日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

賀茂観月祭2016 @上賀茂神社その2
1-IMG_-1.jpg
その1

 先日の続きを。さて、今回見たかったのがこれ。京都造形大の舞子連社中による石見神楽。島根から本場の方々が来られて、さわりを少し拝見したことがあるのだが、その迫力と面白さにとても見たいと思っていた。本場ではないが、昨年の式年遷宮でも初めて奉納されたこともあることから、今回の参加となった。

 石見神楽と言えば八岐大蛇と素戔嗚尊のあれ。他にもたくさん演目はあるのだが、まあこれが花形か。因ってあらすじは割愛して、写真だけをどうぞ。

2-IMG_-0473.jpg
その2

3-IMG_-0490_20160920232839ad7.jpg
その3

4-IMG_-0507.jpg
その4

5-IMG_-0523.jpg
その5

6-IMG_-0538.jpg
その6

7-IMG_-0546.jpg
その7

8-IMG_-0554.jpg
その8

9-IMG_-0590.jpg
その9

10-IMG_-0602.jpg
その10

11-IMG_-0615.jpg
その11

12-IMG_-0623.jpg
その12

13-IMG_-0634.jpg
その13

14-IMG_-0662.jpg
その14

15-IMG_-0671.jpg
その15

16-IMG_-0673.jpg
その16

IMG_-0673 - コピー-16のコピー

17-IMG_-0679.jpg
その17

18-IMG_-0692.jpg
その18

19-IMG_-0711.jpg
その19

20-IMG_-0715.jpg
その20

21-IMG_-0722.jpg
その21

22-IMG_-0729.jpg
その22

 馬場殿に大蛇が4匹・・・ かなり窮屈そうに見えたが、絡むこともなくひとりで1匹を操るのは凄い。桶からお酒を飲む姿はちょっとユーモラス。大蛇に囚われた櫛灘姫を助けに行くところはヒーロー。草薙の剣で首を切って掴むところは思わず息を呑む。ちょっと裏話ではあるのだが、その首が舞台裏にふたつ並んで置かれていたのはびっくりする(笑)

 舞台が始まったとき、造形大の学生だろう、思わず近寄ってシャッターを切っていたし、気がつけば多くの人だかりができていて、やんややんやの大喝采だった。うんうん、解るとも、その気持ち。本当にわくわくとしながら拝見していた。平日で仕事終わりにここまで来るのが大変だったが、やっぱり見に来てよかったと思った次第である。

 このあとの舞台もあるのだが、ま、自分のメインはこれだけで。舞子連の方々、ありがとうございました。肩で息をしながらたいへんお疲れさまでした。
【2016/09/21 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
賀茂観月祭2016 @上賀茂神社その1
1-IMG_-0310_20160918223547c7a.jpg
その1

 今年の仲秋の名月は9月15日。実際の満月は17日だそうだが、15日が中秋の名月と重なるのは何十年ぶりだとか。さて、今年の観月祭は思いっきり平日。どうしたものかと悩み、奉納される演目で選んでしまったのが上賀茂神社だった。仕事を終えて大急ぎで汗びっしょりかきながら到着すると、ちょうど宮司さんが祝詞を上げておられるところだった。客席の端に立って低頭すると汗がしたたり落ちる・・・

 そんなこんなで、なんとか間に合ったのだった。受付で本日の予定表を貰って、場所を確保した。まずは巫女さんに依る「賀茂の舞」奉納。

2-IMG_-0316.jpg
その2

3-IMG_-0323.jpg
その3

4-IMG_-0335.jpg
その4

 次いで「五十鈴を授く」綺麗な鈴の音を参列者に振りかけていった。

5-IMG_-0336.jpg
その5

 もちろん、芝生席の観客にも。それにしても、巫女さんたちはどの神社でも本当に美しい方ばかりだと思うのだが・・・?凛とした気品がある。

6-IMG_-0347.jpg
その6

 やがて神職の方々が退席され、いよいよ一般の方による神賑行事が始まる。

7-IMG_-0357.jpg
その7

 まず倭会による「倭巫女舞」 

8-IMG_-0375.jpg
その8
 
 雅楽の越天楽の曲に合わせての巫女舞?なのか?

9-IMG_-0385.jpg
その9

10-IMG_-0389.jpg
その10

11-IMG_-0398.jpg
その11

12-IMG_-0407.jpg
その12

 続いてもう1曲あったのだが、なんや、よくわからない舞だった。あちらこちらで奉納されていると言うことだったが、自分の知っている倭舞は雅楽の衣装で舞う、あれだ。吉田神社で拝見したことがある。みごとな舞だった。きっと少し系統が違うのだろう。何に感じが似ているのかというと、大衆演劇でよく舞われている、あれだ。歌謡舞踊と言うのかな。個人的には今イチだった。きっと芸舞妓の舞や雅楽の舞を見る機会が度々あるからかも知れない。倭会の方には申し訳ないけど。

 この続きはまた今度。いよいよ見たかった演目が始まる。
【2016/09/18 23:36】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
エナガが百日紅のつぼみを食らうを見る
1-IMG_-7254.jpg
その1

 百日紅がようやく咲き始めた頃。

2-IMG_-7289.jpg
その2

 つぼみの近くに留まって物思いにふけっているのを見つけた。

3-IMG_-7293.jpg
その3

IMG_-7293 - コピー-3のコピー

 そしておもむろにつぼみに向かって、その小さなくちばしを開けたのだった。

4-IMG_-7296.jpg
その4

 本当に食べたのか、それともつぼみの裏側にごちそうの虫でも見つけたのか、それは定かではない。
【2016/09/17 21:21】 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
烏相撲2016 @上賀茂神社
1-IMG_-9493.jpg
その1

 9月9日は重陽の節句。ここ上賀茂神社では齋王代が観覧しての烏相撲が行われた。

2-IMG_-9515.jpg
その2

 相撲童子は御手洗川に足を付けて清め、

3-IMG_-9526.jpg
その3

 あるいは神職が清めて。

4-IMG_-9551_201609112321219f8.jpg
その4

IMG_-9551 - コピー-4のコピー

5-IMG_-9572_20160911232121fe8.jpg
その5

6-IMG_-9585.jpg
その6

7-IMG_-9645.jpg
その7

 そして土俵際で見守る人たちや、

8-IMG_-9654.jpg
その8

 土俵も。

9-IMG_-9744.jpg
その9

 「外祖父賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が神武天皇東征に際し、八咫烏(やたがらす)と化(な)って先導された故事」(サイトより引用)にちなんで、横飛びをして烏の鳴き真似をする。

10-IMG_-9792.jpg
その10

11-IMG_-9795.jpg
その11

 子供たちの取り組みは見事なものだった。

12-IMG_-9799.jpg
その12

13-IMG_-9838_20160911232244f8d.jpg
その13

14-IMG_-9842.jpg
その14

15-IMG_-9887.jpg
その15

16-IMG_-9897.jpg
その16

 晴れたり曇ったりだったが、非常に暑い日だった。参加された方々、関係者の方々、お疲れさまでした。

17-IMG_-9918.jpg
その17

18-IMG_-9930.jpg
その18

 退席される齋王代を見送った。とても小柄な方で、重たい衣装のはずなのに辛そうな表情はついぞ見かけなかった。

19-IMG_-9948.jpg
その19

 終了後、菊酒の振る舞いがあったが、すっきりとした辛口で、とても美味しかった。そう、おかわりをしたいくらいに・・・(^_^;)

20-IMG_-9958.jpg
その20

 今日のおまけはこれ。これは利用できる茶店?実は庁屋の裏で時代劇のロケをやっていて、そのセットだと思われる。う~ん、残念だ。
【2016/09/12 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
鴨川パトロール カルさんのリラックスを見る
IMG_-9647r.jpg
その1

IMG_-9646.jpg
その2

 リラックスしているのがどっちだとは言わないが・・・
【2016/09/09 06:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»