FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

花菖蒲 in 平安神宮
IMG_3726花菖蒲その1
西の神泉苑 花菖蒲

 そろそろ恒例の無料開放の日が近いはずだと思いながら、雨の降らないまずまずの日を見計らって出掛けた昨日。今日が無料開放だったが、お昼には雨が降り出し、夕方には激しく降っていた。今年の梅雨は降水量も多いのだろうか。しとしと降るというより、一時的に激しく降るタイプだったりして。

 IMG_3727花菖蒲とモンシロチョウ
花菖蒲とモンシロチョウ

 大豊神社で熟年夫婦を送り出し、私もそこを後にする。このあと平安神宮に行く予定だったから。今年は全体的に花の開花が若干早いように思えたので、花菖蒲もそろそろかと思った。しかし予想に反して、もう少し早かったように思えた。三分もしくはせいぜい五分咲き、そんな感じか。満開よりはいいが、ちょっと寂しいか。

 入った時刻が9時半くらい。そんなに早くもなかったが、人影は案外少ない。楼門のあたりに修学旅行生の集団が少しいて、あとはちらほら。だが、問題は神苑。写真を撮るなら早めに入った方がいい。すぐ団体客であふれかえる。だが、ここでも人影は少ない。昨夜の雨が上がったところでもあり、天気がいまいちなので少ないのだろう。

 入ると、しゃっしゃっ、と庭掃きの音がする。あちこちで神社の職員さんが掃き掃除を行っていて、また、造園業の方たちが溝にたまった落ち葉などをかき集めている。何回も来ているが、こんなに掃除をしている風景は初めてだった。
 竹箒で掃かれた通路は竹の細い線が付き、まだ湿っている地面は、そこを歩くのを躊躇われるくらいだった。広い苑内は木の手入れや掃除など、たいへんだろうと思う。

IMG_3752花菖蒲その5
花菖蒲その2

IMG_3868花菖蒲その9
花菖蒲その3

 東の神苑に移り、気が付けば団体客が多く入っていた。やはり早めに入るに限る。これは近場の特権か。
 余り花数は多くないが、これくらいがちょうどいいくらいだ。ニュースでは見頃といっていたが、確かにそうだ。二条城側の神泉苑はどうかと思いながら、眩しい陽射しが出てきたので今日はもうお終いにした。

IMG_3893ヒヨドリ
ヒヨドリ

 今日のおまけはこれ。ヒヨドリの水浴び。ヒヨドリはからすよりもっと早いからすの行水だった。一瞬水に浸かったかと思ったら直ぐに飛び出してくる。これを数回繰り返している。どうもこれがこの鳥の習性なのだろう。初めて見た。
続きを読む
【2008/06/05 22:25】 平安神宮 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都迷走案内 in 大豊神社
IMG_3672ガクアジサイ1
ガクアジサイその1


IMG_3692シモツケと舞台
シモツケと舞台

 今日は梅雨の晴れ間。今夜からまた下り坂だという。この時期には必ず行っておきたい場所、そこに行くことにした。その場所というのが大豊神社。ここの狛犬はねずみなのが有名だ。初詣はさぞかし多くの参拝者で溢れただろうと思う。普段は、このような閑散とした境内だ。

 紫陽花が有名な隠れた場所だが、生憎少し早かったようだ。あと1週間くらいかと思われた。

 いつものように愛車で出掛けたが、仕事を辞めてからと1ヶ月の闘病生活ですっかり身体がなまってしまっている。神社の手前まで坂道を余裕で登って行けたのに、今日は鹿ヶ谷通りまでしか走らせられなかった。ものすごいショックだった。まあ、仕方ないと言えば仕方ないのだが、やはりぼちぼちフィットネスクラブへ行くか。1ヶ月分、会費を捨ててしまっている。

IMG_3674ガクアジサイ2
ガクアジサイその2

 その愛車を降りて押して歩き始めたとき、目の前の空き地に三重ナンバーの車が駐車するのが見えた。この時期だからそこに駐めることができるが、哲学の道に接するそこは、茶店の席が並べられるところだ。このような時期に来る人は珍しい。多分私と同様、大豊神社が目的だろう。
 坂道を上がったところで愛車を駐めていると、下の道で見かけた熟年夫婦の方が上がってきた。やはりそうか。

   すみませんが、ここで御札が買えますか?あのう、ねずみの・・・

   はい、そこ左手に社務所がありますから、そこで買えます(授与の言い間違いだ)。ねずみさんはこの先、右手の小さい鳥居を上がったところにいてはります・・・

 そのご夫婦は、社務所前のケースに飾ってあるお守りなどを吟味し、中へ入って行った。

IMG_3682シモツケ1
シモツケ

 この神社が好きな理由は、静かなところというのもあるが、秋の七草など、しっとりとした植物が数多く植えられていることだ。双葉葵もある。この季節は、急な坂道になっている参道の両側に咲く紫陽花が見事だ。だが、紫陽花はまだ先だった。他の植物を撮っていると、帰ってくるご夫婦に再び声をかけられた。

   いいですか?

   はい、どうぞ(てっきり視界を横切るからかと思ったのだが・・・)

   これから奈良の大仏さんに行きたいんですけど、わかりますか

   (ずるっ・・・どて・・・

 えらいことを尋ねられてしまった。ちょっと待てよ・・・ 京奈和自動車道に入る交差点の場所までわからない。

   それなら京奈和自動車道に入れば近いですよ(顔が半分引きつる)

 そこまではよかった。国道1号線の辺りから入るのだが、この方たちどのルートでここまで入り込んできたのかわからないが、白川通りも丸太町通りも、強いては東大路も知らないと言う。三重から来る時、名神の東インターを下りてきたと言うことだった。第2名神かな?そこから京滋バイパスを経由して確か栗東に繋がったはずだが、多分そんな感じのルートを取ったと思われた。
 ということははじめから説明が必要だ。奥さんの持っていたメモに簡単にルートを描き、とにかく東寺のあたりで南に向かう京奈和自動車道に入るよう指示、奈良で下りたら県庁を右手にして突き当たりを左に折れたら直ぐと説明した。

IMG_3704ビョウヤナギ
ビョウヤナギ

 いや、本当に冷や汗ものだった。この人たち、近畿の地図を持ち歩かずに三重から来たのかと思うと、感心するやら、自分の頼りない説明を嘆くやらだった。ま、1号線を行けば看板が掛かっているので大丈夫だろう。この時期、ほとんど人通りのないところで、何処まで行けば車を止めて道が尋ねられただろう。

 幸運を祈る。

IMG_8965舞台準備
平安神宮

 今日のおまけはこれ。1日、2日と平安神宮では恒例の薪能が催されるはずだったが、雨で順延してしまい、多分今夜行われるのだろう。その準備に追われていた。

 このあと、神苑の花菖蒲を見に入ったのだが、このレポートはまた今度。ちなみに、明日、6月5日は神苑の無料開放される日だ。
続きを読む
【2008/06/04 16:32】 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
うさぎさん林檎 in my kitchen
IMG_8960うさぎさん林檎
りんご

 いつもご訪問させて頂いているサイトで、三本耳(?)のうさぎさん林檎を見た。林檎の飾り切りであるうさぎさん林檎はよく知られた存在。ところがその林檎はぎざぎざがみっつあるのだ。

 果たしてこれをうさぎの耳と取るか、普通の飾り切りと取るかは、とても微妙な選択ではある。あえて私は三本足のうさぎと取った。不思議の国のアリスに出てくるあのうさぎ。
 そこで今日の本題。このぎざぎざうさぎさん林檎を作るべく、林檎を前にしばしにらめっこと相成った。

 普通のうさぎさん林檎なら得意だが、これを三等分しなければならない。うーん、ま、やってみるか。
 ちょっと難しかったが、こんな感じになった。うさぎというより、皮を剥いた部分に目を書き入れたら女の子の顔になる。うーん、やっぱり難しい・・・ 普通のうさぎさん林檎がいい。

 あんまり呻っていたら、ぴよたちが何事かと覗きに来た。このあとはご想像の通り、この子たちのお腹に林檎は静かにしゃくしゃくと吸い込まれて、消えた。
【2008/06/03 21:28】 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | Page top↑
リュック for 姪っ子
IMG_8930リュック
リュック

 いくら私が無職だからといって、ああ、なんという悲しい響きの言葉だろう。で、何の話だったか、そうそう、リュックだ。

  今度の木曜に遠足、それまでに頼むわ。それと歯磨きセットを入れる巾着。ファスナー式のはなんぼでもあるけど、巾着があらへんのや・・・

 そんな電話の内容を受けたのが日曜日のお昼。用事をしているあいだケータイを切っていたので、電源を入れた後メールをチェックし、電話してのメールに対してリダイヤルして聞いた内容がそれだった。 
 あそこはいつもそうだ。いつもぎりぎりになってから要求する。ま、生地は買っておいたので昨夜縫い上げて、雨の降る中、午前中に郵送してきた。

 昨年はお姉ちゃんのリュックを縫ったが、妹も同じ柄にした。これという色・柄違いがなくてリュックだけはおそろいになった。唯一違うのがハンドメイドのラベル。お姉ちゃんはブルー、妹はピンクだ。歯磨きセットはお姉ちゃん用だが、巾着ひとつではどうせまた取り合いになるので二つ作ってやった。年子の女の子には何かと気を使う。姉は三つだが7月で四つになり、妹は二つだ。この年でライバル意識満点の彼女たち、この先が思いやられるというものだ。

 そうそう、ついでに先日のオートミールクッキーの残りをキティちゃんの保存袋に詰めて入れておいてやった。おちびたち、喜ぶかな。案外お父さんが喜んだりもする。お酒の飲めないお父さんは甘党だ。子供と本気で甘いもの争奪戦を繰り広げているのだ。ま、頑張れ。


 さて、次のご注文は何だろう。プール用のお着替えタオルか。あれくらいはお店で買って欲しいと願うばかり・・・

IMG_8956九十九堂
九十九堂 ジャムパンとクリームパン

 今日のおまけはこれ。クリームパン専門店の九十九堂、今の季節限定は、お抹茶クリームと日向夏マーマレード。お抹茶には黒豆が入っていて、クリームの甘さがあっさりしている。お抹茶の香りは抜群によい。日向夏はさっぱりとした甘さで、ほどよい酸味が食欲をそそる。
 最近HPが立ち上がったそうだ。

   九十九堂本舗

続きを読む
【2008/06/03 14:13】 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
雨の日と月曜日は by Carpenters
IMG_8927並木道
雨の桜並木

♪Talking to myself and feeling old
Sometimes I'd like to quit
Nothing ever seems to fit
Hangin around, nothing to do but frown
Raniny days and Mondays always get me down・・・

 懐かしいCarpentersの「Raniny days and Mondays 」 まさに雨の月曜となった。お仕事をされている方はよく、このシチュエーションを嫌がると聞く。シフトがあって、曜日関係なく仕事をしていた私にとっては忙しいなと思う曜日だけで、雨はどうでもよかった。むしろ雨の音を聞くのが好きだ。

 自分の中では、しばらくこんな気持ちのよい雨の日はなかったように思う。多分、とてもよい季節のはずだった5月を、全て棒に振ったためだろう。どこにも行けなかった。出掛けても痛み止めを使いながらで、帰ってきてからがとても疲れていた。
 ようやく体調も戻り、この雨が気持ちよく感じている。近畿から東海、関東甲信越まで入梅したという。台風が近づいてきているので、おそらく少なからず影響を受ける地域もあるかと思われる。大きな被害をもたらさらなければよいが。

IMG_8925キンシバイその1
キンシバイその1

IMG_8926キンシバイその2
キンシバイその2

 用事で出掛けた帰り、河川敷にキンシバイなど、色とりどりに咲いているのを見かけ、雨に濡れるのも忘れて下りていった。大きな花びらに水滴をいっぱいに溜めて、口渇を潤しているようだ。鮮やかな山吹色がもっと鮮やかになっていく。

IMG_8922アベリア1
アベリアその1

IMG_8923アベリア2
アベリアその2

 筒状のアベリアは、その花の中に雨水を受けている。この雨に困惑しているのは、何も花だけではない。花の中に黒いものを見つけた。ニジュウヤホシテントウだった。頭を花の中に突っ込んでいる。雨宿りだろうか・・・?「頭隠して尻隠さず」と言ってやるのは少し可哀想な気もする。

 しばらく止んでいた雨は今また降り出して、こうしていると雨だれの音が眠りを誘う。カレン・カーペンターの唄う深いしっとりとした歌声は、このような雨の晩によく似合う。
 雨の音は、ベッドに潜ると余計にだるい眠気と無の境地に至らしめる。何も考えることもなく、思考が宙(そら)に解き放たれて行く気分になれる。

 雨の日と月曜日は、ひとまず何も考えまい。明日からまた新しい日常が始まる。

 今夜は雨だれを聴きながら、好きなCarpentersの曲を心に響かせよう・・・

IMG_8917都雅都雅
ライブハウス 都雅都雅(とがとが)

 今日のおまけはこれ。音楽繋がりで、四条寺町下がったところにあるライブハウス。自分自身は行ったことはないが、昨日の「おーい、ニッポン」の中で、くるりが紹介していたライブハウスのひとつ。このライブハウスからも多くの著明なミュージシャンが育っている。
続きを読む
【2008/06/02 23:49】 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
今日のおやつ
IMG_8911フルーチェ
苺のフルーチェ

 こんばんは、ぼくぴよちゃんです。ぴよたまちゃんも一緒です。

 一昨日の苺は昨日、結局ケーキにはなりませんでした。ちょっとあーちゃんが忙しかったからなんです。そのかわり、ちょうど苺のフルーチェの買い置きがあったので、そこに刻んで入れました。フルーチェを作って小さな容器に入れたら、あーちゃんは屋上に上がったりと、ぼくたちはTVの前でお留守番です。
 TVではぼくたちが絶対に見ることのない、空中からの景色が見えました。ぼくたちの住んでいる街はこんなになっているんでって、はじめてみました。他にもいっぱい見たんですけど、ぼくたちではわからないようなことも、たくさんありました。でもね、美味しそうな和菓子なら少しだけわかります。

IMG_8915オートミールクッキー
オートミールクッキー

 この間、あーちゃんが久し振りにクッキーを焼いてくれたんです。だから雨が降ったって言ったら、思いっきり怒られました。そうなんです、ぼくたち、ちょっと一言多いんです。失敗でした。でもね、ちゃんと食べさせてくれましたよ。あーちゃんは優しいから・・・

  (そう言っておかないとあとがね、わかるでしょ?)

 今日はこのクッキーをあてがわれて、またほったらかしにされました。多分明日かあさってくらいにあーちゃんが話してくれると思うのですが、急ぎでリュックを縫っているのです。あーちゃんの小さな姪っ子のリュックです。

 できあがったらまた遊んでね、あーちゃん。今日も美味しかったです、あーちゃんごちそうさまでした。
【2008/06/02 20:57】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
飛行船 京都遊覧 at おーい、ニッポン!
IMG_3389飛行船その1
飛行船その1
IMG_3391飛行船その2
飛行船その2

 NHK BSで今もまだ生放送中。「おーい、ニッポン」は京都府。先日からどーもくん仕様で飛んでいる。

 午前中用事があって某大学へ。玄関を出たところで飛行船に遭遇した。朝から快晴の空を背景に、白い船体にブルーのラインがとてもよく似合った。

IMG_3415飛行船と西山連邦
西山連峰

 午後一番の中継が金閣寺と龍安寺。さすがに建物が邪魔をしてよく見えない。出先からその辺りに向かう姿が見え、ホバリングしていた。

IMG_3404飛行船と京都タワー
京都タワーと飛行船

 二番目は番は東寺の五重塔、そして東本願寺・西本願寺。通りから見ているだけでも大きな建物だが、上空から見るとそれぞれ敷地内のお庭など、配置がよくわかる。

IMG_3453 清水寺五重塔
清水寺五重塔

IMG_3456知恩院
知恩院

IMG_3529金戒光明寺
金戒光明寺

 かなり遠いが、山の中腹に小さく見えるのが清水寺の五重塔。屋根しか見えない。飛行船から見る清水の舞台は広いと感じたが、舞台から見る飛行船も大きく見えただろうと思う。
 そのあと祇園界隈を経由して東山沿いにゆっくり北上してくる。この頃になると、東よりの風がかなり強くなっていて、カメラを構えているとあおられる始末だった。カメラでそれなので、飛行船はもっとあおられていたようだ。時折船首がふっと上空を向いたりしている。朝からよい天気だったのでほっとしていたが、高気圧が張りだしてきたための風だろう。薄雲も出てきている。

IMG_3505比叡山
比叡山

IMG_3545京大時計台
京大時計台

 今日がいい天気になって本当によかった。天気が悪いと比叡山はとても暗くくすんでしまう。朝ほど青い空ならなおよかったが、贅沢は言わまい。

IMG_3537大文字
大文字

 最後は大文字。如意が嶽に飛行船がかかるとは思わなかった。清水寺の後、鴨川沿いに北上して下鴨神社に向かうと思っていた。

 飛行船による市内周遊ツアーはこれでお終い。今日の放送はDVDに留守録しておいたので、見たいところをダイジェストで見ることにしよう。 

IMG_8907ロボット
ロボット

 今日のおまけはこれ。某大学のホールで見つけたロボット。どういった経緯か聞く暇がなかったので不明だが、あまりの大きさに圧倒された。ただし、これが実際に動くかどうかは定かではない。
続きを読む
【2008/06/01 17:26】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«前のページ | ホーム |