日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

しばしの眠りに入る高桐院 
1-IMG_5967.jpg
その1

IMG_5967 - コピー-1のコピー

 ちょうどひと月前に高桐院が長期に渡る工事に入り、拝観休止となった。本堂の屋根瓦などの修理のためで、平成31年3月いっぱい閉門となる。その前にと、行ってみた。

2-IMG_5937.jpg
その2

 開門前、枯葉を吹き飛ばす掃除の音が静かな竹林に響いている。

3-IMG_5957.jpg
その3

 急に晴れてきたり、

4-IMG_5963.jpg
その4

 しっとりと翳ってきたり、忙しく変わるお天気に翻弄される。

5-IMG_5993.jpg
その5

 受け付け開始までに少しだけ(数分くらいだが)余裕があったが開いていたので。

6-IMG_5998.jpg
その6

 目当ての参道はクリア、次の目当てはこの床もみじ。

7-IMG_5999.jpg
その7

 一瞬の静寂を味わい、

8-IMG_6009.jpg
その8

 庭へと降りた。

9-IMG_6028.jpg
その9

 次の目的がこのやつでの幼木。しばらく見ないうちに大きくなった。真っ赤なもみじ絨毯の中で、濃い緑の小さな手を広げたかのようだったやつでの幼木。写真ではないあの若M先生の姿を目撃したのがここだった。隣におられて随分驚いた。そんな思い出の場所。次にこの幼木を見るときにはどんなに大きくなっているだろう。いつも成長を楽しみにしていた。

10-IMG_6054.jpg
その10

 かろうじて残っていたサツキも楽しんだ。

11-IMG_6088.jpg
その11

 で、このだるまさんはなんなんだ?お賽銭だろうか、小銭がたくさん置いてあった。

12-IMG_6091.jpg
その12

 晴れたり曇ったり。でもやはりここは曇りや小雨、そして雪がよく似合う。この冬は訪問する機会がなかったが、とても風情があって、雪景色がよく似合うお庭だ。それも懐かしい思い出。

13-IMG_6149.jpg
その13

 名残惜しいが、綺麗な屋根になったとき、再訪しようと思う。それまでしばしのお別れだ。
【2017/07/06 22:59】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
石楠花 @雲ヶ畑志明院
1-IMG_3599.jpg
その1

IMG_3599 - コピー-1のコピー

 今年も何とか雲ヶ畑まで上がってくることができたのが幸いだった。随分と遅れて、日程的に難しくなるところだったのだから。

2-IMG_3658.jpg
その2

 毎年4月29日は石楠花祭りが行われてとても賑わうそうだ。その日まで山門には幕が掛けられるのだが、今年は体力的なことなどもあって掛けなかったとのこと。写真的にはあった方がいいと言う人もあればない方がいいと言う人もあり、好みのようだ。個人的にはあの幕があった方が好みかな。新しいものなら興ざめだが、色も褪せてきているので、この山門には合うと思うから。

3-IMG_3660.jpg
その3

4-IMG_3581.jpg
その4

5-IMG_3622.jpg
その5

 とてもいいお天気で、移動には楽だったが、なかなか撮りにくかったが、ピンク色の石楠花と青い空のコントラストはとても綺麗だ。桜の時にもこんな青空が欲しかった・・・

6-IMG_3686.jpg
その6

 こちらへ行くときは帰りは自転車で帰ることにしている。ちょっと交通の便が悪いので。今年も気をつけて帰るようにと送り出していただき、帰路へ付いた。帰り道の谷川のほとりで、シャガの花がとても綺麗だった。
【2017/06/16 21:11】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
仙洞御所 藤
1-553A7255r.jpg
その1

553A7255r - コピー-1のコピー

 今年、藤の花は随分と遅れた。例年なら4月の終わりにはまずまずの見頃を迎えるのに、今年は連休に入ってからが見頃だった。離宮の拝観が休日も可能となったおかげで、今年も楽しむことができた。撮影は5月3日。

2-553A7256.jpg
その2

3-553A7262.jpg
その3

 もしも藤の花が見頃でなくても、キリシマツツジがちょうどのはずだ。そんな思いだったが、見事に外れ。いい意味での外れだった。

4-553A7263.jpg
その4

5-553A7268r.jpg
その5

6-553A7270.jpg
その6

 ここの藤は2種類植えられている。参観順路の手前が下がり藤、

7-553A7272.jpg
その7

8-553A7281.jpg
その8

 そして少し丈が短い上り藤。

9-553A7323.jpg
その9

10-553A7297.jpg
その10

 左右に分かれているが、こんなに違いがわかる。

11-553A7298.jpg
その11

 その藤棚の下には若アオさん。団体が通るのに驚いて飛び立ったが、再び藤棚でお花見に戻ったようだ。

12-553A7321.jpg
その12

13-553A7341.jpg
その13

14-553A7344.jpg
その14

15-553A7349.jpg
その15

 参観申し込みで当選を勝ち取るのは、最近ではかなり困難になってきている。しかし団体行動をすることで撮りやすいのも確か。列に送れないように注意しながら、振り返りながら大満足で帰ることができた。

16-IMG_3734.jpg
その16

 今日のおまけはこれ。市立美術館裏の藤棚。何枚か現像したと思ったのに、見つかったのはこれだけ。変だな・・・ 
【2017/06/13 22:13】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
石楠花 @大原三千院
1-IMG_1472_20170527214307b67.jpg
その1

IMG_1472 - コピー-1のコピー

 朝のお勤めの前に・・・

2-553A6494.jpg
その2

3-553A6516.jpg
その3

4-IMG_1473.jpg
その4

5-IMG_1475.jpg
その5

6-IMG_1500r.jpg
その6

 ああ、かろうじて奥の方に山桜が咲いているのが見えるではないか。

7-553A6542.jpg
その7

 石楠花が見頃になる頃、枝垂れ桜がぎりぎり残っている。

8-IMG_1598.jpg
その8

 人知れずこのような足下とか、

9-IMG_1862.jpg
その9

 空を見上げても。

10-IMG_1848.jpg
その10

 そして観音堂では白い花が見頃を迎えようとしていた。

 後日・・・

11-IMG_1858_201705272143548f0.jpg
その11

 足下で固い蕾だったが、透き通るようなピンクの花を咲かせていた。
【2017/05/27 21:57】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
夕暮れの牡丹 @建仁寺
1-553A6759.jpg
その1

 逢魔が時。満開の牡丹が咲いている、そこだけが明るく、灯火が灯っているようだった。

2-553A6743.jpg
その2

3-553A6752.jpg
その3

4-553A6766.jpg
その4

5-553A6770.jpg
その5

6-IMG_2083.jpg
その6

7-IMG_2089.jpg
その7

8-IMG_2094.jpg
その8

9-IMG_2098.jpg
その9

10-IMG_2110.jpg
その10

11-IMG_2112.jpg
その11

12-IMG_2120.jpg
その12

13-IMG_2134.jpg
その13

14-IMG_2140.jpg
その14

15-IMG_2147.jpg
その15

16-IMG_2153.jpg
その16

17-IMG_2156.jpg
その17

 拝観時間も終了。法堂入り口もとうに閉められた。わずかな薄明かりも消えようとする、ある日の夕暮れのことだった。
【2017/05/13 19:28】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»