FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

鴨川パトロール 増水した鴨川その3崩落した河川敷
2-IMG_8957.jpg
その1

 今回の豪雨で何が驚いたかというと、やはりこれだろう。

3-IMG_8963.jpg
その2

 先斗町歌舞練場すぐそばの河川敷が崩落したのだった。

4-IMG_8966.jpg
その3

6-IMG_8969.jpg
その4

8-IMG_8974.jpg
その5

 崩落した翌日の朝には既に重機が入り、修復工事が始まろうとしていた。それにしても、何の偶然か、なぜまた歌舞練場の前だけ崩落したのか。1日でも早い復旧が待たれる。
【2018/07/12 21:40】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
鴨川パトロール 増水した鴨川その2
1-553A9142r.jpg
その1

 先日の続きを。増水して荒れた鴨川のパトロールを。まずは合鴨の若たち。

2-553A9054r.jpg
その2

 巣立ったばかりの(ツバ)メーちゃんの若。飛び方がまだ心許ない。

3-553A9066r.jpg
その3

4-553A9093r.jpg
その4

 大人のメーちゃん。傘を差して追いかけるのも楽ではない。

5-553A9139.jpg
その5

 陸に避難したサワガニのごちそうをゲットしたハシボッソー。

6-553A9220.jpg
その6

 流れ着いた芦の中にごちそうを探すスズちゃん。

   だめだめ、パンくずは持ってないから

   ちぇっ、つまんないの・・・

7-553A9478r.jpg
その7

 向こう岸で石垣に張り付いて及川をゲットしたダイさん。ふむ、たくましい。見ていたら立て続けにゲットしてる。

8-553A9538.jpg
その8

 枯れた草に潜んでいた蜘蛛をついばんだセグロさん。

9-553A9580r.jpg
その9

 葛の茎に張り付いていた虫をほおばるスズちゃんの若。まだ黄色いゴムパッキンがかわいい。ちゃんと自分で狩りをしてたくましい。

10-553A9616.jpg
その10

 河川敷の石垣の隙間からしみ出す比較的済んだ水でやり過ごそうとしている大きな錦鯉!その横には大きな真鯉も見え隠れしていた。

11-553A9619.jpg
その11

 倒れた芦の茂みに隠れていたヌートリアを捕ったつもりがピンが外れて、手前のコガネグモ(?かな)を捉えていた(笑)

12-553A9623.jpg
その12

 人の気配に驚いて飛んで行ってしまったムクちゃんたち。

13-553A9651.jpg
その13

 人目を気にせず草むしりをするマーさん夫妻。

14-553A9770.jpg
その14

 遊歩道まで打ち寄せる川岸で大きなドジョウをゲットしたダイさん。

15-553A9807.jpg
その15

 時にはおやつを・・・(^_^;)

16-553A9855.jpg
その16

 そして再び大きなドジョウを。

17-553A9830.jpg
その17

   あ・・・

18-553A9831.jpg
その18

 ナイスキャッチ!

   危ない、危ない。大事なごちそうなんやから

19-553A9879.jpg
その19

 雑種のオオサンショウウオ。雑種だろうが国産だろうが、やっぱりかわいいものはかわいい。

20-553A9928.jpg
その20

 打ち上げられたブルーギル(この直前、自分が見つけた)をついばむハシボッソー。仲間に横取りされようとしたので、必死に死守していた。

21-553A9947.jpg
その21

 どこに目があるのかよく分からない黒い顔だが、目が合ってしまったオオバン。

22-553A9970.jpg
その22

 やはり葛の葉っぱの下に隠れているごちそうを探すスズちゃんの若。

23-553A9981.jpg
その23

 濁流の上を悠々と飛んでいくアオさん。普段は2羽集まれば互いに牽制し合うのに、この日ばかりは複数いても距離を保ちながらおとなしい。

24-IMG_9034.jpg
その24

 そして翌朝、あっという間に水も引いていき、激しい濁流で柔らかい葉っぱがもぎ取られた芦の茎だけになった川岸に立つアオさんがいた。

 この続きはまた今度。
【2018/07/09 22:30】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鴨川パトロール 増水した鴨川その1
1-553A8984.jpg
その1

 七夕を直前に控えた週末、鴨川は氾濫寸前だった。朝の出勤時はまだこの程度で済んだのだが、

2-553A9005.jpg
その2

 夕方仕事帰りの鴨川は濁流が渦巻いていた。

3-553A9118r.jpg
その3

 雨の降りしきる中、水煙で遠くもかすむ。

4-553A9231.jpg
その4

 同じ水量計の目盛りに注目。1mも水量が増えていた。

5-553A9167.jpg
その5

 船の舳先のように流れる水を切るうねり。それはまるで生き物のようだ。

6-553A9236.jpg
その6

7-553A9361.jpg
その7

8-553A9376.jpg
その8

9-553A9447.jpg
その9

 うねりの巨大さは向こう岸の人の姿と比べれば一目瞭然。普段はこの石垣の倍の高さがある。

10-553A9574.jpg
その10

11-553A9683.jpg
その11

 あっちの橋もこっちの橋も、橋桁ぎりぎり・・・

12-553A9734.jpg
その12

 どこから流れてきたのか、根元から引き抜かれたような大木も見える。

13-553A9950.jpg
その13

 生きているかのような高いうねりの鴨川だった。しかし、それでも5年前の増水よりはましかと・・・ 今回、撮影する時間がちょっとあったので、記録としてかなりの枚数を撮りためた。

 この続きはまた今度。
【2018/07/08 22:22】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
鴨川パトロール 台風の後で
1-IMG_8083.jpg
その1

 2週にわたる週末の台風は、鴨川の水量も増加したまま・・・ アオさんたちはお腹を空かしているだろうと思い、ちょっと心配になってパトロールしてきた。
 濁りは消えていたが、水量の多いこと。それでもアオさん、定位置に陣取り見つめる。

2-IMG_8082.jpg
その2

 ダイさんも少々うんざりとした表情で(多分・・・)、適度の間隔を取る。ヤツの場所を横取りしたいのは山々だが、少々お腹が空いてそんな気分にはなれない。多分・・・(汗;

3-IMG_8108.jpg
その3

IMG_8108 - コピー-3のコピー

 そこへ獲物をゲットしたアオさん。どや顔でうまうま。

4-IMG_8139.jpg
その4

 その光景を対岸から眺めていたアオさんは気分が悪い。鴨川のカップルよろしく来てみたが、やっぱりこいつも争いは避けたいようで、去っていった。

5-IMG_8146.jpg
その5

   やれやれ、無駄な体力を使わんで助かった・・・

 やはりみんな疲れているようだ。ずっと水量が多くて狩りができないのだから。

6-IMG_8164.jpg
その6

IMG_8164 - コピー-6のコピー

 陽も大きく傾いてきた頃、次々とごちそうにありついていた鴨川のメンツたちだった。最近、パトロールに出ると食いつきがよくなるような気がする。応援が効いているのかどうかは全く不明だが。
【2017/11/06 20:11】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
鴨川パトロール 狩人アオさんを見る
1-553A6783.jpg
その1

553A6783 - コピー-1のコピー

 この夏一番の大物。見事に発色したオイカワを捕らえてご満悦のアオさん。

   わ、わし、捕まってもうた~

 どこかで小さな声が聞こえるのだが・・・? アオさんの耳、今日日曜祭日勝手つんぼ曜日。とうてい聞こえるわけがない。そのうち聞こえなくなった。

2-553A7170.jpg
その2

 その姿に刺激された若アオさん。なかなかやるではないか、ちょっと見直した。

3-553A7199.jpg
その3

553A7199 - コピー-3のコピー

  あ。。。

 いい気になっていた若アオさんは鮎を1匹落としてしまった。悲鳴とも溜息とも付けがたい心の叫びが聞こえたように感じた。で、気を取り直して。

4-553A7368.jpg
その4

5-553A7392.jpg
その5

   どや!

 立ち直りの早いアオさんであった・・・
【2017/09/04 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»