日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

桜日和は送別会
IMG_0258.jpg

 宿題もそこそこに出掛けてしまった。多少の後悔は残ってはいるのだが、こればかりは妥協できない。

 例年、気になっている桜があるので、今日はそこに行くことにした。加茂大橋の西詰め、鴨川公園。最近数年前に桜が植樹された所だ。
 はじめは若い、と言っても30代くらいのお兄さんが先に撮影していて、自分が加わった。それからあれよあれという間に人がたくさん集まってきて、さながらモデル撮影会なみだ。囲いのしてある紅枝垂れに多く集まっていたが、自分はどちらかとうとその横に2本植わっていた寒彼岸桜の方が好み。途中から陽射しが戻ってきたのだが、どうせならもっと遅くに出掛けたらよかったのにと思ってももう既に遅し。

 今日は本当に忙しかったのだ、本当に。分身がもう2人欲しいくらいだ。自宅で地道に資料作りの作業をする者、1日中外で桜を撮りに行く者、送別会のお茶をしに行く者。悲しいかな忍者にはなれなかったので分身はおらず、かけずりまわることとなった。

 幹事のサポートを頼んだうちの若い男の子、花束の手配がうまくいかなかったと電話を掛けてきた。来るときに花束を買ってこいと言う。
ひえぇ~、お花屋さんってどこにあったっけ!?
 そこは運のよい私のこと、撮影の帰りにこんなところにお花屋さんがあったんだと、見つけていたのが幸いした。本当になんと運のよいことだ。少し早めに出て、お花屋さんで淡いオレンジ系のブーケを作ってもらい、昨日頼んでおいたケーキ屋さんに行き、ケーキを受け取った。

IMG_0277.jpg

IMG_0276.jpg

 若い女の子の多いうちの職場、彼女らはちゃっかり好みを口々に叫んでいたので、しかたないなあ、お店のおじさんにこんなん作ってと、好みを伝えた。受け取った時はすでに包装してあったのでわからなかったが、包みを開くと彼女らの感嘆の叫び・・・勤務の関係で参加できなかった人たちにもロールタイプのを作ってもらっていたが、そちらのケーキも食べてしまいそうな勢いだった。
 少しだけ大きめで頼んだので1切れ余ってしまった分を、一番若い方から2人で食べさせてあげたのだが、なんと幸せそうに食べること、ケーキの乗せてあったトレイまで綺麗になめるように食べ尽くした。かわいい後輩たちだ。

 そして帰る時になって気が付いた、と言うより思い出した。折角独断と偏見で自分好みに作ってもらった花束、写真を撮っておくのを忘れてしまった。仕方ない。
【2007/03/29 22:51】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
後がないのは作家の気分
 昨夜のうちに宿題を仕上げてしまう予定であったが、2日続けて仕事の疲れが溜まっていたようで、デスクの前に座ったとたん眠くなって諦めることにした。

 今日中に仕上げなくてはもう後がなくて、最悪あさっての朝に滑り込みとなる・・・ 

 とはいえ、この季節は無理をしてでも桜を見に行かなくてはと思っているので、ちょっとだけ行ってこよう。

 しかし、どの企業でもそうだろうが、うちとこも退職者がいるので今夜は出て来なくてはいけない。断ればいいだけなのだが、悲しいことに今月は幹事を仰せつかっているので・・・
【2007/03/29 08:20】 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
平野神社は魁桜(さきがけざくら)
IMG_8954.jpg

 取りあえず、3月末に提出の資料はなんとか進行中。3・4日休みがあったら仕上げるのにと言ったものの、お休みの日に天気が回復するとこの季節、やはりじっとはしていられない。桜を見に行かなくてはという強迫観念に襲われる。それにも増して、デスクワークをしていると何か身体を動かしたくなる。
 そんな言い訳を無理矢理作って、昨日は平野神社まで出掛けてしまった。
 
 学生の頃、試験週間がやってくると無性に本が読みたくなって、押し入れにこもっていたことがあった。押し入れを開け閉めする音がするとどきっとすると、よく母がこぼしていた。まあ、確かにあまり勉強もしなかったが、ここまでやってこられたのも時代がよかったのだろう。
 デスクワークを始めるとすぐに息抜きがしたくなるのは今に始まったことではないと言うことだ。おりしも桜の季節到来、天気が悪ければ諦めもついたものを、空模様から晴れてくるのがわかったとたん、出掛ける準備に掛かっていた。

 平野神社は桜の名所と言うが、まだほんの一部しか咲いてはいない。この桜は樹齢100年のさきがけざくらという。さすがに少し年老いたので療養中らしい。おみくじも結ばないでと但し書きもしてあった。

 しだれ桜は樹齢がどれくらいなのだろう。きっと長いのだろう。ソメイヨシノが数十年だったはず。戦後の復興の印に全国で植樹されたが、戦後60年を数え、各地のソメイヨシノは老木となり寿命を迎えつつある。もう少し早くから世代交代のために植え付けていかなくては桜の名所は消えてしまうかも知れない。
 幸い京都は一部の地域を除いて大きな空襲からは逃れることができ、復興というものには縁遠いものがあったので、ソメイヨシノは少なく、替わってしだれ桜が多く植えられている。鴨川沿いの紅枝垂れは本当に見事だ。市内の古い桜の木も数多い。

 この日の記録もまた後日ファインダー通信にアップします。
 さすがに締め切りが近いので。
【2007/03/26 22:48】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
今日のおやつ
IMG_0164.jpg

 昨日は仕事が終わってからどうしても行ってこなければいけない用事があって、仕方なしに西京極まで行ってきた。もうくたくたで、おなかも空いたしで、かなりへろへろだった。

 なのに疲れた時というのは思考能力が落ちているから、とんでもないことをしようとする。まっすぐに帰ればいいものをついでにと新京極を廻ってしまった。で、売り込みのお兄さんの声につられて買ったのがこれ、God Mountainのめろんぱんといちごぱん。いちごの香りがふんわり、中にはいちごクリーム。生地にはいちごペーストが混ぜ込んであった。疲れた身体にはちょうどよかった。
 
 ぴよちゃんたちと食べた。


本日御所の花桃をファインダー通信にアップしました。
【2007/03/25 09:22】 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
日輪
IMG_0162.jpg

 太陽ネタばかり続いて恐縮だが、昨日の霞は朝まで尾を引いた。
 明るくなってもぼんやりとしていて、陽が射してきたかなと思ったら、昨日の夕日のように霞の中にオレンジ色の太陽が浮かび上がっていた。写真に撮って拡大して気が付いたが、まわりにぐるっと淡いオレンジ色の輪ができていた。
 
【2007/03/23 18:02】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
春霞に沈み行く夕日
IMG_8914.jpg

IMG_8923.jpg

 今日はなんと忙しい日だろう。
 午後は真面目にパソコン作業をしている私の耳に、αステーションから聞こえてきたのは、
”なんとかの中に赤い夕日が・・・何とか何とか・・・”
 なんだろう、確かに雨が降っていたし、夕焼けが綺麗なのかな、どうしようかと思ったが、取りあえずカメラを抱え沈む前にと大急ぎで屋上に駆け上がった。

 重たいスチールのドアを開け、振り向いた私の眼に飛び込んできたのは、白く霞む中に本当に鮮やかな緋色の夕日だった。一瞬我を忘れ、次の瞬間カメラを構えた。夕日は見る間に沈んで行ってしまうのだ。

 何枚か撮るうちに、緋色の太陽は静かに霞の大海に沈んで行った。
 階段を、今度はゆっくりと下りていくと、やはりカメラを抱えた若い女性が上がってきた。きっと私と同じことをしようとしているのだろうとすぐにわかったので、ついさっき沈んでしまったと伝えると、とても残念そうな表情をしたがそれでも行ってみますと言って、すれ違いに屋上へ上がっていった。

 エレベーターの前を通りかかると、滅多に上がっていかない最上階まで上がっていくのが見えた。
 

【2007/03/22 19:31】 αーStashon | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
花桃は満開 
IMG_8791.jpg

 急ぎの仕事があるというのにのんきにお出かけしてしまった。言い訳ではあるが、これを称して気分転換という。
 さて、御所の桃林は満開だった。ピンクは少し盛りを過ぎたものもあったが、白色が一番見事だった。濃いピンクがやっと蕾が膨らみかけ。早めには行ったのだが、あっという間に大勢の人たちになった。
 
 ベンチで鳩や雀にパンくずをやりながらおしゃべりをするおじさんたち。キャンバスを広げて写生教室の先生に指導を受けながらペンを走らせるご婦人たち。観光に来られた外国人のグループ。ご年配のご夫婦に若いカップル・・・2組のカップルにシャッターを頼まれた。なるべく綺麗に咲いている木の下を探して2枚ずつ撮らせて頂いた。
 どちらも幸せそうな笑顔だった。


IMG_8846.jpg

 気温が上がり暖かくなると鳥たちが集まってきた。よく咲いている白色の花桃の木に、メジロたちが集う。盛んにさえずりながら蜜をついばんでいた。その中に飛び入り参加したのがシジュウカラだった。
 時間があればもう少し粘ったのだが仕方ない。今日の詳しい写真はまた後日、ファインダー通信の方でお見せしようと思う。

 事務所前のしだれ桜はちらっと咲き始めていた。
【2007/03/22 13:34】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Synchronized Swimming
 現在Melbourneで行われている世界水泳選手権、21日のSynchronized Swimming、日本のチームは素晴らしい演技で2位を獲得した。おめでとうございます。

 職場のテレビで見たのだが、(TVなどというものは滅多に見ないので)ちょうど日本チームが出演する直前に通りかかったため、観戦を決め込んでしまった。
 プールサイドの鮮やかなブルーと、水着のきりっとしたイエローが対をなし引き締まっていた。また、背部の模様がそれを引き立て、後ろから演技を見ても素晴らしい衣装だった。
 彼女らの演技はどう表現すればいいのか、きりっとした歯切れのよい演技は”サムライなでしこ”とでも表現すればいいだろうか。円形やはすかいに並んだ時、黒い縦のラインが強調され、プールをキャンバスに日本の模様を描いているように見えた。
 体格的にはその前のロシアには及ばないが、筋肉の発達した肩や大腿は綺麗だった。

 その素晴らしい演技は3位の中国、強豪スペインの2位ををわずかなポイントで押しのけたのだ。
 久し振りのスポーツ観戦はとても気持ちがよかった。

*追記;彼女らの演技のテーマは”くノ一”だとか。納得。
【2007/03/22 02:24】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
喫煙者 or 非喫煙者
 先々週、京都市は繁華街での歩き煙草を禁止する法案を掲げた。ただまあ、罰則の点でまだ細かなところがはっきり決まっていなくて、来月6日まで市民の意見を募っているところだ。

 最近では公共の建物はもとより、飲食店やホテルといった多数の人が集まる場所での禁煙が禁止されており、愛煙家には厳しい流れとなってはいる。が、自分の体験でも思うのだが、繁華街での歩き煙草は本当に危険でしかも迷惑だ。火のついたものを振り回しながら人混みの中を歩くという行為を、危険という言葉に置き換えるほかに何があるだろうか。その手が低ければ子供の顔の位置であり、高ければ大人の胸元に煙とともに火を突きつけられる。信号待ちで漂ってくる煙に不愉快な思いをする。
 多分、自宅でも片身の狭い思いをされているご主人たちも多いのだろう。出勤途中でも、いかにも今のうちに吸っておこうと言わんばかりに歩き煙草をしている男性を見かける。また、大学生とおぼしき若い男性の自転車に乗りながらの喫煙、若い女性のやはり繁華街での歩き煙草、そしてその辺に火のついたままのポイ捨て、もしくは靴で押し消してそのまま立ち去る・・・これらの行為は危険であるとともに人としてのマナー違反でもあるということを理解しなければならないと思う。
 私の自宅でも決まった時刻に窓から煙草の煙の匂いが入ってくる。きっと室内では吸わず、ベランダか、もしくは換気扇の下などで喫煙しているのだろう。室内を汚さない、家族に煙を吸わせない、あるいは単に嫌がられているだけかもしれないが、ではこうやって自分の家族には気を使うのに、他人の部屋に煙を流れさせるのはいいとでも思っているのだろうか。それとも気づいていないのか。

 これを読んでおられる中には喫煙者の方もいらっしゃるかも知れない。それこそ不愉快な思いをされているかも知れない。それと同じように強制的に受動喫煙をさせられている者も不愉快なのだ。

 これだけ厳しいことを書いているが、何もアメリカのように喫煙者は自己管理の出来ない人だとか、そう言った意味で批難しているのではない。嗜好品なのだから好き嫌いもある。ただマナーだけは守って欲しいと思う。自分の身内や、親しい友人の中にも喫煙者はいるが、少なくともこのような見苦しい行為はしていない。せめて歩き煙草だけはやめて欲しいと、切に願うばかりだ。

 ”健康のため煙草の吸いすぎには気をつけましょう”などと言うキャッチフレーズはナンセンス。1本も100本も同じリスクを負っている。
【2007/03/21 10:34】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
讃岐うどん
 締め切りの迫った膨大な量の資料作りは遅々として進まない。3・4日休みがもらえたら一気に仕上げるのだが。仕事から帰ってからも遅くまで仕事をしているとおなかが空いてくるはず、と思いきや、いつも晩ご飯は8時9時ではおなかも空かない。

 そんな遅い晩ご飯におうどんが食べたくなる時がある。昨年の新人に香川県出身の子がいるのだが、今日唐突に、おうどんは好きかと訊かれた。好みは昔から関西風の軟らかい茹でうどんではなく、腰の強い讃岐うどんが好きだったのでその旨を答えると彼女、香川県人として嬉しいです、と嬉しそうににっこりと微笑んでいた。

 うぅん・・・こんなことを訊かれたと言うことは、近々実家にでも帰ってお土産に買ってきてくれるのかな、と、あさましく考えてしまった自分が恥ずかしい。
【2007/03/20 00:01】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
春はまだ遠からじ
IMG_0132.jpg

 寒の戻りと言うにはあまりの寒さだった。
 昨夜もいつものように期限の迫った資料作りをしていたが、とにかく寒かった。天気予報でも寒気がかなり南下すると言っていたので、寒いだろうとは思った。しかしまさか雪になろうとは。朝窓の外を見て、しばし呆然・・・吹雪いている中、仕事に出掛けた。

 ことわざでは暑さ寒さも彼岸までと言うが、真冬より寒かった。でもそこは野鳥、寒さも吹雪ももろともせず、滅多にいない場所であおさぎさんはじっとエサを狙っていた。

DSCF2122.jpg

 寒い寒いと言っていたら余計に寒くなるのでよしておこう。
 昨日、宿題をやっていてブログに載せるのを忘れていたものがあった。淡路島のサービスエリアで買ってきたという、お土産をいただいた。春の香りがしそうなドライいちごのチョコレートと、かわいい牛さんのイラストがついたプリン。このプリンは定番でいつも買ってきてもらっていた。しばらく行かないしって。
 
 しばし寒さ忘れて作業の休憩に食べるとしよう。
【2007/03/18 22:05】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
早春の草花展
IMG_0066.jpg

 ぴよです。忙しいあーちゃんに植物園に連れて行ってって、お願いしました。そしたらしょうがないねって言いながら連れて行ってくれました。だって、もうすぐ早春の草花展が終わってしまうんです。
 温室の中はすっかり春でしたが、今日はちょっと寒かったからそんなに暖かくはなかったです。
 中には木のベンチが置いてあって、お姉さんたちが座って写真を撮っていました。すてきなベンチなので、ぼくたちも写真を撮ってもらいました。

IMG_0021.jpg

 外はとても寒かったんですけど、クロッカスが絨毯のようになっていたので、クロッカスのお花畑に下ろしてもらいました。

 寒かったけど、久し振りにお外に出られて気持ちよかったです。そしてあーちゃんは今、いろんな写真をアップする準備中です。
 よかったら今夜、ファインダー通信をそっと覗いて見て下さい。

ファインダー通信:早春の植物園
【2007/03/16 16:04】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
幸せの甘いお裾分け
DSCF2118.jpg

 同僚の若い女の子が結婚した。結婚と言ってもお式を挙げただけで、今月いっぱいで転勤先から帰ってくるご主人とやっと一緒に暮らせるらしい。忙しい年度末はあまりお休みも取れず、荷物の片付けくらいしか出来なかったとか。
 その彼女が引きで菓子の替わりに、と、みんなに小さな可愛らしビンに入った蜂蜜を配ってくれた。自分のhoneymoonにもまだ行っていないのに。
 四つ葉のクローバーが付けてあって、それはメッセージカードになっていた。

 ありがとう。こちらまで幸せな気分になってくる。

 幸せな家庭を築いて下さいね。
【2007/03/15 22:21】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
ひとつ問題解決
 昨日はあせりまくったが、なんともひとつはあっけなく解決。何のことはない、単なる自分の入力ミス。送信アカウント一部打ちミスが発覚。やれやれだが、もう1台の方がやはりおかしい。今日はもう時間もないのでまた今度再チェックを掛けようと思う。 

 でもこちらの方を主に使っているので早期に対策をねらなければ。

 お知らせ。 昨夜遅くHP一部UPしました。
【2007/03/12 09:47】 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
緊急事態発生ーemergency!!
 えらいことになってしまった(/_・)/ 先日写真貼付でmailを送ったらerrorになってしまい、おかしいとは思ったがそのままにしてしまった。しかし今朝、また違う所に送信してもやはりerror。これは何か起こったに違いないと、サポートセンターにTelもしてみたが埒があかない。ま、取りあえずもう1台のPCから送ればいいと考え直して送信。

 え、何で?受信はできるがやはり送信出来ず。なんでなんで???

 これはsoftの問題だけではなさそうだし、netは繋がっているからon-lineトラブルでもない。急ぎのmailではないものの、やはりこのままにしておくわけも行かず、さりとて何故2台とも送信できない?
 broadbandーrouterの電源を入れ直してみたりもしたが全く反応なし。

 こんなことをしている暇はなく、急ぎの仕事を取りあえずかたづけてしまわねばならない。それからまた考えよう。
 
 誰か原因を思いつく方があれば教えて下さい。とほほ・・・
【2007/03/11 13:18】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
物体の正体と盗難騒ぎ
IMG_8536.jpg

 今朝、起きてすぐ、窓の外を見て驚いた。なにやらオレンジ色の大きな物体がうずくまるように建物の陰に見える。視力コンマ1と乱視の自分の眼ではわからないので、眼鏡を掛けてもう一度外を見てやっと納得した。それは京大農学部の熱気球だった。観測用に飛ばすために熱風を吹き込んで準備しているようだった。
 いつもは上空高い所に浮かんでいる姿しか見ないので、かなり大きいものだと知りちょっと驚いた。この後気が付いたらもう姿はなく、どこかに飛ばされたようだった。
 
 それにしても昨夜は青くなった。やっと仕事を終え駐輪場に行くと愛車がない。それに朝の雰囲気と違う。ワイヤーロックは掛けておいたが盗難にあったのではと思い、周辺をもう一度探してみると全く違うところに止めてあった。やれやれと一安心して帰る準備をしていると、同じように辺りを見渡して自転車を探しているような人がいた。違うところに在るようだから探してみるように声をかけたら、すぐに見つかったようだった。かなり焦った顔つきだったのはきっと自分も同じだったと思う。そして今朝、出勤してわかった。駐輪場を整理して掃除をしてくれている施設課のおじさんの姿があった。昨日の騒ぎはどうも掃除のためだったようだ。おじさん、お掃除ありがとう。

 今日は、って、もう日付が変わるけど3月9日で39(サンキュー)で、感謝の日。
【2007/03/10 00:00】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京の伝統工芸品
DSCF2081.jpg

 京都の伝統工芸品は数多くあるが、その中で先日京の朝市で購入した京象嵌のピアスを付けてみた。熟練した職人さんの一点もの。私の好きな桜が彫り込まれている。細かいところで裏にも象嵌が施されているのがちょっとにくいところだ。
 今日は黒をbaseにしたシャツだったが、simpleなTシャツなんかでもよさそうだ。やはり黒地に金は豪華に見える。

  伝統工芸品 京ぞうがん
  株式会社 中嶋象嵌
  http://www.pam-city.com/n-zougan/
【2007/03/07 21:25】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
It is my birthday.
 私事だが、昨日は私の誕生日だった。年は幾つになったのかと訊かれると、それはちょっと困るのだが・・・(忘れたと言っても信じてもらえないだろうな)
 ま、それは兎も角。この日に合わせてようやくhome pageを立ち上げることが出来た。日程だけを決めてそれに向けて進んで行くのは、目標があっていいような、状況に関係なくやらなければいけないこともあり、取りあえず日付の変わる寸前にぎりぎりuploadしたというのが現状。
 まだgrand openではなく本家といくつかの分家をたてるのがやっとだった。また随時upしていくのでよろしくお願いします。
【2007/03/06 22:47】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
藤野のお豆腐
DSCF2098.jpg
 所用があって四条烏丸まで行った帰りに錦を廻ることにした。此処にはお気に入りのお豆腐屋さんがある。”京のとう富 藤野”という。飛竜頭が好きでよく買い求めるのだが、豆乳を使ったスイーツもとても美味しい。寒い季節に揚げたての豆乳ドーナツは辺りにとても幸せな香りが漂い、eat-in出来るのが嬉しい。休日は小さなお店が楽しげな話し声でいっぱいになる。

DSCF2097.jpg
 
 しかしこの季節ならこれ。さくらプリン。下側が豆乳プリンで、上が桜の塩漬けの入った桜ゼリー。容器がところてんみたいなのが面白い。 豆乳プリンはまったりとした豆乳の香りがして、桜ゼリーの香りと相まって、プリンの甘みがない分口の中ですばらしいharmonyを奏でる絶品。うちのぴよたちも大喜びだった。


  京とう富 藤野
  http://www.kyotofu.co.jp
【2007/03/05 14:59】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
今日のおやつ
DSCF2094.jpg
 久し振りにぼくたちの登場です。しばらくあーちゃんは忙しいので、また自分たちで載せちゃいます。
 昨夜あーちゃんがお仕事の帰りにおやつを買ってきてくれました。季節の限定商品に弱いあーちゃんです。キットカットの桃味。でも何故か”きっと、サクラサクよ。”と書いてあるのは、何だろう?桃なのによくわかりません。ぼくたち子供だからわからないのかも知れません。でも美味しかったらそれでいいです。
 今度、おやつを持ってどこかにお散歩に行きたいです。
 いつもお出かけする植物園の早春の草花展に行きたいなぁって、次のお休みの時に言ってみるつもりです。

【2007/03/04 12:47】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
夜明け前
DSCF2089.jpg

 ”夜明け前”とは島崎藤村であったか。彼はどんな朝焼けを見たのかは知らないが、今朝の朝焼けも綺麗だった。今日の日の出が6時25分で、その10分前のこのlocationは正に夜明け前。あっという間に空は明るさを増していった。
 夕焼けも綺麗だった。忙しく立ち働いている時刻であったため、しばしのあいだ見とれただけだったのが惜しい。
 それにしてもどうしてこう、日の出も日の入りもあっという間なのだろう。ちょっと見逃すともう見えなくなってしまっている。この瞬間を逃した時の悔しさ。撮れた時の得意さ。ほんの瞬きするコンマ何秒に一喜一憂するこの心情。 
【2007/03/02 22:52】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
春はあけぼの
 ”春はあけぼの。ようようしろくなり行く、山ぎわすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。”とは、あまりにも有名な枕草子の冒頭。
 
 春は夜明けとはよくいったものだ。春の日第一日目、日の出前、今朝はまさにこの冒頭の言葉通り、青く晴れ上がった空に東山の稜線がくっきりと浮かび上がって、美しいラインを描いていた。紫の雲まではたなびいていなかったが、十分に満足のいく絶景だと思った。

 この分だと朝は冷え込むだろうな、と、冬型の気圧配置となって冷たい季節風の吹く昨夜、足回りの軽くなった自転車をこぎながら雲間から時折見え隠れする蒼月を見上げて思った。
 気象庁の定める決まり事では今日から春。しかし1℃まで冷え込んだ今朝、川面を渡って足早に吹き抜けていく橋の上の風は、まだ春の香りを含んだ優しい風とはほど遠いものだった。
 
 それでももう三月。毎日通る通勤路に、赤紫の沈丁花が昨日の雨の中も、そして今日の肌寒い風の中でも変わらずに春の香りを漂わせていた。
【2007/03/01 20:56】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム |