FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

萩と彼岸花が咲くを見る @真如堂
1-9W0A8507.jpg
その1

9W0A8507 - コピー-1

 手水舎に秋の花が添えられていた。

2-9W0A8527.jpg
その2

3-9W0A8533.jpg
その3

4-9W0A8562.jpg
その4

5-9W0A8577.jpg
その5

6-9W0A8580.jpg
その6

 境内の葉後は咲き具合がばらばらで、しかし自分の好きなところがちょうど見頃でご満悦。

7-9W0A8582.jpg
その7

8-9W0A8583.jpg
その8

9-9W0A8588.jpg
その9

 群生ではないけど、ちょうどこの時刻、陽射しが差し込んできていてとても綺麗だった。

10-9W0A8510.jpg
その10

 帰り際、もう一度花手水を覗き込んだ。いつもながら女性らしい、優しい取り合わせだ。
【2020/10/12 23:40】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
小雨に桔梗が咲くを見る @廬山寺
1-9W0A0308.jpg
その1

1-9W0A0308 - コピー

 今年も咲き出したとお知らせがあった。

2-9W0A0304.jpg
その2

 晴天の時より、薄曇りや雨の方がそりゃあ撮りやすくはあるが、ちょっと暗いのが難点か。

3-9W0A0313.jpg
その3

4-9W0A0333.jpg
その4

5-IMG_0576.jpg
その5

6-IMG_0580.jpg
その6

 結局3日も通ってしまった。

7-IMG_9781.jpg
その7

8-IMG_9823.jpg
その8

 いや、雨でも悪いことばかりではない。ミミズや虫などが苔の間から出てくるのか、スズメたちがしきりに苔の中を突く。子スズメも必死だ。

9-IMG_9874.jpg
その9

 この源氏庭にも定番、と言われる構図があるが、今年は敢えて外してみたという偏屈ものだ。
【2020/07/26 20:39】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鳳凰堂に蓮が咲くを見る @宇治平等院
1-9W0A0147.jpg
その1

1-9W0A0147 - コピー

 ここを真っ青な青空背景で撮るのが夢だったりするのだが、今年はぐずついたお天気が続き、またもや希望が叶わなかった。

2-9W0A0139.jpg
その2

3-9W0A0144.jpg
その3

4-9W0A0210.jpg
その4

5-9W0A0223.jpg
その5

6-9W0A0225.jpg
その6

7-9W0A0236.jpg
その7

8-IMG_9545.jpg
その8

9-IMG_9609.jpg
その9

10-IMG_9611.jpg
その10

11-IMG_9610.jpg
その11

12-9W0A0249.jpg
その12

 今年はお天気には恵まれなかった代わりに、まずまずの咲き具合で訪れることができたのが嬉しい。
【2020/07/26 09:25】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
天龍寺に蓮が咲くを見る
1-W0A0826.jpg
その1

1-W0A0826 - コピー
 
 今年も蓮が見頃を迎えていた。実は、ほんのわずかに遅かった気もするのだが・・・

2-W0A0807.jpg
その2

3-W0A0815.jpg
その3

4-W0A0822.jpg
その4

5-W0A0823.jpg
その5

6-W0A0824.jpg
その6

7-W0A0849r.jpg
その7

8-W0A0862.jpg
その8

9-W0A0869.jpg
その9

10-W0A0882.jpg
その10

 よそ見をしているうちに蜂が来ていた。
【2020/07/25 22:58】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
モリアオガエルに逢いに行く
1-9W0A9520.jpg
その1

1-9W0A9520 - コピー

 6月の末、モリアオガエルを探しに出かけた。

   あらら、今日はこちらでお休みでしたか

4-9W0A9536.jpg
その2

 器用に枝にしがみついている。

2-9W0A9521.jpg
その3

3-9W0A9534.jpg
その4

 こちらはシャワーも浴びずに、お腹に土を付けたまま登ってきたらしい。

5-9W0A9564.jpg
その5

6-9W0A9572.jpg
その6

 池の周囲には高い枝にも、生け垣にも、たくさんの卵塊が産み付けられていた。

 では、次の散策へ。

7-9W0A9598.jpg
その7

 う~ん、お尻だけ。ついに顔は見せてくれなかった。

8-9W0A9606.jpg
その8

 ハナアブは忙しそうで、相手にもしてくれない。

9-9W0A9654.jpg
その9

 隠れる寸前に捕まえたツチガエル。

10-9W0A9560.jpg
その10

 そんな小さな生き物たちを毎年見守るお地蔵さまは、少しずつツタが絡まり、その姿を変えていく。

11-9W0A9684.jpg
その11

 最後はこれ。最近人気の出てきた苔のアート。コケ寺リウムと言う。ガラスケースに入ったものもよいが、これもよいな。小さな童地蔵が苔の隙間から覗いていた。
【2020/07/24 22:45】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»