日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

浄瑠璃寺でメジロを見る
1-IMG_7855.jpg
その1

 お天気は曇りのはずだったが、思いの外晴れてきた日、浄瑠璃寺へ。撮影は3月20日。記事にはしていないが、昨年はこの時期馬酔木を求めて2回も訪れている。

2-IMG_7860.jpg
その2

コピー ~ IMG_7860-2

3-IMG_7876.jpg
その3

 望遠を持って行けばよかったと、今更嘆いても遅すぎる。若干トリミング済み。悲しいかな、現像はこれしか済んでいなくて・・・ 機会があればもう少し。
【2012/03/31 10:30】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都桜紀行 @出町長徳寺その2 再び雨の日に・・・
1-IMG_8809.jpg
その1

 昨日の続きを。雨の中、メジロを見つけたことに気をよくして、再び翌日出かけた。今度は望遠を付けて。しかし朝から雨が降ったり止んだり。少し止んできたので、今のうちに。

2-IMG_8812.jpg
その2

3-IMG_8816.jpg
その3

4-IMG_8824.jpg
その4

 しかし途中でまた雨模様に・・・

5-IMG_8826.jpg
その5

6-IMG_8970.jpg
その6

コピー ~ _MG_8970-6

 そんなときだった。ほろほろと鳴きながらやって来たメジロ。

7-IMG_8837.jpg
その7

コピー ~ _MG_8837-7

8-IMG_8873.jpg
その8

コピー ~ _MG_8873-8

 かれらも雨の中を出てくるのは厭だろうが、濡れながら空を見上げる私も結構辛いのだ・・・

10-IMG_8918.jpg
その10

 小降りになり、次から次へと姿を現してきた。本当にメジロのなる木状態・・・

11-IMG_8954.jpg
その11

 近くに今年新たに植えられたこんな若木にまで。

12-IMG_8940.jpg
その12

13-IMG_8984.jpg
その13

 再び強く降り出した雨に、しばらく地蔵堂で雨宿りをせざるを得なかった。
【2012/03/31 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都桜紀行 @祇園白川
1-IMG_0008.jpg
その1

 白川の枝垂れ桜が咲き始めた。撮影は3月30日。

2-IMG_0610.jpg
その2

3-IMG_0615.jpg
その3

 来週初めにはもっと見頃になるだろう。

4-IMG_0581.jpg
その4

コピー ~ IMG_0581-4

5-IMG_0573.jpg
その5

 こちらは白川南通りの辛夷。近所の方だろうか、昨日はまだ小さな蕾だったのに、と。咲いていない染井吉野の細かな枝も邪魔になって、ちょっと撮りにくい。

6-IMG_9988.jpg
その6

 今日のおまけはこれ。偽物の舞妓。悪いがあんまり似合っていなかった。体験なのだから別にいいのだが。
【2012/03/30 22:05】 2012桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都桜紀行 @出町長徳寺その1雨の日に・・・
1-IMG_8733.jpg
その1

 やっとこちらの順番が回ってきた。蕾が膨らみ始めるときからずっと観察してきたのだ。そう言いながら撮影は3月23日、雨の日に。

2-IMG_8689の
その2

 やっと三分咲き程度か。蕾が濃いピンクなので、この程度でもあたりは桜色に染まる。

3-IMG_8712.jpg
その3

4-IMG_8709.jpg
その4

5-IMG_8691.jpg
その5

6-IMG_8702.jpg
その6

コピー ~ IMG_8702-8

 咲き始めるといつでも人だかりになるのだが、雨のせいなのか誰もいない。撮り放題だったが、やっぱり雨降りはどうも・・・そんなときに慰めてくれるような歌声が聞こえてきた。

7-IMG_8893r.jpg
その7

コピー ~ IMG_8893r-7

8-IMG_8924.jpg
その8

 雨の中、空腹に絶えかねてやって来たメジロ。中望しか付いていなかったので、若干トリミング。雨は冷たかったが、気持ちは明るくなった。

 この続きはまた今度。こちらは数日通ったので。ま、ぼちぼちと・・・
【2012/03/30 00:00】 2012桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(14) | Page top↑
京都桜紀行 @東寺河津桜その2

その1

コピー ~ IMG_7277-1

 先日の続きを。結局、咲き具合も見ずに庭園に入る。きっと間違いなく咲いているはずだから。思った通り、金堂の前には桜色の茂みがこんもり・・・

IMG_7267-2.jpg
その2

 金堂の前は人だかり。ならば少し空いてくるまでこちらから。

IMG_7274-3.jpg
その3

 とは言え、なかなか・・・ その下には先程大日堂のところで見かけた男性が居る。どこかで見たような・・・ 水野先生にも見えないこともないが、自信がない。かなり長時間粘っておられた。私は諦めて冒頭のカットを数枚だけ撮って退散。

IMG_7262-4.jpg
その4

 桜前景ばかりでは面白くないので、梅バージョン。

IMG_7355-5.jpg
その5

 ところが気が付くと先程の男性が同じように撮っていた。いつのまに?気が付かなかった。

IMG_7340-6.jpg
その6

IMG_7360-7.jpg
その7

 やがて午後も遅くなり、天気予報通りにどんどん曇って来た。空が暗く撮影には厳しくなってしまった。

IMG_7310-8.jpg
その8

IMG_7314-9.jpg
その9

IMG_7323-10.jpg
その10

 空はすっかり暗くなってしまったが、ふわふわ八重に咲く紅白の梅花は、とてもよい香りがしていた。
【2012/03/29 00:00】 2012桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
東寺でマーさんを見る
IMG_7335_20120328110611.jpg

IMG_7336.jpg

 仲好しこよしの男の子たち・・・ いったいどんな関係だろう。次に後日見たときは、一羽が女の子ふたりを連れていた。ひとり、敗退したわけだ。
【2012/03/28 11:08】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
第11回京都さくらパレード @市役所前広場その3
1-IMG_9487.jpg
その1

 先日の続きを。さて、次の学校、確か高校だったはず。プログラムを貰う暇もなく見ていたので、どこの学校か全くの不明。紹介できなくて申し訳ない。

 こちらのMCをする彼女もファゴットを抱えている。これはまたまた嬉しい。楽器を見ているだけでもうきうきするが、演奏するところを見るのはもっと嬉しい。

2-IMG_9488.jpg
その2

 空の椅子、やっぱり邪魔だ。折角みんなかっこよく整列しているのに・・・

3-IMG_9491.jpg
その3

 おっと、これはこれは・・・ 本格的なドラムメジャーだ。紳士だな、この姿は。

4-IMG_9496.jpg
その4

 演奏が始まってすぐ。彼女のかっこよさはどうだろう!この椅子がなければと、ますます悔やまれる。それがなければ絶対に素晴らしいポートレイトになるのに。いや、私の立ち位置が悪かったのか?いや、本当にかっこいい。

 これはバスクラリネットでいいのかな?間違っていたら申し訳ない。

5-IMG_9501.jpg
その5

6-IMG_9502.jpg
その6

7-IMG_9508.jpg
その7

8-IMG_9513.jpg
その8

 メンバーの数もさることながら、演奏とパフォーマンスのうまさも抜群だった。

9-IMG_9517.jpg
その9

 次に登場したのは中学生の元気な少女たち。

10-IMG_9518.jpg
その10

11-IMG_9522.jpg
その11

 吹奏楽部とダンス部の合同公演と言った風に見える。AKBの演奏とダンスは、会場全体を一体化するような楽しい雰囲気を作った。

12-IMG_9523.jpg
その12

 かいらしいペンギンたちが登場したときは、本当に可哀想だった。いきなりの横殴りの風と雨・・・ それもみぞれが混じっているような冷たい雨だった。

   頑張れ~!

 どこからか声援が飛んだ。

13-IMG_9529.jpg
その13

14-IMG_9521.jpg
その14

 風雨の中、負けじと素晴らしい演奏とダンス。悪天候をとうとう吹き飛ばしてしまった。さすが若さの威力は凄い・・・

15-IMG_9530.jpg
その15

 曲目が変わる頃、ようやくお天気が回復。

16-IMG_9542.jpg
その16

17-IMG_9548.jpg
その17

 そのはつらつとしたMCの彼女の声が、会場いっぱいに響く。会場の観客に起立を促し、みんなで

   Y・M・C・A!

 市役所の玄関で次の登場を待っている橘の女の子たちもノリノリ。終わった子たちもノリノリ。MCのうまい彼女に脱帽だった。

18-IMG_9554.jpg
その18

19-IMG_9560.jpg
その19

 これまで数多くの賞を取っている橘中学・高校の吹奏楽部。彼女らがラストを飾って演奏は終了した。このあとパレードがあったのだが、ごく一部だけとって、雨に打たれて凍えたのでここで撤退となった・・・

 来年はもっとうまくやろう。


 
 承諾もとらずに掲載してしまっているので、不都合なときにはお申し出下さい。なお、関係者の方でもしも画像が欲しいと仰る方には、サインなしのデータ画像を差し上げます。こちらもお申し出下さい。メールフォームからお願いします。
【2012/03/28 08:51】 イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都桜紀行 @東寺河津桜その1
1-IMG_7058のコピー
その1

コピー ~ IMG_7058-1のコピー


 早咲きの桜と言えば河津桜。淀まで行ってきたいがちょっと時間がとれず、まずは近場で東寺へ。撮影は3月19日。このあと曇りになるという予報で早めにと思ったのだが、結局途中で曇ってしまった・・・

2-IMG_7070のコピー
その2

3-IMG_7074のコピー
その3

4-IMG_7078のコピー
その4

コピー ~ IMG_7078-4のコピー

 いつもこの木だけが早い。まだ若い気なので丈も低く、目線で見られるのがいい。

5-IMG_7084のコピー
その5

 翌日にお彼岸の中日を控えて、法要の準備の真っ最中。

6-IMG_7089のコピー
その6

7-IMG_7090のコピー
その7

8-IMG_7093のコピー
その8

 陽射しの当たる桜は、見ているだけで桜酔いになりそうだ。

9-IMG_7108のコピー
その9

 ハト・・・ それを追いかけて携帯をかざす若い女性。ちょっと年配のおじさんが後ろ手に手を組んでゆっくり歩いて来た。

   ええもんやねぇ・・・

   はい、ほんまに(^^)

   ここはメジロがよう来るんや、見たか?

   いいえ、私もそれを狙ってきたんですが、まだ見ませんね

 などと話をして別れた直後だった。頭上で誰かが鳴きだした・・・

10-IMG_7115r.jpg
その10

 噂をすればなんとやら・・・ それもつがいのようで、二羽もいた。

11-IMG_7121r.jpg
その11

12-IMG_7144.jpg
その12

コピー ~ IMG_7144-12

 メジロは動きも速く、長くポーズをとってくれることは滅多にないのだが、こちらのメジロは動きがまったりとしてる・・・?

13-IMG_7163.jpg
その13

 レンズを望遠に付け替えたとき、30代くらいのご夫婦がやって来た。ご主人はカメラをぶら下げ、かいらしい男の子もカンガルー抱っこしている。

   そこにメジロが来ていますよ、ついさっき出て来ました

 そう声をかけると奥さん、

   あ、ほんまや、あそこ!

14-IMG_7182.jpg
その14

 標準レンズを中望に付け替えた彼は、抱っこしたまま撮り始めた。子どもは大人しい賢い子で、ぐずりもせずに抱っこされたままだ。

15-IMG_7191.jpg
その15

   ねえさん、何を見てるんや

   い、いいや、なんもしてへんよ・・・

 
16-IMG_7209.jpg
その16

 ひと通り撮ったあと、彼が言った。

   中にはもう入られましたか?もう咲いていますかねぇ・・・

   いいえ、これからなんです。外から覗いて、咲いていたら入ろうかと思って・・・(笑)

   あそこは外から見えますからね。咲いていなかったら悲しいし

 そう言ってお互いに笑う。

 この続きはまた今度。 
【2012/03/27 00:00】 2012桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
星並び 夜空の天体ショー @西の天空
IMG_9982-1.jpg

コピー ~ IMG_9982-1のコピー

 20時頃、西の天空で上に金星、下に木星を従えて三日月が西の空に並んだ。雲が多く、冷たい北西の風に流されてくる雲に隠されながら。
【2012/03/26 22:30】 天空 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
第11回京都さくらパレード @市役所前広場その2
1-IMG_9395r.jpg
その1

 昨日の続きを。用事を済ませてから行ったので、よい場所も取れず、退席される人と交代に前の方へでたが、それでもこれといったものも撮れず。来年はもうちょっとうまくやろう。入ったのが12時半過ぎなので、かなり聞き逃してしまっている。

2-IMG_9405.jpg
その2

 お天気が悪く、冷たい風が吹く。可哀想に、少し寒そうだった。

3-IMG_9409.jpg
その3

 先生、かっこいい・・・ 男性指揮者は力強く、女性指揮者はやはり柔らかい動きだ。

4-IMG_9414.jpg
その4

5-IMG_9419.jpg
その5

6-IMG_9420.jpg
その6

 チューバが空砲を鳴らしたような・・・ 

7-IMG_9425.jpg
その7

 中学生の女子生徒、赤いドラムを叩く姿がまたかっこいい。

8-IMG_9430.jpg
その8

 誰も座らない関係者の椅子。座らないのなら退けて欲しかった・・・

9-IMG_9433.jpg
その9

10-IMG_9438.jpg
その10

11-IMG_9441r.jpg
その11

 衣裳もポーズも決まっている。

12-IMG_9442.jpg
その12

 テナーサックス?を抱えた彼女、ソロを吹くのだろうか。小林香織のようでかっこいい。

13-IMG_9447.jpg
その13

 これだけ並ぶと壮観な眺め。

14-IMG_9453.jpg
その14

 凄い!ファゴットだ。自前?学校の?高価な楽器だ。ドリル演奏で見られるなんて、これは嬉しい。そしてこの勇ましさはどうだ。

15-IMG_9454.jpg
その15

 この巨大なサックスはバリトンサクソフォンかな?小柄な身体で大きな金管楽器を吹く姿がめちゃくちゃかっこいい。

16-IMG_9460.jpg
その16

17-IMG_9464.jpg
その17

18-IMG_9468.jpg
その18

 凛々しい女の子たちが並ぶ姿は、ほれぼれ・・・

19-IMG_9471.jpg
その19

 ティンプトンドラム・トリオ(で、よかったかな)を叩く男子生徒の目が真剣・・・

20-IMG_9482.jpg
その20

 後半になってやっとまともに見えるようになった。冷たい風の吹く中、お疲れさま。この続きはまた今度。



 承諾もとらずに掲載してしまっているので、不都合なときにはお申し出下さい。なお、関係者の方でもしも画像が欲しいと仰る方には、サインなしの画像を差し上げます。こちらもお申し出下さい。メールフォームからお願いします。

 また、マニアの方には差し上げませんので、ご了承下さい。
【2012/03/26 21:25】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都桜紀行 @御池創生館
1-IMG_9372.jpg
その1

コピー ~ IMG_9372-1

 この時期、まだ咲いているとは思わなかった不断桜。こちらでは御池桜と呼ぶ。

2-IMG_9375.jpg
その2

3-IMG_9380.jpg
その3

4-IMG_9382.jpg
その4

 河原町御池に向かって歩いている途中にて。
【2012/03/26 00:00】 2012桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
第11回京都さくらパレード @市役所前広場その1
IMG_9426のコピー

 どこの学校だったか聞きそびれてしまった。先日から大荒れの京都。時折激しく時雨れる中で行われた。私もカメラもびしょ濡れ・・・ 今回の分は簡単にこれだけ。

【2012/03/25 22:15】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都梅花紀行 @御所黒木の紅梅
1-IMG_8311のコピー
その1

2-IMG_8300のコピー
その2

コピー ~ IMG_8300-2のコピー

 リベンジの黒木の紅梅。撮影は3月21日。ようやく青空に恵まれた。

3-IMG_8306のコピー
その3

4-IMG_8315のコピー
その4

5-IMG_8308のコピー
その5

6-IMG_8326rのコピー
その6

7-IMG_8329のコピー
その7

8-IMG_8332のコピー
その8

 梅花もそろそろ終盤。京都梅花紀行も残すところわずかとなった。
【2012/03/25 00:00】 御所 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
アーモンド @東福寺
IMG_7016.jpg
その1

 昭和28年頃植樹されたというアーモンドの花。すっかり老木になったが、今年もなんとか花の時期に間に合った。少し盛りは過ぎているが、充分だろう。撮影は3月19日。

IMG_7022.jpg
その2

IMG_7039.jpg
その3

IMG_7041.jpg
その4

IMG_7046.jpg
その5

IMG_7049.jpg
その6

 昔はここの砂場で遊ぶ子どもの姿もあったのだが、閉鎖されて久しい。
【2012/03/24 22:10】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都梅花紀行 @松尾梅宮大社その3最終日
1-IMG_5901のコピー
その1

コピー ~ IMG_5901-1

 昨日の続きを。気が付けば陽射しが戻り、空は真っ青・・・ 先程の小雪はいったいなんだったのだろう・・・? 拍子抜けした。同時に少々腹が立つ。全くもう・・・

2-IMG_5905のコピー
その2

 だってこんなに空が青いのだから、腹も立つというもの。まあ、いい。あとはこちらの自慢の椿を巡ろうか。

3-IMG_5857のコピー
その3

4-IMG_5865のコピー
その4

5-IMG_5868のコピー
その5

 木が大きいのと柵があって近くに寄れないのとで、これといったものがないが・・・

7-IMG_5908のコピー
その6

6-IMG_5886のコピー
その7

 これなら近くで。竹筒から水が流れていたらもっとよかった。

8-IMG_5945のコピー
その8

9-IMG_5948のコピー
その9

10-IMG_5943のコピー
その10

11-IMG_5951のコピー
その11

 ピンクより朱色の椿が好きなのだが、この木はまた特別にお気に入り。中心が少し濃くなっているのが綺麗だと思う。南側に植わっているので、陽が当たって透けるのも好き。

12-IMG_5897のコピー
その12

 椿もいいが、やはり最後は梅花で締めるとしよう。帰りしな、こちらで収穫された梅の梅干しを買う。おにぎりに入れようか。
【2012/03/24 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都桜紀行 @鴨川公園から出町柳長徳寺
1-IMG_8356.jpg
その1

 早咲きの桜が咲き始めた。待ち焦がれた桜。これの前にもう1ヶ所撮っているのだが、ちょっと準備が整っておらず、こちらから。撮影は3月21日午後。

 こちらの豆桜は早春に先駆けて咲き出す。目立つところにあるので、多くの人が知っていることだろう。蕾の色が濃くなり始めたと思っていると、あっという間に咲き出した。

2-IMG_8358.jpg
その2

3-IMG_8361.jpg
その3

コピー ~ IMG_8361

4-IMG_8363.jpg
その4

 今日はもっと咲いていたが、また今度行ってみよう。なにしろ今日は時折突風の吹く強い雨が降っている。

5-IMG_8365.jpg
その5

6-IMG_8379.jpg
その6

 変わって出町柳、長徳寺のオカメザクラ。まだ咲き始めだった。それでも少し撮っていると、中から出て来たひとりのおばちゃん、杖を突いてかなりの高齢の方とお見受けした。その方が中にも綺麗な桜があるから、撮ってきなさいと言う。ただ、断ってから入りなさいよと。なんという嬉しいことを。するとなおも言う。一緒に入ってあげるとのこと。

 お寺の奥さんに断り現在屋根の葺き替え工事中の境内へと入った。もちろん初めてだ。こちらは檀家寺で、一般は入ることはできない。

7-IMG_8380.jpg
その7

 名前の通り、実桜だという。どこかで聞いた名前、どこかで見たことあるのだが、忘れてしまった。

8-IMG_8382.jpg
その8

コピー ~ IMG_8382-8

 いいお天気に誘われて、ニホンミツバチの忙しそうなこと。

9-IMG_8384.jpg
その9

 門の外からこの木は見えるため、心ないマナーの悪い人は黙って入ってくるそうだ。観光寺ではないのだから、恥ずかしい真似はしないで欲しいものだ。そんな人はカメラを持つ資格などない。

10-IMG_8385.jpg
その10

11-IMG_8386.jpg
その11

12-IMG_8396.jpg
その12

コピー ~ IMG_8396-12

 親切なおばちゃんのおかげで珍しい桜を撮ることが出来たと、何度もお礼を言って別れた。

 この続きはまた今度。桜紀行はこれから始まります。
【2012/03/23 16:28】 2012桜紀行 | トラックバック(1) | コメント(14) | Page top↑
京都梅花紀行 @松尾梅宮大社その2
1-IMG_5934のコピー
その1

 昨日の続きを。 ようやく神苑入り口まで来た。

2-IMG_5817のコピー
その2

 そこそこ晴れているのだが、季節風が吹いて寒い。バスの中が暖かだったので、余計に寒く感じるのかも知れなかった。市内を横切るバス、30分以上も揺られていたのだ。

3-IMG_5811のコピー
その3

コピー ~ IMG_5811-3のコピー

4-IMG_5821のコピー
その4

5-IMG_5825のコピー
その5

 入っていきなり色とりどりの花に出会って、思わずにこにこ。さすがは梅宮、種類も豊富だ。

6-IMG_5826のコピー
その6

7-IMG_5828のコピー
その7

 池の中央にかかる渡り廊下から。

8-IMG_5835のコピー
その8

 藪椿の1輪は風情がある。

9-IMG_5836のコピー
その9

 池の傍に咲く白い椿は結構お気に入りなのだが、傷んでいるものが多く、なんとかこれだけ・・・ とても大きな花で、1輪だけでもとても存在感がある。

10-IMG_5840のコピー
その10
 
 ちょっと雲行きが怪しくなってきた。空が暗い。

11-IMG_5844のコピー
その11

 西の端まで来ているので、天候の変わりやすい空も仕方がない。時折小雪が舞う。寒いはずだ。

12-IMG_5845のコピー
その12

13-IMG_5867のコピー
その13

14-IMG_5966のコピー
その14

 小雪を無視していると、そのうち小雪は止んでしまった。やれやれ・・・ 朝も少し雪が残っていたのだが、まさか小雪がちらつくとは思いもよらなかった。

15-IMG_5869のコピー
その15

16-IMG_5815のコピー
その16

 かといって、山吹が咲き始めていることには驚いた。ちょっと早すぎないか・・・?

 この続きはまた今度。あと1回、お付き合いを。
【2012/03/23 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都梅花紀行 @松尾梅宮大社その1
1-IMG_5801のコピー
その1

 梅と言えば梅宮大社。撮影は3月13日。時折小雪が舞う寒い午後。

2-IMG_5996のコピー
その2

3-IMG_6000のコピー
その3

コピー ~ IMG_6000-3のコピー

 大鳥居の前に駐車場があるのだが、そこの白梅が満開で、思わずここで足が止まってしまった。こちらへ来ると、必ずここで停まってしまうのだ。朱色の鳥居と白梅があまりにも似合いすぎる。

4-IMG_6004のコピー
その4

5-IMG_6030のコピー
その5

 ならば境内に入る前にまわりから見てみよう。ちょうど楼門前の紅梅が見頃だ。

6-IMG_6020のコピー
その6

7-IMG_6023のコピー
その7

 こちらは神苑内に咲くピンクの花。塀の高さ以上にそびえるため、そこからもしっかり見ることができる。この様子だと、神苑の梅花も見頃のようだ。

8-IMG_6027のコピー
その8

 神苑内の紅梅と、塀の外に咲く白梅のコラボ。

9-IMG_6014のコピー
その9

 こちらのお庭は椿も有名。これも神苑内の椿が外まで垂れている。さあ、門をくぐって入ろう。

10-IMG_5808のコピー
その10

 入ってすぐに迎えてくれたのは白い毛並みのペルシャ、だろうか。

11-IMG_5987のコピー
その11

12-IMG_5989のコピー
その12

 手水舎の向こうには巨大な椿。酒樽の並んでいるのもこちらの目印。そう、安産の神さまであると同時に日本最古の酒造の神さまでもある。近くには同じく松尾大社というのもある。

13-IMG_5803のコピー
その13

14-IMG_5913のコピー
その14

 足元には寒咲きアヤメ。この花を初めて知ったのはこちらだった。で、この食いちぎられた花はどうしたことだろう。誰がいったい・・・ まさか猫ニャンが草代わりに・・・?まさかね。でも誰が食べるのだろう。

15-IMG_5915のコピー
その15

 アヤメの咲く頭上にはたわわに実った橘。これほどの大きさと実の多い木はあまり見かけない。御所の貧相な橘とは大違い。平安神宮も実は少ないように思われる。手入れとか土地の肥沃さもあるのだろう。御所も平安神宮も見栄えをよくしなければいけないし。
 しかし、このたくさんの実を何かに使えないのだろうか。平安神宮では確かお酒に漬けていたように思うが、記憶間違いだったか。

16-IMG_5921のコピー
その16

コピー ~ IMG_5921-16のコピー

 ところで、さっきから頭上がうるさい・・・ 毎年の事ながら、こちらの茂みには毎年のようにアオさんがマイホームを構える。この日もがぁがぁとうるさいことこの上なし・・・ 

17-IMG_5926のコピー
その17

コピー ~ IMG_5926-17のコピー

 閉口しているところへ救いを差し伸べたのがヒヨちゃん。ちょっと丸顔でかいらしい子だった。

 それにしてもいつになったら神苑に入るのだ?この続きはまた今度。今度こそ神苑へ。
【2012/03/22 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都梅花紀行 @下鴨神社尾形光琳の紅梅
1-IMG_6044.jpg
その1

コピー ~ IMG_6044-1

 突然の雪の覆われた光琳の紅梅。こちらは晴れた日に。撮影は3月14日。

2-IMG_6049.jpg
その2

 この日は先客にNHKの取材班の人たちの姿があった。邪魔をしないように。

3-IMG_6057.jpgその3

4-IMG_6058.jpg
その4

5-IMG_6071.jpg
その5

6-IMG_6079.jpg
その6

 濃いピンクの紅梅には、眩しいほどの陽射しがよく似合う。

7-IMG_6086.jpg
その7

コピー ~ IMG_6086-7

8-IMG_6087.jpg
その8

 どこから見ても見飽きることがない見事な紅梅。いつまでもずっと眺めていたい光景だった。

9-IMG_6128.jpg
その9

 この時、二組の挙式が行われていた。快晴の元、紅梅もお祝いをしてくれているようだった。

10-IMG_6037.jpg
その10

11 -IMG_6041
その11

 今日のおまけはこれ。楼門前の馬酔木。今年は花の付きが悪い。相生社横の馬酔木は殆ど花が付いていなかった。
【2012/03/21 22:08】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都梅花紀行 @北野天満宮最終日
13-IMG_5071のコピー
その1

 昨日の続きを。

 ここのロケーションが好きなのだが、どこをどう撮ったらいいのか、いつも悩むことになる。

14-IMG_5072のコピー
その2

 定番の鳥居と合わせて。

15-IMG_5101のコピー
その3

 こちらは梅の季節になると、週末と市の立つときにお店を出す長五郎餅さんの支店。こしあんを柔らかいお餅で包んだ、ありふれたお餅だが、ついこちらで休憩がてらいただいてしまう茶店。

16-IMG_5130のコピー
その4

17-IMG_5136のコピー
その5

18-IMG_5139のコピー
その7

 ああぁ・・・ 狛犬の下に・・・ 気が付かなかった。

19-IMG_5128のコピー
その8

 そこへわんこを連れたにいさん。境内はペットを連れて入ることができないので、バッグに入れられて御主人さまと一緒に来たようだ。それにしてもちょっと悲しそうな顔をしているような。

20-IMG_5129のコピー
その9

 いや、そうではないようだ。一生懸命にカメラ目線をさせようと躍起になっているのに、ちっとも向いてくれないのだ。そりゃあそうだ。カメラで撮られると魂までも捕られてしまう・・・?
 このふたり、とても楽しそうだった。

23-IMG_5134のコピー
その10

 それならばとこちらも記念写真を撮っていると、後方から、

   かわいいっ・・・

 さすがぴよちゃんとぴよたまちゃん。すっとカメラ目線ができた。知らない若い男女のふたりにちゃんとモデルになれたようだ。

21-P3100313のコピー
その11

 そして少々小腹が空いたのでベビーカステラを買ってしまった。北野天満宮の楽しみと言うことで。

22-IMG_5171のコピー
その12

 大鳥居の下では、春を告げるサンシュユの黄色い花が満開だった。そして、側には昨年の赤い実がまだ残っていた。
【2012/03/21 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都梅花紀行 @清水産寧坂もしくは三年坂
1-IMG_6585のコピー
その1

 清水寺を真っ直ぐ降りて産寧坂へ。

2-IMG_6586のコピー
その2

3-IMG_6587のコピー
その3

コピー ~ IMG_6587-3のコピー

4-IMG_6588のコピー
その4

5-IMG_6590のコピー
その5

6-IMG_6591のコピー
その6

 ちょっと通りすがりに・・・

7-IMG_6578.jpg
その7

8-IMG_6579.jpg
その8

 今日のおまけはこれ。陶器店の看板猫。 
【2012/03/20 22:19】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都梅花紀行 @北野天満宮その2
1-IMG_5024のコピー
その1

 昨日の続きを。

2-IMG_5030のコピー
その2

コピー ~ IMG_5030-2のコピー

 紅梅の中でもこちらの紅梅が結構好きだったりする。なかなか咲いてくれない個体で、やっと巡り会えた。

3-IMG_5035のコピー
その3

4-IMG_5037のコピー
その4

5-IMG_5042のコピー
その5

 白梅には朱色の社殿がよく似合う。

6-IMG_5048のコピー
その6

7-IMG_5050のコピー
その7

8-IMG_5054のコピー
その8

9-IMG_5055のコピー
その9

 満開ではないが、八分咲きくらいの方がまだこれからも堪能できると思う楽しみがあっていいものだ。

10-IMG_5062のコピー
その10

 白梅に、あるいは金色の釣り灯籠を合わせたり。

11-IMG_5065のコピー
その11

 本殿の白梅バージョン。

12-IMG_5068のコピー
その12

 紅梅バージョン。ひとつに絞れなかったので。

 この続きはまた今度。あと1回、お付き合いを。本日はちょっと出かける用事があるので、お返事が遅くなります。
【2012/03/20 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都梅花紀行 @御所黒木の紅梅
1-IMG_6996のコピー
その1

 朝から濃霧に覆われた朝、黒木の紅梅の様子を見に出かけた。撮影は3月18日。家を出ると小雨が降っていた・・・(泣

2-IMG_6956のコピー
その2

コピー ~ IMG_6956-2のコピー

 もっと咲いているかと思ったのだが、やっと咲き始め。なのに、たった1本だけなのに、何枚撮っただろう?

3-IMG_6958のコピー
その3

4-IMG_6962のコピー
その4

5-IMG_7000のコピー
その5

 雨の日にはこれくらいの咲き加減もいいように思う。やせ我慢って?そ、それは・・・その・・・

 あ、少し明るくなったような・・・

6-IMG_6970のコピー
その6

7-IMG_6976のコピー
その7

8-IMG_7004のコピー
その8

 濃霧は御所の中まで広く覆っていた。やがて強く降ってきた雨に慌てて雨宿りをすることになった。

10-IMG_7008rのコピー
その9

 その雨の中、コスプレ撮影をしている若者がいた。この衣裳は何だろう?戦国無双かと思ったが、よく判らない。
【2012/03/19 21:43】 御所 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
馬酔木 @京都御所
1-IMG_6939のコピー
その1

2-IMG_6943のコピー
その2

3-IMG_6944のコピー
その3

4-IMG_6950のコピー
その4

コピー ~ IMG_6950-4のコピー


 小雨の降る朝に。

5-IMG_6991.jpg
その5

 九条邸の池。

6-IMG_7001のコピー
その6

 今日のおまけは、宗像神社にお参りに来たキジぽっぽ。
【2012/03/19 05:25】 御所 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
京都梅花紀行 @北野天満宮その1
1-IMG_4947のコピー
その1

 遅れていた梅花もあちらこちらでようやく見頃を迎えた。撮影は3月10日。何回シリーズにするか、そうだな、3回で。次に行けるのがいつになるか予定が立たなかったので、ちょっとたくさん撮ってきた。御土居の梅苑がまだ行けていない。

2-IMG_4936のコピー
その2

 三光門前には紅梅。金箔に華を添える。

3-IMG_4942のコピー
その3

 その三光門から参道方面を見下ろすと、梅苑入り口付近の紅白の梅花が見える。並べてみるのが毎年の楽しみ。と、私の横の狭い場所を無理矢理通ろうとするおばちゃん。

   なにするねんな、この人は・・・(^^;

 人が居るのをものともせず、無理矢理入って来てコンデジで1枚撮っていった。そう言うときはちょっと声をかけるものだと思うけど。最近のおじさんおばさんは挨拶ができない人が多い。子どもにそう言ってきたはずだと思うのに、手が離れたら忘れるらしい。そしてその子どもが大きくなった時には、子どもにそうやって躾けることを忘れている。

 嘆いても仕方ないか・・・ 圧されて落ちそうになったわけでもないので、勘弁してやろう。可哀想な人だと思って。

4-IMG_4954のコピー
その4 

5-IMG_4964のコピー
その5

 宝物殿前はいつも早くから開花する。それに釣られて奥に行き、がっくり来ることも多いけど。椿と一緒に植えてあるのが私のお気に入り。最近ちょっと綺麗にされすぎて、土肌が露わになりすぎて画にならなくなってしまった。

6-IMG_4966のコピー
その6

7-IMG_4969のコピー
その7

8-IMG_4973のコピー
その8

 でもやっぱりやっと見事に咲き出してきたので嬉しい。

9-IMG_4979のコピー
その9

 ピンクの枝垂れ梅は遅咲き。

10-IMG_4993のコピー
その10

コピー ~ IMG_4993-10のコピー

11-IMG_5003のコピー
その11

12-IMG_5009のコピー
その12

13-IMG_5014のコピー
その13

 三光門の周囲はかなり咲き出していた。ピンク色の梅はとても上品で、それでいて華やかさを見せてくれる。

 多くの観光客でごった返していたのだが、その中に甲高い騒がしい声は中国人。いろんなとこを背景に記念写真を撮っていたのだが・・・

15-IMG_5021.jpg
その14

   ひぇ~・・・

 何という罰当たりなことを。そこは神さまのおうちやで、座ったらあかんよと言いたかったのだが、悲しいかな中国語を知らない。知らない文化とは言え、他所の国の神さまの建物には普通座ることはしないと思うが、そこは恥とか他所の文化を受け容れようとしない彼らのお国柄。ま、知らん顔を決めておこう。知らん顔が一番いけないとは思うけど。

14-IMG_5017のコピー
その14

 ともかく、この続きはまた今度。
【2012/03/19 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
今日のおやつ
P3140373のコピー
その1

 ぼくぴよちゃんです。ぴよたまちゃんも一緒です。先日、あーちゃんにくっついて下鴨神社まで行きました。その帰り道、いつもの道とは違う方へ行くので、あーちゃんもとうとう物忘れが・・・

   バシッ!

 ひぃ、ごめんなさい、ごめんなさい。ち、違う道も行ってみたいのかと思っていたら、なんと、ケーキ屋さんに入っていったのです。下鴨神社の西側にあるLAMARTINEという小さなお店です。お友だちに教えて貰ったと言うことでした。
 お店の中にはカエルさんが楽しそうに音楽会の真っ最中でした。

IMG_6150のコピー
その2

IMG_6152のコピー
その3

 大きなお目々がとてもかいらしいカエルさんです。

P3140376のコピー
その4

 ショーウインドーの中には、色とりどりのマカロンやエクレア、タルト、いっぱい並んでいます。あーちゃんはマカロンが好きじゃないので、しばらく考えて選んだのが・・・

P3140379のコピー
その5

 お友だちお勧めのエクレアは帰る途中に潰れてしまいそうなので、シュークリームとオレンジケーキです。シュークリームのカスタードクリームはしっとりと柔らかい甘さで、オレンジの香りがとってもいいケーキは上品なお味でした。

 またこんなケーキ屋さんに連れていって欲しいなあと思いました。
【2012/03/18 19:59】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
椿 @清水寺
1-IMG_6454.jpg
その1

 午後から用事が山積みの日、晴れ間が出ているうちに清水寺へ。撮影は3月16日。以前の記事が溜まっているのだが、ちょっと準備ができず、これだけ。

2-IMG_6507.jpg
その2

3-IMG_6509.jpg
その3

 遠くに三重の塔を臨む。

4-IMG_6547.jpg
その4

コピー ~ IMG_6547-4

 園芸種の椿。多分。「瑞兆」かと思われるがよく判らず。

5-IMG_6549.jpg
その5

6-IMG_6562.jpg
その6

7-IMG_6565.jpg
その7

 暖かくなったこの日、ニホンミツバチも忙しい。


追記;
清水寺仁王門前の梅 3月16日時点
  白梅は満開 紅梅は蕾膨らむ
【2012/03/17 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
京都雪景色紀行 @下鴨神社 光琳の紅梅その2
1-IMG_5701のコピー
その1

IMG_5701コピー ~ -1のコピー

 先日の続きを。ちょっと忙しくて準備が整わず、すっかり間延びしてしまった。紅梅はこれ1本なので似たような構図が続くが、どうかご勘弁を。

2-IMG_5704のコピー
その2

 細殿には巨大絵馬が飾ってあるので、ちょっと位置をずらせながら。額縁仕様はどこでも画になる。

3-IMG_5706のコピー
その3

 白い屋根を背景にして。

4-IMG_5709のコピー
その4

 気が付けば陽が昇ってきて、屋根の雪が溶け始めてきた。これは急がねば。

5-IMG_5712のコピー
その5

6-IMG_5754のコピー
その6

7-IMG_5758のコピー
その7

コピー ~ IMG_5758-7のコピー

 山吹が咲けば画になるところも、この時はちょっとない方がいいなあとまた無茶な贅沢を思いながら。

8-IMG_5759のコピー
その8

9-IMG_5763のコピー
その9

 やがて雪の紅梅にも陽が当たり始めた。しかしそろそろ行かなければ遅刻しそうな時刻。陽の射した紅梅の誘惑には勝てず、もう少し粘ろう。

10-IMG_5765のコピー
その10

11-IMG_5782のコピー
その11

12-IMG_5785のコピー
その12

13-IMG_5787のコピー
その13

14-IMG_5794のコピー
その14

15-IMG_5797のコピー
その15

 せめてあと30分、いや、15分でいいから時間が欲しかったが、諦めて撤退を決めた。それでも雪紅梅をしっかりと堪能して大満足。仕事のモチベーションも上がるというものだ。

16-IMG_5800のコピー
その16

 楼門を駆け抜け、ふと思い出した。馬酔木と雪の楼門も滅多に撮れはしない。また戻って撮っていると、出て来たおじさんふたりが見えた。

   やあ、おはよう!

   おはようございます(^^)/

 って、知らないおじさんたちだった。さて、この日も始業滑り込み。名残雪の魅力は大きかった。
【2012/03/16 10:25】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
セグロセキレイ
IMG_5747.jpg
その1

IMG_5748.jpg
その2

 早朝の下鴨神社にて。

16-IMG_5771.jpg
その3

 御手洗川に朝日が当たり始めると、川霧が立ち始めた。
【2012/03/16 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都府警察音楽隊 ふれあいコンサート @カナート洛北
P3140905のコピー

 今年度カナート洛北最後のふれコン。今回は曲と曲の間にクイズを挟むという趣向で行われた。その様子はまた今度。今回演奏された中で、目を引いたのが昨年の震災のために演奏されている曲「A Song For Japan」 トロンボーンの曲だが、ブラスアレンジもとてもよかった。

 雄大なイメージの曲で、ソロで演奏されると音の響きが心の奥まで滲みいってきた。波がゆっくり打っては返し、返しては打つといったイメージが湧き、波は時として真っ黒な津波となって襲ってくるが、本当は優しいゆりかごと同じだと語っているような、そんな曲だった。




 少し長いが、静かに聞いて欲しいと思う。
【2012/03/15 05:12】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»