日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

御蔭祭り2018 その2 切芝神事
1-IMG_3670.jpg
その1

 先日の続きを。朝荒御魂をお迎えに行った一行が帰ってきて、ここ、糺す森の切芝と呼ばれる参道で、楽人たちによる東游が奉納される。五色の幕に囲まれた仮の本殿には白い神馬に降臨された神が還えされ、ここで舞をご覧になると言うことだ。

2-IMG_3685.jpg
その2

3-IMG_3701
その3

4-IMG_3722
その4

5-IMG_3737
その5

 神馬は幕の隙間から顔を出し、目の前で行われている儀式に興味津々。

6-IMG_3792
その6

 さあ、準備が整った。

7-IMG_4684
その7

7-IMG_4684 - コピー

 この時刻、思いっきり逆光で眩しいが、それはそれでまた舞の演出にもなりはしないか。それにせっかく手に入れたこのポジションは素晴らしい。

8-IMG_4717
その8

9-IMG_4802.jpg
その9

10-IMG_4835.jpg
その10

11-IMG_4874.jpg
その11

12-IMG_4880.jpg
その12

 ずらりと並んだ舞人たち。壮観な眺めだった。木漏れ日の中、優雅な舞と演奏はさぞかし神様も堪能されたことだろうと思う。

13-IMG_3812.jpg
その13

14-IMG_3835.jpg
その14

15-IMG_3863.jpg
その15

16-IMG_3878.jpg
その16

 神馬が穏やかで居られた年は、災害も少なく世の中も穏やかになるという。昨年は観客のストロボに驚き激しく暴れ、手綱を握っていた方が危険だった。今年もうっかり(使い捨てカメラのストロボ)光らせてしまった人が居たが、なんとか無事に神事を終えることができた。どうか今年は穏やかな年になりますよう、心からお祈りいたします。

 ご奉仕なさった方々、ご一緒下さった方々、お疲れさまでした。ありがとうございました。この先控えている葵祭がどうか例年通り、無事に催行されますよう祈ります。
【2018/05/14 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
御蔭祭り2018 その1 荒御魂をお迎えに
1-IMG_4417.jpg
その1

 平成最後となる御蔭祭りが行われた。平成が終わろうが、新たな元号に変わろうが、荒御魂の本質は変わらない。

2-IMG_4448.jpg
その2

3-IMG_4497.jpg
その3

4-IMG_4538.jpg
その4

 八瀬の中腹にある御蔭神社にお迎えにあがるにあたり、神職を始め、参加される氏子の皆さんすべてお祓いを受ける。もちろん、見学に集まっている我々も。

5-IMG_4568_20180513085407912.jpg
その5

6-IMG_3582.jpg
その6

7-IMG_3607.jpg
その7

8-IMG_3610.jpg
その8

9-IMG_4583.jpg
その9

9-IMG_4583のコピー

10-IMG_3649.jpg
その10

11-IMG_4603.jpg
その11

12-IMG_4617.jpg
その12

 気持ちのよい風が吹き抜ける糺の森。木漏れ日の中、御蔭神社へ向かって出発していった。この続きはまた今度。

IMG_3548.jpg

 今日のおまけはこれ。参道で見つけた巣立ったばかりの子烏。立つのがやっとのろくに歩くこともできないほどの子烏で、覗き込んでいたら高い木の上で親ガラスが激しく叫んでいた。攻撃されなくてよかったと思う次第・・・(^_^;)
【2018/05/13 09:28】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
斎王代禊の儀 @賀茂別雷神社(上賀茂神社)
1-IMG_3439.jpg
その1

1-IMG_3439 - コピー

 5月15日に行われる葵祭に魁け、斎王代の御祓の儀が行われた。今年は賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)と隔年で行われるので、今年は上賀茂神社となる。新聞社などのメディアに紹介されるビューポイントはかなり厳しいので、自分の撮れる場所でのご紹介を。

2-IMG_4031.jpg
その2

3-IMG_4035_20180507210056492.jpg
その3

 先日発表となった斎王代は、報道で拝見した以上にお綺麗な方だった。日差しが強く、ちょっとまぶしそうに目を細める。

4-IMG_4161.jpg
その4

 女人行列の女性たちと一緒に橋殿に着席すると、参拝者ともどもお祓いを受け、それから御手洗川に降りて御祓を行う。

5-IMG_4165.jpg
その5

6-IMG_4170.jpg
その6

7-IMG_4185.jpg
その7


8-IMG_4186.jpg
その8

 自分がいるところからは御祓の所作は見えないが、対岸で報道各社が必死に撮影しているところは見える。

9-IMG_4200.jpg
その9

10-IMG_4247.jpg
その10

11-IMG_4286.jpg
その11

12-IMG_4291_20180507210142a30.jpg
その12

13-IMG_4293.jpg
その13

 女性たちからひと型に汚れを移し御手洗川に流すのだが、これは夏越しの大祓や大晦の大祓で行う、あれと同じ。

14-IMG_4299.jpg
その14

14-IMG_4299 - コピー

 最後に斎王代が穢れを流して御祓の儀は無事、終了した。

 葵祭は5月1日から数々の行事で始まる。競べ馬などもその一つだが、まだ準備ができていなくてこちらからとなってしまった。悪しからず。15日当日はお天気がやや心配になってきている。どうか雨になりませんように。以前、午後から雨になる確率の高い年があったが、予報通り土砂降りとなりしかし強行された事例があるのでかなり心配になってきている。
【2018/05/07 22:45】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
奉納公演 @石清水八幡宮
1-IMG_9498r.jpg
その1

 過日・・・ 石清水八幡宮では4月のはじめに桜祭りが執り行われる。数多くの芸能が奉納され、中には島原の太夫道中もあったのだが、残念ながら先約があって行けなかった。で、自分は朗読アンサンブル京・Genjiのご紹介を。こちらでの公演においては声をかけて下さった方があり、タイミングさえ合えばまた来年こちらで公演をさせていただくことになりそうだ。
 ではでは、前置きはこれくらいにして、話の流れはもういいだろう。その公演の様子だけ。

2-IMG_9506r.jpg
その2

3-IMG_9508r.jpg
その3

4-IMG_9523.jpg
その4

5-IMG_9531.jpg
その5

6-IMG_9539.jpg
その6

7-IMG_9540.jpg
その7

8-IMG_9579.jpg
その8

9-IMG_9592r.jpg
その9

10-IMG_9610r.jpg
その10

11-IMG_9620.jpg
その11

12-IMG_9623.jpg
その12

13-IMG_9654.jpg
その13

14-IMG_9662r.jpg
その14

15-IMG_9673r.jpg
その15

16-IMG_9680r.jpg
その16

17-IMG_9685r.jpg
その17

18-IMG_9707r.jpg
その18

19-IMG_9710.jpg
その19

20-IMG_9715.jpg
その20

21-IMG_9735.jpg
その21

22-IMG_9761.jpg
その22

 非常に気温が高く、空気も乾いて砂埃が舞い上がる境内。喉を傷めやしないかと、心配な公演だった。参拝に行く多くの人が通る神楽殿での奉納。撮影場所を考慮していただき、まことにありがたかった。金屏風1枚という簡素な背景も、ここが源氏物語に出てくるゆかりの地であることを思えば、十二分なしつらえだ。本殿を背景にすると、また素晴らしい舞台となった。設備の整ったホールもよいが、時にはこのような舞台も心が躍る。機会があれば、またこちらで公演できたらいいなかと思う今日この頃。
【2018/04/29 17:25】 朗読アンサンブル 京・Genji公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
カワガラスの給餌を見る
IMG_3106rr.jpg

IMG_3106rr - コピー

 画像はたくさんあるのだが、偶然撮れたこれを。

 気がつけばずっと更新をサボっていたような。いやいや、整理が追いつかなくて、眠さにも負けてというところか。近いうちに桜の総集編がやりたいと思うのだが、まだ保存さえできていない、あるいは撮ったままでチェックもできていないデータもあるという恐ろしい事態になっている事実が怖い・・・
【2018/04/28 22:48】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»