMG_6216.jpg
その1

 眩しい晴れ間に。撮影は・・・?

   わ、忘れた・・・(--;)

IMG_6230.jpg
その2

IMG_6231.jpg
その3

IMG_6233.jpg
その4

IMG_6234.jpg
その5

 4・5歳くらいの幼い子どもを連れたお母さんがふたり、子どもを遊ばせている。神社やお寺というのは、いつも子どもの遊び場だった。ひょっとしたら、学校よりも身近に感じていたかも知れない。いつも神さまや仏さまに見守られ、普段の生活にも溶け込んでいたはずだ。

IMG_6224.jpg
その6

IMG_6222r.jpg
その7

 赤く染まったもみじに、恥じらうように頬を染めて咲いていたのは山茶花だった。

IMG_6328.jpg
その8

IMG_6334.jpg
その9

 今日のおまけはこれ。宗像神社の野良子。視線をそらせてなかなか遊んでくれなかった。
【2012/11/18 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
雨の中で猫を見る
IMG_7156のコピー
その1

 冷たい雨だった。まだ夕方には時間があるというのに、この暗さは何だ。ねこさんの瞳はまん丸。ここがどれだけ暗いかというのがよく判る。

IMG_7199のコピー
その2

 びっくりまなこ。

IMG_7202のコピー
その3

IMG_20121117_155923のコピー
その4

   誰だにゃ?鼻くそ猫だにゃんていうのは・・・(/_;)



 写真の準備をする時間がなくて、小作品ばかり。
【2012/11/17 22:57】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @寺町本満寺
1-IMG_7106.jpg
その1

 仕事帰りに本満寺へ。撮影は11月16日。陽も落ちた逢魔が時に。

2-IMG_7109
その2

IMG_7109 - コピー-2

 陽も落ちてすっかり辺りは暮れなずんできたが、ちょっと回り道にはなるが寄ってみた。あまりの暗さにシャッタースピードが稼げず、大きくするとアラが目立つかも。

3-IMG_7114
その3

4-IMG_7116
その4

5-IMG_7119
その5

6-IMG_7123
その6

IMG_7123 - コピー-6

 薄暗くなった中、ぞっとするほどの妖艶な真っ赤なもみじ。

7-IMG_7124
その7

8-IMG_7125
その8

9-IMG_7126
その9

10-IMG_7129.jpg
その10

 血が滴るような真っ赤なもみじに、魅せられたようにそこから離れられなかった。このもみじの下に、怪しげな人影があってもおかしくはない。そんなもみじだった。

11-IMG_7134.jpg
その11

 気が付けば空には夜のとばりが降りている。

12-IMG_7136.jpg
その12

 月齢2の細い月を背に、コギさんが帰っていく。

13-IMG_7139.jpg
その13

IMG_7139 - コピー-13

 海の色よりももっと深くなった空には、ただ、細く輝く月だけが残された。
【2012/11/17 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都紅葉紀行 @東福寺その1
1-IMG_6529.jpg
その1

 開門前の通天橋。今頃はもっと盛りを迎えているはずの通天橋。撮影は11月14日。

2-IMG_6539.jpg
その2

3-IMG_6547.jpg
その3

 臥雲橋は地元の通学路。ちょうど通学時刻なので、自転車を押して走るように急ぐ日吉高校の生徒たち。橋が揺れること・・・

   ひぇ~・・・(^_^;)

4-IMG_6543.jpg
その4

 前日の夕方には激しい雷雨があったので、もみじの葉も水滴で光る。

5-IMG_6547.jpg
その5

 曇天なのであまり空を入れずに。ここは少し時期を早めに来た方が綺麗だから。

6-IMG_6552.jpg
その6

 山門までの参道はまだ早いが、緑からオレンジ、黄色、赤とグラデーションがあるのがいい。

7-IMG_6562.jpg
その7

 本堂を背景に。入って直ぐの右にトイレがあるのだが、なぜかその辺りのもみじはとても色づきがよくて、この通り真っ赤。

8-IMG_6566.jpg
その8

9-IMG_6569.jpg
その9

 通天橋の受け付けはまだ先なのに、途中で停まっているのは自分だけだった。

10-IMG_6571.jpg
その10

11-IMG_6575.jpg
その11

 個人的にはこの色合いが一番気に入った。

12-IMG_6586.jpg
その12

 通天橋をよくご存じの方は知っているだろうが、受け付けの向こう側には早くから真っ赤になる木がある。

13-IMG_6593.jpg
その13

14-IMG_6605.jpg
その14

 この時開門から15分あまり。既に通天橋にはぎっしりと詰まっていた。交通整理のおじさんたちが受け付けの案内をする。私の方にも声を掛けてくれたが、申し訳ない。私は行かないので。人が通らないような処ばかりをうろついてたのだった。

 この続きはまた今度。
【2012/11/16 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都紅葉紀行 @栂尾山高山寺
1-IMG_6152.jpg
その1

 昨日の続きを。表参道はまだ色づきはなし。どうしようか。しかしここまで来たのならやはり行っておこう。

2-IMG_6153.jpg
その2

 石水院の屋根が見えて来た。その側にはオレンジ色になったもみじが見える。これだけでもよかったかなと、意気込んで入る。

3-IMG_0036.jpg
その3

 先にお茶を一服。こちらのお茶は本当に美味しい。まろやかで渋みも少なく、とても香りが立つ。こちらの茶園で栽培されたものだ。お茶の花が咲いていないかと先に覗いてみたが、近くには見えなかった。お菓子の栂の月は下鴨の宝泉堂さんのもの。

4-IMG_6159.jpg
その4

 石水院の園側に出る前に見えたもみじ。黄色からオレンジのグラデーションがとても綺麗だ。

5-IMG_0037r.jpg
その5

 ここからの眺めはやはりちょっと早いようだが、ここだけは押さえておきたい。毛氈の赤がすっかりあせてしまって、いつも残念に思うのは私だけだろうか。この縁側に座る人が絶えず、やっとのことで貴重な1枚。この瞬間を待っていた先客の若い男性の背後から失礼して・・・

6-IMG_0042_20121113204633.jpg
その6

 この角も好きなアングル。正面の待ち時間に。遠くから来られた方なのだろう、あそこに立てだの、ここに座れだの言われながら記念撮影の父と息子らしき人。

7-IMG_6161.jpg
その7

IMG_6161 - コピーのコピー

 ようやく2カット目。こちらの方が紅葉していた。やはり少し下がってこうやって見る方が趣がある。額のない景色はただの林だけ。だったら公園で見ればいい。

8-IMG_0041.jpg
その8

 後ろの方で待っている人があったようだったが、やっと人が居なくなったと思ったら、何これ。荷物をこんな所に置いて自分だけが引っ込んでいる。角の処を入れて私も撮りたかったのに。まあ、言ってもせんないことだけど。

9-IMG_0040.jpg
その9

 額縁と言えば、こちらもなかなか画になる。小さな厨子があるので、ここの真横からは難しいのだが。人通りも多いけど。

10-IMG_0043r.jpg
その10

11-IMG_0052r.jpg
その11

 紅葉と苔の深い緑と、ふたつも楽しむことができた。

12-IMG_0055r.jpg
その12

 どうしようかと思いつつ、やはりこの人も。

   私も撮って頂いて嬉しいですよ

 そんな声も聞こえてきた。

13-IMG_0058.jpg
その13

14-IMG_0056r.jpg
その14

 逆光に透かして見る格子は何回見てもいいものだ。シルエットになった善哉童子に見送られて、高山寺をあとにした。

 こちらはまだ早かったが、神護寺も西明寺もとても綺麗に紅葉しており、思い切って出かけてみてよかった。

15-IMG_0082.jpg
その15

 今日のおまけはこれ。やはり、というか当然というか、やっぱり手に入れてきた地物の柚子。いつも買っているお宅になくて、今回は違うところで。収穫したばかりで葉っぱがとても綺麗だった。おまけだと言って小さなまだ青いものをふたつ、お風呂にでも使ってといただいた。しかしこれは市販の柚ポンに絞って入れてしまった。黄色い柚は今年もマーマレードにする。朝のヨーグルトに入れるのが楽しみ。
【2012/11/15 22:32】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @東福寺塔頭光明院
1-IMG_6817.jpg
その1

 少し早いのは覚悟で、偵察にでてきた。撮影は11月14日。この石段の処はいつも真っ赤になるのが嬉しい。今回は紅葉には少し早いので、色んな額縁庭園を中心に。

2-IMG_6756.jpg
その2

 玄関には数人分の靴が見える。この時期まだ少し早いのでゆっくりできそうだ。座敷に上がると新しい畳の臭いがする。張り替えたのだろうか。このあと行った本堂の畳の縁も新しかった。

3-IMG_6758.jpg
その3

 まずこちら。光明院さんの一番の見所かも。早くから紅葉するもみじだが、本当にこの木だけだった。

4-IMG_6761.jpg
その4

 雪見障子のガラスに写る波心の庭は、昨夜の雷雨でまだしっとりと露が残っていた。

5-IMG_6767.jpg
その5

6-IMG_6769.jpg
その6

 う~ん、もう少し引いてもよかった・・・ ではこの波心の庭にでてみる。

7-IMG_6770.jpg
その7

8-IMG_6772.jpg
その8

9-IMG_6782.jpg
その9

 紅葉はこれだけだったが、深い苔緑の中でどちらもが際だった。

10-IMG_6783.jpg
その10

 天気予報通り、曇りから晴れ間が覗きだした。

11-IMG_6802.jpg
その11

 影がいい感じだったので急いで茶亭蘿月(らげつ)庵まで登った。見下ろす波心の庭は川の流れを見下ろしているようにも見える。

12-IMG_6792.jpg
その12

13-IMG_6796.jpg
その13

 先のお客さまが直ぐに帰ってしまったので、全くの独り占め。心行くまでゆっくりとお薄をいただいた。シーズンになると、お茶席も混み合ってゆっくりできない。おはぎと上用饅頭、お薄と京番茶からそれぞれ選択できる。私はいつも上用饅頭をいただく。行きつけの菓子司音羽屋さんのお菓子だから。

14-IMG_6789.jpg
その14

 冬型の気圧配置になっているので、陰ったり陽射しがでたりと忙しいお天気。縁側にいると暖かくて気持ちがいい。苔の緑を眺めているのも気持ちがいい。時にはこんな額縁もあってもいいかと。

15-IMG_6790.jpg
その15

16-IMG_6814.jpg
その16

 少し陽射しがでるだけで、表情が豊かになる。

17-IMG_6791.jpg
その17

 障子に当たる陽射しがとても柔らかくて、小春日和のようだった。

18-IMG_6800.jpg
その18

 いつまでも眺めたくなる、そんな波心の庭だった。

19-IMG_6816.jpg
その19

 帰り際、玄関先にあった小菊に気が付かなかった。この大きな壺もいい雰囲気を出していた。

20-IMG_6883.jpg
その20

21-IMG_6882.jpg
その21

 今日のおまけはこれ。退耕庵の入り口とお地蔵さま。もっと赤くなるまで待てなかった・・・(--;)
【2012/11/15 00:06】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
不断桜 @御所
IMG_6167.jpg
その1

 今年も不断桜の季節が巡ってきた。

IMG_6170.jpg
その2

 植樹されてまだ2年もしくは3年くらいだろうか。2mにも満たない小さな木には、はかなげに淡い桜がいくつも花を咲かせていた。

IMG_6171r.jpg
その3

IMG_6179_20121114151614.jpg
その4

IMG_6181.jpg
その5

 近くには蝋梅の木もあるが、なぜか枝がすっかり枯れてしまっているものがある。そこへ通りかかった年配のおじさんが教えてくれた。折角咲いた蝋梅の花を、枝ごと折って盗っている人があるそうだ。自分自身、松ぼっくりは拾っていくこともあるが、さすがに枝を折ってだなんてそんなことは考えたこともない。

 ひどいことをする人もいるものだ。来年の蕾が葉っぱの付け根に、もう既にできあがっている。この桜とともに、どうか盗らないで欲しいと願うばかり。
【2012/11/14 20:12】 御所 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都紅葉紀行 @槙尾山西明寺その2
1-IMG_6070.jpg
その1

 昨日の続きを。お茶をしている間に陽が射してきた。柔らかい、暖かい陽射しだ。途端にもみじが燃えだしてきたのを見て、行動開始。

   お茶をごちそうさまでした・・・m(_ _)m

2-IMG_6060.jpg
その2

 少し影になっていた通路も明るい。

4-IMG_6076.jpg
その3

IMG_6076 - コピーのコピー-4

 本堂越しに。

5-IMG_6077.jpg
その4

 それに釣られてまた中庭へ。

6-IMG_6090.jpg
その5

IMG_6090 - コピー-6のコピー

7-IMG_6094.jpg
その6

 まばゆいばかりの額縁絵画。

8-IMG_6078.jpg
その7

9-IMG_6086.jpg
その8

 真っ赤に染まる中に山茶花が咲いていた。

10-IMG_6096.jpg
その9

 後ろ姿を申し訳ないけど・・・ 柄がもみじだったのでつい・・・

11-IMG_6097.jpg
その10

 本堂と客殿の渡り廊下の下には、ごく小さな池。陽が昇るにつれ、オレンジ色が映り込む。

12-IMG_6098.jpg
その11

13-IMG_6099.jpg
その12

 この時刻を待っていたのだ。もう少し高い位置から見下ろせば、もっと素敵なのに・・・ さあ、外に出よう。

14-IMG_6102.jpg
その13

 青空が覗き始めている。神護寺でもこの陽射しが欲しかったと、とても残念。あれはあれでなかなかよかったので、まあいいかと諦めて。

15-IMG_6120.jpg
その14

16-IMG_6121.jpg
その15

 来たとき、こんなに赤いのがあったかなぁと初めて気がつくほどの赤いもみじ。

17-IMG_6105.jpg
その16

18-IMG_6107.jpg
その17

19-IMG_6124.jpg
その18

 同じ処ばかりちょっと恐縮するが、陽が当たるとなお見応えのある鐘楼になった。

20-IMG_6129.jpg
その19

IMG_6129 - コピー-20のコピー

 やっぱり捨てがたいともう一度振り返って、西明寺をあとにした。

 この続きはまた今度。あと1回、お付き合いを。
【2012/11/14 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
御所パトロール 九条邸でアオさんを見る
1-IMG_6235.jpg
その1

 いつもの定位置にアオさんがいた。マーさんたちもたくさん来ていた。

2-IMG_6238.jpg
その2

3-IMG_6253.jpg
その3

4-IMG_6275.jpg
その4

 カモにパンをやる人が居て、そのおこぼれに預かろうとマーさんを威嚇する。

   あんたなぁ、そんなん食べてたら大きくなれへんよ
   ちゃんとお魚食べなあかんわ

   わ、判った・・・(--;)

5-IMG_6304.jpg
その5

 この池に魚っていたかなぁ・・・?

6-IMG_6308.jpg
その6

7-IMG_6335.jpg
その7

 じっとしていても暖かくてアオさんも喉が渇いたようで、しきりにお水を飲んでいたのだった。
【2012/11/13 20:42】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @槙尾山西明寺その1
1-IMG_6000.jpg
その1

 先日の続きを。

 神護寺を出ると、いつものように清滝川沿いに西明寺へ。そこへ渡る朱色の欄干の指月橋が見えて来た。

2-IMG_6002.jpg
その2

 清流に覆い被さるようにせり出した紅葉も鮮やか。ほどよい湿気が色合いを深めるのだろう。

3-IMG_6003.jpg
その3

 思ったほど混み合ってはいない様子。多いときは橋の上にも人影がある。さあ、行こうか。

4-IMG_6008.jpg
その4

 参道の途中の石塔を見下ろして。

5-IMG_6010.jpg
その5

IMG_6010 - コピー-5のコピー


 表門が見えて来た。これは素晴らしい色づき。これだけでも向こうに見える紅葉にわくわく。この時ひとりの男性が門を出てこられて、そちらにカメラを向けている私に気が付いて姿を引っ込めて下さった。

6-IMG_6011.jpg
その6

 ではお言葉に甘えて大急ぎで。門をくぐって、その男性に丁寧にお礼を言う。これだけでお互いに気持ちよく撮れるから。

7-IMG_6016.jpg
その7

 表門の鬼瓦も、赤く染まったもみじにいつも厳つい顔がちょっと緩んでいるように見える。

8-IMG_6017.jpg
その8

 黄色、赤ともにとても鮮やかな色になっていて、嬉しくなる。確かにここは南向きで陽当たりがよいからだろう。

9-IMG_6021.jpg
その9

IMG_6021 - コピー-9のコピー

 本堂もオレンジのもみじに彩られている。

10-IMG_6023.jpg
その10

11-IMG_6024.jpg
その11

 その左に目をやれば、これも見事な彩りの鐘楼。毎年この鐘楼は色づきのよいもみじに囲まれる。 

12-IMG_6025.jpg
その12

13-IMG_6029.jpg
その13

 客殿前も黄色いもみじに囲まれて、まるで隠されているようだ。さて、本堂へ上がって、お参りをしたら中のお庭を拝見しよう。ここの苔は見事だから。

14-IMG_6033.jpg
その14

 ちょっと変形の額縁風に。

15-IMG_6037.jpg
その15

 これはこれは。今年も見られて本当に嬉しい。

16-IMG_6048.jpg
その16

 それまでポケットの中で大人しくしていたぴよたちが、見せてと出て来た。

   ちょっとあんたたち。はしゃぐのはええけど落ちんといてや。よう拾わんよ(--;)

 見とれてはいたが落ちずにすんだ。

17-IMG_0017r.jpg
その17

18-IMG_0018r.jpg
その18

 額縁をいろんな方向から見てみる。

19-IMG_6049.jpg
その19

 少し薄日が差すようになってきて、苔の表情も生き生きとしてきた。

20-IMG_6055.jpg
その20

 それではここらでちょっと小休憩。もう少し陽射しが出てくるのを待つことに。こちらのお薄は大服茶。余所さまの1.5倍の量はあると思われる。それがまた嬉しかったりして。

 この続きはまた今度。思いがけずあまりにも綺麗で、たっぷりと時間を過ごしてしまった。
【2012/11/13 13:48】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @京都会館
IMG_0005_20121112223420.jpg
その1

 今年3月に閉館した京都会館。解体工事が始まっているようだった。シートが掛けられ、クレーンが見えた。疎水の側にあり、太い蔦が壁を這い、歴史を感じる建物だった。撮影は11月10日。レナウンフェアのついでにコンデジで。

IMG_0021_20121112223420.jpg
その2

IMG_0022_20121112223420.jpg
その3

 春には桜が舞、秋には真っ赤に桜や蔦が染まる。大好きな風景だ。

IMG_0042_20121112223421.jpg
その4

 二条通側。ケヤキが染まる。

IMG_0053_20121112223421.jpg
その5

 陽射しが射してきた疎水。この左手がみやこめっせ。

IMG_0031.jpg
その6

 みやこめっせ前のもみじはいつも真っ赤になる。

IMG_0035_20121112223430.jpg
その7

 紅葉の中の浮舟と匂の宮。

 今日は死ぬほど眠たいので、思いっきり手抜きで・・・ では、お休みなさい。zzz・・・

 
紅葉情報。
御所は色づき始め。桜とケヤキが染まってきています。銀杏はまだまだ。
川端通り沿いの丸太町から出町柳まで銀杏と桜は見事です。
昨年中央分離帯にケヤキが植えられたので、三つ巴です。通勤が楽しみなくらいに綺麗です。
梨木神社も色づき始め程度。

川端通り沿いはいずれまたレポートします。
【2012/11/13 00:00】 2012年紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»