FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

萩と彼岸花が咲くを見る @真如堂
1-9W0A8507.jpg
その1

9W0A8507 - コピー-1

 手水舎に秋の花が添えられていた。

2-9W0A8527.jpg
その2

3-9W0A8533.jpg
その3

4-9W0A8562.jpg
その4

5-9W0A8577.jpg
その5

6-9W0A8580.jpg
その6

 境内の葉後は咲き具合がばらばらで、しかし自分の好きなところがちょうど見頃でご満悦。

7-9W0A8582.jpg
その7

8-9W0A8583.jpg
その8

9-9W0A8588.jpg
その9

 群生ではないけど、ちょうどこの時刻、陽射しが差し込んできていてとても綺麗だった。

10-9W0A8510.jpg
その10

 帰り際、もう一度花手水を覗き込んだ。いつもながら女性らしい、優しい取り合わせだ。
【2020/10/12 23:40】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
清水寺 夜間特別拝観千日詣
1-9W0A5844.jpg
その1

1-9W0A5844 - コピー

 京都の暑い夏。数多くのお盆の行事も中止、あるいは縮小となっている中、こちらも行事を縮小して行われた。

2-9W0A5750.jpg
その2

3-9W0A5754.jpg
その3

4-9W0A5756.jpg
その4

5-9W0A5773.jpg
その5

6-9W0A5787.jpg
その6

7-9W0A5797.jpg
その7

8-9W0A5839.jpg
その8

 閉門時刻、静かに明かりが消えていった。
【2020/08/16 11:24】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
北野天満宮万灯会 2020
1-9W0A5237.jpg
その1

1-9W0A5237 - コピー

 陽も落ち、宵闇が訪れようとする時刻、北野天満宮の万灯会に出かけてみた。本殿ではちょうど浴衣姿のお嬢さんたちが祈りを捧げている。彼女たちの願いは何だろう。

 2-9W0A5267.jpg
その2

3-9W0A5245.jpg
その3

4-9W0A5279.jpg
その4

5-9W0A5287.jpg
その5

6-9W0A5315.jpg
その6

7-9W0A5316.jpg
その7

 旧暦の七夕、境内に飾られているたくさんの七夕飾り。短冊をつり下げた人の数だけ願いが込められる。

8-9W0A5325.jpg
その8

 三光門前の奉納された提灯の明かりは柔らかい。

11-9W0A5293.jpg
その9

 小さな流れに映り込むかがり火。

12-9W0A5272.jpg
その10

 御手洗川では蝋燭を持って、夏越しの無病息災を願う人々の姿があった。

13-9W0A5275.jpg
その11

15-9W0A5301.jpg
その12

16-9W0A5273.jpg
その13

17-9W0A5290.jpg
その14

 献灯された蝋燭の揺らめき。

18-IMG_0947.jpg
その15

 誰もいなくなった御手洗川で、水面に映った提灯の明かりが揺らめき、暦の上での夏の終わりを告げていた。
【2020/08/12 23:19】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
アオさんの惨劇を見る 
1-553A1424rrr.jpg
その1

1-553A1424rrr - コピー

 うつむいて怪しげな動きをしているアオさんを見つけたのでじっと観察していると、おっと、色つきのよいオイカワをゲット!(少々ピンをはずしてしまったので処理が汚いです・・・)

2-553A1426r.jpg
その2

 お、お、お、活きのよいオイカワにちょっと手間取るあおさん。

3-553A1433r.jpg
その3

 あ、いきなりトリ落とした、もとい、取り落とした(汗; 

   え?

 何が起こったのか分からない表情のアオさん。

4-553A1434r.jpg
その4

 そこは切り替えの早いアオさんのこと。慌てず再度拾おうとくちばしを伸ばした。と、ここまではよくある話。咥え治すときに落としてしまうときがあるから。

5-553A1438r.jpg
その5

 しかし時は既に遅し・・・ オイカワも必死に泳ぐ。

6-553A1450r.jpg
その6

 何回も水面を突いて追いかけたがとうとう逃げられてしまった。
 あとから解ったことだが、浅瀬で狩りをしていたために、咥えたときに一緒に小石を咥えてしまったのだった。だからしっかり咥えることができず隙間ができて、せっかくの立派なごちそうを落としてしまったというわけだ。

7-553A1458r.jpg
その7

 夕日を浴びて呆然とたたずむアオさんの背中からはそこはたともなく哀愁と悲哀が漂っていて、掛ける言葉もなかった。
【2020/07/29 20:34】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
小雨に桔梗が咲くを見る @廬山寺
1-9W0A0308.jpg
その1

1-9W0A0308 - コピー

 今年も咲き出したとお知らせがあった。

2-9W0A0304.jpg
その2

 晴天の時より、薄曇りや雨の方がそりゃあ撮りやすくはあるが、ちょっと暗いのが難点か。

3-9W0A0313.jpg
その3

4-9W0A0333.jpg
その4

5-IMG_0576.jpg
その5

6-IMG_0580.jpg
その6

 結局3日も通ってしまった。

7-IMG_9781.jpg
その7

8-IMG_9823.jpg
その8

 いや、雨でも悪いことばかりではない。ミミズや虫などが苔の間から出てくるのか、スズメたちがしきりに苔の中を突く。子スズメも必死だ。

9-IMG_9874.jpg
その9

 この源氏庭にも定番、と言われる構図があるが、今年は敢えて外してみたという偏屈ものだ。
【2020/07/26 20:39】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
| ホーム | 次のページ»