FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

光明院
1-IMG_5224のコピー
その1

 よかった、今年もアザミの季節に来ることができた。案外この花もすぐに傷んでしまう。

2-IMG_5226のコピー
その2

 最初の花が咲ききったところのようだった。

3-IMG_5233のコピー
その3

 出迎えてくれたのは足元の金魚、もとい、ヒメダカちゃん。うちのヒメダカちゃんは金魚と呼んでいるので、つい余所さまのメダカちゃんもそう呼んでしまう。

4-IMG_5284のコピー
その4

 そして玄関にもアザミが・・・

5-IMG_5246のコピー
その5

 衝立の向こうに見えるツツジの葉っぱ。先日来たときには、ツツジには早かったのだ。

6-IMG_5248のコピー
その6

7-IMG_5250のコピー
その7

 まずはお部屋の真ん中に座って額縁にはめられたお庭を観賞。

9-IMG_5252のコピー
その8

8-IMG_5249のコピー
その9

 何度見てもいい景色だ。苔ともみじの緑が心を落ち着かせてくれるのだろう。

10-IMG_5255のコピー
その10

11-IMG_5258のコピー
その11

12-IMG_5261のコピー
その12

13-IMG_5256のコピー
その13

 外を眺め、室内から眺める。

14-IMG_5270のコピー
その14

 早咲きのサツキ?ツツジの残り?

15-IMG_5277のコピー
その15

16-IMG_5279のコピー
その16

17-IMG_5280のコピー
その17

 入ってきた時にすれ違いに帰って行かれたので、自分ひとりで満喫していたところへ、なにやら玄関先で男性の大きな声。ご住職に訪れたことを告げる声にも聞こえる。それにしても大きな声だ。

 やがて縁側に立っていた私の横で、タクシーの運転手がいきなり恐ろしい勢いで障子を閉め始めた。そして部屋にかかっていた掛け軸などの説明が始まった。

   ひえ~・・・!な、何なん?

 何も言わずにいきなり何をしたいのだろう。せめて先客に声くらいかけるものだろう?気分を害したので、もうしばらく居たかったが出ることにした。玄関で振り返って見ると、老女と年配の女性、もうひとり人影が見える。大声で説明をする運転手、再び障子を開けたり閉めたり。自分の家のように我が物顔だ。話を聞くお客も大きな声でいちいち納得している。いったいこいつらは何だ?

 普段静かな光明院、確かに最近は観光タクシーで乗り付ける人が多い。運転手も「通」を気取りたいのだろう。こんな運転手とトラブルになったという話も耳にする。きっとこのような場合なのだろう。呆れてものも言えない。ご住職にクレームでも言ってやろうかと思ったほどだ。こんな案内の観光はやめて欲しいと思う。

19-IMG_5219のコピー
その19

 折角の気分が台無しになった。もう一度アザミを見て気分を直そう。きっと紅葉の季節まで行かないような気がする。

P5220085.jpg

P5220086.jpg

 今日のおまけはこれ。先日、仕事の帰りに隣に留まっていた自転車を退けようとしてどこか違和感を感じて、よく見れば後ろブレーキが付けられてなかった。ピストとまではいかないでも、片方だけのブレーキでも違法自転車だ。前輪のブレーキで急ブレーキをかけたら、きっと漫画だな、これは。
【2012/06/03 00:00】 神社仏閣 | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
今日のおやつ
P6020126のコピー

 ぼくぴよちゃんです。ぴよたまちゃんも一緒です。あーちゃんが久し振りにマフィンを焼いてくれました。とても嬉しいです。本当に嬉しいです。それも一手間かけた、カボチャのマフィンです。
 プレーンの生地にフリーズドライのカボチャフレークひとつかみと、ダイスカットの冷凍カボチャを解凍して入れただけのものですが、それでも充分です。ヘルシーにと言って、バターは使わずにキャノーラ油を使ったので、カボチャの甘い香りとお味がします。とっても軽く焼けました。飾りにカボチャの種でも乗っていればもっと嬉しいですが、そんな贅沢は言いません。

 皆さんも如何ですか。美味しかったですよ。また焼いて下さい。お願いします。
【2012/06/02 21:54】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | Page top↑
京都新緑紀行 @東福寺方丈
1-IMG_5168のコピー
その1

 再びやって来た東福寺。目的はサツキ。しつこくサツキを付け狙う。撮影は5月23日。

2-IMG_5170のコピー
その2

3-IMG_5172のコピー
その3

4-IMG_5174のコピー
その4

 境内では見頃。ふむふむ、これならとほくそ笑んだ。

5-IMG_5177のコピー
その5

6-IMG_5178のコピー
その6

7-IMG_5180のコピー
その7

8-IMG_5181のコピー
その8

9-IMG_5183のコピー
その9

 ここでこれだけ見たら結構満足してしまった。目的地はこれからだというのに。さあ、方丈へ。

10-IMG_5184のコピー
その10

11-IMG_5187のコピー
その11

 確かにここでいい感じのサツキを撮ったためしはないように思いだした。それでもこの茶色の苔がかなり悲しくてならない・・・

12-IMG_5189のコピー
その12

 仕方なく通天橋を眺めていると、風に乗って何やら視界を横切るものがある。なんだろう?

13-IMG_5192のコピー
その13

 犯人はこれ。蜘蛛だった。空抜けでそれも風で動き、撮りにくいことと言ったら。何枚も撮り直してしまった。たったこれだけのために労力をかけるなんて、自分らしいと思う。ふむ。

14-IMG_5196のコピー
その14

 さて、お気に入りの市松模様。

15-IMG_5197のコピー
その15

16-IMG_5199のコピー
その16

 こちらも殆ど花は見られず。いや、もう諦めた。

17-IMG_5201のコピー
その17

 屋根の影がちょうど半分半分になっている。そこで・・・

17-IMG_5201r.jpg
その17-1

17-IMG_5201rr.jpg
その17-2

 パウダーシュガーをかけてみたのだが、どちらのお抹茶ケーキが美味しいだろうか・・・

18-IMG_5203のコピー
その18

19-IMG_5205のコピー
その19

 通り抜ける涼しい風を感じて・・・

20-IMG_5207のコピー
その20

21-IMG_5208のコピー
その21

 白砂に小宇宙を感じて、静かな時間を過ごしてきた。

22-IMG_5210のコピー
その22

 誰かさんの横顔を想像して・・・ この続きはまた今度。
【2012/06/02 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
キショウブ @鴨川
5-IMG_2791のコピー
その1

 鴨川のキショウブ。

6-IMG_2793のコピー
その2

 一見水辺に風情のある風景に見えるが、実はこれ、外来種が野生化したもの。本来黄色い花を付けるショウブは日本にはなかった。たくましく野生化したものには、他にもクローバーやセイタカアワダチソウなどある。これらは在来種を駆逐する勢いで増えるので要注意。

7-IMG_2795のコピー
その3

8-IMG_2808のコピー
その4

 そう言えばキショウブが咲いているところはごく限られていたが、最近では広がってきている。中州の土砂を除去するくらいなら、こう言ったことにも関心を示して欲しいものだ。これだからお役所仕事だと言われるのだ。

9-IMG_2841のコピー
その5

4-IMG_2827のコピー
その6

 こんなところにも環境の変化が見られるのかと思うと、外来種の動植物を簡単に持ち込むことの恐ろしさを考えなければいけない。琵琶湖のブラックバスやブルーギル、水辺のキショウブ、カナダ藻等々・・・ あるいは豪雨などで逃げ出した真鯉や錦鯉がどれだけいると思う?それはそれは凄いから。ある意味、カルさんや留鳥となったマガモもその中の一部のようにも思える。
【2012/06/01 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
«前のページ | ホーム |