日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 in 銀閣寺
IMG_7790銀3小
向月台と観音堂

IMG_7790 - コピー銀3大

 2010年の最終、大つごもりは大雪になった。早朝、6時前に起きたときは星さえ見えたのに・・・ まあよいわ、今度雪が降ったらまず一番に行こうと思っていたのが東山慈照寺、銀閣寺だ。
 この春長きに渡って激しく傷んだ観音堂の改修工事が終了し、やっと綺麗な姿に戻った。この改修工事が始まることになった4年近く前の2月24日(日)、この朝は銀閣寺道で積雪10cm近くにまで雪が積もり、観光トイレの水道さえ凍り付いた朝だった。喜び勇んで出かけた銀閣寺、観音堂は工事のシートを被っていた・・・

 それからだ、この辺まで雪が積もることがあれば絶対に行こうと心に決めたのは。そのリベンジが叶う日がやって来た。やっと陽が昇り、微かに陽射しがもれる夜明け過ぎ、まだ比叡山はくっきりと見えていたが、7時半過ぎ、何やら急に吹雪いてきた。こうなれば大急ぎで出発。

IMG_7719マガモ雌
疎水のマガモ奥さん

 さすがに哲学の道も人通りは少ない。門の前に到着したのは開門30分前。ふたりの先客。しかしあっという間に並び初めて来た。嫌な予感。どうせまた入ったところで固まって、人を入れずに観音堂が撮れないかも知れない。

IMG_7728銀1

IMG_7738銀2

 案の定、なかなか人の姿が切れない。先ほど一緒に舞っていたおじさんとうろうろしながら切れるのを待っているうちに、いきなり吹雪いてきた。視界は悪いし、激しく雪が舞うのでピンが合わない・・・

IMG_7759向月台
向月台

 待つ間に撮った向月台。水に映り込む姿は、月に照れされた姿を想像させる。ようやくまずまずの1枚を撮った後、展望台に登る。

IMG_7824庭
銀沙壇

 辺り一面、当たり前だが雪景色一色。少し暗いが見事な景色だ。

IMG_7846山茶花
山茶花

IMG_7866椿
白椿

 激しく吹雪いたり小振りになったり、その中、庭師の人たちが大勢作業をしている。この雪の中。ここは毎日のようにこうして手入れをしているので、とても整備されたお庭を満喫することができる。大きな梯子を持った庭師の人とすれ違ったのだが、自分たちのことしか年頭にないうるさい中国人のグループ、彼らのひとりが通路を遮って通れない。私は少し下がって重い梯子を抱えた男性を通す。本当に頭が下がる作業だ。

IMG_7876華頂窓
華頂窓

 雪は激しさを増している。これは1日降りそうだ。さて、次へ行くとするか。

IMG_7723すずめ
すずめ

 門前のシュークリーム屋さん、お店の前では小さなすずめが寒そうに、しかしたくましく動き回っていた。

 この続きはまた今度。数日は雪景色紀行が続くと思われる。飽きたら飽きたとお申し出下さって結構です。 
【2010/12/31 22:46】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
年末のご挨拶
IMG_4708うさぎみくじ
岡崎神社 うさぎみくじ

 旧年中は大変お世話になりました。ここまで続けて来られたのは、皆さまの応援や励ましがあってこそです。どうもありがとうございました。また、来年も徒然草子をぴよちゃん共々よろしくお願いします。

 年末年始全国的に荒れ模様となりそうです。皆さま、どうかご自愛頂きよいお年をお迎え下さいませ。

 なお、徒然草子は年中無休、不定休ととなっております。
【2010/12/31 01:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(18) | Page top↑
鴨川パトロール ユリカモメ、オナガガモを見る
IMG_5917オナガガモ1
オナガガモその1

 新しいカテゴリーを作ってみた。鴨川河川敷を中心にしたいろんなことを、ひとつのカテゴリーとしてみた。その第1回目。って、これまで散々鴨川関係の記事を打ち込んでおいて。

 堰の流れに立ちすくんで、何やらこそこそ話すペア。雄にじっと見られてなにやら恥ずかしそうにする雌。

IMG_5918オナガガモ2
その2

 そのまま堰を下って降りていく。

IMG_5954rオナガガモ3
その3

 え?と思う間もなく、あ、あ、あ・・・ ユリカモメが近づいて見物し始めた。

IMG_5955rオナガガモ4
その4

IMG_5964rオナガガモ5
その5

IMG_5971rオナガガモ6
その6

 オナガガモの交尾が終わるまで、周囲をぐるぐる回るユリカモメ。物珍しげに見物する人間の行動にも見えて、苦笑してしまった。

IMG_5976オナガガモ7
その7

 そして三羽三様、何事もなかったようにす~っと離れていった。

IMG_6009.jpg

 今日のおまけはこれ。河川敷に降りる階段下に捨てられていた釣り竿のセット。こういうのを見ると、非常にむかつく。
【2010/12/31 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
徒然道草 今日は古い友人に逢う その2
IMG_7276多度神社
多度大社その1
 
 昨日の続きを。友人と合流して向かったのは桑名市。木曽川に沿って南下し、桑名に入った。目的は多度山の山頂公園。とても見晴らしがよいのだという。岐阜県人の言うことだからほんまかなあと思いながら、彼女の運転に任せるしかない。カーナビに従ってその近くまで来たが、山頂に登る道がわからない。とにかくそれじゃあ多度大社まで行ってみれば判るのではと言う意見が一致し、大きな鳥居を目指して農道のような道を戻り始めた。
 その時だ、窓の外に張り出した木の枝にジョウビタキの綺麗なオレンジ色の姿を見たのは。ほんの目の前、視線と同じだったが、カメラを出す暇もなく車が進んでしまった。ああ、残念・・・ しかしここはしっかり山の中。きっと他の子にも出合えるはずだと確信した。

IMG_7272多度神社
多度神社その2

 多度大社は五世紀の後半、雄略天皇の御代に御社殿が建てらたとされた由緒ある神宮で、伊勢の神宮に対し北伊勢大神宮とも言われ、北伊勢地方の総氏神として崇められているそうな。白い神馬も遣えている。階段の左側が上げ馬神事の行われる場所だと思われる。歴史が好きな彼女、同じように身体を乗り出す。

   届かんし、これで撮って

 と、コンデジを渡された。撮ったアングルを確認して、

   撮って欲しいアングルだわ・・・

 ふむ、当たり前だ。

IMG_7277カフェ・レストラン
花遊舎(http://nikkang.net)

 この道をもう少し行ったところ辺りのようだが、時間的にそろそろお昼。見ればちょうど古民家風のカフェレストランがある。お昼はここにしよう。
 天井が高い。昔はなんの建物だったのだろう。黒光りする太い梁がむき出しだ。壁に沿ってキャットウォークみたいな細い廊下がある。それが外から見えた張り出し窓のようだった。

IMG_7280ランチ
ランチ

 和食とパスタのランチ、他には単品もあったが、ひとめでこの和食に決まる。これで1000円。外食は味が濃くて苦手なことが多いのだが、ここの味付けは本当にごく淡味で美味しい。スイーツなんかも食べてみたかったが、これだけ食べたらお腹が満足してしまった。この先もまだ車に乗るし、これでごちそうさまとする。機会があったらまたここで、今度はお茶がしてみたいものだ。

 さてさて、袋小路に当たりながらようやく登り口を見つけ、ゆっくりと上がり始めた。本来、トレッキングなど、歩いて登る方がいいらしい。何人も歩いている人の姿を見た。こちらは時間の都合で歩く暇はなく、車で失礼した。乗用車が1台ようやく通れる細い山道。ヘアピンカーブはざら。FFの車ならともかく、彼女の乗っているのは4WD。小回りがきかず切り返すこともしばしば。その甲斐あってやっと山頂に到着。

IMG_7287遠景
遠景

コピー ~ IMG_7287遠景大

   うわぁ・・・

 思わず呻った。風景もさることながら、面白い形の雲が浮かんでいる。盆地に住むものにとって、この景色は本当に感動だった。

IMG_7288ツインビル
ツインビル

   あれが名古屋駅のツインビルなんだわ

 名古屋弁なまりの彼女の説明。あんなところに見えるのか。本当に名古屋市内がすぐそこに広がっているのがよくわかる。ほうっとため息ばかり出た。

IMG_7291川


   で、あれが三角州。揖斐川(いびがわ)と木曽川が合流するところ

 手前が揖斐川で、向こう側が木曽川だ。こうしてみると本当にだだっ広い平野。豪雨になれば確かに氾濫しそうだ。御嶽山などが後ろに控える平野は、そうした氾濫で堆積した土砂でできた三角州の平野だから。この反対側には四日市だろうか、工場か何かの高い煙突が見える。

 ふと、松の木の方から小さなさえずりが聞こえてきた。空もどんよりとしているし、こちらからは逆光。しかしその反対側ではもっと見上げることになるので仕方なしにこちらからそうっと近づく。

IMG_7301rヤマガラ
ヤマガラその1(トリミングあり)

IMG_7304rヤマガラ
ヤマガラその2(トリミングあり)

 ヤマガラだ。しきりに松の実をついばんでいる様子。何羽いるだろう。飛び回っている姿が数羽ほど。いや、もう少しいるだろうか。光の加減でとても見えにくいが、小さな影がいくつも見えるが捉えにくい。

IMG_7313ヤマガラ
ヤマガラその3

コピー ~ IMG_7313ヤマガラ大

 なんとか3羽が一緒に撮れたが、やはりわかりにくい。

 全く以ていいところへ連れてきてくれたと感謝。さあ、もう帰らなくては。

 この続きはまた今度。あと、1回お付き合いを。
【2010/12/30 22:09】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
徒然道草 スヌーピー号 京都上空を飛ぶ
PC240261r飛行船

 先日から度々見かけるスヌーピー号。ツェッペリン号の模様替えしただけだと思うのだが。まあ、よいわ。青空の中に見るときに限ってコンデジしか手元にないというシチュエーションはどうだ。

IMG_1060飛行船

IMG_1063飛行船

 強風にあおられてふらふら・・・ 操縦士は生きた心地がしないかも。

IMG_1064お雛さん
四条地下通路のショーウインドー

IMG_1067錦湯
錦湯

 混み合う前に錦市場に出かけてきた。欲しかったのは田中鶏卵のだし巻き。お正月には何がなくても私はこれがないと始まらない。すぐ隣の三木屋さんより、こちらが好きだ。お出しが違う。いつも何十人もの行列ができるが、今年はいつ雪が降るか判らないので早め、昨日行っておいた。

IMG_1072路上ライブ
路上ライブの準備をする青年

 今日のおまけはこれ。帰りのバスから見た光景。冷たい風が吹く三条大橋の上。スタンドを組み立て始めた彼は、この後ライブを行うのだろう。どうか風邪を引かずに頑張って欲しいものだ。未来のミュージシャンにエールを送る。
【2010/12/30 12:42】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
徒然道草 今日は古い友人に逢う その1
IMG_7117N700系
N700系

 学生時代からの付き合いだからかれこれ○○年の付き合いになる。その友人からメール。ちょっと時間ができたからドライブに行こうと。二つ返事で出かけたのが先日のこと。年末も押し詰まって、まあ、何をやらなきゃいけないと言うほどのことでもないが、ちょっと気ぜわしいある日のことだった。

IMG_7093霜柱
霜柱

 バスで京都駅に出るのだが、時刻表を見間違えて10分ほど早く出てしまった。息が真っ白になるほど冷え込んだこの朝、久し振りに霜柱を見た。霜柱はどういうこともないが、この土がざわざわと盛り上がっている感じ、実は非常に気持ちが悪い。生理的嫌悪感というのか、汚れが自分に襲いかかるような、そんな気持ちになる。精神的ななにか病気なのだろう。何々恐怖症とか。そんな感じ。気持ち悪いなら撮らなければいいのにと思いながら、シャッターを切ってしまった。

IMG_7103タワー
京都タワー

IMG_7105雀
すずめ

 駅前のパン屋さん、進々堂。積み上げられたパンケースにはすずめが留まる。パンのいい香りが残っているのだろうか。何羽も停まっては中に入り、また、出てくることを繰り返している。

IMG_7131JR700系とN700系
JR700系とN700系

IMG_7138JR700系
JR700系
 
IMG_7142N700系
N700系

 多少鉄子がかかっているが、車両の種類に自信がない。間違えていればどうかご指摘を。新幹線でどこかへ行くときは、少し早めにホームに上がり車両を撮るのが好きだ。

 さあ、自分が乗る予定のひかりがホームに入ってきた。

IMG_7157700系の車内
700系の車内

 いつも座るのは進行方向に向かって左側。滋賀に出れば比叡山も見える。こちらの景色が好きだったりする。幸い乗客も少なく、思いっきりシャッターを切っても大丈夫そうだ。

IMG_7163湖岸道路に架かる橋
瀬田川に架かる湖岸道路の橋

IMG_7175びわ湖バレイ
びわ湖バレイ

 一番山頂では人工造雪機で作った雪と自然の雪が白く輝く。雪はこれからが本番だ。

IMG_7183神社1

IMG_7194神社2
神社の鳥居

 いつも車窓から見ていて気になって仕方がない神社ふたつ。200㎞あまりで走行中の車窓から狙うのはやっぱり難しいものだ。この神社を過ぎればもう間もなく長浜。

IMG_7198塔


 エレベーターの会社、この塔はエレベーターの実験にでも使うのだろうか。とても高い塔だ。今回もうまく撮れた。

 米原を過ぎ、彦根を過ぎると見えてくる・・・

IMG_7214伊吹山
伊吹山と高架道路

IMG_7221伊吹山小
伊吹山その1

コピー ~ IMG_7221伊吹山大

 伊吹山はすっかり雪を被っている。いつ見ても雄大だ。富士山には負けるが、比良山系とはまたちょっと違った雄大さがある。雪の伊吹山は好きなロケーションのひとつ。

IMG_7239伊吹山

IMG_7244伊吹山

IMG_7263伊吹山

 ここを越えるともう岐阜県、大垣市に入っていく。
 この続きはまた今度。
【2010/12/30 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
柚子マーマレードとクリームチーズマフィン
PC280269ゆずマーマレード
柚子マーマレード2種

 先日作った柚子マーマレードが少しゆるめだったので、今回は失敗なく炊きあげた。近くのスーパーで少し小振りではあるが鬼柚子も見つけたので、今年も鬼柚子のマーマレードも。
 瓶に詰めたとき、少しずつ入り切らずに残ったマーマレードはスコーンに付けることにした。このスコーンは残念ながら自分で焼いたものではなく、ゼスト御池地下のベーカリーのもの。

 普通の柚子はとても香りがいい。鬼柚子は皮の厚みがあるのでその分、ちょっと香りが薄いようだ。作り方は普通の柚子マーマレードと同じ。違うのは種が殆どないので、ペクチン液は作らずに、皮は薄切りで一度ゆでこぼし、中袋は細かく刻んでゆでた皮とお水少々、グラニュー糖で炊きあげる。ちょっとレモンのような香りがある。ザボンとか文旦でも同じようにできる。白い皮は少し削いでもいいし、そのままでもお好みで。

PC280272チーズマフィン
クリームチーズマフィン

 クリスマスで食べたクリームチーズ。一度には食べきれずに冷凍しておいたものがちょうど100g残っていた。そこで作ってみたのがクリームチーズマフィン。

クリームチーズマフィンの作り方(紙ケース10個分)
材料;
ホットケーキミックス   200gの袋ひとつ
卵              2個
砂糖             100g
マーガリン          50g
サラダ油           50g
クリームチーズ       100g
プレーンヨーグルト     大さじ1
牛乳              60ml

作り方;
①マーガリンをレンジで溶かしてサラダ油と混ぜる。コレステロールやカロリーなどが気にならない人はバターで。
②クリームチーズをレンジで温めてよく混ぜて、ヨーグルトも入れてよく混ぜる。
③①に砂糖を3回に分けて入れ、その都度よーく混ぜる。溶き卵も3回に分けて入れ、よーく混ぜる。
④③にクリームチーズを入れててきとーに混ぜる。きっちり混ざらなくてもよい。
⑤④に粉と牛乳を交互に入れ、なめらかになるように混ぜる。
⑥紙ケースに入れ、180度のオーブンで25分ほど焼く。

 もしあればオレンジピールなどの柑橘類のピールを乗せても。チーズと柑橘類はよく合う。レモンや柚子、オレンジの絞り汁を混ぜても美味しい。皮を摺り下ろすとか。今回、甘夏ピールがあったので乗せてみたが、少し押し込みすぎて沈んでしまった・・・
 
【2010/12/29 22:49】 HAND MADE 娯楽部 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
冠雪 in 比叡山
IMG_7536夜明け小
夜明け

コピー ~ IMG_7536夜明け大

 昨日の夜明けも綺麗だった。お天気さえよければ毎日のようにこうして撮り続けている夜明けの空。明けの明星金星も、この時期になるとかなり高い位置に上がってしまって、一緒に撮ることが困難になってきた。右端に小さな白い点、それが金星だ。

 そんな空から昨夜の時雨は雪に変わっていたようだ。

IMG_7694比叡山小
冠雪の比叡山

コピー ~ IMG_7694比叡山大

IMG_7697奥比叡
奥比叡

 青く色被りをしてしまって、綺麗に直せなかったのだが、朝、比叡山はうっすらと雪化粧。年末年始は、雪で終わるか、もしくは今年のように雪で始まるか。どちらでもそれは嬉しいこと。定番ではあるが、あそことあそこには行っておかねば・・・
【2010/12/29 22:15】 比叡山 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
ダイブ in 鴨川
IMG_5882飛び込み1

IMG_5883飛び込み2

IMG_5884飛び込み3

IMG_5885飛び込み4

 沈んだままの写真は、このままあがってこられないのではないかと少々不安にもなるが・・・

 ユリカモメの食事風景。朝はこうやって何回も飛び込んでは魚を捕っている。決して人にもらうパンだけではないのでご安心を。

 年末で気ぜわしく、鴨川ばかりに出かけている。ユリカモメネタばかりで申し訳なく思うのだが・・・

IMG_5982落とし物

 と言うわけで、今日のおまけはこれ。ipod。誰かが落としていったようだ。つい先日には雨が降っていたが、濡れた様子がなかったのでその後に落としたのだろう。拾って近くの交番に届けてきた。気が付いてその交番まで尋ねて来てくれたらいいのだが。
【2010/12/29 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
鴨川をパトロールすれば
IMG_5825rハクセキレイ雌
ハクセキレイ雌

IMG_5825r - コピーハクセキレイ雌大

 いつものように鴨川を散策。ハクセキレイの奥さんが忙しそうに走っている。そうか、師走だからなのか。

IMG_5818rハクセキレイのペア1
ハクセキレイのペア

 このおふたり、どうもこれからお正月の買い出しに行くらしい。

IMG_5811セグロセキレイ
セグロセキレイ

 独り者のセグロセキレイはそれを見て、ちょっと羨ましげだ。

IMG_5862ヒドリガモ2小
ヒドリガモ雄

IMG_5862 - コピーヒドリガモ2大

 ヒドリガモのご主人は何もせず脱出しようと飛び立った。帰ってきてから奥さんにしこたま叱られるだろう。仕方がない。

IMG_5744rホオジロ1
ホオジロ(?)

 目の前をちらっと横切る小さな影。あっという間に飛び上がった。どこに行ったか。

IMG_5781rホオジロ2

IMG_5781r - コピーホオジロ大

 こちらは戦闘前の腹ごしらえらしい。ネズミモチの実だろうか、美味しそうについばみ始めた。ネズミの糞のような色と形で、どこが美味しいのだろうと思うのは好みの違いか。

 え?ネズミの糞を見たことがない?普通見るだろう?見ない?そうか・・・

IMG_5788rホオジロ3

 見通しのよい枝に留まり、ひとつぶ食べては周りを警戒しながらお腹いっぱいに食べて、再び飛んでいった。暗い空で思いっきり手直ししたので、画像もあまり綺麗とは言えないが、その辺はご了承を。

IMG_5716すずめのなる木
すずめのなる木その1

IMG_5723すずめのなる木2
すずめのなる木その2

 すずめはその辺はいたって呑気。寒くなってからは大勢で集まって集団行動。茶色い毛玉があちこちに転がって、ちゅんちゅくちゅんちゅくじゅくじゅくなんとも賑やかだ。低い植木の足元は砂浴びをする共同浴場の穴ぼこだらけになっている。

IMG_5713アオサギ
アオサギ

 最後のチェックヶ所、いつもの場所にいつものアオサギの姿があった。今日もみんな変わりなく、善きかな善きかな。
【2010/12/28 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
鳶のなる木
IMG_5706鳶のなる木2
鳶のなる木その1

IMG_5706 - コピー鳶のなる木2大

 鳶が好んで留まる枝が何ヶ所かある。大抵は辺りがよく見渡せる場所。鳶の年齢まではわからないが、いつも同じところで鳴いている個体がいる。若干まだ幼鳥なのかどうか不明だが、空に向かって

   ぴ~ひょろろ・・・

IMG_5705鳶のなる木1
鳶のなる木その2
 
 この辺りで見かける鳶が人の持っている食べ物を狙っているのは見たことがないが、もう少し下がったところは鳶の数も多く、生存競争が激化しているやも知れない。
【2010/12/27 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
ユリカモメ 人の手からパンを食べる
IMG_5458カモメ1

 別に幽霊の真似をしているのではない。ホバリングの途中。ユリカモメのホバリングは目の前で見られる。

IMG_5463カモメ2

IMG_5479カモメ3

IMG_5492カモメ4

 人に馴れるユリカモメは差し出した手から器用にパンをついばんでいく。初めは知らん顔だったユリカモメたちだったが、パンの魅力に負けた幼鳥が近づき始めると、次から次へと我先に集まってくる。こうなると大人とか子どもだとか、関係ない。

IMG_5500カモメ6

IMG_5497カモメ5
 
 どうだろう、この必死の形相は。
【2010/12/26 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
今日のおやつ
PC120119スノウマン
スノウマンのブリオッシュ

PC120120スノウハウス
デニッシュのスノウハウス

 ぼくぴよちゃんです。ぴよたまちゃんも一緒です。今日はクリスマスですね。ぼくたちには関係ない行事・お祭りですね。でもお菓子は関係します。明日になったらきっとこのブリオッシュもお店からは消えるでしょう。今のうちにです。

 少し甘めのブリオッシュ。まあ、こんなものです。見た目だけのものですね。スノウハウスは中にとろりとしたチョコレートが入っていました。まあ、こんなお味でしょう。

 クリスマスですから。それだけです。

PC210174スノウマンと聖夜
スノウマンと聖夜

PC210175聖夜
聖夜

 変わってこちらはいつもの和菓子屋さん、音羽屋さんのお菓子です。スノウマンは漉し餡の入った上用、練り切りの赤いマフラーがおしゃれです。聖夜は粒あんの入った練り切りです。黄色い星が綺麗です。これらは普通の和菓子ですが、クリスマスバージョンで楽しみなお菓子の一つです。

 ところで、あーちゃんが面白いものを見つけてきました。
 では、あーちゃん、交代して下さい。

PC210171サンタヌキ

 春になると、黄色い保育園の帽子を被ってスモックを着て保育園児になる。そしてこの季節はサンタに化けるらしい。年齢不詳の狸。古狸の年齢なんて判るはずもなく・・・

PC210173寿司屋のケーキ

 ちょっと名の知れたお寿司屋さん。何故かクリスマスのデコレーションケーキの予約ができるらしい。不思議だ・・・

PC210166餅花

 今日のおまけはこれ。餅花。この日に花屋さんから届いたばかりとお店のおばさん。柳の枝に付けられている。子どもの頃は、この季節になると父は山には入り、いい香りのするクロモジの枝を数本切り出してきて、小さくちぎったお餅を枝に付けて餅花を作るのが恒例だった。松の内が明けるとその固くなったお餅はいい香りが移っていて、油でからっと揚げて我々子どものおやつになった。
【2010/12/25 16:27】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
サンタマラソン 番外編 サンタと一緒にわんこも走る
IMG_6484わんこ

 昨日の続きを少し。

 毎回、サンタと一緒にトナカイではなく、わんこが一緒に参加する。

IMG_6488わんこ

 他所のわんこが気になるのか、リードを引っ張りながらわんわん。

IMG_6500わんこ

   こんな所にこんな服着せられて、無理矢理連れてこられたけど・・・ 実は・・・

IMG_6505わんこ

   走るのは苦手なんだ・・・

IMG_6521散歩のわんこ

 オレンジ色の小さな固まり、何かと思ったらこれは靴だった・・・ わんこの・・・

IMG_6560わんこ

 ご主人のおばちゃんを従えて。

IMG_6542rわんこ

IMG_6547わんこ

 走る気まんまんに見えたこのシバ。スタートとともに列の外に走り出ようとして無理矢理引きずられて行った。それも何度も。

IMG_6561わんこ

 看板犬のこの子、参加せずに済んだのを喜んでいるようにも見えて・・・

IMG_6494シャボン玉

 シャボン玉・・・
【2010/12/25 00:00】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
飛び道具 いろいろ
IMG_6408へり1

IMG_6410ヘリ2

 先日から市内上空を旋回しているヘリコプター。ホバリングの位置を考えるとどうも26日(日)に行われる高校駅伝の中継のデモンストレーションのようだ。

IMG_6670r飛行船2

IMG_6666飛行船1

 こちらは先日から京都上空に姿を見せている飛行船。今日は冬型が強まり、西風が冷たかった。その強風にあおれれるようにとどまっている。位置的に京都駅付近に見える。

 なかなか忙しそうだ。
【2010/12/24 21:27】 乗り物 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
サンタマラソン 2010 in 鴨川河川敷
IMG_6473参加者

 恒例となったサンタマラソン。12月23日、天皇誕生日の祭日に行われるほほえましいイベントだ。

IMG_6465シャボン玉発生器

IMG_6503シャボン玉と子どもたち

 大会スタッフによるシャボン玉があちこちで飛んで、雰囲気を盛り上げる。歓声を上げて喜ぶ子どもたち。

IMG_6477スノウマン

IMG_6479女の子

 この子の衣裳はお母さんの手作りなのだろうか、とてもおしゃれ。

IMG_6507体操のお姉さん

 準備体操が始まる。体操のお姉さんがステージに上がった。みんなで怪我のないように行うためには、まずストレッチから。暖かい日になったが、それでも身体の筋肉はほぐしておくべし。

IMG_6525報道陣

 開会式前からたくさんの報道陣が集まっていた。参加者がスタート地点に集まり出す頃には彼らもスタンバイできている。

IMG_6532スタート

   10、9、8・・・

 秒読みのカウントダウン。一斉に走り出した。幼児から年配の人、バギーにわんこまで、たくさんのサンタが走る。

IMG_6552走る集団

 早い人、ゆっくりと自分のペースの人、共通しているのはみんな気持ちの良さそうな笑顔で走っているということ。その間をスタッフが事故がないか見回っていた。

 3度目にしてやっと見に行ってくることのできたサンタマラソン。来年もいいお天気の中、開催されることを願う。

IMG_6599洋凧

 今日のおまけはこれ。親子連れがカイトを飛ばしていたが、いい風に乗れなくて、この後川に不時着した。

 この続きはまた今度。ちょっと、あるのだ。
【2010/12/24 00:00】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
徒然道草 今年の忘年会はかに家で
PC220194毛ガニ1

   わし、いつ食べられてしまうんやろ・・・

 昨日の続きを。

 今年の忘年会はかに家と知らされ、なおかつ前日に時刻が繰り上がったとメールが届き、東山安井のかに家へ。まだみんな来ておらず、待合でしばし待つ。水槽には悲しげな顔?をした蟹と目が合った。

PC220195毛ガニ2

   ねえさん、あんたはわしを食えるか

   う・うん。多分。

   そうか、ならばわしがりっぱに成仏できるように綺麗に食べるんやで、ええか?

   もちろん、綺麗に食べる自信はあるで。子どもの頃から蟹はぎょうさん食べてきたさかいな

PC220198カニ

   頼むで・・・(ちーん・・・)

 などという会話は、お店の人にも聞かれずにかわしてきた。程なくして一部が集まりだして3階の部屋へ通された。

PC220202お膳

 仕事がなかなか終われなかったスタッフも到着して、いよいよ宴会が始まった。喉が渇いているのと、仕事の後でお腹が空いているのとで、あっという間にビール瓶が空になって転がる。今回はひとり酒豪が来ていないが、あとふたりいるのでペースが速い。小さなグラスしか出ていなくて、予備に設置してあった大きなグラスを出してきて、第2ラウンド。

 ボスは最近腎臓病が発覚して、蛋白制限があってズワイガニのお造りが食べられない。酒豪のk女史は生ものが食べられない。それらが回ってくる。ズワイガニのお造りはとろっとして甘くて、ムラサキは要らないほどだ。いや、久し振りのズワイガニのお造りは美味しかった。

   お鍋が早く炊けないかなぁ

 みんなお腹が空いていて待ちきれない。蟹の脚が2本と付け根のところが入っていて、早く火が通るようにあちこちでひっくり返しているのが見える。ようやく火が入って食べ出したが、付け根の部分は食べにくいのでみんな四苦八苦している。そんなときの蟹スプーン。かぎ爪の部分を使って掻き出していく。これ、得意技。
 辺りを見るとお箸でやっているので、

   これを使うんやで

 まあ、それでも小さめだったせいか、やりにくそうだ。私は綺麗に食べて満足。

PC220203タラバの脚
タラバガニの焼蟹

 焼ガ二が出てタラバの天ぷらが出て、ほぐし身の入ったサラダ巻きが出て、赤だしにも小さな脚が1本入っていて、かなり満腹になってきたところでいよいよ本日のメインイベント。今年の異動と新人の出し物。これが習わしになっている。

 今回は動画で撮ったのだが、ちょっとプライバシーと気持ちの悪さからお見せすることはできない。Tくん、彼女から借りてきたAKBの衣裳を着ての奮闘だったが、気持ち悪いの連呼にもめげずに踊ってくれた。
 そして三つのグループに分かれてのゲーム。負けたら罰ゲーム。私のグループは初っぱなに負けたが、引いたカードに書かれていた罰は早口言葉を10回唱えるという簡単なもので済んでほっとする。この後の罰ゲームでは、赤ちゃん言葉で自己紹介をするというものだ。そのグループには才女のS女史が含まれていて、みんなの注目を浴びた。じっとコンデジを構えて動画を撮っていたのだが、笑いを堪えるのが辛くて辛くて・・・ 本当によく笑った罰ゲームだった。

PC230232石けん
賞品
 
 結局、今年も私は1等賞の景品を手にすることになった。the・body・shopの石けんとボディローション。グレープフルーツの香りと言うことで、う~ん、石けんは使うとして、どうも好みではないと思案顔。さて、どうしたものか。

 そんなこんなで、忘年会は爆笑のうちに終わった。

PC220230八坂神社

 バス亭に向かう時に見えた八坂神社、ここは大晦日にはたくさんの人で賑わうと思われるが、今は静かな佇まいだった。
【2010/12/23 14:44】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
甘え方色々 アオサギとユリカモメ
IMG_5223幼鳥

IMG_5225幼鳥
 
 この秋越冬にやって来たユリカモメのグループの中に、まだ育ちきっていないような幼鳥がいる。いつもいる場所は決まっているので、そこに行けば大抵遭遇する。
 どこにいてもピーピー鳴いていて、動作もぎこちなく縮こまっている。親なのか兄弟なのか不明だが、成鳥の傍にくっついているところを見かけることが多い。海を渡り、日本列島を縦断してきたのだから体力はあると思うのだが、その鳴き方がいかにも幼い。これは2週間ほど前のものなので、今頃はもう少したくましくなっていることを願うばかり。

IMG_5334アオサギ

 変わってこちらのアオサギは人慣れした個体だ。ユリカモメにパンを投げて寄せていたら、遠くからばっさばっさと飛んできて、じ~っとこちらをうるうるしながら、哀願するように見つめるのだ。このポイントはこの子がいつもいる場所なのだが、たまたまいないなあと思っていると、そうやって遠くからめざとく見つけてやって来た。
 アオサギはとても数が多いので、どの子がどのこと区別は付きにくいが、少し若いのではないかと思われるこの子。こんなに馴らしていいものだろうかと心配になる。

IMG_5685アオサギ

 かと思えば、アオサギの多いポイントで見た光景。健全なアオサギの行動に、ほっと安堵する瞬間だ。冬場となると大きな魚は少ないようで、どの個体も小さなものしか捕れていないようだ。ここはユリカモメと争うように魚を追っている。

IMG_5420ユリカモメ並び

 今日のおまけはこれ。ユリカモメ並び。綺麗に並んだ瞬間を。
【2010/12/23 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
忘年会
moblog_b3a7652d_20101222231917.jpg

 今年の忘年会はかに家で。タラバはやはりおいしい。

 ケータイ写真はぶれていた。なにせ酔っぱらった後なので、手元が狂う。詳しいレポートはまた明日以降に。


【2010/12/22 20:18】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
ウォータースライダー for カルガモ
IMG_4962鴨1

IMG_4963鴨2

IMG_4964鴨3

IMG_4965鴨4

IMG_4966鴨5

 水遊びをするには少々寒い季節になったが、水鳥には関係ないらしい。

IMG_4970rセグロセキレイ

 おまけはセハクセキレイ。案外ひょうきんな顔をしている。どこにでもいるし、どこにいてもすぐに見つけられる。そしてこの子らもパンくずを投げてもらうのが好きだ。結構寄ってくる。
【2010/12/22 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
十四夜の月 in 東の天空
IMG_6371r十四夜小
十四夜の月

IMG_6371r - コピー十四夜大

 明日は満月で、それにも増して日本で見られる3年ぶりとなる皆既月食だ。しかし西日本は夕方から雨の予想。満月さえも見ることができない。

 仕方がないので十四夜の月を。
【2010/12/21 00:00】 天空 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
飛行船 in 京都上空
IMG_1053r飛行船小
飛行船Metlife Alico

IMG_1053r飛行船大

 夕方、飛行船が飛んでいるのが見えた。出先であり、手元にはしょぼいコンデジしかなかったので、写りも悪くトリミングまでして、いい画像ではないが。
 何だろうと調べてみると、保険会社のアリコジャパン、あそこがアメリカのメットライフという保険会社と提携を結んだ様子。その宣伝だ。それを記念して、メットライフスヌーピー号というのが各地で飛ばされる。京都大阪は1月元旦と二日になる。

 興味のある方は検索をどうぞ。直リンクは張らない。これだけ判れば十分だと思われるので。
【2010/12/20 22:44】 京のニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
呼べば振り向く鳶とすずめ
IMG_5297鳶1

   なあなあ、鳶さん。ちょっとこっち向いてくれへん?

IMG_5298鳶2

   なんや、なんか用か?

IMG_5302すずめ1

   なあなあ、すずめさん。ちょっとこっち向いてくれへん?

IMG_5305すずめ2

   呼ばれたような気がしたけど、気のせいかな

IMG_5312すずめ3

   なあなあ、すずめさん。こっち向いてくれへん?

IMG_5314すずめ4

   なんか呼んだ?

IMG_5365r鳶3

 空に向かって呼びかけたが知らん顔。

IMG_5353ヒドリガモ

 ヒドリガモは、呼ぶことさえさせてくれなかった。さっさとあっち向いて行ってしまった。
【2010/12/20 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
これでいいのかアオサギ
IMG_2719猫

 どこからか現れた野良子。厳しい中で生きているこの子らの目つきは鋭い。しかしプライドはひときわ高く・・・ と思っていたが、実はこの横で虎猫が人に恵んでもらった餌をハシボソカラスに捕られまいと必死になりながら食べている。

IMG_2718猫とカラス

 なにか嫌なものを見てしまった。野良子にこうして餌付けをするのはよくないことだ。

IMG_2733アオサギ

IMG_2735アオサギとおじさん

 陸に上がったアオサギ。よく見かける光景で別に珍しくもない。人を懼れているのか、じっと見ている。ところが・・・ 私は度肝を抜かれた。

IMG_2743アオサギとわんこ

 次の瞬間、ちょっと目を逸らせたその時、アオサギはパンの耳を美味しそうに咥えている。??? このおじさん、サギを餌付けしていたのだ。アオサギはおじさんを覚えていてねだっていたのだ。どういうことだ。この時期、たまには私もユリカモメに小さく切ったパンの耳を投げて遊ぶときもあるが、どうなんだろう。やはりこれは自分も反省が必要なのだろうか。鳶に餌をやって人を襲っていることと、同類なのだろうか。
 
 アオサギがおじさんにねだりに行っている姿がこれだった。

 人を懼れなくなった野鳥はどんな運命をたどるのか。撮影地点は特にアオサギが多く見られる地点だ。

IMG_2855すずめ並び
すずめ並び

IMG_2923rカワセミ
カワセミ

IMG_2776烏の行水
カラスの行水その1

IMG_2783r烏の行水2
カラスの行水その2

 カラスは案外綺麗好きだ。長いこと水浴びをしていた。

IMG_2929親子

 今日のおまけはこれ。世の中のお父さんはたいへんなようで・・・
【2010/12/19 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(14) | Page top↑
ユリカモメ飛ぶ
IMG_2547飛ぶ1小

IMG_2547 - コピー飛ぶ大

 お約束通り、え?誰もしていないって?そう言わずに。

IMG_2549飛ぶ2

IMG_2552飛ぶ3

IMG_2572飛ぶ5

IMG_2582飛ぶ6

IMG_2561飛ぶ4小

IMG_2561 - コピー飛ぶ4大

 そろそろ年賀状もプリントしなければ。事情でお年賀にする予定の画像をなくしてしまった。しかし新たに撮り直したのでそれで我慢することにした。お年賀は2種類作らねばならない。ネット用に1種類。ああでもない、こうでもないと、いつもたいしたものも作っていないのに気合の入るお年賀作り。
【2010/12/18 00:00】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
たわわちゃん in 京阪三条駅
PC170144絵馬
絵馬

 午後、醍醐まで出かけていた。京阪三条駅で、恒例の下鴨神社の巨大絵馬を発見。出されたばかりのようで、メッセージは全くなし。

 帰りに見るといくつかメッセージが書かれている。と、その傍にたわわちゃんを発見。

IMG_6342たわわちゃん1

IMG_6345たわわちゃん2

 思わず絵馬の前で撮らせてと注文してしまった。

   ああ、いい日だったなぁ(*^_^*)
【2010/12/17 22:21】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
徒然バスツアー 三保の松原から天城越え 最終回
IMG_3417カワウとアオサギ
カワウとアオサギ

 昨日の続きを。

 天城峠を後にして、車中ではみんながお弁当を突く。イベントで手に入れてきたみかんの香りも漂ってくる。バスはそんな賑やかな我々を乗せて、下田街道を北上。途中から天城北道路に入り、やがてそのまま修善寺ICから修善寺道路からR414そして伊豆中央道に入る。そのままR136を進むと、次のお立ち寄りわさびの専門店がある。バスはそこの広い駐車場へと入って停車する。みんなは建物の中へ消えていく中、私はカメラを持ってダッシュする。その直ぐ後ろに続く少し年上らしき女性も、コンデジを持って走る。向かうは左手に見える土手。そこに上がれば正面に富士山が見えるのだ。

 土手の下は工事をしていて、警備のおじさんに立ち入り禁止だと言われ、代わりに土手に上がれる道を教えてもらって、我々は再び走った。その頃には年配の男性も来ていて、あそこを入ってと道を指示する。

 産廃の作業場を通り抜け、土手に上がる階段をみんなはあはあと息を切らせながら上がると・・・

IMG_3434r富士山
富士山その1

   わぁっ!

 そこには見上げるばかりの富士山の姿があった。手前に流れる小さな川にはマガモと山のようなカワウがいて、何を驚いたのか急に飛び立った。その黒い群れの後ろに1羽だけ有がな飛び方をするアオサギ。

IMG_3442rススキと富士山
富士山その2

 山裾にずっと家が建ち並び、どうも景色がよくない。すると一緒に来た女性が、

   土手の下に降りたら家が見えへんわよ

 と、教えてくれた。数人の男女は思い思いに富士山を撮っていく。

   わさびより、絶対にこっちの方がええよね(*^_^*)

 そう言いながらふたりはにこにこ。

IMG_3452r雲に隠れた富士山
富士山その3

 やや冬型なのか、西風が強い。雲がかかっていたが、右に流れていく。山頂が隠れてしまっているがもう少し待てば雲が去り、山頂が見えてきそうなのだが、残念無念。集合時刻が間近に迫っている。しかしこれだけのものが撮れたらもう十分だろう。この先富士山を見に来ることができるか否かなどわからない。それまでこの画像で十分満足できるものが撮れただけでも嬉しい限りだ。

   やっぱり富士山って、ええよね・・・

 再び我々は頷いた。

 バスはR136に戻り、R1へ入る。沼津ICすぐ手前に、産直物産を集めた沼津味工房というお店がある。そこで最期のお買い物。そこで私は職場へのお土産を捜した。ほんの少ししか時間はなく、適当に見繕っただけなのが心残りだ。もう少し買ってもよかったかなあ、でも行ってくるとも言うてないしと悩むことしきり。ふぅ。

 お店を出発したバスは真っ直ぐ東名高速へと向かった。14時半、沼津ICから高速へ乗る。右手に富士山が見え隠れする。私の席は進行方向へ向かって左側だったので窓越しに少し見えるだけだったが、車中からわざわざ撮らなくてもしっかり撮ったからと焦ることもなかった。名残惜しげにちらちら見るだけだ。おばさんたちはコンデジで必死に撮ろうとするが、高速で走るバスからは難しそうだった。

IMG_3468天竜川
夕暮れの天竜川

IMG_3475夕日とススキ
金色のススキ

 どんどん陽が傾いてきた。あたりは金色。途中道路工事をしていて一時渋滞に巻き込まれたがそれも程なく解消し、再びひた走る。その頃にはあれだけ賑やかでうるさかった車中は静まりかえっていた。みんな疲れて居眠りを始めたようだ。起きていてもおしゃべりをする元気もなくなったようだ。

IMG_3480浜名湖の夕日
浜名湖の夕日

 夕日が落ちる時分、ここで休憩が入った。浜名湖を最期に見たのはいつだったか。もう20年近く前になるはずだ。こんな風景だったかと思い出しても思い出せない。

IMG_3498港の灯り
港の灯り

IMG_3503対向車
対向車

 帰り道は来たときと同じ道を反対にたどっている。そろそろ四日市辺りなのだろうか。港の灯りやガントリークレーンが照明の中にぼうっと浮かんでいる。

IMG_3518ガントリークレーン
ガントリークレーンその1

IMG_3520ガントリークレーン
ガントリークレーンその2

IMG_3529ナガシマスパーランド

IMG_3539ナガシマスパーランド

IMG_3548rナガシマスパーランド

 その港の灯りも見えなくなった頃、正面に金色の照明が大きく浮かび始めた。何だろうかと思っているうちにやっとはっきり見えてきた。

 ナガシマスパーランドのジェットコースターの足場を照らす金色の照明だった。行ったことはないナガシマスパーランド。もちろん東京ディズニーランドももっと興味がなく行く気もないが、多分ディズニーランドより大人しい照明なのだろう。

 楽しかったバスの旅ももうそろそろ終わりだった。新名神の土山SAで最期の休憩を取れば、あっという間に気が付けば既に大津まで帰ってきており、直後、山科の東インターを降りていた。走る時間も距離も長かったがとても快適な旅だった。

 新都ホテル前で別れたとき、みんなそれなりに仲好しになっていたので、口々にお疲れさま、楽しかったね、などと挨拶を交わしながらバスを降りていく。私は日帰りのバス旅行でもこんな挨拶の時間がとても好きだ。
 バスを降りるとすでに私のキャリーバッグも降ろされている。運転手さんや添乗員さんにも礼を述べ、帰ってきた。バッグの中は自分のものも含めてお土産がいっぱいだった。


IMG_3553駅ビルツリー
駅ビルのツリー

 今日のおまけはこれ。帰りのバスがちょうど出たところで、少し待ち時間ができたので恒例のツリーでも。

 次からはひたすらユリカモメやアオサギなどが続きます。多分。
【2010/12/17 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
徒然バスツアー 三保の松原から天城越え その4
IMG_3167伊豆の踊子
伊豆の踊子記念像

 昨日の続きを。

 バスは伊豆半島へ向かう。天城峠だ。その手前に浄蓮の滝(じょうれんのたき)と言う名勝がある。伊豆半島きっての名瀑だ。切り立った崖から落ちる水は、赤目と比べてどうかなと、期待を膨らませて渓谷へ降りていった。この像の右手に坂道が続いている。

 空はピーカン、渓谷の森に入った途端、ひんやりとした空気に包まれた。遠くからざぁっと滝の落ちる音が響いているのが聞こえる。やがて遠くの木々の隙間に白い水しぶきが見えてきた。が、滝より先に気になるものが目に入った。

IMG_3172アオサギ
アオサギ

IMG_3172 - コピーアオサギ大


 アオサギだ。別に珍しいものでもないが、高い木の枝に悠々と停まっている姿は水辺に住むサギの姿とはほど遠く、珍しい鳥でも見つけた気分だ。もう少し望遠があればと残念だった。

IMG_3188浄蓮の滝
浄蓮の滝

 ここでは滝を見に来たはずなのだが、滝よりアオサギの方が嬉しくて見物している暇がなくなってしまった。早くバスに戻らないと・・・

 この峠道を少し上がったところが次の散策場所、天城峠。沢に沿って旧街道を下っていくのだ。お昼のお弁当を渡されたが、多くの人がバスに戻ってから食べることにしたようで、私もそのひとり。お弁当の荷物も邪魔になるし、写真を撮っていたら食べる暇はない。

 さあ、出発。

IMG_3217紅葉

IMG_3223紅葉

IMG_3234森林鉄道
森林鉄道

 貨車に乗せているオブジェ用の材木の隙間からは小さな木が育ちつつある。随分と長い期間こうやって展示してあるのだろう。

IMG_3247旧街道
旧街道

 途中にはこんな獣道のような道も続いている。舞台となった時代はよく知らないのだが、川端康成1920年代の作品なので、大正の終わりか昭和の初め、それくらいなのだろうか。当時の様子はこの街道からはうかがい知れない。

IMG_3254渓谷の紅葉

IMG_3270ダム

 ダムが見えてきた。殆どを砂で埋め尽くされている。こんな姿を見るに付け、ダムというのはどこまで本当に必要なのだろうかと考える。砂をせき止めることにより海へ流される砂がなくなり、海岸線の後退という憂き目に遭っている。

IMG_3290r渓谷

IMG_3327渓谷の流れ

 随分とすり減って丸みを帯びた岩盤だ。所々に石が入り込んで深い穴を開けているのが見えた。ここを左手に沢を上がっていくと、太郎杉という県内天然記念物に指定されている樹齢400年の大杉がある。時間があれば行ってみても価値があるということだったが、結局全員こちらにも立ち寄ったそうだ。

IMG_3316太郎杉

 見上げるばかりの巨大な杉の木。これを背景に記念写真を撮る人が多い。どれくらい大きいかと近くまで行った人を入れて撮ろうとすると・・・ 

   え・・・ ?

 階段の途中、それも画面に入ってしまう位置でお弁当を食べている人がいるではないか。これには呆れた。それ以上のコメントはあえて避ける。

IMG_3335すすき1
ススキ

 開けた場所にでた。観光バスの駐車場だ。と言うことはもうすぐゴール。この秋立派なススキを見ることがなかった私だが、こんな処にまで来てやっと綺麗なススキを堪能できたのは嬉しい。

IMG_3360和太鼓1
和太鼓の演奏

IMG_3381ゆるキャラ
ゆるキャラ

 ゴール地点の観光センターでは、到着時刻に合わせて和太鼓のイベントが、地元観光協会と旅行会社との共同企画で行われていた。特産品の販売では野菜を始めお菓子などもたくさん、それもとても安いお値段で出店していた。その会場で愛嬌を振りまいていたのがこのゆるキャラ。なんで「かおる」ちゃんなのだろうとずっと考えていたのだが、帰ってきてから伊豆の踊子をもう一度検索してやっとわかった。踊り子の名前が「薫」だったのだ。

IMG_0994_20101215213956.jpg

 ちょっと甘いものなどを買って、バスに乗り込む。メインのイベントも終わり、いよいよ帰路につく。

 この続きはまた今度。あと1回、おつきあいを。
【2010/12/16 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(9) | Page top↑
傷ついたユリカモメ
IMG_6054幼鳥1
ユリカモメの幼鳥その1

 今日、嫌なものを見てしまった。いつものように鴨川を散策して撮影を済ませ、そろそろ帰ろうかと思い始めたとき、目の前に1羽のユリカモメの幼鳥が降り立った。なんか様子がおかしい。

   抜けた羽根が引っかかっている?

 次にシャッターを切ったときに理由がわかった。

IMG_6055幼鳥2
ユリカモメの幼鳥その2

IMG_6055 - コピー幼鳥2大

 嘴に釣り糸が引っかかり、その先に羽根のように見える浮きが付いていたのだ。

IMG_6055rトリミング小
トリミング

IMG_6055r - コピートリミング大

 偶然連写で撮れていた写真の中に原因となっているものがはっきりと写っていた。釣り針だ。辛そうにしているこの子の目が判るだろうか。とんでもないものを撮ってしまったと、後悔している。知らなければ済んだことなのに、外れなくて辛そうに大きく嘴を開けている幼鳥。

 この子はこの先どうなるのだろうか。よくニュースでこんな鳥を保護してなどということも聞くので、もしかすればこの子も助かるかも知れない。しかし何百羽といる鴨川のユリカモメ。そう簡単にこの個体が見つけられるとも思えない。でも、と思って京都にある動物愛護協会がないかと検索をかけると、野良子の避妊手術に協力を、だけだった。それも特定の公園。それって、どうなんだろう。地域だけでやれば?と、ちょっと不信感を持ってしまった。

 野生の生き物にはやはり手は出さない方がいいのだろう。この子が生き延びるか否かは運命次第だ。私も辛いが仕方ない。自然界というのはそういうものだ。

 だが、根本的に悪いのは鴨川で釣りをして針を付けたまま、あるいは切れたのかも知れないが、根本的に鴨川での市街地内での釣りには反対だ。条例では禁止にする妥当な理由がないと言うことで条例には入らなかった。後はマナーに任せると言うところか。それは全く当てにならない。ブラックバスが琵琶湖に増えたのは、そんな非常識な釣り人の仕業なのだから。
【2010/12/15 22:23】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(7) | Page top↑
徒然バスツアー 三保の松原から天城越え その3
IMG_0974_20101212214524.jpg
ホテルの階段とクリスマスツリー

 昨日の続きを。

 みんなそれぞれにチェックインを済ませキーを受け取ると、部屋に一旦入りすぐに食堂に降りていった。11階建てでチャペルなどもあるホテルだが、レストランは案外こぢんまりとしている。その時我々40数名と、他の一般の宿泊者が10人あまりもいただろうか。レストランは満員だった。

IMG_0960_20101212214523.jpg
バイキングディナー

 とにかく席を確保すると、お皿を持ってうろうろ・・・ 食べられそうなものを取り分けてきた。あまり空腹感は感じられなかったが、食べ始めるとやっとお腹が空いていることにようやく気が付いた。やはり少し疲れていたのだろう。デザートにはたくさんの種類のケーキから何種類かと、果物もたくさん取ってきた。それがまた美味しい。

IMG_0966_20101212214523.jpg
デザート

 料理も結構美味しい。ちょっとお米はそうでもなかったが、他のテーブルを覗いてもかなりの量を取り分けていて、並んでいた料理もあっという間になくなっていき追加されていった。ケーキもそうだった。夜にこれほど食べるというのはよくないがと思いつつ、ぺろりと三つほど・・・ ちょっと食べ過ぎだ。
 美味しそうにビールを呑んでいるご夫婦やおじさん。グラスワインを飲んでいる人もあったが、いくら宿泊と言っても撮った写真を小型ノートPCに落とす作業も残っており、食べるだけ食べて早々にレストランを出た。


 ホテルの探検と言うが大好きだ。結婚式場があるので引き出物の展示や、地元のお土産物。プリンターがあったのはビジネスマン向けにUSBフラッシュメモリーからのデータをプリントするのだろうか。レストランなどを利用するお客のためだろうか、授乳室もある。ネットも使えたが料金が高かったのでやめた。ケータイから閲覧しよう。

IMG_0978_20101212214524.jpg
ひょっこりひょうたん島

 と、廊下に面白いものを見つけた。ガラスケースに入っているのは懐かしいひょっこりひょうたん島の模型だ。トラひげやドン・ガバチョもいる。そうそう、こんな地形だったな、と見ていると説明書きがある。駿河湾にちょうどひょうたん島の形をした島があるそうで、そこにこの人形劇の舞台を再現しようというもの。これは面白い。サツキとメイの家のようにするのだ。しかし、・・・年代の相違は大きいかも。だが待てよ、こちらを訪れるのはきっと年齢層が高いはず。そうするとイベント内容によっては観光客がたくさんお金を落としていってくれるかも知れない。

 などと思いながら、こんな島が本当にあれば面白いだろうなあと考えながら部屋へ引き取った。

IMG_0952.jpg
ツインの客室

IMG_0956.jpg
窓からの夜景

 この向きがどこを向いているのかなど、全くわからなかったが、だがしかし、夜景はとても綺麗だった。明日はどんな天気になるだろうかと、期待してベッドに潜り込んだ。

IMG_3127朝焼け1
朝焼けその1

IMG_3134朝焼け2
朝焼けその2

 6時前、いつものように目が醒めた。ふむ、いい時刻だ。カーテンを開けると自宅の窓から見える光景とは異なった夜明け前の光景が広がっている。なんて綺麗なのだろう。8階のこの窓から見る光景は、眼下に広がる川や街並みとともにため息の出るくらい綺麗だ。寒さも忘れ見とれる。

 今日はいい天気になる。

IMG_0983.jpg
朝食

 年配のお客が多いので、ご飯とお味噌汁をチョイスする人も多かったが、食後にその場でミルで引いてコーヒーが入るコーヒーメーカーを利用する人も多かった。私はいつものようにミルクティにパン、そして果物。メイプルシロップの乗ったフレンチトーストが美味しそうで、それも一切れ。耳まで柔らかい山形食パンもあったが、ライ麦パンとプティフランセ、この固焼きのパンとクロワッサン。この組み合わせが朝食らしくていい。と言いながら、普段は普通の食パンなのに。

 お腹が一杯になったら、出発の準備。8時出発なので、10分前には玄関に降りていかなければ。

IMG_0989.jpg
チャペル

 もう少し時間があればここにも降りてみたかったがそうも行かない。後から聞くと、早起きの年配の人たち、外まで散歩にも行っていたとか。

IMG_3161富士山バス
車窓から見た富士山

 走り出したバスからは、晴れ上がった真っ青な空にくっきりと富士山の姿が見えた。

 この続きはまた今度。飽きもせずまだまだ続く徒然バスツアー。


【2010/12/15 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»