FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
萩 @梨木神社
1-IMG_6247.jpg
その1

IMG_6247 - コピー-1

 数年前、育成とマンション建設に伴ってばっさりと切られた萩が、ようやく勢いを取り戻してきた。萩は開花が終わると根元から切って来年の新芽に備えるのだが、こちらの萩は勢いが戻るのに随分とかかってしまったように思えるのは気のせいだろうか?今年はこれなら撮影に行ってもいいかなと思えるようになったので、ちょっと出かけてみた。

2-IMG_6217.jpg
その2

3-IMG_5935_20181012214316dab.jpg
その3

  9月には萩祭りが行われ、短歌を書いた短冊があちらこちらで風にはためく。個人的には好みではないが、風情はある。

4-IMG_5942.jpg
その4

 境内の一角に藤袴が咲く。そこだけいい香りに包まれているが、アサギマダラを観ることはない。

5-IMG_5958.jpg
その5

6-IMG_6243.jpg
その6

7-IMG_6259.jpg
その7

8-IMG_6280.jpg
その8

9-IMG_6296.jpg
その9

10-IMG_6312.jpg
その10

11-IMG_5930r.jpg
その11

12-IMG_6211.jpg
その12

 以前の駐車場に建てられたマンションも、なんとか目立たなくなってきた。賛否両論あるだろうけれども、部外者がとやかく言うべきことではないと思っている。こうして萩が覆い隠すように茂っているときは。

 秋には錦秋に彩られる梨木神社。それも楽しみしておこう。この方向から見る紅葉が好きだから。
スポンサーサイト
【2018/10/12 22:07】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
雨上がりの萩 @真正極楽寺(真如堂)
1-IMG_5483.jpg
その1

IMG_5483 - コピー-1

 雨上がりの萩は、随分と趣がある。

2-IMG_5461.jpg
その2

 いつも出迎えてくれるのは手水舎の盛り花。季節ごとに、その日に咲いているものを飾る。さすがは女性の庭師さんの仕事は綺麗だ。この季節はちょっとおとなしめ。華やかなのはやっぱり早春の椿だろうか。

3-IMG_5463.jpg
その3

4-IMG_5481_2018100620061261b.jpg
その4

5-IMG_5477.jpg
その5

6-IMG_5493.jpg
その6

7-IMG_5490.jpg
その7

 滝のように流れ落ちる萩の枝。赤紫の花の色がより鮮やかになるのは雨の仕業。

8-IMG_5499.jpg
その8

 まもなく紅葉の季節を迎えるもみじ。既にうっすらと色づく。しかし各地でもみじの木も随分と被害を受けた。

9-IMG_5529r.jpg
その9

10-IMG_5531r.jpg
その10

 雨がやんでいる間に大急ぎでお食事中。

11-IMG_5536.jpg
その11

 本堂脇の萩はまだ咲いているだろうか。再訪したかったのだが、ちょっと機会を逃した。

12-IMG_5591.jpg
その12

 再び今にも雨が降り出しそうな空模様。濡れないうちに帰ろうか。おしべにまだしずくをたくさん付けたままの彼岸花に、お見送りを受けながら家路を急いだ。
 

【2018/10/06 20:20】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
萩 @伏見勝念寺(かましきさん)
1-IMG_5917.jpg
その1

 少し時期を逃してしまった彼岸花と萩を求めてかましきさんへ。この時期、萩供養と称して境内を無料開放して下さるのだ。

2-IMG_5982.jpg
その2

IMG_5982 - コピー-2

 浄土宗の寺院なので、ルンビニ、と言うには語弊があるかも知れないが、あえてその言葉を思い起こしたくなるほどの萩の花。しかし今年の気候と気象のため、ややボリュームに欠けるそうだ。確かに今年は萩の名所と言われる場所では、生育の悪さや花付きの悪さが目立つようだ。それでもこちらの生い茂った萩は見事だと思う。所々わずかに残っていた彼岸花を添えて。

3-IMG_5935_201810052326439bf.jpg
その3

4-IMG_5947.jpg
その4

5-IMG_5949.jpg
その5

6-IMG_5953.jpg
その6

7-IMG_5919.jpg
その7

8-IMG_5923.jpg
その8

9-IMG_5963.jpg
その9

10-IMG_5990.jpg
その10

11-IMG_6008.jpg
その11

12-IMG_6032.jpg
その12

 境内のあちらこちらに合掌をしてたたずむ蛙さんたち。身代わりの蛙さんとやはりルンビニに見送られて勝念寺をあとにした。

   来年は彼岸花を逃さないように頑張ろ・・・(--;)
【2018/10/06 00:02】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
雨上がりの彼岸花 @神楽岡極楽寺
1-IMG_5427.jpg
その1

IMG_5427 - コピー-1

 雨上がり、ちょっと夕暮れには近いが神楽岡へ。目的は彼岸花。初夏には牡丹の花が見事な極楽寺は、すぐ近くの真正極楽寺(真如堂)となんだか紛らわしい。その牡丹の咲く花壇には今は真っ赤な彼岸花が咲き乱れる。しかし残念なことに草がたくさん生えていて、少々見栄えが悪い。こちらの安寿さま、そこそこのお年なので草むしりがしんどくなられたのだろうか。

2-IMG_5430.jpg
その2

3-IMG_5432.jpg
その3

4-IMG_5433.jpg
その4

5-IMG_5435.jpg
その5

6-IMG_5436.jpg
その6

7-IMG_5437.jpg
その7

8-IMG_5438.jpg
その8

9-IMG_5445.jpg
その9

10-IMG_5447.jpg
その10

11-IMG_5532.jpg
その11

 ちょっと撮りにくいロケーションだったが、雨上がりを待って出てきてよかったと思える景色だった。

12-IMG_5434.jpg
その12

 白い彼岸花もたくさん咲いていたのだが、前述の通り、草が多くてひとまずこれだけ。
【2018/10/03 22:51】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
雨上がりの萩 @常林寺
1-IMG_5421.jpg
その1

IMG_5421 - コピー-1

 出町柳にある萩の寺、常林寺で、萩が見頃になった朝は雨上がりだった。

2-IMG_5572.jpg
その2

 雨のせいなのか、境内に人影はなかったが、時折檀家の方がお墓参りに訪れる。

3-IMG_5578.jpg
その3

4-IMG_5584.jpg
その4

5-IMG_5586.jpg
その5

 増えるでもなく、さりとて絶えるわけでもなく、それでもちゃんとお彼岸になるとひっそりと咲く彼岸花。

6-IMG_5589.jpg
その6

7-IMG_5591.jpg
その7

8-IMG_5595.jpg
その8

9-IMG_5602.jpg
その9

10-IMG_5607.jpg
その10

11-IMG_5610.jpg
その11

12-IMG_5624.jpg
その12

 青空の下で咲く満開の萩も悪くはないが、個人的に萩はやはり雨がよく似合うと思うのだ。

13-IMG_5575.jpg
その13

 ススキの穂も伸び出してきている。ひと雨ごとに秋も深まっていくようだった。
【2018/09/26 22:43】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。