日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @御所宗像神社
1-IMG_0352.jpg
その1

 先日21日の雪の朝、出勤前撮影。御所閑院宮蹟の門はまだ固い。

2-IMG_0354.jpg
その2

 しかし目的はこちら。宗像神社。末社の工事中なので赤いコーンが・・・(T_T)

3-IMG_0356w.jpg
その3

4-IMG_0360_20160128205329d05.jpg
その4

5-IMG_0362.jpg
その5

6-IMG_0363.jpg
その6

7-IMG_0364r.jpg
その7

 朱色の鳥居さえない地味な景色の神社だが、その分、雪の日には水墨画のような美しさになる。

8-IMG_0365.jpg
その8

 これらの景色もいいが、この朝の目的はこれ。雪水仙。

9-IMG_0367.jpg
その9

10-IMG_0368_20160128205401bf7.jpg
その10

11-IMG_0369.jpg
その11

12-IMG_0370.jpg
その12

 ふかふかの雪わたぼうしを被らせて貰って、喜んでいるような、ありがた迷惑だと言っているような・・・ 雪を被っていても、それでもこの辺りは早春の甘い香りだ微かにしている。

13-IMG_0371.jpg
その13

 いつもはこの辺りにノラ子が何匹かいるのに、寒さのせいか1匹も出てこない。

14-IMG_0372.jpg
その14

15-IMG_0373.jpg
その15

16-IMG_0374.jpg
その16

17-IMG_0380.jpg
その17

18-IMG_0381.jpg
その18

 時間がないけどと言いながら、貴重な雪景色は残しておきたい。それも御所の雪景色はあまり撮ることが少ない。と言いながら、実は昨年の雪景色がお蔵入りになっているのだ。昨年は元旦から余りにもたくさん降りすぎて、記事にするのも手に余るほどだったという贅沢さだった。

19-IMG_0382.jpg
その19

20-IMG_0383.jpg
その20

 最後にもう一度本殿にお参りをして、この日の仕事が無事終わることができるようお参りをしてようやく出勤したのだった。

21-IMG_0417.jpg
その21

22-IMG_0422.jpg
その22

 今日のおまけはこれ。雪文字と雪青龍殿。気温が上がらず、日中も非常に寒い日だったので、午後になっても残っているところがあった。青龍殿・・・計画が挙がったときには景観に配慮して目立たないようにと言うことだったが、カバーが外されたらこのようなありさま。どの季節に於いても目立って仕方がない。


【2016/01/29 00:00】 2016雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都雪景色紀行 @京都御所
1-IMG_0287.jpg
その1

 先日、やっと本格的な雪が降った京都市内。しかし平日・・・ 降るのではないかと予報が出ていたのでスタンバイだけはしておいた。出勤前の僅かな時間、有効に使わなければ。しかし、8時始業はなかなか厳しいものだ・・・(泣;

 遠くに寺町御門。そのもっと向こうには大文字が見えるのだが、今は吹雪の中。秋には見事なイチョウの金色も好きな景色だが、昨年は撮り損ねた。と言うより、ちょうどマンション建設のクレーンが2基入ってしまって画にならない。ニュースにもなった完売の七億ションって、なんだ?商業地区で、それほどいい土地でもない。ただ東側が開けていて景色がいいだけなんだが・・・ いや、別にひがんでいるわけではない。景観が悪くなるから厭なだけだ。

2-IMG_0289.jpg
その2

 吹雪で視界が悪いが、行けるところまで行くとしよう。

3-IMG_0290.jpg
その3

4-IMG_0293.jpg
その4

5-IMG_0295r.jpg
その5

 遅咲きの黒木の紅梅。3月に入ったらたくさんの花を咲かせメジロが歓喜するが、まだ蕾は堅い。雪梅になったら嬉しい。

6-IMG_0296.jpg
その6

 建礼門は吹雪の中に霞んでいる。

7-IMG_0299_20160124082637d65.jpg
その7

 では九条邸址へ。早起きの方が多く、既に足跡が・・・(^^;

8-IMG_0310.jpg
その8

 厳島神社。春になったら最近植えられた枝垂れ桜が咲くのが楽しみだが、こちらも今は吹雪の中。つきだした半島のようなこの土地は自分の縄張りだと言わんばかりに、アオさんがいることが多いが、今朝はいない。ちょっと残念。

9-IMG_0311.jpg
その9

10-IMG_0312.jpg
その10

11-IMG_0319.jpg
その11

12-IMG_0333_2016012408263956f.jpg
その12

 ほんの数分間で降ったり止んだりの忙しいお天気。一応傘は持っていたが面倒だ。ジャケットのフードを被っただけでしのいだ。石灯籠にはどなたが置いたのか、1輪の椿のつぼみ。

13-IMG_0334.jpg
その13

 葉を落としたサルスベリ。今年は申年、年始早々からどうか滑らないようにしたいものだ。

14-IMG_0385.jpg
その14

15-IMG_0388.jpg
その15

 雪はなおも降り続く。この続きはまた今度。
【2016/01/24 09:26】 2016雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
元旦に雪景色の比叡山を見る
1-IMG_-8767.jpg
その1

 初日の出。昨年は雲がかかっていたが、今年の初日の出は快晴に恵まれた。昨夜の冷たい雨はいつの間にかあがっていて、なのに霜が降りている。余程冷え込んだらしい。同理で寒かったはずだ。

 と言うわけで・・・

2-IMG_-8750.jpg
その2

IMG_-8750 - コピー-2のコピー

 比叡山は冠雪していた。

3-IMG_-8751.jpg
その3

4-IMG_-8764.jpg
その4

5-IMG_-8789.jpg
その5

 今年は八瀬ケーブルが改修工事に入るので、元旦の運行がなかった。行っていたら雪景色が撮れたのになぁとちょっと残念。しかし、昨夜の雨を考えるととうてい止んで空が晴れ渡るなどと、誰が想像できただろう。

 この冬は暖冬。雪景色を見られるかどうか解らないので、元旦の比叡山冠雪は貴重な1枚となった。
【2016/01/02 20:11】 2016雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
| ホーム |