日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @東福寺
1-IMG_4980.jpg
その1

IMG_4980 - コピー-1r

 今更・・・ という感じもあるのだが、昨年の紅葉は東福寺。最近観光客の増加で通天橋はおろか、臥雲橋からの撮影も制限されるようになった。で、昨年の秋もぎりぎりのところでなんとか。

2-IMG_4727_20180319200013ae3.jpg
その2

3-IMG_4734.jpg
その3

 お気に入りの経堂うらは工事の人たちが出入りしている。「京の冬の旅」で特別公開されたので、それに併せての修繕だったようだ。初夏の青もみじ、秋の紅葉がまた楽しみになる。

4-IMG_4750.jpg
その4

 一方通行の指示に従って洗玉澗まで必死に降りたが、あまりの混雑に再び上がっていくのもまた必死で・・・ この左右には押しくら饅頭のような人混み。

5-IMG_4799.jpg
その5

6-IMG_4823r.jpg
その6

 通天橋から見下ろす臥雲橋。いつも黄色い葉が先に落ちてしまうので多色のグラデーションとまではいかないが、それでもこの紅葉の海原は一見の価値があるように思える。

7-IMG_4869.jpg
その7

8-IMG_4874.jpg
その8

 南の六波羅門から入ると目の前には大きな三門と色づいた唐楓。個人的にかなり好みでもあるので、ここは必ず堪能しなければ東福寺に来た意味がないくらいだ。

9-IMG_5000.jpg
その9

 なんやかんやと移動に時間がとられてしまい、まもなく閉門時刻になってきていた。人影のなくなった通天橋は、しばしの静けさに包まれていった。
【2018/03/19 20:30】 2017紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @相国寺
1-IMG_5778.jpg
その1

IMG_5778 - コピー-1のコピー

 今年の相国寺は一段と色付きがよかったように感じた。

2-IMG_5780.jpg
その2

3-IMG_5786.jpg
その3

4-IMG_5792.jpg
その4

5-IMG_5794.jpg
その5

6-IMG_5798.jpg
その6

7-IMG_5806.jpg
その7

8-IMG_5817.jpg
その8

9-IMG_5818.jpg
その9

10-IMG_5820.jpg
その10

11-IMG_5822.jpg
その11

 木漏れ日の眩しい午後に。
【2018/01/19 23:12】 2017紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
京都紅葉紀行 @雨の鞍馬寺
1-IMG_0468.jpg
その1

IMG_0468 - コピー-1のコピー

 紅葉はまだひたすら続く・・・ とはいえ、こればかりにかかっているわけには行かないが、準備のできているものから順繰りに枚数も少なめで。
 さて、タイトルの通り、この日は怪しげな雲行きの中の鞍馬寺。快晴の空が似合う時とむしろ曇天か小雨が似合う時とがあって、しかし最終的には個人の好みかもと思う。ではこの日はどうだったかというのは、最後に。

2-IMG_0454.jpg
その2

3-IMG_0476.jpg
その3

 到着してまもなく、小雨の降り出した山門前。この時期、いつ時雨に遭遇するかわかったものではない。大丈夫、カメラバッグの中には、ちゃんと折りたたみ傘が常備してある。

4-IMG_0479.jpg
その4

5-IMG_0482.jpg
その5

6-IMG_0486.jpg
その6

7-IMG_0488.jpg
その7

 雨のおかげでしっとり感が増していい感じ。幸いにも雨は長続きしなかった。そうしているうちに見る間に青空が広がってきて・・・

8-IMG_0496.jpg
その8

9-IMG_0512.jpg
その9

 曇りから小雨、そして快晴の空と、二度美味しい、もとい、三度楽しませて貰うことができたのだった。
【2018/01/15 23:10】 2017紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @赤山禅院
1-IMG_9115.jpg
その1

 2016年、行きそびれた赤山禅院。昨シーズンの秋は十月桜とコラボで。

2-IMG_9918_20180111221234671.jpg
その2

3-IMG_9920.jpg
その3

4-IMG_9968.jpg
その4

5-IMG_9113.jpg
その5

6-IMG_9143.jpg
その6

 色付きが今ひとつの部分もあったが、秋に見られる桜の魅力は大きく、また、空の青、イチョウの黄色、そしてもみじの赤と、そのコントラストがとても綺麗だった。

7-IMG_9145.jpg
その7

IMG_9145 - コピー-7のコピー

 今日のおまけはこれ。なぜ蟷螂が大きなサイズ付なんだと言う突っ込みはなしで・・・(笑)
【2018/01/11 22:20】 2017紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @圓光寺
1-IMG_3968.jpg
その1

 紅葉の盛り、早朝の圓光寺へ。

2-IMG_3972.jpg
その2

3-IMG_3973.jpg
その3

4-IMG_3976.jpg
その4

5-IMG_4002.jpg
その5

6-IMG_0134.jpg
その6

7-IMG_4160.jpg
その7

8-IMG_4163.jpg
その8

9-IMG_4221.jpg
その9

10-IMG_4225.jpg
その10

11-IMG_4245.jpg
その11

12-IMG_4291.jpg
その12

13-IMG_4319.jpg
その13

14-IMG_4380.jpg
その14

15-IMG_4392.jpg
その15

16-IMG_4442.jpg
その16

17-IMG_4490.jpg
その17

18-IMG_0131.jpg
その18

 ようやく明るくなり始めた頃に入り、やがて陽が差してきた頃になると、同じ場所なのに別の景色を見ているような気分になった。さあ、次は雪が降ったときに行きたいものだ。先日の初雪の朝は、こちらもうっすらと積もり、とても素晴らしい景色だったようだ。

 紅葉紀行、まだまだ現像が済んでいないものが殆ど。この秋は数カ所でも撮影に行けただけ救いだった。もう少し忙しくするので、次の予定は未定。
【2017/12/23 23:06】 2017紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»