日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

名残雪は誰のために・・・
 今日は快適な通勤ドライブになるはずだった。夜間、雨は降っていたが朝には止んで陽も射していたのだから。それになんといっても、先日自転車はメンテナンスして足回りも軽くなっている。
 だが、どういう訳だ?玄関のドアを開けたとたん、絶句した。

 どしゃぶりの雨・・・
 
 歩いて行くにはもう時間がない。仕方なしに傘差し運転で出勤した。同僚たちも口々に急な雨降りに困ったと言っていた。自転車に乗っていたもの、駅から歩いていたもの、それぞれこんな天気予報ではなかったのに、と。
 
 仕事が開始されて8時半頃、雨は雪に替わっていたらしい。
 名残雪だ。気象庁が定める冬は2月いっぱい。今日が冬の最終日。
 
 そして、プラッツ近鉄の最期の日。プラッツを惜しむかのような、そんな冬の最終日だった。

 有終の美を飾る日。

 雲の切れ間から、澄んだ綺麗な月が見え隠れしている。

 
【2007/02/28 20:40】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
近鉄京都店プラッツ閉店
DSCF2083.jpg
 いよいよ明日20時、プラッツが87年の歴史を閉じ、閉店する。時代の波に乗りきれなかったと言えば、あまりにも悲しすぎる話ではあるが。
 京都にエスカレーターが入ったのもここが初めてだった。
 幼い頃の”丸物”の時をかすかに覚えている。

 この百貨店はとても庶民的でお買い物しやすくて好きだった。四条河原町界隈の繁華街から少し離れた場所にあるこの百貨店は、旅行客にも便利がよかったが、高さ制限の一悶着のすえ建て替えられた駅ビルが完成してから人の流れが変わった。七条繁栄会の商店街も人の足が遠のいたと聞く。次のテナントは某量販店が入ると聞いたが、あの大きな建物にそのお店だけではないだろう。だが具体的なことは何も情報が流れてこない。七条繁栄会は量販店が入ることで人の流れが戻ってくることを期待しているらしいが、情報が入らないことには心配だろうと思う。

DSCF2087.jpg

 名残を惜しむため、定期薬をもらいに出掛けた帰りに最期のお買い物をしてきた。春先まで使える淡いグレーラベンダー色をしたカシミアのストール。メーカーはムーンバット。偶然ではあったが好きなメーカーだ。

 近鉄百貨店は醍醐にもあるが、モモはまた別物だと思っている。最期の日を見送れなくてよかったと思う。
 泣き虫の私はきっと泣いてしまうだろうから。
 
 慣れ親しんだ自分の古巣がなくなる辛さは2年前、職場を追われた我々の仲間共々十分すぎるほどによくわかる。
 プラッツのお店の皆さん、これまでありがとうございました。
【2007/02/27 15:48】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
今日のおやつ
DSCF2078.jpg
 昨日あーちゃんは、ぼくたちにお留守番をさせてお出かけしました。そしたらお土産を買ってきてくれました。ぼくたちと同じ黄いろ、芋餅って言います。西大路七条にある柑泉堂というお店のお菓子です。下の生地は裏ごししたさつまいもを練り込んだういろう生地で、上はさつまいもの甘露煮です。とっても美味しかったです。お芋さんのしっかりした味がして、ういろう生地はふんわり軟らかくて、さっぱりとした甘さともっちり感があります。季節のお菓子だそうです。
 ぼくたちはまだ子供だからミルクで頂きましたが、あーちゃんはお煎茶を入れました。お茶のほどよい渋みがぴったりだったそうです。
 ごちそうさまでした。

    京菓子司 柑泉堂 
 
    京都市下京区西七条南衣田町68(西大路七条下がる)
    075(313)4687
【2007/02/26 21:36】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
自転車のメンテナンス
 8段変速の自転車に普段4速で乗っているのだが、最近2週間ほど前から調子が悪い。ペダルをこいでいても空回りしたり、ギアチェンジがスムーズに出来なかったりする。小さなかたかたという耳障りな音がする時もあるので、行きつけの自転車屋さんに行ってきた。この自転車屋さん、若いスタッフなのだが男性女性問わずとても対応がよくて好きなお店だ。この自転車を買ったお店でもある。症状を伝えると試験運転に出掛け、帰って来るなり原因を突き止めてくれた。
 自分は飛ばし屋だが決して無茶な乗り方はしていない。お兄さんもそう言ってくれた。結局ギアの部分が普通考えられない方向に少し曲がっていると言われ、歪みを直してスムーズにチェンジ出来るよう調節をしてもらった。少しスプレーも噴霧して滑りをよくし、帰りはいつもの4速がものすごく軽く感じた。
 これでまた飛ばせる。さあ、この春はどこまで行こうか。
 梅は今が見頃。天神さんは行ったから御所にでも行くか。桜はまだだが、今年は早いのだろうな。
【2007/02/26 12:42】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京の朝市 in岡崎公園 平安神宮
IMG_8360.jpg
 今年で10回目となる京の朝市に出かけてみた。薄日が射して暖かいかと思ったが、徐々に曇ってきて少し肌寒かった。
 しかし、東映太秦映画村の俳優さんたちによる大道芸など、会場は熱気に包まれていた。飛び入り参加の子供のパフォーマンスには、おなかを抱えるくらい笑わせていただいた。おかげですっかり疲れてしまったが、きっと彼らは将来はりっぱなタレントになれるに違いない。素質があると思う。もしくは単純に素直な子供らしい行動だったかもしれないが、今後が楽しみだ。
 バナナの叩き売りは初めて見たが、勝ち取るだけの気合が足りなかった。主婦は強い。あの大きな一房欲しかったのだが。どれだけたくさんのバナナケーキが焼けただろう。
 南京玉簾はまことに不思議なものだ。編み方に工夫があるのだろうが、やっぱり不思議だ。ちょっとやってみたいと思う。きっと忘年会の宴会で受けるだろう。一発芸が欲しいと思っているところだ。
 そして一番の楽しみだったのが服部半蔵イベント。千葉真一の大ファンで、まだ若いころにシリーズでTVの時代劇でやってたのを、再放送も含めてほとんど見たものだ。柳生十兵衛も好きだった。真田広之もあのころは駆け出しで若かったが、今はいぶし銀のようなすてきな俳優になったと思う。
 
 出番を待つ半蔵さんを激写。
 
 怪しい人物だ。
【2007/02/25 17:59】 イベント | トラックバック(1) | コメント(0) | Page top↑
ぐりとぐら
 皇室の愛子さまはぐりとぐらのかるたがお好きだそうである。この週末の書店ではきっと軒並み売り切れだろう。
 
 マスメディアの威力は恐ろしいものがある。

 子供の頃にはたいてい眼にしたことのある絵本らしいが、私は見たことはない。ピーターラビットでさえ、大人になってから読んだ。きっと、有名な絵本というものは殆ど見たことないと思う。
 それなら何を読んでいたのだろう?記憶にあるのは小学生になってからと思われるが、ファーブル昆虫記、シートン動物記、考古学などの発掘調査記、など。
 かわいくない子供だ。

そう言いつつも内容が気になる。
 ぐりとぐらはどんなお話なのか、知っている人があれば教えてほしいと思う今日この頃。
【2007/02/24 13:00】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
これって、なに?
 2月23日の新聞記事にはとても驚かされた。赤ちゃんポストってなんだ?妖怪ポストなら知っているが、赤ちゃんに切手を貼ってどこかに送りつけるのか?記事を読んで、ああ、そうかと思ったが、当たらずとも遠からず。緊急避難場所として病院が赤ちゃんを預かるのだ。”ポスト”に子供を入れて行くという行為で・・・
 近年、子供の虐待など恐ろしい事件が年間4万件近くも報告(あくまでも報告で、公になっていないものもあるかも知れない)されており、追い詰められた母親が(そう、父親とは書いてなかったのはどういうことだろう?)育児に疲れて子供を遺棄する前に、病院が匿名で預かり考え直す時間を経て再び引き取りに来るのを待つというもので、欧米では以前から設置されており今回初めて熊本市の慈恵病院が申請していたのだが、厚生労働省が違法とは言えないとの見解を示した。
 賛否両論論議されそうだが、現実問題子供の命を守らなくてはいけないことも事実。さりとてよくありがちなこととして、捨て子を助長するのではないかという反対意見も捨てがたい。人目につかない入り口から入って”ポスト”にこっそり子供を置いていく行為が、自分としてはやっぱり捨てていくように思えて不憫でならない。本当に引き取りに来るのだろうか?来る母親よりそのまま来ない方が多いのではと、悪いほうにしか考えられない自分がとても悲しいが、世の中、素晴しいものでも必ず悪用する人が出てくるのも確かに多い。
 厚生労働省は子供遺棄の違法には当たらないと示したが、それ以前の問題として児童相談所は通報があっても十分に手が回らないのは、長岡京市の例が示すとおり。保護する先が病院ならこれほど安心して預けられる場所はないだろう。DVなどで子供に危害を加えられる恐れがあるときでも、そう簡単には発見されることもないだろう。
 結局自分としてはこのような保護施設が必要だとは思うが、方法とネーミングが悪いと思う。安部総理も塩崎官房長官も慎重に対処していくとの意見を述べている。
 今後の経過を観ていこう。でも、同じ政府内でなんか意見の食い違いがあるようで気になる。
【2007/02/24 09:19】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
新人教育との闘い
 年度末は何かと忙しい。つい先日も提出物を出したばかりなのに、もう次の提出文書が提示された。締め切りは今月末。え・・・、時間がない。それに加えて1年間のまとめや、極めつけは新年度の新人指導の計画書を3月中旬に提出しなければならなくなった。
 ちょっと待って・・・これはひどい・・・
 まだ顔も性格もわからないような子の指導書は計画しにくいが、まあ、来てからでは遅すぎるので仕方ないか。また修正は出来ることだし。ただ言えるのは、今日の会議でも説明されたが、”今時の子”だから、と。少なくとも我々の世代のようにたたき上げでは離職率が高くなるから、優しく接してやってくれと釘を刺された。確かに昨年も他部署であったが、途中で仕事に来なくなった子も何人かあったと聴く。
 ここ2・3年で技術を持った団塊の世代の方々が多数退職され、我々中間層が新人を育てて行かなくてはならないが、すでに”新人類”と言われていた世代よりもっと複雑な人類に育っている。そんな人類をどこまで理解できているかと言うと、かなり困難な状況だ。理屈ではわかっていても簡単にはいかないだろう。昨年の新人でもみんな頭を抱えた時期があったくらいだから。
 つくづく世代の大きな開きを感じてしまった。
【2007/02/22 23:21】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
PCの設定
 うちの職場には施設内をON LINEで繋いだ複数台のPCと、資料などを作成するための独立させてprinterと繋いだもの1台と設置されているのだが、昨年、独立させた方のHDが壊れてしまい修理に出したことがある。その時installしてあったPrinterのソフトが消えたままになってしまった。その上同じ時期にこれまで使っていたデジカメまで壊れてしまい、どちらも使えないあいだは自分のデジカメを使い自宅でprintoutしていた。
 ようやくPCの修理も終わり新しくデジカメも購入して、PctBridgeでDirectprintできるようにしたまではよかったが、1枚の用紙に複数枚の画像をPrintしたい時があるのだが、しかしDirectprintではそれができなくて、つい先日もうちの若い子が泣きついてきた。自分もそんな状態になっていたとは知らなかったので、なんとか希望のsizeで印刷したもののとても面倒だった。
 今日も3人がかりで苦労していたので、installしてあったデジカメのsoftから設定し直して、よく使われるWindowsの印刷wizardで簡単に複数枚を1枚に同時印刷できるように手直しをしてきた。これで無駄な時間を費やさずにPrint出来るだろう。ついでに使い方を書き込んだ大きなメモをパソコンデスクに貼り付けて来た。
 はい、これで一件落着。自分でもこれくらいは出来たのだと思うと、ちょっと嬉しかった。
 
【2007/02/21 21:54】 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
小さな春が来た
DSCF2068.jpg
 仕事から帰ってきたら、水栽培のヒヤシンスが咲いていた。そろそろ咲きそうだとは思っていたが、今日の春のような陽気に誘われたのだろう。まだ咲き始めたところでとても小さいがいい香りを放っている。それにしても水栽培のヒヤシンスなんて何年ぶりだろう。あれは忘れもしない阪神淡路大震災の時以来だ。あの時栽培容器が大きく揺れてひっくり返ってしまった。あれ以来何故か胸が痛んで好きだった水栽培をする気になれなかったのだ。12年経ったからと言うわけではないが、気が付いたらちょうど一回りした年だった。これも何か示唆しているのかも知れないと、今更のように考えてしまった。
 生あるものは元より、姿形あるものは全て心が宿っていると私は考えている。このヒヤシンスにも毎日綺麗だねって話しかけてやろう。12年掛かってうちに還ってきた花だから。
【2007/02/20 21:56】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
舌を噛んだ・・・
 どういう訳か、舌の付け根を噛んでしまった。それも同じ部位を2回も・・・歯磨きをした時、舌を動かすと喉の奥の方から引っ張られるような痛みが走る。どうにか歯磨きを終え、部屋の照明を手鏡でライティングして口腔内を覗く。あ・・・、在った。白っぽく潰瘍になっていた。いったいどうやったらこんな奥まった所を噛むと言うのだ?
 我ながら呆れるやら、感心するやら・・・
 ああ、まだ痛い。
 
 せめてもの救いはBGMにαステーションから懐かしい大好きなイーグルスの曲が数曲流れたこと。 
【2007/02/18 21:40】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
携帯ケース
DSCF2040.jpg
 所用で出掛けたついでに、途中で見つけた和風小物を扱っている町家を改造した小さなお店に入ってみた。初めてのお店なのだが、市内在住の作家さんやお店が集まって組合を作って運営をしていると言うことだった。一点ものもあるという。その中で眼にとまったのが帯地を使った小物で、ストラップや巾着、小物入れなどがあり、特に自分が気に入ってのがこの携帯ケース。ポケットの少ないジャケットを着たときにはいつも携帯電話の入れ場所に困っていたので、ベルトやジーンズのベルト通しに引っかけようと思う。帯地の端布もあったので今度時間が取れたら(いつとれるというのか)ポシェットを作ってみよう。
 しかし、希望的観測というのはいい言葉だ。取れたらって、きっと取らなければいつまで経っても時間は取れないだろう。デザインだけでも考えておくとしよう。
【2007/02/17 22:18】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
OverSeasQuiz αーステーション
DSCF1716.jpg
自分はFM京都(αステーション)が試験放送を開始したときからのリスナーなのだが、その中でもくめちゃんが大好きである。彼女の担当している番組にはよくリクエストしたものだが、最近は忙しさにかまけてあまりメッセージを送ることをしていなかった。しかし昨年、新風館で公開放送が行われ、久し振りに参加させいただきとても楽しかった。そのイベント会場で、今担当している番組のマスコット、正体不明のジョージの現物も初めて見た。たまたまうちのぴよたまを一緒に連れて行っていたので、記念写真を撮らせてもらった。スタッフの女性は、参加したリスナーさんはそれぞれ自分のキャラクターを持っているのですねと言われていた。そう、私の他にも一緒に写真を撮っていたのだ。
 それがきっかけで再びαステーションにリクエストやプレゼントの応募をするようになり、その番組内で毎週行われているジョージ・クイズ、OverSeasQuizで先日プレゼントをgetすることが出来た。私の好きなArtistノラ・ジョーンズのティッシュとあぶらとり紙のセット。ようやく届いてすごく嬉しいのだが、もったいなくてなかなか使えそうにない。箱だけ残しておいてポケットティッシュを入れ直してもよいのだが・・・
【2007/02/16 23:20】 αーStashon | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
お返し
DSCF2019.jpg
 今日は早速バレンタインのお返しをいただいた。K女史からであった。元上司で、普段は殆ど顔を合わせることもないが、たまに逢うと励ましの言葉を掛けて下さるのがすごく嬉しい。しんどいことも多い中で、こうやって励まされ気に掛けてもらっているとわかるから、また頑張れる。
 今は部署も替わってしまった元同僚が入院したと聴き、仕事が終わってからお見舞いに行ってきた。ストレスが原因なのだろうと思う。少し慣れたところで、身体の弱いところに出てしまったと彼女が泣く。そしてお見舞いに行った私にも気を付けるようにと忠告をしてくれた、自分もしんどいのに。この時期、昔の仕事仲間にチョコレートケーキを配って近況を聴いて励ましているのだが、人にしたことが自分に再び返ってくるのだと実感した1日であった。
 明日は寒の戻り、あちこちで風邪の噂を聞く。気を引き締めないと。
【2007/02/14 22:07】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
バレンタインデイのチョコレートケーキ
DSCF2013.jpg

 明日はバレンタインデイ。仕事仲間や日頃お世話になっている職場の人たちに友チョコならぬ、友チョコケーキとチョコチップスクッキーを焼いた。20cmのスクエア型が2個、小型パウンド型が3本、クッキーは30個くらいか。部屋中チョコレートの香りで充満し、気分が悪くなるくらいだった。1人分ずつパッキングしてやれやれ。
 もともとチョコレートはそれほど好きではなく、自分ではわざわざ買わないものの、いただくとすごく嬉しい疲れたときの薬代わり。だが、友人たちのためにチョコレートケーキなどを焼くのはとても好きだ。多分、喜ぶ顔を見るのが好きなのだろう。昨年はラムレーズンを混ぜ込んだのだが、ある男の子がドライフルーツ系が苦手と言ったので、今年はクルミにしてみた。来年のバージョンはどうしようかと、今から楽しみでもある。
 よい天気も今日まで、明日は春の嵐がやってくる。
【2007/02/13 22:51】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
早春の草花展
DSCF2000.jpg

 ねえ、ぴよたまちゃん、あーちゃんはぼくたちのことを紹介してくれなかったね。さっき、こっそりアップロードの仕方を見ていたから、自分で紹介しちゃおうね。えっと、ぼくぴよちゃんです、小さい方がぴよたまちゃんです。あーちゃんと一緒に住んでいます。今日は府立植物園に行ってきました。16日から始まる早春の草花展のプレオープンをしてるっていうから、行ってきました。北門の所に温室が出来ていて、春のお花がいっぱい咲いていました。これからもっとお花が入るんですって。あーちゃんは桜草が好きです。
 去年は温室の中には入れませんでした。今年は入ることが出来ます。とても近くで写真が撮れたって言って、あーちゃんは喜んでいました。
【2007/02/12 22:31】 ぴよちゃんの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム |