日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @修学院離宮その3上離宮
1-553A4448.jpg
その1

 先日の続きを。さてさて、雪が降ったりやんだりの中、ようやく上離宮までやって来た。

2-553A4456.jpg
その2

 しかしながら、ここに来て雪はやや強く降るようになっていた。

3-553A4457.jpg
その3

4-IMG_6370.jpg
その4

 ここで快晴になったら、青と白のコントラストがとても綺麗だっただろうに・・・

5-553A4480r.jpg
その5

6-553A4518r.jpg
その6

7-553A4519.jpg
その7

8-IMG_6377.jpg
その8

 気を取り直して、まずは進もう。

9-IMG_6379.jpg
その9

10-IMG_6392.jpg
その10

 真っ白の雪と青い空のコントラストを期待していたのに、ずっと降っている・・・

11-IMG_6399.jpg
その11

 楓の種に積もった雪くらいでは騙されないけど・・・

12-IMG_6405r.jpg
その12

13-553A4552.jpg
その13

14-553A4559.jpg
その14

15-553A4565.jpg
その15

 ようやく終わりがけになって吹雪も止んできて、見事な景色を見せてくれた。

16-IMG_6412r.jpg
その16

 雪の積もった田んぼでは、ホオジロが近くまで来て姿を見せてくれた。

 納得のいく画像でもなく、お天気でもなかったが、まずはこちらでの雪景色を堪能することができた。これだけ広々とした風景の中でみる雪景色は至福の時間だった。

17-553A4583.jpg
その17

 さあて、ここからどうしようか?どこへ行こうか?結局この日はまだ回っていて、合計2万歩を超える歩数を記録していてくたくただった。
【2017/04/26 20:40】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都雪景色紀行 @修学院離宮その2中離宮
1-553A4357.jpg
その1

 先日の続きを。さて、参観が始まった途端に降ったり止んだりのややこしいお天気になったこの日。傘を差して2台持ちはかなりの困難を強いられながらだったが、遅れないように必死について行くのだった。

2-553A4354.jpg
その2

3-553A4369.jpg
その3

4-553A4372.jpg
その4

5-553A4422r.jpg
その5

6-553A4428.jpg
その6

7-553A4425.jpg
その7

8-553A4377.jpg
その8

 一冬に何回かは雪が降るという修学院離宮。しかしこの大雪は最近ではあまりなかったという。この離宮が建てられたときはどうだったのだろう。離宮とは言え、冬でも度々足を運ぶことがあったのだろうか。

9-553A4351.jpg
その9

 中離宮を出て、遙か高台に見える上離宮へと向かう。

10-553A4344.jpg
その10

 いつもならこの松並木を抜けて行くのだが、この冬は道の改修工事が行われていて通行止め。

11-IMG_6348.jpg
その11

 かわりに田んぼの中の農道を歩む。道ばたのお地蔵さまは遠くてお目に掛かることができなかったが、初めてのご対面、になるはずなのにすっぽりと雪を被っていた・・・

12-IMG_6356r.jpg
その12

13-IMG_6362r.jpg
その13

 雪がなければ遠くにいるホオジロも、背景に紛れて解らなかっただろう。

14-553A4340r.jpg
その14

 踏み荒らされた雪の農道は非常に歩きにくい。しかしそれ以上に通ることのなかった道を通り、近くで見ることのなかった景色を堪能できる喜びの方がずっと勝る。

15-553A4341r.jpg
その15

 大刈込も近くに見えて来た。上離宮までもう少し。この続きはまた今度。
【2017/04/16 05:51】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(3) | Page top↑
京都雪景色紀行 ダイジェスト
1-553A4056.jpg
その1

 1月15日の大雪、そのダイジェスト。まずは東北院。

2-553A4070.jpg
その2

 極楽寺

3-553A4080.jpg
その3

 仰弥寺

4-553A4112.jpg
その4

 真如堂

5-553A4208.jpg
その5

 金福寺

6-553A4237本願寺北山別院
その6

 本願寺北山別院

 貴重な雪景色、かなりの枚数があるが、保存がやっとで現像どころか、記事にする暇がない。またしばらく臨時休業に入る。
【2017/04/11 23:46】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
京都雪景色紀行 @修学院離宮その1下離宮編
1-553A4249.jpg
その1

 京都は現在桜が満開状態。だがお天気も悪くこの週末はどうしたものか。一気に咲いたので身動き取れず。仕方がないので雪景色でも。

 この冬は念願だった修学院離宮の雪景色を撮ることができた。次の目標は仙洞御所。気の早いことだ・・・

2-553A4262.jpg
その2

 待合で待っている間はいいお天気になってきたが、参観時刻になった途端に雲行きが・・・ さて、まずは下離宮から。

3-553A4289.jpg
その3

4-553A4303.jpg
その4

5-553A4310.jpg
その5

6-553A4323.jpg
その6

 この続きはまた今度。

 この冬から春にかけては公私ともに非常に忙しく、撮影しても保存するのがやっと。活動をやめているわけではないのだが、更新はかなり不定期となっております。殆どが臨時休業のようにも思っているのだが(T_T) しかし、桜と鳥はちょっとぼつぼつでも更新したいと思う。
【2017/04/06 21:15】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都雪景色紀行 @吉田神社
1-553A3991.jpg
その1

 今年1月、大雪となったある早朝。やっと桜開花の便りが聞かれるようになったというのに、何故か雪景色紀行。現像もままならないというのに、時系列に沿わないと落ち着かないという性格がある。しかしそれではどうにも成らなくなり、順不同で・・・

 で、改めて。この朝は酷く吹雪いていたかと思うと、すっと小降りになったり、その繰り返しだった。

2-553A3996.jpg
その2

3-553A4003.jpg
その3

4-553A4008.jpg
その4

5-553A4011.jpg
その5

6-553A4015.jpg
その6

7-553A4027.jpg
その7

8-553A4028.jpg
その8

9-553A4036.jpg
その9

 雪の白さの中に浮かび上がる朱色の鳥居。雪もみじと相まって、とても綺麗な景色だった。そして、

10-553A4042.jpg
その10

11-553A4043.jpg
その11

 吉田山の山頂、竹中稲荷神社。こちらはまた、春には桜のトンネルとなる。春の桜はもう少し前だ。
【2017/03/31 11:31】 2016-2017雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»