日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

W杯必勝祈願蹴鞠奉納 @下鴨神社
1-IMG_-2031.jpg
その1

 いよいよ近づいてきたサッカーW杯。そのサムライジャパンの必勝を祈願して、下鴨神社で蹴鞠の奉納が行われた。普段は1月、厳しい寒さの中に行われるが、今回は厳しい暑さの中の奉納。30℃越えの境内は、人の熱気でもっと暑くなった。

2-IMG_-2072.jpg
その2

3-IMG_-2088.jpg
その3

4-IMG_-2089.jpg
その4

5-IMG_-2093.jpg
その5

 いつものように木の枝に鞠が結わえ付けられ、運び込まれる。この季節なので瑞々しい青もみじの枝。

6-IMG_-2102.jpg
その6

鞠解きが行われ、鞠場の中心に置かれたら開始だ。

7-IMG_-2125.jpg
その7

8-IMG_-2135.jpg
その8

IMG_-2135 - コピー-8のコピー

9-IMG_-2151.jpg
その9

10-IMG_-2171.jpg
その10

 厳しい暑さの中、それでも普段拝見させていただいている、あの鞠さばきはさすが。

11-IMG_-2207.jpg
その11

 時にはスライディングしたり、

12-IMG_-2216.jpg
その12

 思わず見上げてしまったり。

13-IMG_-2237.jpg
その13

 皆さん汗だくになりながら一場のみの奉納を無事に終えることができた。そして本日の正客の登場。

14-IMG_-2240.jpg
その14

 元サッカー日本代表選手の中田英寿氏。今日は蹴鞠の衣裳で。青いサムライジャパンのユニフォームもいいが、烏帽子、鞠水干(まりすいかん)、鞠袴(まりばかま)、鞠靴と言う、伝統衣裳で臨まれた。色はさすがにユニフォームと同じブルーというのがいい。粋な計らいだと思う。そして、なかなか似合わないか?

15-IMG_-2248.jpg
その15

 ちら・・・?え?こっちを見てる?

16-IMG_-2264.jpg
その16

 リフティングを見せて!とリクエストが掛かったが、神事を汚したくないと、彼はそれを辞退した。何という潔い姿勢。スポーツマンの神髄を見たような気がする。ま、この衣裳ではかなり難しいと思うけど。

17-IMG_-2281.jpg
その17

18-IMG_-2294.jpg
その18

 W杯には幾つかのものを託す。まずはお払いをした鞠、小さなお社、新しく作られた八咫烏(かちまる)のお守り。このお守りは工繊大の教授がデザインされたもので、できれば首から提げて試合に臨んで欲しい、さすれば胸に日の丸が現れるだろうとのメッセージが言付けられていた。そして寄せ書きをしたタペストリーが2枚。

19-IMG_-2299r.jpg
その19

IMG_-2299r - コピー-19のコピー

 やった、こちらも向いて貰えた。その胸に誇らしげに輝くのは、日輪のようなお守り。

20-IMG_-2299rr.jpg
その20

 八咫烏は日本サッカー協会のシンボルマークで、日の丸の中に下鴨神社の文字と八咫烏のマークが入っている。これはよく効きそうなお守りだ。誇らしげに微笑む中田氏の表情が眩しい。

21-IMG_-2301.jpg
その21

 観客席に向かって深々と頭を下げるその姿は、スポーツマンシップの現れだと思う。

22-IMG_-2305.jpg
その22

 神事が終わり、鞠場を去っていくその横顔には、全国のサッカーファンのみならず、日本人としての誇りのためにも必ず勝ってくると言う決意が見えた。

 30℃を越える暑さの中、関係者の皆さんには本当にお疲れさまでした。熱中症で倒れる人もなく、よかったと思います。
【2014/06/01 00:00】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
下鴨神社に姫卯木が咲く
1-IMG_-8012.jpg
その1

IMG_-8012 - コピー-1のコピー

 御手洗川沿いに咲く山吹は撮り損ねたが、もっと好きな姫卯木は絶妙なタイミングだった。撮影は5月10日。

2-IMG_-8022.jpg
その2

 まだ陽が射す直前で、真っ白い花にはちょっと暗かったか。

3-IMG_-8026.jpg
その3

4-IMG_-8039.jpg
その4

5-IMG_-8050.jpg
その5

6-IMG_-8055.jpg
その6

 まだ参拝者も少なく自分だけが楽しんでいたところへ、ひとり、ふたりとカメラを持った人が現れる。

7-IMG_-8071.jpg
その7

 そりゃあそうだろう。これほどまで咲き乱れている真っ白な花を見たら、誰だって集まりたくなると言うものだ。そう、まるで街灯に集まる蛾のように。

   え?じゃあ、私も蛾なのか?(泣;

8-IMG_-8079.jpg
その8

9-IMG_-8083.jpg
その9

IMG_-8083 - コピー-9のコピー

10-IMG_-8109.jpg
その10

 欄干の朱色、若葉の緑、そして卯木の白、この三つの色が初夏の景色をもっと爽快なものにしてくれた。

11-IMG_-8136.jpg
その11

 とても気持ちのよい朝だった。
【2014/05/27 00:00】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
紀州梅道中 @下鴨神社
1-IMG_7772のコピー
その1

 この朝、ご一緒した方からこの行事があることを聞き、初めて行ってみた。あることは知っていたのだが、見たのは初めてだ。撮影は6月6日。梅の日に制定されているらしい。

 他の撮影場所から一旦帰宅し大急ぎで太陽を撮り、それから向かったので行列の出発直後。間に合わないかとはらはらした。数分程度出発が遅れたとか。ふむ、やっぱり悪運が強い。くじ運はないが・・・

2-IMG_7775のコピー
その2

3-IMG_7781のコピー
その3

4-IMG_7782のコピー
その4

 よくお見かけする下鴨神社の女性神職の方を先頭に行列が続く。

5-IMG_7784のコピー
その5

 色目も鮮やかな衣裳を身に纏った人々が、木漏れ日の糺の森を進んで行った。

6-IMG_7790のコピー
その6

7-IMG_7794のコピー
その7

コピー ~ IMG_7794-7のコピー

 両手で大切に抱え持つ竹籠には、紀州産の青梅。幸運にもいいシャッターチャンスがあったこの女性の目元の涼しさ。青梅の酸っぱさにも似た、さわやかな笑顔だ。とても素敵だと思わないか?

8-IMG_7806のコピー
その8

10-IMG_7818のコピー
その9

11-IMG_7878のコピー
その10

 行列の後方で個包の梅干しを配る女性が、なんだろう、歌を歌っている。その歌が森に響き、その中を行列はしずしずと楼門に向かった。

12-IMG_7900のコピー
その11

 この女性の口元、きりっとしたところを見せて頂けた。ちょっとかっこよくないか?

13-IMG_7917のコピー
その12
 
 楼門をくぐると、真っ直ぐ本殿へ。

14-IMG_7934のコピー
その13

 今年も無事、奉納をすることができたと、神さまにご報告。皆さん、お祓いを受けるなど、神事が行われた。

15-IMG_7971のコピー
その14

 下鴨神社での神事が全て終わり、記念撮影は賑やかだった。先程まで神妙な表情だった若い女性たちも、はじけるような笑顔。僧侶もしかり。締めくくりは僧侶の撮影する記念写真だった。

 このあとは上賀茂神社でも奉納が行われたが、他に用事があったためここで終了。来年は機会があればそちらも拝見したいものだ。 
【2012/06/12 00:00】 下鴨神社 | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
山吹 @下鴨神社
1-IMG_6650のコピー
その1

 今にも雨が降り出しそうな午後に。

2-IMG_6633のコピー
その2

3-IMG_6635のコピー
その3

4-IMG_6641のコピー
その4

 枯れた枝も多く、まだ見頃にはなっていなかったが・・・ 

5-IMG_6643のコピー
その5

 それゆえちょっと華を添えて貰った。

6-IMG_6645のコピー
その6

7-IMG_6657のコピー
その7

8-IMG_6659のコピー
その8

9-IMG_6662のコピー
その9

10-IMG_6664のコピー
その10

 朱色と緑と山吹色と、なんて綺麗な取り合わせの色だろう。

11-IMG_6670のコピー
その11

 いやいや、今はそんなことより、ごろごろと雷鳴が聞こえだしたことの方が大事。怪しげな空模様はとうとう雨が降り出した。敢えなくここで撤退。土砂降りになる前に帰らなければ。途中でしっかり降り出したが、なんとかずぶ濡れまでには至らなかった。

   やれやれ・・・(^^;

12-P4161142シュンラン
その12

 今日のおまけはこれ。石積みの隙間に咲いていたシュンラン。多分神社の方が植え付けたものだろう。こう言った昔から日本に自生している着生蘭が大好きだ。そろそろ風蘭やセッコクが咲く時期になってきた。またあそこに見に行きたいものだ。
【2012/05/04 00:00】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
京都梅花紀行 @下鴨神社尾形光琳の紅梅
1-IMG_6044.jpg
その1

コピー ~ IMG_6044-1

 突然の雪の覆われた光琳の紅梅。こちらは晴れた日に。撮影は3月14日。

2-IMG_6049.jpg
その2

 この日は先客にNHKの取材班の人たちの姿があった。邪魔をしないように。

3-IMG_6057.jpgその3

4-IMG_6058.jpg
その4

5-IMG_6071.jpg
その5

6-IMG_6079.jpg
その6

 濃いピンクの紅梅には、眩しいほどの陽射しがよく似合う。

7-IMG_6086.jpg
その7

コピー ~ IMG_6086-7

8-IMG_6087.jpg
その8

 どこから見ても見飽きることがない見事な紅梅。いつまでもずっと眺めていたい光景だった。

9-IMG_6128.jpg
その9

 この時、二組の挙式が行われていた。快晴の元、紅梅もお祝いをしてくれているようだった。

10-IMG_6037.jpg
その10

11 -IMG_6041
その11

 今日のおまけはこれ。楼門前の馬酔木。今年は花の付きが悪い。相生社横の馬酔木は殆ど花が付いていなかった。
【2012/03/21 22:08】 下鴨神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»