日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @八瀬瑠璃光院
1-IMG_-7419.jpg
その1

 お正月も既に1/3が過ぎてしまっているのに、まだ紅葉かと笑われそうなのだが、いよいよこれでラストの紅葉紀行となる。門の処と瑠璃の庭の処では色づきの時期がずれるので撮影は11月21日、28日。昨年の豪雨はこちらの裏山にも大きな被害が出てしまい、秋の特別拝観がかなり危ぶまれたのだが、懸命の復旧作業の結果ぎりぎりシーズンに間に合った。それでもかなり短い期間だった。

2-IMG_-7406r.jpg
その2

 庭師の方にお聞きした話だと、様子を伺っていたときに山鳴りとともに突然土砂が崩れて庭を埋めてしまったそうな。どうすることもできず、見ているだけしかなかったと。自分が丹精込めて御世話をしている苔の庭が土砂を被った様子は、胸が張り裂けそうになるだろうなぁと思う。
 我々はそんな気配も微塵も感じさせないお庭を拝見することができるのだ。感謝のしようもない。本当に有り難いことだ。

 その修復の終わった瑠璃の庭を堪能しに、さあ行こう。一緒に開門を待っていたのは初めて来たという東京の男性は、FBだかなんだかに上がっていた机もみじと窓の外に広がる見事なもみじに感銘を受け、居ても立ってもいられなかったとのこと。また、電車から一緒だった女性も初めて来たのだという大阪の方。こちらの建物の間取りと拝観順路を説明し、ベタな撮り方ではあるが、出回っているようなその画像はこんな風にして撮ったものだと簡単なレクチャーをさせて頂いた。

3-IMG_9002.jpg
その3

 玄関の上に見える紅葉がかなりの期待感。

4-IMG_9006.jpg
その4

 先日強い雨が降ったばかりなので、かなり散りが進んでしまったのではと心配したが、ここから見た分には遜色はなさそうだ。

5-IMG_9018.jpg
その5

6-IMG_9026.jpg
その6

IMG_9026 - コピー-6のコピー 

 写経ができるように準備がしてある座卓には、もみじが写りやすいビニールのテーブルクロスが掛けてある。これがあるのとないのとでは大違いなのだ。

7-IMG_9037.jpg
その7

 ぴかぴかに磨き上げられた板間にももみじが写り込む。

9-IMG_9038.jpg
その8

 手すり越しに瑠璃の庭を見下ろすと、こちらもいい感じになっているのが見える。 益々楽しみになって来た。さあ、 ざっと拝見したので階下の書院へ。

8-IMG_9039.jpg
その9

 例年だとここにはお茶席がしつらえてあるが、今回は広々とした空間になっている。これは見事だ。ここでお庭を眺めながらのお茶もいいが、この空間を楽しむのもまた一興。
 ところがここでちょっと空気の読めない若い女性にみんな苦戦する。ずらっと並んで結局降参した・・・(T_T) 興味のないものにとってはほんの50cmほど移動するだけでいいと思うのだろう。価値観の違うもの同士は、何処まで行っても平行線でしかないから相手にしないことだ。

10-IMG_9043.jpg
その10

 皆さんには申し訳ないが、なんとかこの景色は先に撮らせて貰うことができてほっとした。

11-IMG_9090.jpg
その11

 言葉の響きからイタリア人の男性だろうか、沓脱の上にまで降りていたので、

   Keep out!

 と、ジェスチャーを交えて説明すると直ぐに解ってくれて、慌てて上がってきた。みんながこんな人だといいのだが・・・ その彼らはこの瑠璃光院にとても興味を持ったようで、

   ここは家ですか?

 と、アプリを使った翻訳文を見せた。ふむ、これはどう言う意図なんだろう?意味が解らなくて困っていたら、英語ができる男性が気づいてくれ、庭師の方に聞きながら説明をして下さった。外国人の男性はそれはもう嬉しそうで、多くのことを尋ねていたようだった。こう言うのを文化交流と言うのだろう。

12-IMG_9102.jpg
その12

13-IMG_9111.jpg
その13

14-IMG_9114.jpg
その14

 それにしても毎年来ていても新たな感動をしてしまう瑠璃の庭。ふかふかの苔と散りもみじ。苔の状態ともみじの色づきがとてもいい。日々の手入れがどれだけいいかと言うことだ。立地条件もいいところだが、やはり庭師の腕の御陰だろう。

15-IMG_9120.jpg
その15

 先程ちょっと撮り損ねた処を撮ったら、臥龍の庭へ降りていく。いや、今になって思い出してもやっぱりとても混雑していた。修復費用が掛かるので、今回は特別拝観料が高額になっているにも関わらず、開門時には数十人が列を作っていた。建物の傷みが激しくなったのも、多くの団体が入ったことも原因のひとつだとも聞く。昨年秋の特別拝観では、団体はお断りしているという話も耳にした。団体が入っていなくてもこの混みようだ。いかに人気の絶景かという証拠だ。この状態で流れに沿ってやって来ただけの団体がいたら、景色も台無し。ツアーで来た方たちは歓声を上げるだけで、廻りのことを見ていないから。
 個人的なお願いだが、今後は団体は入れないで欲しい。また、人数制限を少し取り入れてもいいかなとも。いや、それに自分があぶれたら悲しいけど。

16-IMG_9050.jpg
その16

 さあさ、次へ。本堂では阿弥陀さまにお参りをして、

17-IMG_9052.jpg
その17

 窓から臥龍の庭を見下ろして期待感を上げる。

18-IMG_9061.jpg
その18

 あまりゆっくりと眺めている暇はなかったが、苔緑と紅葉の朱色がコントラストになって見事だ。

19-IMG_9077.jpg
その19

 案外好きな処がここ。玄関に座り込んでしばし眺める。

20-IMG_9084.jpg
その20

 そこを上から見下ろして。同じ処を何周か回ったような気がするが、何回でも回りたくなる景色ばかり。

21-IMG_9126.jpg
その21

 次の公開は全くの未定だそうだ。木々の向こうにはまだ直せていない裏山がある。道がなく大きな重機が入らないので、復旧作業は困難を極めている。少し時間を掛けてしっかりと修復作業をお願いしたいと思う。

22-IMG_9134.jpg
その22

23-IMG_9147.jpg
その23

 こうしてなんとか拝見することのできた瑠璃光院で、2014京都紅葉紀行は最後としたい。長いお付き合いを感謝します。次からはストックが山のように堪ってしまった雪景色紀行と多分鴨川パトロール、そして日々のあれこれのご紹介となるだろうと思われる。どうかよろしくお願いします。
【2015/01/12 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
京都紅葉紀行 @夕暮れの鹿ヶ谷

その1

IMG_-1029 - コピー-1のコピー

 間もなく陽が落ちると言うときに。法然院の山門の向こうには異世界が広がる。撮影は12月2日。

2-IMG_-1038.jpg
その2

 太陽は既に傾き、真横からの金色の陽射し。

3-IMG_-1044.jpg
その3

 晩秋の法然院は間もなく彩りを失おうとしていた。

4-IMG_-1045.jpg
その4

 柔らかなオレンジ色の光。

5-IMG_-1058.jpg
その5

 この日最後の光がもう消えようとしていた。

6-IMG_-1065.jpg
その6

 さあ、もうお暇をしなければいけない時刻になった。

7-IMG_-1072.jpg
その7

 だけど、もうちょっとだけ。

8-IMG_-1087.jpg
その8

9-IMG_-1102_20150110000708fb7.jpg
その9

10-IMG_-1113.jpg
その10

 金色に包まれる法然院だった。それではもう一ヶ所大急ぎで。

11-IMG_-1121.jpg
その11

IMG_-1121 - コピー-11のコピー

 夕闇に消える寸前の安楽寺。

12-IMG_-1123.jpg
その12

13-IMG_-1134.jpg
その13

14-IMG_-1139.jpg
その14

15-IMG_-1156.jpg
その15

16-IMG_-1161.jpg
その16

 もう秋も終わりだった。
 
 紅葉の撮影はこれが最後だが、紅葉がもうひとつだけ残っているので、2014年の紅葉はそれで最後となる。
【2015/01/11 20:19】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都紅葉紀行 @東福寺塔頭光明院
1-IMG_-1025.jpg
その1

 まだ残っている紅葉・・・ 散々雪を追いかけてしまったお正月を経験すると紅葉に戻るのはちょっと辛いものがあるが、もう少しだけ頑張ってみようか。
 撮影は12月1日、夕暮れ間近に。

2-IMG_-0911.jpg
その2

 もう終盤で、残っているかどうかも解らないような時期だった。木に残っていなくても散りもみじだけでもと言う気楽な気分で出かけてきた。それにこの時期と時刻ならさすがに人も少ないはずだ。案の定、受け付けにさえ人の気配がない・・・(-_-;)

3-IMG_-0915.jpg
その3

4-IMG_-0913.jpg
その4

5-IMG_-0925_20150107083857fbe.jpg
その5

6-IMG_-0918.jpg
その6

7-IMG_-0919.jpg
その7

8-IMG_-0926.jpg
その8

9-IMG_-0940.jpg
その9

 既に夕闇が近くしかも盛りも過ぎてしまっていたが、こちらの静かな空間はむしろこの時期の方が心地よい。

10-IMG_-0920.jpg
その10

 書院へ。今更思い出しても遅すぎるが、雪見障子を閉めて撮るのを忘れていた・・・

11-IMG_-0921.jpg
その11

12-IMG_-0923.jpg
その12

 悟りの窓・・・ 自分をありのままに見つめる、なかなかできないことだ。だがこの静かな時間ならちょっと考えることもできるだろうか。紅葉が盛りなら人が多すぎてうるさくて、この景色をゆっくり眺めることさえできない。

13-IMG_-0946.jpg
その13

 本堂ではお参りをさせて頂く。入れ違いに観光タクシーがお客を連れて入ってきたが、いつものように観光客が歓声を上げてうるさい。お寺の説明を運転手がしていたが、せめてここでお参りをすることも教えて欲しいものだ。こう言った観光客でお参りをした人を見たことがない。お寺は景色を見るためにあるのではないから。

14-IMG_-0952.jpg
その14

 裏の墓地へ行く道は散りもみじの参道。

15-IMG_-0963.jpg
その15

16-IMG_-0964.jpg
その16

17-IMG_-0966.jpg
その17

18-IMG_-0969.jpg
その18

19-IMG_-0970.jpg
その19

20-IMG_-1002.jpg
その20

 暗くなってきた雨上がりの波心庭には、日中強い雨に打たれた散りもみじが敷き詰められていた。

21-IMG_-1007.jpg
その21

 日没寸前、最後の陽光を僅かに残ったもみじに投げかけて陽は沈んでいった。
【2015/01/08 20:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @鞍馬口上御霊神社
1-IMG_-8445.jpg
その1

IMG_-8445 - コピー-1のコピー

 上御霊神社の黄色い絨毯・・・

2-IMG_-8440.jpg
その2

 何年か前に1枚の写真に魅了されてから、毎年欠かさず来るようになった。それも決まって夕暮れ近くに。明るい日中に見るより、感度は上げざるを得ないが、それでも雨の日だとか、曇りもしくは夕暮れ間近、そんなときにここへ来る。この黄色い絨毯とオレンジ色の掛かった朱色のカーテンを見に。

3-IMG_-8458.jpg
その3

 いや、一番琴線に触れるのは、この静かな空間があるからかも知れない。

4-IMG_-8447.jpg
その4

5-IMG_-8459.jpg
その5

6-IMG_-8465.jpg
その6

 薄暗くなってきた夕暮れ近く、確かにおどろおどろした感じではあるが、

7-IMG_-8469.jpg
その7

 この朱色のもみじと、

8-IMG_-8483.jpg
その8

 前日の雨にもかろうじて残ってくれていた、

9-IMG_-8484.jpg
その9

10-IMG_-8495.jpg
その10

IMG_-8495 - コピー-10のコピー

 黄色いイチョウのコラボレーションが私の心を惹きつけて止まないのだ。

11-IMG_-8518.jpg
その11

12-IMG_-8522.jpg
その12

13-IMG_-8525.jpg
その13

14-IMG_-8531.jpg
その14

 時折小雨の残る夕暮れ。まだ地面には落ちたくないとだだをこねる水滴と黄色いイチョウの葉・・・

15-IMG_-8537.jpg
その15

 ああ、今年も見ることができて本当によかった。帰る寸前、ご高齢とお見受けしたご夫婦がこの本殿裏にやって来て、敢えなく黄色い絨毯をかき乱していった・・・(T_T)
 間に合ってよかったと、本心からそう思った。
【2015/01/02 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
京都紅葉紀行 @梨木神社
1-IMG_-8932.jpg
その1

IMG_-8932 - コピー-1のコピー

 昨日の続きを。寺町通りを挟んで廬山寺の向かいには梨木神社がある。萩で有名だが、今は違う意味で有名になってしまった。

2-IMG_-8925.jpg
その2

 心が痛むので、あまり目立たないように撮っては見たが、二の鳥居の向こうに見えるのは巨大なクレーン。そう、駐車場だったところに、マンションを建設中なのだった。以前はずっと向こうまで赤いもみじのトンネルが続いていたものだったが、もう二度とその様子を見ることは叶わなくなってしまった。

3-IMG_-8926.jpg
その3

 気を取り直して本殿へ。こちら側は今まで通り。ここまではの話だが。

4-IMG_-8929.jpg
その4

 井戸の側もこれまでと変わらない。ぬかるみやすい足元が何とかならないかといつも思うこともこれまでと同じ。

5-IMG_-8936_20141230111345d40.jpg
その5

 舞殿の側にあった塀がなくなったので、この辺りはたいへん明るくなった。ちょっと萩が寂しい気もするが、なぁに、直ぐに勢いを取り戻すだろう。丈夫な植物だから。

6-IMG_-8944.jpg
その6

 東側だけでも明るくなって陽当たりがよくなったのだろうか。久し振りに見たこちらの紅葉の色がいいように思う。

7-IMG_-8946.jpg
その7

 廻りを紅葉で囲まれた舞台、このような所でなにか催し物があれば見栄えがいいだろうなぁ。

8-IMG_-8947.jpg
その8

9-IMG_-8960.jpg
その9

 たくさん植えられていた参道脇の萩がなくなってしまったので、なんだったら紅葉の季節にこのロケーションもいいことだから、新しいイベントでも行えば集客にもなるように思えるが、ちょっと安易な考えだろうか。

10-IMG_-8962.jpg
その10

11-IMG_-8964.jpg
その11

12-IMG_-8965.jpg
その12

 だが、四方を紅葉に囲まれたこのロケーションの良さは、やはり捨てがたい。稀にお参りに来る人がいる程度で、ゆっくり紅葉を楽しめるから、ここもちょっとした穴場かも知れない。

13-IMG_-8968.jpg
その13

 有名どころは数々あれど、時には緊張せずに気楽に撮影できるこんな処で息抜きも必要だ。

 ところで。年末も押し迫ってきたわけだが、まだ紅葉が幾つか残っているわけでして。このまま年明けも続けて行こうと思う。
【2014/12/31 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»