日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

石楠花 @雲ヶ畑志明院
1-IMG_3599.jpg
その1

IMG_3599 - コピー-1のコピー

 今年も何とか雲ヶ畑まで上がってくることができたのが幸いだった。随分と遅れて、日程的に難しくなるところだったのだから。

2-IMG_3658.jpg
その2

 毎年4月29日は石楠花祭りが行われてとても賑わうそうだ。その日まで山門には幕が掛けられるのだが、今年は体力的なことなどもあって掛けなかったとのこと。写真的にはあった方がいいと言う人もあればない方がいいと言う人もあり、好みのようだ。個人的にはあの幕があった方が好みかな。新しいものなら興ざめだが、色も褪せてきているので、この山門には合うと思うから。

3-IMG_3660.jpg
その3

4-IMG_3581.jpg
その4

5-IMG_3622.jpg
その5

 とてもいいお天気で、移動には楽だったが、なかなか撮りにくかったが、ピンク色の石楠花と青い空のコントラストはとても綺麗だ。桜の時にもこんな青空が欲しかった・・・

6-IMG_3686.jpg
その6

 こちらへ行くときは帰りは自転車で帰ることにしている。ちょっと交通の便が悪いので。今年も気をつけて帰るようにと送り出していただき、帰路へ付いた。帰り道の谷川のほとりで、シャガの花がとても綺麗だった。
【2017/06/16 21:11】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
仙洞御所 藤
1-553A7255r.jpg
その1

553A7255r - コピー-1のコピー

 今年、藤の花は随分と遅れた。例年なら4月の終わりにはまずまずの見頃を迎えるのに、今年は連休に入ってからが見頃だった。離宮の拝観が休日も可能となったおかげで、今年も楽しむことができた。撮影は5月3日。

2-553A7256.jpg
その2

3-553A7262.jpg
その3

 もしも藤の花が見頃でなくても、キリシマツツジがちょうどのはずだ。そんな思いだったが、見事に外れ。いい意味での外れだった。

4-553A7263.jpg
その4

5-553A7268r.jpg
その5

6-553A7270.jpg
その6

 ここの藤は2種類植えられている。参観順路の手前が下がり藤、

7-553A7272.jpg
その7

8-553A7281.jpg
その8

 そして少し丈が短い上り藤。

9-553A7323.jpg
その9

10-553A7297.jpg
その10

 左右に分かれているが、こんなに違いがわかる。

11-553A7298.jpg
その11

 その藤棚の下には若アオさん。団体が通るのに驚いて飛び立ったが、再び藤棚でお花見に戻ったようだ。

12-553A7321.jpg
その12

13-553A7341.jpg
その13

14-553A7344.jpg
その14

15-553A7349.jpg
その15

 参観申し込みで当選を勝ち取るのは、最近ではかなり困難になってきている。しかし団体行動をすることで撮りやすいのも確か。列に送れないように注意しながら、振り返りながら大満足で帰ることができた。

16-IMG_3734.jpg
その16

 今日のおまけはこれ。市立美術館裏の藤棚。何枚か現像したと思ったのに、見つかったのはこれだけ。変だな・・・ 
【2017/06/13 22:13】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
世界一安心安全のおもてなしのまち京都市民ぐるみ推進運動東山区民大会 @知恩院
1-IMG_-4351_2017060921112044c.jpg
その1

IMG_-4351 - コピー-1のコピー

 本当になんて長ったらしい大会名なのだろう・・・ そんなこんなで随分と過去のことになるが、こんな桜紀行もありかと出してみた。音楽隊の大きなコンサートも相次ぎ、行事も相次いだのでデータの整理が精一杯だった。
 今回は知恩院の山門での演奏と言うことで、桜とのコラボを期待した。撮影は4月9日。 この日のゲストは祇園東と宮川町からの舞妓さんが3人だった。

2-553A4220_2017060921112040b.jpg
その2


3-553A4256_201706092111213dd.jpg
その3

 残念ながら舞はなかったが、このあとに行われるパレードには参加することがわかっていたので大丈夫。

4-IMG_-4380_20170609211121cae.jpg
その4

 先頭はもちろん白バイで、

5-IMG_-4383_201706092111223a5.jpg
その5

 その後ろにカラーガード隊、音楽隊、人力車の舞妓と続く。

6-IMG_-4427_20170609211122433.jpg
その6

7-IMG_-4452_201706092111487b0.jpg
その7


8-IMG_-4471_20170609211149b22.jpg
その8

9-IMG_-4486_20170609211149c19.jpg
その9

10-IMG_-4496_20170609211150fd5.jpg
その10

11-IMG_-4498_201706092111516a2.jpg
その11

12-IMG_-4512_2017060921115193d.jpg
その12

 いつもの女性騎馬隊員が通り過ぎ、

13-553A4402_2017060921135551b.jpg
その13

14-553A4408_20170609211355384.jpg
その14

 富津喩さんが手を振ってくれた。

15-IMG_-9003_20170609211356756.jpg
その15

 三門を背景で、

16-IMG_-4629_20170609211356ca5.jpg
その16

 あるいは知恩院新門を背景で。

17-553A4688_201706092113578b0.jpg
その17

 宮川町のとし純さんはまもなく襟替えの予定だったはず。ふむ、襟替えには行きたいが、多分予定が合わない。

18-553A4754_20170609211358b8b.jpg
その18

 出たばかりの若い舞妓は名前知らず。初めての人力車パレードなのだろう、随分とテンションが高そうだった。

19-IMG_-4702_20170609211411069.jpg
その19

20-IMG_-4734_20170609211411432.jpg
その20

 桜の観光シーズンまっただ中。いきなり現れたパレードに観光客も大喜びだった。雨が心配された朝だったが、始まる前には晴れ間も少しずつ出てきて、パレード日和になった。参加された皆さん、お疲れさまでした。

 さてさて、久しぶりに更新したものの、次回も予定は未定。データは貯まるばかり。
【2017/06/09 23:30】 京都府警察音楽隊 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
京都桜紀行 @寺町本満寺
1-553A2840.jpg
その1

553A2840 - コピー-1のコピー

 最近では穴場ではなくなってしまったけど・・・

2-553A2865_201705262332119fb.jpg
その2

3-553A2901_2017052623321130f.jpg
その4

4-553A3059_20170526233212d09.jpg
その5

 翌日の早朝再訪したが、やはり日中の方が好みだと気づいた。
【2017/05/28 00:00】 2017桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
石楠花 @大原三千院
1-IMG_1472_20170527214307b67.jpg
その1

IMG_1472 - コピー-1のコピー

 朝のお勤めの前に・・・

2-553A6494.jpg
その2

3-553A6516.jpg
その3

4-IMG_1473.jpg
その4

5-IMG_1475.jpg
その5

6-IMG_1500r.jpg
その6

 ああ、かろうじて奥の方に山桜が咲いているのが見えるではないか。

7-553A6542.jpg
その7

 石楠花が見頃になる頃、枝垂れ桜がぎりぎり残っている。

8-IMG_1598.jpg
その8

 人知れずこのような足下とか、

9-IMG_1862.jpg
その9

 空を見上げても。

10-IMG_1848.jpg
その10

 そして観音堂では白い花が見頃を迎えようとしていた。

 後日・・・

11-IMG_1858_201705272143548f0.jpg
その11

 足下で固い蕾だったが、透き通るようなピンクの花を咲かせていた。
【2017/05/27 21:57】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»