日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

祇園祭2017 前祭り山鉾巡行
1-IMG_8567_2017072311254149b.jpg
その1

IMG_8567 - コピー-1のコピー

 今年の前祭りはいつものところと場所を変更してみたら、大幅に規制が変わっていて、かなり難儀をしてしまった。きっと祭日と重なったためだろうと推測する。いやはや、物凄い混雑ぶりだった。

 さて、くじ取らずの長刀鉾、ここから始まる。若干順不同となるが、ご了承を。枚数も多くなってしまったので、キャプションはなし。雰囲気を味わっていただけたら幸いである。

2-IMG_8691.jpg
その2

3-IMG_8756.jpg
その3

4-IMG_8791.jpg
その4

5-IMG_8793.jpg
その5

6-553A8017.jpg
その6

7-IMG_8976.jpg
その7

8-IMG_9004.jpg
その8

9-IMG_8930_2017072311261566d.jpg
その9

10-IMG_9026.jpg
その10

11-553A7932.jpg
その11

12-IMG_9056.jpg
その12

13-IMG_9092.jpg
その13

14-IMG_9113.jpg
その14

15-IMG_9074.jpg
その15

16-IMG_9120.jpg
その16

17-IMG_8834.jpg
その17

18-IMG_8837.jpg
その18

19-IMG_8886.jpg
その19

20-IMG_9163.jpg
その20

21-IMG_9131.jpg
その21

22-IMG_9196.jpg
その22

23-IMG_9223.jpg
その23

24-IMG_9263.jpg
その24

25-IMG_9293.jpg
その25

26-IMG_9302.jpg
その26

27-IMG_9314.jpg
その27

28-IMG_9329.jpg
その28

29-IMG_9334.jpg
その29

30-IMG_9359.jpg
その30

31-IMG_9366.jpg
その31

32-IMG_9384.jpg
その32

33-IMG_9398.jpg
その33

 前記したように、今年は規制が大幅に変更され、思うような場所を確保できなかったが、なんとかリカバリーはできたかなと結果オーライで。警察官にたびたび注意を受けている人もあったが、まずは神事に事故があってはならない。
 熱中症で運ばれた人もあったのではないかと思うが、昨年より随分と楽だった。健康に自信のない人は、1年で一番蒸し暑いこの時期に行われる祭りに長時間参加するのは、よく考えてからの方がいいだろう。まずは事故のないように、そう願う。まだ後祭りが控えているが、関係者の方々、警備の方々、そして何より今回22万人の観光客をさばいた京都府警の方々には感謝したい。たいへんお疲れ様でした。そして明日、後祭りの滞りがない、事故のない遂行をお願いしたいものである。
【2017/07/23 12:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
祇園祭先祭り曳き初め2017
1-IMG_5065.jpg
その1

 この時期が京都では一番蒸し暑い時期ではないだろうか。梅雨明け間近の京都市内では祇園祭も先祭り巡行を前に、曳き初めが行われた。撮影は7月12日。仕事の都合で朝から行くことは叶わず、この日最終の長刀鉾に間に合えば、程度で。

2-IMG_4815.jpg
その2

3-IMG_4904.jpg
その3

 月鉾は子供たちが一緒に綱を引く。

4-IMG_4937.jpg
その4

5-IMG_4958.jpg
その5

 菊水鉾は飾り付けを一緒に行うことができるが、今年は四条通まで出てきたところを撮るのが精一杯だった。

6-IMG_4986.jpg
その6

 さて、本命の長刀鉾は狭い歩道に人が溢れて、場所の確保が非常に厳しかった。お稚児さんが乗り込むところから見られてやれやれ。

7-IMG_4993.jpg
その7

 今年のお稚児さんはなかなかのイケメンぶり。

8-IMG_5067.jpg
その8

 落ちないように腰を抱えて貰いながら太平の舞を披露する。そして鉾はぎしぎしときしみながら四条通を東へ向かって、八坂神社へ向かって進み出した。

9-IMG_5117.jpg
その9

 曳き初めの時だけ東山を背景に鉾が通る。

10-IMG_5140.jpg
その10

11-IMG_5187.jpg
その11

 お天気が心配された平日の午後とは思えないほどの混雑ぶりだった。

12-IMG_5251.jpg
その12

IMG_5251 - コピー-12のコピー

 今年は例年以上に雨が多く、ビニールを被ったままだったが、明日の本番はどうなるのか。非常に気温も湿度も高く、関係者の方々も心身ともに厳しい日が続く。どうか無事に遂行できますように。例年通りに・・・
【2017/07/16 21:48】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
御蔭祭 切り芝神事2017
1-IMG_4155.jpg
その1

 葵祭に先駆け行われた御蔭祭。葵祭ばかりが注目されるが、3日の流鏑馬神事、4日齋王代禊の儀・古武道奉納、5日歩射神事など、7日献花祭、8日裏千家献茶祭、14日鮒奉納式、15日葵祭、そして今年2017年の締めくくりは21日小川流献茶式(襲名披露兼)で終わった。
 で、その中の切り芝神事。撮影は5月12日。その神事の中でも舞人による東遊びと呼ばれる神様に奉納する舞楽を。午前の出発時は眩しいピーカンで暑かったが、夕方は薄曇りの気持ちのよい風が糺ノ森を吹き抜けていた。

2-IMG_4172.jpg
その2

3-IMG_4225.jpg
その3

4-IMG_4230.jpg
その4

5-IMG_4253.jpg
その5

6-IMG_4326.jpg
その6

IMG_4326 - コピー-6のコピー

7-IMG_4340.jpg
その7

8-IMG_4523.jpg
その8

9-IMG_4578.jpg
その9

10-IMG_4658.jpg
その10

11-IMG_4666.jpg
その11

 実に数年ぶりくらいだろうか。陽射しの柔らかい、穏やかな日だった。そう、ここまでは。

12-IMG_4703.jpg
その12

 神馬がその姿を出したとき、急に暴れ出したのだった。何かお気に障ることでもあったのだろうか。しかし皆さんパニックになることもなく、なだめてそのまま神社へと帰っていった。
 この暴れ出した理由として考えられることが二つある。一つは観覧席からのカメラのストロボ。何回か光っていた。辺りがやや薄暗い中、その光はとても強く感じた。そして神事のあいだ中水辺ではしゃぐ甲高い子供の笑い声。雅楽の調べが台無しになるくらいだったので、馬にはかなりストレスだったのではないかと思われた。どなたにも怪我がなく終了したことが幸いだったが、これに限らず馬が参加する行事や祭りには注意勧告が放送されるのにと思う。危ないのは観客ではなく、その馬に騎乗している人や手綱を引いている人。彼らの方が余程危険であることを見物人は知らないのが哀れだ。

 下鴨神社の方々、祭礼に参加された方々、たいへんお疲れさまでした。ありがとうございました。
【2017/06/30 10:24】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
賀茂競馬(かもくらべうま) @上賀茂神社(賀茂別雷神社)
1-553A9024.jpg
その1

 5月5日、賀茂競馬が遂行された。

2-553A9087.jpg
その2

 菖蒲の根会わせ。まだ極若い乗り尻とベテラン乗り尻のふたり。一旦乗り尻になると、少年と言えども大人と同等の扱いを受け、甘えは許されない。成人の振る舞いをしなければならない厳しさがある。

3-553A9118.jpg
その3

4-553A9159.jpg
その4

 本殿前で再び根合わせが行われる。

5-553A9175.jpg
その5

 そして、内陣にて祝詞を受けて清めていく。

6-IMG_3871.jpg
その6

 そして午後、乗り尻たちが集結した。

7-IMG_3875.jpg
その7

8-IMG_3880.jpg
その8

9-IMG_3882.jpg
その9

10-IMG_3886.jpg
その10

11-IMG_3901.jpg
その11

12-IMG_3904.jpg
その12

13-IMG_3910.jpg
その13

14-IMG_3946.jpg
その14

15-IMG_3963.jpg
その15

 若者も熟練者も、なんとよい表情をしていることか。

16-IMG_3925.jpg
その16

17-IMG_3971.jpg
その17

 馬に馬場を少し歩かせると、いよいよ競馳が開始される。解説を始めると長々となるので、画像だけをどうぞ。

18-553A9283.jpg
その18

553A9283 - コピー-18のコピー

19-553A9306.jpg
その19

553A9306 - コピー-19のコピー

20-553A9342.jpg
その20

21-553A9355.jpg
その21

 若い乗り尻は熟練者には敵わないようだったが、それでも必死に食らいついていった。

22-IMG_3977.jpg
その22

IMG_3977 - コピー-22のコピー

 どれもこれも名勝負だった。競馬の詳細はまたご自分で調べられたし。

23-553A9227.jpg
その23

 今日のおまけはこれ。開始前に馬の装飾品や和鞍を見て貰うために馬場を往復させて歩くのだが、この子は飼い葉がもっと食べたかったのか、文字通り道草を食ってしまった・・・?
【2017/05/07 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
流鏑馬神事 @下鴨神社(賀茂御祖神社)
1-553A7429.jpg
その1

 来る5月15日に行われる葵祭の幕開けとなる流鏑馬神事が行われた。撮影は5月3日。新緑がとても美しい糺ノ森で、狩衣や武家装束を纏った小笠原同門会の方々が奉仕された。

2-553A7460.jpg
その2

3-553A7465.jpg
その3

4-553A7466.jpg
その4

 幾つかの神事が行われると、いよいよ開始。では、どうぞ。

5-553A7520.jpg
その5

553A7520 - コピー-5のコピー

6-553A7689.jpg
その6

7-553A7800.jpg
その7

8-553A7845.jpg
その8

9-553A7891.jpg
その9

10-553A7980.jpg
その10

 彼は今回の最年少、中学2年生。すべての的に当てることはできなかったが、勇壮な姿を見せてくれた。まだ2回目という。落馬しないように、徹底的に訓練してから騎乗する。来年も奉仕してくれるのだろうか。是非とも上達した技を拝見したいものだ。

11-553A8015.jpg
その11

12-553A8049.jpg
その12

13-553A8077.jpg
その13

14-553A8181.jpg
その14

 多くの方が全部の的に当てることができ、会場は拍手の渦に沸く。そして最後を飾るのは小笠原清基さん、小笠原宗家の長男。

15-553A8272.jpg
その15

 彼が現れると糺ノ森にはピーンと張り詰めた空気が漂う。静まりかえった森に馬が駆け抜ける蹄の音と、彼のかけ声だけが響いた。

16-553A8276.jpg
その16

553A8276 - コピー-16のコピー

 そして的が割れる乾いた音。すべてに当たったことがアナウンスされるなやいなや、どっと歓声が上がる。

17-553A8299.jpg
その17

 後ろ姿からもなんだかオーラが出ているような空気感。この方の持つ存在感には圧倒される。

18-IMG_3292.jpg
その18

 強い日差しもなく、柔らかな光の中、滞りもなく無事に流鏑馬神事が執り行われたのだった。
【2017/05/06 23:40】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»