FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @善峯寺
1-IMG_7392.jpg
その1

IMG_7392 - コピー-1

 まだ間に合うかなと、自分とお休みと咲き具合をサイトで確認しながらやっと行けた西山は善峯寺。この桜が観たかったのだ。樹齢300年と言うからさすがは垂れ桜。徳川綱吉の生母桂昌院のお手植えと言うことで、どれだけの歴史を見てきた桜なんだろう。楓と桜の合体と聞いた。成長の途中に桜が楓を巻き込んだのだろうか。御所にも桜松というのがある。枯れて倒木寸前の松の幹に山桜が根を下ろし、空洞の中地面にしっかり根を張った。そのあと松が倒れてすっかり枯れてしまったが、桜はそのまま横向きに成長を続け、 毎年真っ白な綺麗な桜が咲く。

 ああ、脱線してしまった。では続きを行くとしよう。

2-IMG_7420.jpg
その2

 圧巻の東の斜面。梅雨の時期になれば、ここは紫陽花が彩りを添える。もう記憶も定かではないのだが、20年?30年?ほど前だっただろうか、ここは土砂崩れがあって酷い有様だった。そのあと紫陽花が植えられていった。確か、そんなはずだった。情報をネットで探しても出てこない。

3-IMG_7084.jpg
その3

4-IMG_7435.jpg
その4

5-IMG_6907.jpg
その5

6-IMG_7456.jpg
その6

7-IMG_7507.jpg
その7

8-IMG_7542.jpg
その8

9-IMG_7547.jpg
その9

10-IMG_7569.jpg
その10

 真っ青な空に真っ白な桜が映える。八重紅がもう少し早かったのが残念だったが、毎日暇にしているわけではないから仕方がない。来年は八重紅のピンク色が綺麗な時期に来てみたいものだ。

11-IMG_7464.jpg
その11

 標高の高い位置にある善峯寺。この景色もここならでのもの。しかし、ひとつ問題がある。じ、実は高所恐怖症で足が竦み、非常に恐ろしい思いをしながらの撮影だった。

12-IMG_7591.jpg
その12

 石垣の上に垂れ下がる、見事な垂れ桜をもう一度振り返って帰路へついた。
【2020/05/17 21:00】 2020桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都桜紀行 @圓光寺
1-IMG_7336.jpg
その1

1-IMG_7336 - コピー

 ある晴れた朝に。満開で夕闇の迫った時刻も好きなのだが、今年はよいタイミングもなく、快晴のこの朝に。

2-IMG_6809.jpg
その2

3-IMG_7234.jpg
その3

4-IMG_7254.jpg
その4

5-IMG_7256r.jpg
その5

6-IMG_7330.jpg
その6

7-IMG_7363.jpg
その7

 メインの八重紅がもう少し早かったのだが、毎年よいタイミングで行けるとも限らない。

8-IMG_6780r.jpg
その8
 
 メジロもいつもいいタイミングで撮れるとも限らないのだ・・・
【2020/05/16 21:44】 2020桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都桜紀行 いつかどこかで桜並木を見る
2-9W0A2468r.jpg
その1

2-9W0A2468r - コピー

 春先の、こんなのどかな桜並木。

1-9W0A2439r.jpg
その2

 この街道、通ったことがあっただろうか。少なくとも、桜の季節には通ったことはない。

3-9W0A2624.jpg
その3

4-9W0A2705.jpg
その4

 前回通ったときにはまだ蕾も多かったが、満開の桜はそれだけで気持ちも明るくなる。

5-9W0A2345.jpg
その5

 この満開の桜では、自転車を降りて歩きたくなると言うものだ。

6-9W0A2350.jpg
その6

 来年は穏やかに桜を愛でることができるだろうか。
【2020/05/15 20:30】 2020桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都桜紀行 @清水寺
1-9W0A3028.jpg
その1

1-9W0A3028 - コピー

 垂れ桜は少し盛りを過ぎてしまったのだが、この日まで予定が立たなかったもので。こんな時でなかったら、絶対に足を運ばなかった清水寺・・・ 何年ぶりだろう、そしてこの先桜の時期に再訪することがあるのだろうか?そんなことを考えながら出かけた夕暮れ時。

2-9W0A2799.jpg
その2

3-9W0A2821.jpg
その3

4-9W0A2871.jpg
その4

 見下ろすと、見慣れない景色にちょっと感動。

5-9W0A2894.jpg
その5

 そうそう、忘れるところだった。なぜ清水寺に行こうと思いたったのかと言うと、

6-9W0A2905.jpg
その6

 長い工事期間を経て、屋根の葺き替え工事が終わって、綺麗な檜皮葺が見られるようになったため。この微妙な曲線が難しいそうな。

7-9W0A2906.jpg
その7

 奥の院には既に人影もまばら。金色の夕日が差し込んでいる。

8-9W0A2909.jpg
その8

9-9W0A2916.jpg
その9

 市内からもよく見える三重の塔はひとあし先に工事を終え、その綺麗な朱塗りが鮮やか。

10-9W0A2920.jpg
その10

 本堂を正面から。

11-9W0A2923.jpg
その11

 子安の塔も少し前に修復を終えて、とても綺麗な姿になっているが、昔の子安の塔は黒ずんで酷く傷んでいたものだ。清水の舞台から見る子安の塔も自分は好きだったりする。

12-9W0A2984.jpg
その12

13-9W0A2997.jpg
その13

 今は桜と新緑に覆われているこの一帯は、秋の紅葉がまた素晴らしい。って、もう何年も来ていないのだが。

14-9W0A3021.jpg
その14

 さあて、一廻りしてきたわけだが、久しぶりに来るとなかなかよかったと思える。

15-9W0A3006.jpg
その15

 本当に、ここまで観光客がいないのかと驚いた次第。例年ならあり得ない景色に感動するやら、参道のお店の閑古鳥に気の毒になるやら、まことに複雑な気分だった。

 この続きはまた今度。
【2020/05/13 23:22】 2020桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム |